何とか生きておりまする・・・ (^^ゞ
by 見沼田んぼのみみず
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
記事ランキング
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
最新のコメント
情状酌量どころか、リベン..
by mana1563 at 08:19
情状酌量の余地はあるとい..
by 頭大丈夫ですか? at 19:42
我欲五輪は「ろ・く・で・..
by 我欲都民 at 21:35
心にもないお悔やみふんと..
by mana1563 at 09:55
あべたんも、放射能が、「..
by ぽんすけ at 15:21
ユーチューブの映像のアッ..
by mana1563 at 09:49
ああ、コメントどうも・・..
by mana1563 at 15:29
ブログ拝見いたしました!..
by きょうこ at 19:00
とても魅力的な記事でした..
by 職務経歴書 at 09:33
桜の8分咲きの頃から、数..
by mana1563 at 11:48
検索
タグ
(1)
画像一覧


いわゆるA級戦犯と靖国神社参拝について

1978年に、いわゆる東京裁判においてA 級戦犯とされた戦争指導者
等が靖国神社に祀られてから昭和天皇、平成天皇ともに参拝されて
いない。

彼等が戦争当事国(敵国である連合国)にとっての「戦犯」である
からのみでなく、日本および日本人にとっても「国賊」だからであ
る。


太平洋戦争は言うまでもなく帝国主義国同士の縄張り争いであった。
そして日本は、あらゆる意味でアメリカの敵ではなかった。

それは子供でもわかることであるにも拘わらず、当時の日本の指導
者は文字通りヤケクソでアメリカに戦いを挑んだのであった。


戦争に勝つ、つーことは、相手国を占領すること、最低限首都を占
領することであるが、日本がアメリカ本土の大半を占領し首都ワシ
ントンに進軍するなんつーことはおよそ考えられなかった。

※ 日露戦争なんて、単なる局地戦に過ぎず、多くの戦場は朝鮮か
  中国であった。ロシアが停戦に応じたのは、ロシアが革命前夜
  の混乱期であったがゆえに過ぎない。


いわゆる「戦犯」の罪は、戦争のプロである軍人でありながら、
「負け戦」に突っ込んだこと。そして、停戦降服の機会を逸し、
竹槍で近代装備の軍隊に立ち向かえと、国民にとことん犠牲を強い
たことである。

指導者に当たり前の判断力があったなら、沖縄の悲劇や広島・長崎
の惨禍を招くことは無かったのである。

の意味で、「戦犯」と「英霊」を合祀するような神社に参拝するこ
とは、「英霊」にたいする侮辱に他ならぬのである。

ガダルカナル島戦の敗残兵を、故郷に帰すことなくさらに戦死の確
率の高い戦地に派遣したことなんぞは、およそまともな人間のやる
ことではない。


人間、死ねば悪人も罪人もなく、皆仏になるのだつー、一見あたり
まえのようなことを言うアホウが時折見受けられるが、我が子を殺
された親が、その加害者と同じ墓に入りたいつー例は未だかってな
い。

日本国民に未曽有の惨禍をもたらした戦犯を祀った神社に参拝し、
「国の為に殉じた英霊云々・・・」なんつーことは、人としての常
識を欠いているとしか言いようがない。

中国や韓国、あるいはアメリカがどうこう言ったから、つー以前の
問題である。いわゆる「戦犯」は、日本人にとって決して赦すこと
のできない犯罪者なのである。

自国の赤ん坊を殺した指導者なぞ、どうして赦すことができよう。












 

 

[PR]
by mana1563 | 2013-12-27 14:07 | Comments(0)
<< マンデラとアンパンマンとヒュー... TVを見て涙が・・。 そ、音楽... >>