何とか生きておりまする・・・ (^^ゞ
by 見沼田んぼのみみず
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
記事ランキング
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
最新のコメント
情状酌量どころか、リベン..
by mana1563 at 08:19
情状酌量の余地はあるとい..
by 頭大丈夫ですか? at 19:42
我欲五輪は「ろ・く・で・..
by 我欲都民 at 21:35
心にもないお悔やみふんと..
by mana1563 at 09:55
あべたんも、放射能が、「..
by ぽんすけ at 15:21
ユーチューブの映像のアッ..
by mana1563 at 09:49
ああ、コメントどうも・・..
by mana1563 at 15:29
ブログ拝見いたしました!..
by きょうこ at 19:00
とても魅力的な記事でした..
by 職務経歴書 at 09:33
桜の8分咲きの頃から、数..
by mana1563 at 11:48
検索
タグ
(1)
画像一覧


ジャーナリスト(と私)の思い込みと報道の自由


最近になって我ながら愕然としたことがある。

韓国に朴クネ政権が誕生してから、韓国政府は、自らの無能さを国民
からそらすために、次から次へと反日的な言動を続けている。

特に嫌韓つーわけでもなかった私でさえ、こんな国とは断交してまえ、
と思うくらい。

  ・・・・・・・・

が、新宿大久保町あたりでの、いわゆるヘイト・スピーチなんぞは論
外でさすがに逆に日本の恥だと思うのであるが、

最近になってやたらとネット上や週刊誌で暴露されている、ベトナム
戦争での韓国軍兵士のふるまいについては、正直ガックリきた。

私は40数年前に読んだ朝日新聞記者・本多勝一の「戦場の村」に書か
れている韓国兵の描写とりわけ、「ベトナム農村の実った稲田をアメ
リカ兵士のように焼き払うような蛮行は、たいていの韓国兵が農村出
身である為に決してやらぬ云々・・・」の記述をずっと信じてきた。

が、ネット等で暴露された数々の韓国兵の蛮行には言葉もない。
自分の不明を恥じるばかりである。

本多勝一は、大国アメリカの横暴さを見るにつけ、憤りからの先入観・
思い込みによって、逆に同じアジア人の韓国兵の実態を見誤ったもの
であろう。

現場にいて、直接自分の目や耳で取材しても、その情報の、正しい分
析ができるかどうかは別の問題つーことなのだろう。

先年、「平和国家」ノルウエーでの右翼によるテロ事件の犯人を、ヨ
ーロッパ在住のジャーナリスト達が、こぞってイスラム系の可能性が
大きいと報道したことも同じである。

  ・・・・・・・・・・

先日、特定秘密保護法つー悪法が成立して、当然のことながらジャー
ナリストたちは言論の自由が制限されると、こぞって反対している。

が、「戦場の村」の取材記事に見られるように、ジャーナリスト個人
が、はじめっから思い込みや先入観で、無意識の裡に偏った報道記事
を書くのであれば、それは言論の自由以前の問題であるのは云うを俟
たぬ。

  ・・・・・・・・・・

権力による報道の制限で、記憶に新しいのは、先年のフクシマでの
スピーディの予測結果の公表の遅れであるが、さらにエゲツナイ事例
は云うまでもなく太平洋戦争中のそれである。

私が、権力つーのはここまでやるか、と感じたのはガダルカナル島の
敗北後の日本政府の処置である。

数万人の日本兵が、艦砲射撃や爆撃、戦闘、さらには飢えや伝染病で
死んだ。無論日本政府はこの事実を国民から隠した。

かろうじて生き残った兵士たちは、アメリカ軍による捕虜以外は日本
軍の輸送船で日本に帰還寸前、沖合いの船内で敗北の事実が国民に知
られぬよう船内で待機させられ、眼前の故国に上陸できぬまま、結局
彼等は、次の南方の激戦地に(戦死を目的として)送られたのである。

(死人に口なしがネライである。国家権力つーものが、いかに一個人
 を軽視するかつーことの実にやりきれない実例である。)

ふんとに、この法律は稀代の悪法である。

今の安部ちゃんは、自民党の4バカ大将(高市早苗、山本一太、西
田昌司、稲田朋美)がお友達として支えているのであるから、こんな
時代錯誤の悪法を作ったのもむべなるかなつーところであろう。041.gif

 ↓ ひさしぶりに ♪


エエ終末を、もとい、週末を ! じゃあ、さるまた ♪




































[PR]
by mana1563 | 2013-12-14 07:39 | Comments(0)
<< 心が惹かれる国々・・・ 寒い朝にはブルッフを >>