何とか生きておりまする・・・ (^^ゞ
by 見沼田んぼのみみず
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
記事ランキング
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
最新のコメント
情状酌量どころか、リベン..
by mana1563 at 08:19
情状酌量の余地はあるとい..
by 頭大丈夫ですか? at 19:42
我欲五輪は「ろ・く・で・..
by 我欲都民 at 21:35
心にもないお悔やみふんと..
by mana1563 at 09:55
あべたんも、放射能が、「..
by ぽんすけ at 15:21
ユーチューブの映像のアッ..
by mana1563 at 09:49
ああ、コメントどうも・・..
by mana1563 at 15:29
ブログ拝見いたしました!..
by きょうこ at 19:00
とても魅力的な記事でした..
by 職務経歴書 at 09:33
桜の8分咲きの頃から、数..
by mana1563 at 11:48
検索
タグ
(1)
画像一覧


<   2018年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

3年間よう頑張ったね ご苦労様 ♪

卒業シーズン。178.png


私のチャリンコ通勤の経路の近くに二つの高校がある。

ときに時刻はずれるが、私は毎日チャリンコ通学の生徒とすれ違う。
遠目に彼らを「ああ、私の娘や息子もこんな風なんかなあ。」と想いながら。
(いつの間にか、彼らは孫の年齢になったが。(^^;)

おなじみの日本の電車の中の光景のように、私はいつも知らんふりをする。
(挨拶くらいしてもエエのだが、女の子が怖がるような気もして。(^^;) 

自宅からなのか駅の駐輪場からなのか知らんが、一時間以上チャリンコで
通う生徒もいるだろう。ふんとうによく頑張った・・・。

彼らの学業や部活の成果は知らんが、3年間毎日チャリンコ通学を続けた
頑張りを私は心から褒めてやりたいと思う。
 その頑張りは、将来社会の中で逆境に直面した際に必ず生きる。

卒業・入学のこの時期、私が金持ちなら、学校周辺の通学路を花でいっぱ
いに飾ってやりたいのだが、明日をも知れぬ、もとい、名も知れぬルンプロ
の私ではそうもいかぬ。

でも、君たちの門出や旅立ちを祝福しているのは、君たちの家族や学校関係
者だけではなく、見沼田んぼじゅうのミミズやカエルたち、もうすぐ咲く桜
や道端のくさ草たちもいるのだよ。 それを君たちに伝えとく。
 折にふれて見沼田んぼの通学路を想え・・・。一人ではないのだよ。

 ↓ カエルのダンス (J・ダウランド作曲)


[PR]
by mana1563 | 2018-03-17 10:19 | Comments(0)

究極の絶望

三日前の日曜の夜のこと

バイトから帰った私は、洗濯機を回し、やれやれと一杯やりながら「せごどん」
を見ていた。

終わって、トイレにとダイドコに入ったら、床一面水浸し !

じぇじぇ、ていへんだあ ! 洗濯機への給水ホースと水道の蛇口の隙間から
水が小一時間噴き出していたのだ。

さあ、それからが大変。ありったけのバスタオルや毛布で水を吸わせたり拭き
取ったり。階下への水漏れを心配しながら必死の作業である。

と、(やっぱし!)階下の住人が上がってきてドアをドンドン。
「下を見てくれ!」と促されて見てみると、私しんところとおなじ状態!

(体が不自由なご夫婦なので)早速、チリトリで玄関の水を櫂だしてバスタオ
ルで拭き取る。しばらく必死の作業が続く。

その後、深夜にも拘わらず、管理会社のサービスセンターに連絡して、水道の
凹んだ蛇口を交換してもらう。(水漏れの原因は、前日新しく設置した洗濯機
の給油ホースの取り付けの際の水の塩素や蛇口のサビをワイヤブラシで掻き落
してしまったことにあった。サビが隙間を埋めていたのに。)

数時間後の夜のバイトまでふんとてんやわんやで、ったく思いもよらない
ドタバタであったのだった。ちかれたぁー・・・。

これが3.11の7周年目の私のしょうもない一日。

・・・

翌日ビンボーな私なので、スーパーの廉い菓子折りを持って、階下の住人に
陳謝。幸い笑顔で受けてくれてホッとしたことであった。

偶然「水」が絡んだことによって、あらためて本物の水害の深刻さを想う事に
なった・・・。

・・・・

私はビンボーでそのヒグラシではあるが、とりあえず平凡に日々を送っている。

そして、時折り、ふと、人生で本当の「絶望」つーことを、チャリンコ通勤で
冬枯れの見沼田んぼを眺めながら考えることがある。

「絶望」・・・、ふんとの不幸のことである。

(入獄中に母親の死を知らされた場合なんぞの思いもそれに当たるだろう。)

そして、(TVで見た)津波に幼い我が子をさらわれ、しかも我が子の写真は
もとより、我が子にちなんだ一切の物品も失われてしまった母親の絶望感。

自分自身の五感の感触と記憶より他にわが子を想うしかない厳しさとつらさ。
この母親の感覚こそ究極の絶望と言うべきものだ・・・。

が、この母親の絶望のことを考う時、(私なんぞが言ってもはじまらぬ3.11
の被害の深刻さをあらためて再認識させられるのである・・・。)

この母親の苦しみに、同苦(ミットライデン)・・・。












[PR]
by mana1563 | 2018-03-14 23:31 | Comments(0)

暗証番号がメンドイ !



暗証番号が実にメンどい。

銀行のとかメールやスマホの同期とか。

パソコンのは特に。 覚えてられっかい !
パスワードを忘れると、「最後の一文字を」とくるる。

アホか ! それを覚えとらんからくそッタレなんじゃい !


もう数年前のことになる。

コドモで、スマホの修理(操作)受付に行った時の事。
担当「暗証番号をどうぞ」
私 「忘れた。」
担当「それでは受付致しかねます。」「一応ご本人様かどうかの確認を
   させていただきたいので証明書類をお願いします。」
私 「健康保険証だけどこれで。」
担当「あっ、お写真がないと。」
私 「写真ね。じゃこれ。」(穴の開いた運転免許証を差し出す)
担当「今現在の証明書でないと。」
私 「はぁ? 」 (だんだんと怒りの感情が沸いてくるる。)・・・。
  
 しばらく担当との押し問答・・・。

そして私は切れる。 
「オレはいったいどこの誰なんじゃい !  
 暗証番号がないとオレは オレじゃあねえのか !
 このスマホはオレのじゃないと言い張るんか ! じゃあ、誰のだ !」

世間では他人のキャッシュカードの暗証番号を盗み読んで、お金を引き出し
たりネットで勝手に買い物をする手合いが氾濫してるつーのに、

自分のスマホが自分のものだとわざわざ証明しなくちゃならんとは、自分の
存在証明書がないと生きていけない一部の国と同じではないか。

ここは日本だ !

大国主のミコトや神武天皇や役の行者や聖徳太子の血を引く正真正銘の日本人
である私を疑うとは実にもってのほかじゃわい !

ぶつぶつ・・・

れはそうと、やっと暖かくなってきたばい。
啓蟄とはよう言ったものじゃ。

みみずの気持ちがようくわかる。

   一句     「あたたかき 風にただよう みみずの屁」 



















[PR]
by mana1563 | 2018-03-10 09:10 | Comments(0)

人の善意をどこまで受けるかつーことについて

今回はちょっとエエ話。

貧すれば鈍する?(たとえがヘン?(^^;) とやらで最近立て続けに
電化製品が壊れてもうた。

半月前には電気ポット、そして一週間前には洗濯機。
明日どころかその日の米びつの心配なカナカナゼミ(そのヒグラシ)の
私には、値段のかさばる家電品の故障がいちばん日常生活に支障を来たす。

で、コーヒー好きの私は一日何度も笛吹ヤカンで夜間でも湯を沸かすのだが、
職場でついそのことを漏らすと、同僚が即座に「ああ、それなら使ってない
のが一つあるからあげようか」と。
 私は心の中で感謝しながら、「いえいえ、ネットで廉いの見つけるから。」と
断った。そして、迂闊に愚痴をこぼしたことを後悔した。
(ヤカンは無論今だに昼間でも活躍中である。(-_-;)

で、今日のこと。私はまたもや職場でうっかりと、洗濯機が壊れてもうたと
愚痴ってもうた。と別の同僚から、「親族が引っ越して新しいのを買ったので、
一つ余ってる。あげようか。」と。
 で、無論、感謝しながらもそれを断った。

・・・・・・

二つの例共に、私の愚痴に自然に反応した他人からの善意である。

で、そもそも愚痴をこぼした私が根本的に悪いつーことを前提に
書くのだが・・・、

人は「話の流れ」についつい乗せられてしまう、つーことがよくある。

もう二十年以上前のことにはなるだろう。私は当時、タンクローリーの
ネジマワシだったのだが、或る日同僚との雑談で「バックミラーのカバー
があれば立ち木に触れても割れないね。あれ欲しいなあ」と漏らした。

と、そばの二十歳前後の新入社員が「あっ、それ私余分なやつ持ってます
からあげますよ」と。私は使い古しのものかと、軽い気持ちで「そりゃ
ありがとう」。

翌日、その新人の同僚が持ってきたバックミラー・カバーは箱入りの
新品であった。私は「こりゃ、新品じゃないか、幾らした?」 新人、
「二万5千円です。乗ってるローリーのメーカーのと間違えて買ったので
 使えないのです。どうぞ。」
「アホか。君はアカの他人にプレゼントする為に毎日汗して働いて節約
しているのか。人が好過ぎる。」と叱った。

この場合も、新人の同僚が、「話の流れ」に乗せられてまったのである。

・・・・・・・・・・

この度の二つの私の家電品故障に際しての、同僚の反応はあの時と同じで、
元来、そもそもから人間が持つ反射的な善意に、決して甘えたりしては
ならぬと私は自戒したのだった。

二人の同僚とも、毎日顔を合わすが飲み友達のような格別親しい間柄つー
わけではない。私が職場を去ればそれっきりである。二人が私にくれようと
した家電品も二人の身近な人たちに使ってもらう方がずっとエエのは間違い
ない。

と、まあこんなわけで、今日も脱水の壊れた洗濯機からびしょびしょの衣類
をベランダに干す私でありました。こーゆーのもまた楽しからずや ♪178.png






[PR]
by mana1563 | 2018-03-07 20:25 | Comments(0)