人気ブログランキング |

何とか生きておりまする・・・ (^^ゞ
by 見沼田んぼのみみず
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
記事ランキング
以前の記事
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
最新のコメント
3位と8位でした。
by mana1563 at 18:02
やい、NHK ! ..
by mana1563 at 01:30
情状酌量どころか、リベン..
by mana1563 at 08:19
情状酌量の余地はあるとい..
by 頭大丈夫ですか? at 19:42
我欲五輪は「ろ・く・で・..
by 我欲都民 at 21:35
心にもないお悔やみふんと..
by mana1563 at 09:55
あべたんも、放射能が、「..
by ぽんすけ at 15:21
ユーチューブの映像のアッ..
by mana1563 at 09:49
ああ、コメントどうも・・..
by mana1563 at 15:29
ブログ拝見いたしました!..
by きょうこ at 19:00
検索
タグ
(1)
画像一覧


<   2018年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

人間の行動は打算のみだって? 哀れなるかな・・



つらつら考えてみるに、今の職場の特殊性(ありていに言えば欠点)のように
思うのだが、人の行動のもとになる思い、すなわち動機がすべて金や他者からの
評価であってあらゆる言動が計算づくだ、というような人間が異常に多いように
見受けられる。

私自身の体験から、特徴的な一つの例を挙げてみよう。

先日の関東平野の大雪の際、私は住居のアパートの雪かきをせねばならんから、
と早引けをして会社から帰った。翌日、雪かきの話をしたら、そこの社員ではな
い出入りの運転手の意外な言葉に私は心の底から仰天した。
 いわく「アパートの大家さん、喜んだだろう。得点を挙げたな。」

・・・入居者の中で、唯一シャベルを持っている私。老人が多く、若い入居者
が朝早く出勤した後では、降り積もった雪でゴミ出しもままらないだろうと、
雪かきをしたに過ぎない。そも、雪国では雪かきなぞ当たり前の日常的な行為
で、近所のじいさんばあさんの為に雪かきをすることなんぞ、いわゆる善意の
概念すら不要のジョーシキ的な行為である。

それを計算づくの行為だと観る人間観に私は唖然としたのであった。

また、(こうした次元の低いことをブログにアップすることは実に情けない
気がするが、私も並みの人間、頭にくることもある。)作業中に上司が私の
そばを通り過ぎるようなことがあると、必ず、「奴(私のこと)は、人が見
ていると(仕事を)やる。」つー同僚からの陰口が。

「ルン・プロ」を自認し、仕事なんて生きていく為の方便だつー哲学の私が
もし(無論、そんなことは金輪際有り得ないが)上司に評価されたとしよう。

で、私は正社員になり、出世して支店長になるのか?給与がアップするのか?
ばかばかしいにも程があろうつーものだ。

「おてんとうさま」や「神様」が見てる、つーことは確かにあるだろう。
が、ひがみ根性が体に染みついて、他人の行動をそうゆう風にしか見えない、
つーのは、私はふんとうにその育ちを疑う。親の顔を見たいとはこのことだ。
・・・なかなか、これはつー同僚は残念ながら極めて少ない・・・。

・・・・・・

以前、このブログに書いたことがあるが、テレビドラマ「逃亡者」の
ある場面ー

主人公が、ある一人のけがをした男が追手(警察)から逃げているところに
偶然出くわして、その男のケガの応急処置をする。安全になってから男いわ
く、「俺を助けたのは何かネライがあってのことだろう。そうに違いねえ。」
 主人公「行きがかり上のことだ。人間はいちいち計算して動くものじゃな
 い。」

・・・・・・

もひとつ。半世紀も前、女優の宮城まり子さんが障害者施設を私費を投じて
建設し子供たちを受け入れて大きな話題になったことがあった。その際、
山城新吾だったか「売名行為だ」とさんざん宮城まり子さんを貶したものだ
った。山城新伍は数年前に亡くなったが、間違いなく地獄行きだろう。


さらに・・・

秩父のムツばあさん夫婦は、通りすがりの人達に楽しんでもらおうと、自宅の
周辺や裏山に数百本の花木を植えて余生を過ごされた。ムツばあさんの
「きれいな花を見て、いいねと思ってもらいたい。」つー気持ちは、「計算」
「打算」なのか?

7年前の3.11大震災の際、交通がマヒして、都心勤めの多くの人達は、
徒歩で自宅までの長い距離を歩いた。その折、路沿いの民家の多くの人達が
おにぎりやお茶を帰宅する人々にふるまった。それも褒めてもらいたいが
ゆえの打算的行為なのか?


小さな子供が川や海で溺れているのを目撃すれば、我々は誰でも助けに向かう。
そんな時、金一封が貰えるとかヒーローになれるなんて考えるものなど
一人もおるまい。

・・・・・・・

他人の行為について、それが打算からだとか、計算づくだからなんて見方は、
心が貧しいというよりほかはない。

そも親から、「他人はすべてずるがしこい奴ばかりだから、そうゆう目を
持って、人生を生きなさい。」と教わったのであるか。そして自分の子に、
そうした人間観・社会観を教えるのであるか??

それは、女性が化粧やおしゃれをすることについて、それは計算づくだと
言うに等しい。

哀れなるかな・・・。心の貧しきものよ。
一輪の花を部屋に飾らんとする人間の心持を計算づくの行為だと見る心。
よっぽど不幸な家庭で育ったのだと、同情を禁じえない・・・。


私はこうした人間観の持ち主に是非とも薦めたい映画がある。
 「野のゆり」シドニー・ポアチエ主演
♪エーエメン、エーエメン、エーエメン、エーメン、エーエメンである。

さらに今一つ、岩波文庫にある。
 「水晶」アダルベルト・シュテフター著
 (★一つ。今何十円なんかなあ?)













by mana1563 | 2018-02-25 22:15 | Comments(0)

女子フィギュア、私の採点では・・・



今日、女子フィギュアのフリーの演技があり、結果が出た。

金がザギトワ、銀にメドベージェフ、銅にカナダのオズモンド。日本の
宮原の演技の方がより銅に相応しかったように思うが、ま、観衆の反応に
影響される採点競技なのでしかたない。

金のザギトワ、いわゆる技術力は凄いが、芸術性つー意味ではいまいち。
プログラムもジャンプ一色で、音楽との一体感つーか、「調和」に欠ける。

そりゃあ、ジャンプばかりではエレガンスとは程遠くなるわいな。

私の金メダルは同じロシアのマリア・ソツコワ
彼女の演技こそロシアのクラシック・バレエの伝統の体現である。

名前を出して申し訳ないが、かっての銀メダリストの伊藤みどり選手は、
ソツコワと比べると、上半身の動きが幼稚園の遊戯並みにかたくて、
それこそバレエと阿波踊りくらいの違いがある。
その意味では、6位の坂本選手も手の振りがまだまだである。

そして私の銀はメドベージェフ。さらに銅メダルは韓国の選手。
彼女はあのキム・ヨナなんぞよりもずっと優雅さに秀でていて、無論、
二人の日本人選手よりもエレガントで雰囲気があった。

何のかのといっても、女子フィギュアは芸術性がいちばん大事。
サーカスではないのだから。

日本人選手では本田真璃の4年後に期待するしかないのかなあ・・・。





by mana1563 | 2018-02-23 15:17 | Comments(0)

エ~エメン、エ~エメン、エ~メン、エ~メン、エ~メン ♪



「あさイチ」の今朝のゲストは指揮者の小澤征爾のクソじじい。

クラシック以外で、よく口づさむ歌は何ですか?、と問われて
小沢のクソじじい、手拍子でリズムを取りながら、

「 ♪ エ~エメン、エ~エメン、エ~メン、エ~メン、エ~メン ♪ 」

ときた。 私の人生で最も好きな映画の「野のゆり」の主題歌である。

そーか、クソジジイも好きだったか。私も何千回くちづさんだものかや。

エ~エメン エ~エメン エ~メン エ~メン エ~メン 178.png



by mana1563 | 2018-02-22 09:18 | Comments(0)

キロロ復活 ♪



沖縄の女性デュオ、キロロが活動を再開のニュース ♪

私は最近の女性歌手、とりわけシンガー・ソングライターの歌手は
ほとんどすべて嫌いである。

言葉(歌詞)の抑揚のヘンなの(例えば、ドリーム・カムズ・トゥルー)や、
発声が汚いの(荒井由実の「こんな人生があーっ」)や、日本語になっていな
い歌い方(五輪まゆみの「来る日の寒さをもうのがたり~」等、聴くに耐えない。
発声があわふやで歌詞が聞き取れず、何を歌ってるのかわからんのもいる。

その中で唯一、キロロの発声・歌い方は、歌詞がとても聞き取りやすくて
素晴らしい。しかも上手。(私は「カエルの場所」がいちばんお気に入り)

そのキロロの歌がユーチューブから段々と減ってきて、オリジナルの歌を
聴くのが難しくなってきてとても残念に思っていた矢先の復活のニュースに
私は嬉しさに思わず屁をこいてまっただ。(歓喜のおなら)

じゃ、さようおなら。 ♪  111.png


by mana1563 | 2018-02-21 08:09 | Comments(0)

「西郷どん」おもしろいね。

昨日初めて、「西郷どん」45分間観た。

若き日の恋愛?模様を描いた放送だったが、「片思い」の様子がとても
よく描かれていて、すこぶる面白く観た。

実際の恋?なんて、ったくああしたもので、誰しも覚えがあるものだ。

主人公の俳優さん、名前は知らんがピッタシのはまり役のように思う。
そして彼に片思いした女性役の女優(黒木何とか)もこれまた適役。

夫婦になるんかいなあと思ったのだけど・・・。最後が少し可哀想。


明治維新前後に活躍した、いわゆる志士たちのドラマにはいささか食傷気味
だったのだが、「西郷どん」は面白いかも知らん。そんな予感がする・・・。



by mana1563 | 2018-02-12 22:42 | Comments(0)

ブランドの制服に教育効果なんぞあるまいに

銀座の公立小学校でアルマーニの制服を指定つーニュース。

8万円もするとかで、保護者の経済的負担が大き過ぎると批判の嵐。

だが、言うまでもなくこの問題の本質は、これを導入した校長の
教育観にある。「人間は見た目すなわち外見が大事である。」つーことだそう
な。

我々市井の一般人の感覚では、普通に素朴に表現すれば、「人間は見た目より
中身が大事」と誰しも一応は思うものだが・・・。

まして教育者においておや。何おか言わんや・・・。ただただ唖然。


半世紀以上も前に教育現場に制服が導入されたいきさつは、ここで改めて
説明するまでもなく、私服の場合、保護者の経済力の格差が如実に顕れて、
公教育の現場ではよろしくない、つーことがその理由であった。

その価値観が、今や180度転倒していることに幾らかの驚きもないこともない。

れにしても・・・。

この校長、およそ教育者とは言えぬわな。  世も末じゃ・・・。









by mana1563 | 2018-02-12 22:30 | Comments(0)

適材適所 ?

昨年の国会で、森友学園問題でのエエ加減な答弁を行った元理財局長(現国税
庁長官)への野党の追及(罷免要求及び証人喚問要求)が相変わらずである。

ご褒美の栄転ともいえる国税庁長官の任命責任を問われた安倍ちゃんは「適材適所」の一点張り。

小学生程度の理解力しかない法務行政トップの金田法務大臣。

ハイヒールや網タイツで自衛隊活動現場を視察した稲田防衛大臣。

そして「領収証はない。」とのたもうた現国税庁長官。

かっての民主党のどうでもエエ野田首相もそうだったが、安倍ちゃんの「人を
観る眼」には疑問符がつくどころではない。

派閥からの推薦にしてもいくら何でも法務大臣に金田某つーのはなかろうし、
稲田某の弁護士時代の底の浅い右翼的な言辞に惑わされて彼女を抜擢した
安倍ちゃんのオツムには呆れるばかり。嘘つきの官僚を国税庁長官にするなん
ツー事は国民を嘗め切って小ばかにしているからこその人事である。

「適材適所」 ? ?
意味は「ミスマッチ」つーこと・・・?

人事のダメな政治指導者は何をやってもダメだわな・・・。
動くのは部下だもの。(民間企業ならとっくに倒産だわさ。)

現在の日本社会のインフラはほぼ完全。

電車もバスも時間通りに動くし、ゴミの収集が滞るようなことはまずない。
消防と警察は出動要請すれば直ちに来る。停電や断水は、大きな台風でも
こない限りめったにない。自衛隊も制服組に任せておけばまず問題ない。

つまり、首相がアホでも法務大臣や防衛大臣がバカであっても、日本は
つつがなく回る、つーことだ。

いっそのこと大臣なる役職を廃止したほうが、日本の行政はうまく回る。

そうすれば「適材適所」の言葉なんて死語になる。
私が、その意味を訊ねる意味もなくなるつーもんだわさ。

じゃあ、さるまたね。







by mana1563 | 2018-02-07 17:42 | Comments(0)

立春だつーのに・・、さぶいよー!


 ↑ 公園で野良ニャンに餌をやっていて、緑の眼のニャンコを見てなぜか
 バーブラ・ストライサンドが思い浮かんだ。

今日4日は、旧暦でいうところの節分、すなわち明日から新年。(正月は16日)

泉谷しげるの歌にあるように、四季は春から始まる。(春夏秋冬と言うが、
夏秋冬春とか秋冬春夏とは言わぬ。)

で、明日は立春つーわけなのだが、今年はことのほか寒さがきつくてとても
春が来た、つー気持ちになれん。

ま、暦(24節期)の方が実際の陽気よりも幾分早いのは承知はしていても、
やはりカレンダーにある表記を見ると、春まで、もちょいだと待ち遠しい限り。

・・・・・・

毎日、国会中継を見ている。(夜勤なので)
総理の所信表明演説後の各党の代表質問とそのあとの総理の官僚の書いた
原稿棒読みのつまらん答弁に比べると、委員会でのやり取りの方がまだマシ
である。

昨日は私の好きな阿部知子議員の委員会での質問。
(この阿部ちゃんとか、沖縄の照屋寛徳さんつーのは、その誠実な人柄が
 前面に出ていて、同じような質問、追及をしていても他の野党議員とは
 印象が随分と違う。政府側の答弁もいつもよりも丁寧であるようだ。
 やはりその人格に圧倒されるのだろう。)

ただ、森友問題は、エエ加減に切り上げて欲しいものだ。国会会期中は一日
2億円かかる。森友学園土地の値引きの8億円なんて、とっくにその何倍も
国会の審議で費やしている。もっと他に審議すべきことがたくさんある。

日本はこの先、人口が減ってくる。国の活力は何をおいても人口。
労働力が足りなければ幾ら金があってもどうにもならぬ。

ドイツのように外国人移民を受け入れて、日本人と同じ資格を与えるしか
ないだろうが、相変わらず日本では「研修制度」つー半奴隷制度をいじって
ばかり。

外国人労働力に依存するのが嫌なら、主婦を労働市場に組み込むよりほか
方策はないが、この数十年、いまだに保育所、待機児童問題は解決しない。

誘致や施設の建設費等もろもろ総額にして一兆円もかかるオリンピックを
開催できるのなら保育所問題なんて簡単だろうにといつも私は思う。
(ただ、保育士不足問題は残る。介護士不足問題の折の東南アジア人の
 介護士養成の際の馬鹿げた日本語による試験等の対応など、いっかな
 日本政府には知恵つーものがない・・。)

原発はおろか、水道管だって新幹線だって高速道路だって橋脚だって、
いずれ耐用年数が来て、整備では追い付かず修理交換の時がやってくる。
お金もそうだが、労働力不足になっていくのを放置したまんまで、その際、
いったい誰が治すのだ?

おーっ、さぶい !


  



 

by mana1563 | 2018-02-03 06:10 | Comments(0)