何とか生きておりまする・・・ (^^ゞ
by 見沼田んぼのみみず
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
記事ランキング
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
最新のコメント
我欲五輪は「ろ・く・で・..
by 我欲都民 at 21:35
心にもないお悔やみふんと..
by mana1563 at 09:55
あべたんも、放射能が、「..
by ぽんすけ at 15:21
ユーチューブの映像のアッ..
by mana1563 at 09:49
ああ、コメントどうも・・..
by mana1563 at 15:29
ブログ拝見いたしました!..
by きょうこ at 19:00
とても魅力的な記事でした..
by 職務経歴書 at 09:33
桜の8分咲きの頃から、数..
by mana1563 at 11:48
夏目君は、体が弱いとこが..
by mana1563 at 14:28
ホントにその通りと思いま..
by naoki kune at 22:49
検索
タグ
(1)
画像一覧


「情報」と人生

私は最近、仕事のタイキ時間に、毎日2~3紙の新聞を読む。

(海外ニュースは、通信社経由のものが多いので、どれを

 読んでも同じ中身。)


その他に、仕事中ラジオのスイッチはつけっ放し。(NHK)

うちに帰れば、BSの「TBSニュース・バード」か「朝日ニュー・

スター」もこれまた朝までつけっ放し。


地球上すべての情報に較べれば、実に微々たる情報量

にしか過ぎないが、それでも私のような、無学な一労働者が

受ける量としては法外といってもエエ情報の量である・・・。


・・・・・・・・・・・・・


で、今日、ふと思ったのであるが・・・、


これらの情報を受けるつーことが、私自身の人生に果たして

いかほどの影響を与えるものであるか?


それらの情報に踊らされて、混乱し、右往左往したことはなか

ったろうか?


もし仮に、それらの情報に、一切私が接することができなくとも、

私つー人間の判断力や洞察力に、本質的な違いなんぞなかった

のではあるまいか?


情報の多寡によって、判断力に影響が出るのは疑いはない。

だが、一個人に、情報の真贋までわかりようもないのも事実。


ならば、情報になんぞ初めッから接するのを拒否しても、さして

生きることには差し支えないのではあるまいか?


・・・・・・・・・・・・・


「鎖国」をやった江戸時代。

海外の情報は、極く極く僅かしか入らなかった。

が、世界史でも、稀に見る安定した封建社会の世の中であった。


しかも文化が沈殿し、衰退したどころか、むしろ逆にあらゆる

方面で、日本独自(日本らしさ)の主体性を主張し、見事である。


・・・・・・・・・・・・・


同じように、「精神の鎖国」をしても、何ら不都合なぞないのでは

あるまいか?


情報の洪水、グローバライゼイションに流されることに抵抗する

手段は、今やそれしかないのでは・・・。


※ 若い頃、右でもなく左でもなく生きようと、左右の思想本?を

  片っ端から読んだものだが、結局、本を読む前に自分自身

  についての直観?から、選ぶならこの路線だと感じた思想

  に、本を読み終えたあとやはり共鳴した。(つまり、知識=情報が

  あろうとなかろうと私が思想を選択する上において、情報は、

  大して関係がなかったのであった・・・。)


  ? 


今夜の一曲


 「 アレンデールの薔薇 」     歌:マリー・ブラック

 http://www.youtube.com/watch?v=zMGywGqf7wI





   GN




※ 朝、若干語句訂正。(^^ゞ


[PR]
by mana1563 | 2010-01-11 23:02 | カテゴリなし | Comments(1)
Commented by udedokei at 2010-01-12 22:31 x
40数年前に亡くなった私の祖父。
雪がしんしんと降り積もる山奥の炭焼き小屋で、長い夜を明かす時、
いったい何を考えていたのであろうか・・・。

ラジオを持って山に行ってたわけでもない。(新聞を読むのは好んだが。)

(私がご幼少の頃、新聞の他に、活字といえばせいぜい「家の光」と、我々の
 学校の教科書位のものだった。)

祖父の「知識」の幅の広さには、子ども心に感嘆してたが、今思えばさしたる
ことはなかったのかも知れない。

だが、いわゆる生活上の知恵、つまり生きていく為に役に立つ有用な知識の量は、
これは現代に生きる我々には、およそ及ぶべくもないほどあった。

そして、亡くなったとき地域の人達に惜しまれたほど、人柄は穏やかで、私の人生で
祖父以上の人にいまだ出逢わない、とさえ断言できるほどの人間性の持ち主だった。

情報の摂取をしていなければ不安になる我々現代人の実態を見るたび、情報過疎
の時代(地)に生きた炭焼きの祖父のことを、私はしみじみと想うのである・・・。
<< いよいよ本格的な冬  ^^; 公設派遣村問題について >>