何とか生きておりまする・・・ (^^ゞ
by mana1563
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
記事ランキング
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
最新のコメント
我欲五輪は「ろ・く・で・..
by 我欲都民 at 21:35
心にもないお悔やみふんと..
by mana1563 at 09:55
あべたんも、放射能が、「..
by ぽんすけ at 15:21
ユーチューブの映像のアッ..
by mana1563 at 09:49
ああ、コメントどうも・・..
by mana1563 at 15:29
ブログ拝見いたしました!..
by きょうこ at 19:00
とても魅力的な記事でした..
by 職務経歴書 at 09:33
桜の8分咲きの頃から、数..
by mana1563 at 11:48
夏目君は、体が弱いとこが..
by mana1563 at 14:28
ホントにその通りと思いま..
by naoki kune at 22:49
検索
タグ
(1)
画像一覧


じじいのホームシック・・・

ユーチューブでいろんな歌聴いてたら、十代の終わりに上京した頃が思い出されて
なぜかホームシックまがいの感傷病に見舞われた。



あの頃は明治大正の作家たちの小説を濫読しては、そのゆかりの土地を歩き廻った。
荷風や鴎外、漱石等々の小説にある地名や風景もまだまだ残っていて、自分がいっぱしの文学青年であるかのような錯覚にとらわれたものだった。



テレビの歌番組や昼間のラジオでは、既にナツメロ化していた戦後すぐの歌謡曲も
盛んに流れた。

私は、ロックやフォークソングを聴きながらも、一方で放送が始まって間もないFMでクラシック音楽を聴き、また藤山一郎や伊藤久雄の歌声に魅入られていた。
そうそう、私は市丸さんのLPレコードをシューベルトの菩提樹と一緒に買ったのだった。

歌謡曲は、西洋のロマン派以前のクラシック音楽とは別の、何というのか自分の
郷愁にからまって、それなりに自分の癒しになったように思われる。

美しいメロディの曲の素晴らしさはクラシックも歌謡曲も全くおんなじだ。

想像力が刺激されるエエ曲があの頃にはいっぱいあったっけ。

後年、ネジマワシの仕事で水郷地帯を走った時は、毎日この歌を
口ずさんで運転したものだった。

 ↑もエエ曲。今でも時々聴く。少女たちのミッション系の学校へのあこがれは
とてもよくわかる。文学の世界でも遠藤周作や小川国夫、辻邦夫さんをはじめとして明治以来のキリスト教への関わり?のまだまだ残っている時代だった。
(今それは全くない。)
オリジナルのペギーさんのも勿論エエけれど、今日は私の好みで倍賞さんのを。

ああ、もう十時、日曜も終わりですね・・。

じゃあ、このへんで。      God Night ♪

寝付かれないので私のイチバン好きな歌「里芋の秋」








[PR]
# by mana1563 | 2016-05-08 22:07 | Comments(0)

今日の青空は最高 ♪

今日はふんとうに青い空。どこまでも澄み切って・・・。

青空って、いったい何を考えてるんじゃろうね・・・。



エエお休みを ♪060.gif





[PR]
# by mana1563 | 2016-05-05 10:36 | Comments(0)

孤独感を癒す曲はこれに尽きる

 ↓ の演奏のみ。他のは効果なし。(たぶん、モーツァルトも
 こんな風に弾いたと思うべな。)


エエ連休を ♪

[PR]
# by mana1563 | 2016-05-05 09:59 | Comments(0)

群衆の中の孤独



アルバイトの為、ここ何日か数年ぶりに電車に乗った。

連休中で平日のラッシユアワーのような混雑にはならないのだけど、
そいでも座れぬこともある。

面白い?のは周りを見回しても乗客の誰一人として目を合わすことの
ないことで、「ああ、煩わしいのだなあ・・」とヘンに納豆。

駅のコンコースや駅前はふんとに人だらけ。無論、誰も見知らぬ他人。

「これほどの人間が、各々が自分の生活をして自分の考えや希望を
 持って、毎日を生きているのであるか。」と

あらためて、結局、自分は一億分の一に過ぎないのだという感慨に
襲われるのであった。

自分が自分を認識されうる「場」つーのは、家に居るときか、せいぜい
数人から十数人の職場くらいのもの。

政治家や芸能人を除けば、一般の労働者なんてそんなものだろう。

幼い頃の田舎での、誰しもが近在に居住する人々の名前をすべて知って
暮らしていたコミュニティとはエライ違いである。

現代日本では、いわゆるコミュニティの場つーのは、既に居住の場から
「職場」に移っているといっていいのだが、転職を繰り返し、基本的に
一人だけの時間つーのがないとストレスになる私のような人間は、
コミュニティの一員になるつーことは皆無。

よって、そこですでに孤独といっても過言ではないがその孤独は自ら
選択したものであって、この状態は自分なりに満足している。

が、それと違って、この数日、駅前や電車で経験した「自分は一億分の
一に過ぎない」つー感覚は、絶望的と形容してエエくらいの孤独感である。

路上にレモンの爆弾を置いた神経衰弱の作家ほどではないにしても、
この孤独感から逃げるか克服するには、デパートのトイレにでも爆弾を
模した置き時計でも置くような子供騙しで誤魔化すしかないのかも知らん。

19世紀フランスの詩人ボードレールに「パリの憂鬱」つー詩集がある。
素人の一言で言ってしまえば、私が群衆の雑踏の中で感じた孤独感、
或いは疎外感を詠ったものだ。
 
無論、詩人・文学者であるボードレールには、いわゆる社会人として
社会経済活動に参加していない、つー自覚は当然あったであろうから、
その孤独感・疎外感は、労働者である私と比べてたら計り知れないもの
であったろうことは言うまでもないだろうが・・・。


不思議なものだ・・。
真っ暗な秩父山中での夜営で孤独を感じたことはなかった。
今朝のような深い蒼空に魅入られる際もそうだ。

一人で居るときに孤独を感じることはない。
群衆の中に居るときに孤独感がいや増して堪えがたくなる・・・。











[PR]
# by mana1563 | 2016-05-05 09:29 | Comments(0)

山吹、やっと撮影・・

d0135815_8425313.jpg
 公園への途中 用水路の土手の黄色い花(なんの花?)011.gif

d0135815_841911.jpg
途中のもう一つの公園

d0135815_871259.jpg
道すがらで 民家の山吹

d0135815_08541625.jpg
          矢車草 これも好きな花 ただ命が短い・・

d0135815_08582311.jpg
矢車・・

d0135815_8425584.jpg
           いつも行く公園の山吹(ちと遅すぎた・・)





[PR]
# by mana1563 | 2016-04-24 09:10 | Comments(0)

-

d0135815_8414561.jpg
会社への途中 民家の庭先



[PR]
# by mana1563 | 2016-04-24 08:41 | Comments(0)

山吹

早朝、強風の中、公園へ

桜が終わって緑色ばかりの中に鮮やかに山吹の花があちらこちらに。

子どもの頃から私は、家の裏に咲いていたこの山吹が大好きであった。

山吹くらい、緑と黄色のコントラストの鮮やかな花は他にはない。
そして、これからのみずむし、もとい、みみず、もといもとい、みずみずしい
新緑の季節、若葉の季節を予感させる花でもある。げにげに春の花である。

公園の池はまんだ静か。

連休前になると鯉が水辺にバシャバシャと産卵するのだ。
今年は生活が苦しいので、タモですくって、ご飯の代わりに5~6匹茹でて
ラー油をつけて食べてみようと思っている。

この公園の池の鯉がいる限り、どんな天災や不況が来ても私は飢え死に
することはあるまい。いひひ。

早くこいこい。産卵期。いひひひ。

※ スマホ忘れたので山吹の写真撮れんかった。明日アップしますだで。
  れから、鯉食べるのウソだあよ。鯉は泥臭くて喰えん。私は鯛専門。
[PR]
# by mana1563 | 2016-04-17 15:44 | Comments(0)

恋しい青空

桜の時期も終わって、徐々にではあるけど朝晩の空気の冷たさもいくらか緩んできた。

でも、毎日必ず見るTVの気象情報、お天気キャスターは「五月並みの気温・・」と
のたまうのだが、気温だけは上がるのだけどすっきりと禿げ上がった日が4月になっても
一日もない。

五月の連休に入れば、関東の陽気はちと暑すぎる。4月の後半が一年でいちばん
エエ陽気なのだけれど、なぜか今年は青空が・・・。

ああ、青空が恋しい・・・。

青空に出会うことができれば、私は一人ではない、ときっと思えることだろう・・・。
[PR]
# by mana1563 | 2016-04-16 11:29 | Comments(0)

もともと国公立大の学費が高すぎるのだ

昨日の朝。 散っちゃったぁ・・
d0135815_21375015.jpg
貸付型方式による奨学金を受けた大学生が、卒業後の返済に四苦八苦。文字通り
のワーキング・プア状態に追い込まれている状況が、社会問題としてアホな政治
家連中にようやく認識された模様で、奨学金を貸与型から給付型方式に変換しよ
うつー動きが見られる。

が、返済義務の免除された給付型の奨学金を受けた学生と、進学志望であるのに
家計の不如意のゆえにバカ高い今の学費負担が不可能と、心ならずも大学の進学
を諦め高卒で就職せざるを得なかった若者との不平等・不公平さの問題は依然と
して存在する。

・・・・・・・

私の御幼少の頃、公立高校の授業料は月1500円、国立大学のそれは年間3万円
程度(公立はさらに安かった。)であった。
いわゆる苦学生でもなんとかやっていけたのである。

私立の方は、その10倍から50倍も学費は高かった。地方の向上心のある子ども
たちは早慶は贅沢だと諦めて、授業水準がほどほどに保証されて私立ほどは学
費のかからぬ国公立大学を選択したのであった。

今はどうだろう。

優秀な子どもであれば誰でも入れた国公立の大学の授業料と私立の授業料の
差は、以前の数十倍から今は2倍にもならぬほど。すなわち、国公立大学の
それが今や依然と比べて何十倍にも高くなっているのである。

一応、建前として国は、学費も物価スライドの対象であるかの如く説明してい
るのだが、明らかにその実態は不合理である。

裕福な家の子どもが私立大学に入ることはそれはそれで良い。
が、向学心のある優秀な子どもを国が高額な学費で門戸を閉ざすようなことは、
あたりまえの国家なら、そして歴史的に教育国家と言っていい日本民族なら決
してやってはならぬことだ。

昔は近所に、大学(国公立)に進む子がいると(高卒で就職する同級の子の
いる家でも)周囲は皆がその門出を祝ったものだ。貧乏な家の子でもその子
の頑張りで大学に入ったからである。

今ほどバカ高い学費でなかったその当時には、入学した子が給付型の奨学金を
与えられても不公平感なぞ感じるものは誰もいなかった。

・・・・・・・

もともと現在の国の教育費が高過ぎるのだ。アホらしくて呆れる。国家に役立
つ人材を育成するのに何で国が個人の負担を求めるのだ。

エンブレム問題や聖火台等の問題で揺れるオリンピックなんぞに数兆円の金を
使うよりもっと教育費に金を使えや。ドアホ。

日本人の一流の音楽家なんて、その半分は欧米のお金で育ったものじゃねえ
か。政治家ども恥を知れ !



















[PR]
# by mana1563 | 2016-04-11 12:22 | Comments(0)

ああ、桜がもったいない・・・



早朝いつものように公園へ

用水沿いの桜は8分咲きもあれば満開も。
今日あたりが見頃なのだが、あいにく天気がぱっとしない。

この一週間、ほとんど青空がなくて、写真を撮っても画面が暗くって
桜が映えない。
d0135815_17485675.jpg
d0135815_18004463.jpg
惜しいのい・・・。

まあ、そいでも今日は日曜だから花散策の人出はあるじゃろうけど・・。

確か去年は、桜の満開の頃に一日中大風が吹いて、花びらの大半が散って
まった。用水の水面が桜の花びらで、水面がすっかり覆われてまったことを
覚えている。(そうだった。去年の春はやたら風が強い日が多かった。)

今年は風は無いけど、花冷え・花曇りの日ばっか。
見頃はあと一週間くらいだから、なんとかスマホのカメラでも綺麗に撮れる
明るい日差しが欲しいものだ・・。











[PR]
# by mana1563 | 2016-04-03 18:18 | Comments(0)

オリンピック止めて、公園整備に金をかけろい



冷え込みの中、早朝の公園に向かう。

携帯ラジオを点けると、うっとりとなるような得も言われぬ音楽が・・。

モーツァルトであるのはすぐにわかった。番組が終わる直前の「音楽の泉」。
「戴冠ミサ曲」の有名なアリアだった。

身が縮こまるほどさぶい朝なのに不思議と心が解放されていくような感じ。
チャリンコを漕ぎながら時間の経つのを忘れた・・・。

で、いつのまにか公園への用水路沿いの道へ・・・。

道すがらの並木は桜で、満開になればそれこそ桜のトンネルになるのだが、
まんだチラホラ。見頃は次の終末かな。

公園の中は、品種の違う早咲きの桜はすでに散って、若葉模様。

ユスラ梅の方は満開だった。実はどっちも赤いのに花びらが白いのと
ピンク色のがあるのが面白い。剪定をしないので実は小さくて物足りない
のだが、逆に花模様は賑やかで見事。

他にはなあんにもない。植栽のさつきには頭上の木々からの昨秋からの枯葉が
かぶさって枯れているのもある。剪定や刈込なんて無論してない。

予算がないそうな。

やい ! アベ内閣 !

オリンピックなんぞの聖火台とかエンブレムなんぞに大金使うより、日本中の
大小の公園整備にもっと金をかけろや。

しょうもない競技場や設備に数千億かけるなら、3000の公園に一億円ずつ
手当しろやい。

「保育所ブログ」の怒りもふんとようわかるわいな。

オリンピックなんて何で誘致する必要があるのだ。くだらん。
競技なんて、ただの原っぱでやればエエだけのことだ。

日本国民諸君 !  成金趣味からエエ加減に卒業しろよ。

住民投票でオリンピックの誘致にノーの意思表示をしたウィーンの市民達
を見習って、そろそろ文化的に成熟しろよ。








[PR]
# by mana1563 | 2016-03-27 14:35 | Comments(0)

生きるとは思い出を刻み込むこと他・・



この3月11日で、東日本大震災が起きてから5年が過ぎた。

私は連日、TVで放送される震災関連のドキュメンタリー番組をそれこそ
寝不足になって仕事に障りになるくらいたくさん見た。

痛ましい話は無論のこと、感心するようなエピソードの類の話もいろいろと
放送されたのだが、とりわけ私が心からの同情を禁じえなかったのが、

母親が仕事や買い物で外出中に子どもが津波に家もろとも海に飲み込まれ、
その子の遺体はおろかその子に関わる一切の品物が失われてしまって、

我が子を悼むよすがとなるものが自分の記憶に残る映像以外に何も無い
母親の姿であった・・・

無論、母親はこの先ずっと我が子の想い出を忘れることはあるまいと思う。
が、同時に彼女は、もっともっと我が子の姿を脳裏に刻み込んでおけば
よかったと後悔したに違いない。

海辺に立つ彼女の絶望的な表情に、他人である私さえも無情と神の無慈悲
を想わざるを得なかった・・・。

・・・・・・・・・・・・

このところ、震災からの「復興」や「再生」つーこともあって、「前向き」
つー言葉が日本中に氾濫しているようである。

が、誤解を恐れずに言えば、「前向き」つー意味は決して過去、すなわち
自分の歴史を消し去り忘れ去ることであってはいけない。(津波にさらわ
れた我が子のことを記憶の外に追いやる母親なんているわけもないが。)

むしろ自分の昔の姿、誰にも一度や二度はあったであろう胸がキュンとな
るような忘れ難い懐かしい経験を今一度心に深く刻み直して、さらに
新しい思い出づくりを心掛けて生きることが何よりも大切なことだろう。

・・・・・・・・・・・・

昨日、早朝のTVで2012年に亡くなった吉田秀和さんを偲んだ「あの人に
会いたい」つーのを観た。

自分で考えるつーことをしないいわゆる「金魚の糞」を嫌い、「想像力」
の重要さを何より人間にとって大切なものと考えていたこの爺さんを、
もとより音楽の門外漢であったが、私は昔からとても尊敬していた。

そしてこの爺さんは、人がおのおの大切に心の引き出しにしまっている
思い出をとても尊重した人でもある。(それが新人音楽家の発掘に秀で
ていた理由の一つであったろう。)

この爺さんは最晩年になって、愛妻の死と東日本大震災・原発事故に
遭遇して、100歳近くになってまたもや音楽の全くない世界を体験する
ことになった。

爺さんの絶望的なコメント
「この現実の前に音楽なぞ全くの無力だ。そして再び立ち上がる力は
 私にはもう無い・・・。」

・・・・・・・・・・・・

午後からは、録画しておいたドラマ「鴨川食堂」を観る。エエドラマ。

このドラマに通底しているのは、大切な「想い出」こそが「前向きに
生きる」原動力になるつーことか知らん?

「懐かしい思い出」の引き出しが多ければ、幸せな人生じゃない?
私はそう・・・。 (今の生活がどうでも・・・。(^^;023.gif

・・・・・・・・・・・

今日の終わりに、若い人にひとこと。

同級生や同僚の短所を見つけて悪口を言ったって、何十年たっても胸が
キュンとなるような思い出は作れない。他人の長所(個性)だけを
見るように心掛けて、思い出の引き出しをいっぱいにすること。それは
読書に心掛けて、話題や知識の引き出しを増やす作業と同じ。







God night ♪



















[PR]
# by mana1563 | 2016-03-20 22:29 | Comments(0)

朝の誓い

ようやっと暖かくなって、ちじこまっていた私の心が解放され、
脳みその方の働きも活発になってきた。071.gif

で、私は最近世間に流行の「前向きに生きる」を実践すべく、毎日の
誓いを立てたのである。

その誓いを若干気恥ずかしさもあるが、この場で皆の衆に
打ち明けよう。どうか嗤わないで欲しい。

朝起きた時に誓う、その言葉つーのは、

「 明日は頑張ろう !  」


011.gif



エエ棚を  ♪








[PR]
# by mana1563 | 2016-03-20 15:09 | Comments(0)

欧州にはピケティ、米にはクルーグマン、でも日本には・・

昨日の新聞コラム。アメリカの経済学者のクルーグマンが、大統領候補の
トランプ氏への共和党主流派(?)の攻撃について、「目くそ、鼻くそを
嗤う」の類だと分析していて痛快である。

ったく同感。中東の石油資源が狙いのネオコンや韓国と台湾の位置すら
知らなんだ(ティー・パーティーの)前回の副大統領候補ペイリン女史の
アホさ加減とは、トランプ氏のラベルは全くの互角である。037.gif

・・・・・・・・

ひるがえって我が日本。

話題の、「保育園に落ちた、日本よ死ね・・」ブログへの安倍ちゃんの
反応があまりに素っ気ないと世間から総スカンを食らって、自民党は
大慌ての様子。

十年前に総理だった麻生財務相が、駅前でタクシーの運転手に、「景気は
どう?売り上げは一日7万くらい?」とやったり、インスタントラーメンの
値段が一食400円の認識で国民の失笑を買ったことがあった。

東条英機のように庶民の生活ラベルを知らんとして、ゴミ箱の中身をあさ
るような愚かなことまではしなくてもエエが、れにしてもアベちゃんといい、
アホウ財務相といい、あまりに一般国民の生活感覚と乖離があり過ぎる。

非正規社員の増加についての、「自由で様々な労働形態を選択できる・・」
云々のアベちゃんの発言もそうである。

誰しも望んで非正規社員になるわけではない。正規に比べて就職のハードル
が低いので、結果的に非正規になるだけのことなのだ。

「格差社会」の意味がこの宰相には一生わかることはないだろう・・・。

れにしても・・・。

ヨーロッパにはピケティがいるし、アメリカにはクルーグマンがいて、
社会に警鐘を鳴らす。

でもわが国にはその役回りがおらず、その代わりに格差社会推進論者の
某竹中平蔵ときたもんなあ・・・。いやはや、ったく・・・。081.gif













[PR]
# by mana1563 | 2016-03-12 22:28 | Comments(0)

ヨーロッパの真似なんてしとるまいに

NHKの「日曜討論」。

消費税の食品への軽減税率適用反対の国会議員曰く
「軽減税率を採用している国なんてヨーロッパだけ。アジアには一国だに
 ありません。ヨーロッパの真似をする必要はありませんよ。」云々・・

アホ。ヨーロッパの消費税の軽減税率つーのは、消費税率20~25%にたいして、
0%で完全な無税なのだ。

そもそも8%が10%に挙げる際に僅か2%の据え置きを「軽減税率」つーこと自体
子供だましの恥ずかしい話で、ヨーロッパ諸国の真似をするんなら消費税率を
0%にしなくてはならんのだ。

それに、じゃあ他のアジア諸国の真似をせい、つーことかや。
どこに学ぶんじゃ?

中國? 北朝鮮? インド? ???







[PR]
# by mana1563 | 2016-02-27 10:31 | Comments(0)

一人くらい尊敬できる国会議員、おらんものかな

丸山和也議員の「アメリカでは奴隷が大統領になった」云々の発言。

各方面からバッシングがあるかと思いきや、わりに静か・・。
ご当人は、「天に誓って恥じるところはない。」とのたもう。

こんな国は、アメリカもたとえ日本が有事の際でも助けんだろう。
まあ、ジャップの分際で何をほざくか、と大目に見るかもな。


もともと、日本はアメリカの属国で独立国ではないのだが、日本人は
その基本的な認識が完全に欠如している。

東京裁判を自民党4バカ議員(山本一太、高市早苗、西田昌司、稲田
朋美)の一人、稲田政調会長が「検証」するなんつー出過ぎた真似は
奴婢の分際で、ご主人のアメリカのなされた行為についてケチをつけ
るわけで、全くの身の程知らずつーものである。

原爆投下も東京大空襲も我々日本人は絶対に批判してはならんのだ。

・・・・・・・・・・・・

日米地位協定が、日本国憲法の上位に位置しているつー事実を日本は
知って知らぬふりをしている。

事実上、日本はアメリカの委任自治領であることを我々はエエ加減認
めんといかん。

その意味では、日本が51番目の州であれば安全保障上、何の問題も
起きぬ。」とのたもうた丸山議員の発言も言い得て妙である。037.gif


れにしても、この丸山議員とか、「歯舞諸島」を読めぬ議員とか、
ふんとにラベルの低いアホばっかで無酒なくなる。

※ 漢字の読みは確かに難しい。私は宗教学者鈴木大拙の「禅」に
  関する著書について、ずっとこの50年間「褌(ふんどし)」の
  ことかと思っておったのじゃ。

  こっけい議員が無教養なのはしょうがあんめいのう。041.gif







[PR]
# by mana1563 | 2016-02-21 16:57 | Comments(0)

呆れた10メートルの防潮堤

大津波の被害を受けた東北三陸海岸地方。

その大半の集落は、村ごと高台の新しい街に引っ越すそうな。

元の村のあった海沿いには、海が全く見えなくなるほどの10数メートルの
防潮堤を建設。

・・・・・・

棄村もありえるやもしらん。が、日本以外の地球上の地震や津波の被害地
ではまた同じ場所に居住する。

高台に人工的に居住地を造成して、観光や漁の生活の場に巨大なコンクリート
の遮蔽物を作って、何が復興なものか。

元の場所に家を再建して、津波が来たらこんどは無事に逃げればエエだけの
ことだ。

(人災のフクシマと、天災の三陸地方とは根本的に事情が異なる。)

津波も地震も天災なのだ。

風光明美な三陸海岸の景観を台無しにする日本の政策。

あほか !









[PR]
# by mana1563 | 2016-02-15 12:57 | Comments(0)

何で北が核兵器持つとわりいの?

この地球には実に2700万発の核弾頭があるそうな。

核を保有するのは、国連の安全保障理事国とイスラエル、インド、
パキスタン等。

ほかに核開発にいそしんでいる国は、イランやブラジル、サウジアラビア等・・。
つまり、世界中の大半が核兵器を持つか開発中つーわけである。

日本は持ってはいないが、「核兵器禁止条約」の決議には常に反対している。

なら何で北朝鮮が核開発をしてはならんのだ???
国連の制裁?  

れこそ平等の名に反する行いではないか。

北を「キチガイに刃物」つーのはようわかる。
だが、核兵器を実際に使い、いままた限定核ミサイルなるものを開発している
アメリカだって文字通りキチガイの最たる国家だろう。

かっての共産ソ連だって中國だって未だ核兵器を使ったことはない。

が、もし北がワシントンまで到達するミサイルの開発に成功したならば、
アメリカは限定核ミサイルでただちに北の核施設を空爆することだろう。

・・・・・・・・

核兵器が、人類にとって真に無用なものならば、何で2700万発の核弾頭が
存在するのだ??

たかだか数発の核兵器の開発なんてほっとけよ。

ばかばかしい。









[PR]
# by mana1563 | 2016-02-15 12:41 | Comments(0)

心に残る映画「アントニオ猪木」

何の気なしにTVをつけ旧い映画を観た。

主人公は見たこともない新人男優と時折TVで見かける若い女優。
(最近観た「のぼうの城」の姫役に出ていたので新人でもない?)
共演は「ごちそうさま」の父親の原田泰造で彼は主人公の職場の先輩役。

過去の体験から屈折した人生観を持つ青年が、遺品整理業つー仕事を
通して、社会に生きる(生きた)それぞれの人生の一端に触れ、
その人の「思い」を共有せんと真摯に厳粛に毎日を生きる。

その過程で同僚の女性バイトのシンドイ過去も描かれ、(私は遠藤周作の
「棄てられた女」をすぐに思い起こした。)この女性の立ち直る姿もまた
遺品整理つー仕事に向き合うこともあって同時進行していく。

同僚(先輩)役の原田泰造が素晴らしい。それから友情出演つーことだが、
映画の終わりの方に出てくる檀れいもエエ。(檀れいは、正月に偶然
藤沢周平ドラマ「おそい幸せ」も観た。この女優はエエ作品に出るね。)

・・・・・・・

ただ単にエネルギッシュな若さを売り物にした昨今の若者像ではなくて、
マイナー、それゆえにリアリティのある若者の暮らしを描いた映画で、
とても真面目な気持ちにさせられる後味のエエ映画である。
佳作といってよかろう。

※ ただ、主人公がつぶやく「アントニオ猪木」つーのがようわからん。
  「ラッシャー木村」や「ジャイアント馬場」ではまずいのかしらん?








[PR]
# by mana1563 | 2016-02-15 12:16 | Comments(0)

18歳に、選挙権と死刑は平等に与えるべきである。

川崎での多摩川河川敷殺人事件。13歳の上村君を殺害した少年被告に
懲役9年~13年の判決が下りた。

上村君の父上は、「人を殺しても、数年辛抱すればまた社会に出られる、
いかにも軽い刑罰だ。」と・・。

メディアの反応としては、「被告(の人間性)が、あまりにも幼い
云々・・。」つーものが主流であった。

すなわち、オツムが幼稚な少年に重い刑罰を科すのは残酷である、つー
昔からある概念。
(が、自己吟味すらできない人間なら、再び犯罪を繰り返す、つーことも
 また考えに入れるべきであろう。)

弁護側が求めた情状酌量の余地?の最も大きなものは少年被告の育った
幼いころの家庭環境である。

が、それがそのほかの要因を押しやって大きなものだとするなら逆に
この少年被告の更生は生涯不可能であるつーことになるだろう。

けだし、過ぎ去った過去は今さら変えることなど無理な話だからである。

私の考えとしては、この被告が更生しようとするまいと、目の前の
犯罪に対しては、その重さに見合ったペナルティーを課すのが妥当。
殺人なら、その人生を奪い取られた被害者の人生の時間を牢獄で暮らす
べきである。しかたあるまい。

・・・・・・・

殺された上村君のことを考う時、実に残念なのは生活の場が田舎の隠岐
から都会の川崎に変わってしまったことである。十代前半のこどもには
如何ともしがたい生活環境の激変である。
隠岐の自然から都会のゲームセンター。

そしてまた、報復を恐れてエスカレートする被告少年の心理。
その異常な行動を押し留めることのできない周りの友人・・・。

文明による犯罪つーよりほか形容のしようがない事件であった・・・。


つらつら思うに、18歳への選挙権付与は刑法の少年法対象から外す
こととセットにするべきなのである。

クソガキでも死刑の対象にすることが、御仏やマリア様の御心に
かのうているのじゃ。








[PR]
# by mana1563 | 2016-02-11 13:57 | Comments(0)

雑感。スポーツマンの脳みそと人間性はカラッポである、他

元高校球児が他校野球部の部室でグラブその他の用具を盗み、それをネットで
売っていたというニュース。

高校球児なればこそ、そんなことを一片の良心の呵責もなくやるのである。
書道部員やブラスバンド部員、合唱部員ならそもそも窃盗なんぞ思いつきも
するまい。

大学のアメフト部やラグビー部での下級生へのしごきによる死亡事件なども、
人間性および精神性の欠如したスポーツの世界ならではの出来事である。

図体だけがでかいだけでオツムが軽い、つーだけならまだましである。が、
加えてサディズムの傾向があって、自分の主体性つーものを持たず常に集団に
なびくような性向のあるような人間こそ最悪である。

そして大概のスポーツマンはこの範疇に入る。

まれに、弱者への思いやりもあって指導力にも優れたスポーツマンもいない
ことはないが(例えば、柔道の山下)、その立派な人柄は生まれつき、ある
いは家族によって育まれたものであって、断じてスポーツを通して得られた
ものではない。

もし、ここに一人の爽やかなスポーツマンがいるとせば、それは彼がもともと
爽やかな人間性の持ち主である、つーだけの話である。(山下は、柔道を一切
やらずとも立派な人格者になった。)

・・・・・・・・・・・・・・・

私が美少年であった頃、こういう経験がある。

体育の授業で、体育教師は授業の最後に、我々生徒に「飛び箱を跳べた者
から教室に帰ってよい。」

40人の同級生は皆次々と体育館を後にした。最後まで残ったのは私一人。
何度トライしてもうまくゆかず、それを冷笑気味に眺めていた体育教師も
いつのまにかいなくなった。(同じことは逆上がりの授業でもあった。)

体育教師が技術的なアドバイスをしてくれることはついぞなかった。

私は、「体育教師(スポーツマン)つーのは、冷酷なものだなあ、やりかたも
教えずにいったいどこが教師だ。」と子供心に思ったものであった。

のびのびと暖かな家庭に育って、いわゆる劣等感つーものにさいなまれる
ことの少なかった私は、ひどく落ち込むようなことはなかったが、体育教師
への不信と軽蔑感から体育の授業は半分は「見学」になった・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・

スポーツが生み出すものに、弱者への優越感・驕りがあるのは疑いがない。
ことに日本では。

水泳の国際大会等の映像で私が感心するのは、順位が上位ではなくとも自己
記録の更新をした選手は、必ずその名前をアナウンスされ場内から暖かな拍
手が起きることである。(国内大会ではまだ一般的でない。)

スポーツの真の本質が、昨日までの自分を超えることであることを考えれば、
まことに欧米の水泳大会のやり方は素晴らしい。

ひるがえって日本の場合、テニスの試合での対戦国選手のミスへの拍手等、
TV観戦していても不愉快な気持ちにさせられることもまだまだ多い。

スポーツが人間性を育む、つー100%誤った考えを我々は捨て去らなくては
ならぬ。
「勝たなければ意味がない。」と、とことん最後まで考えるような人間性を
スポーツが育むかぎり、スポーツつーものを人間の営みから全て排除する
ことも選択肢であろう。

そうなれば、ナチスのユダヤ人虐殺のような悲劇は避けることができる。
ヒロシマ・ナガサキの惨禍も無人機による無差別爆撃も然りである。
「勝者」になることを命題にする「スポーツ」は、人間社会から排除
しなくてはならない。

スポーツなるものは、人間社会にとって犯罪や戦争、飢餓疾病と同じく
マイナス(負)や不正義の分野に属する世界であることに気づかなくては
ならぬ。

人類が、「平和」を希求するのであれば・・・。









[PR]
# by mana1563 | 2016-02-06 20:17 | Comments(0)

風について

(1969年「風邪」)

風を惹いた。今年になって二度目。最初の風はちょうどそれを惹いた時分に、
ポカポカ陽気が三日も続いたことですぐに良くなった。

が、今回のはダメ。七転八倒、ブリキの苦しみが連日続く。ううううう。

ノドの奥はやけ火箸を突かれたように熱く、筋肉や関節が痛む。うっかり
布団の上で背伸びをしようものなら、一度に両腕、両の太腿、ふくらはぎ、
土踏まず、指の先等、10か所くらいが痙攣(こむらがえり)して、それは
もう・・・・・・・。ううううううううううう。はりつけ状態。

十字架のイエスもかくやと・・・。

物事にはサイクルつーか起承転結つーものがあるゆえ、前回のポカポカ陽気
のような例外的な事象にでも見舞われないと一気の好転は無理。

だによって、罹って五日目のこの風はあと二週間は続く、つーことになる。

症状が、今世界中で流行の地下タビ熱に似ているので、ひょっとしたら
それかも知らん。土曜日に数年ぶりで電車に乗ったし。うつされた??

まあ、エエ。

ここはネギと玉ねぎ、大辛ラーメンとうがい薬、ビタミンのドリンク剤、
そしてなにより、この私自身の人格の力によってこの風をしのぐより他
あるまい。

ぜんまい、ぜんまい、もとい、どんまい、どんまい。

(1963年「風邪に惹かれて」)





[PR]
# by mana1563 | 2016-02-03 13:59 | Comments(0)

このお人はふんとに凄い !

朝刊にアフガンで活動しているNGOのペシャワール会の中村哲さん
インタビューが載っている。

中村さんの言うこと、ふんとうにもっともだと納豆。

私は、今生きている一億二千万人の日本人のうちで、この中村哲さんを
最も尊敬している。(二番目は天皇陛下)

口先だけの核廃絶の演説をしながら、実は陰で無人機の無差別爆撃で民
間人を殺しているオバマなんぞより中村さんのほうこそ真のノーベル賞
(平和賞)の授賞者にふさわしいとつくづく思う。


日本国民は、国連の安全保障理事国のメンバーに日本を入れろなんつー、
アピールより、このお人に「平和賞」を与えろというアピールこそを
すべきなのである。

「命のピザ」で有名な杉原千畝リトアニア大使のことなどは世界中に
知られ日本人の評価が高まることになったのだが、中村さんの考え方や
行動が世界中に広まれば、それはその業績への評価だけにとどまらず、
ふんとうの意味での貧困や戦災からの復興援助の大きな助けになること
だろう。

自慢の日本人である。






[PR]
# by mana1563 | 2016-01-30 08:02 | Comments(0)

18才選挙権付与には反対じゃ

酒を呑んだら豚箱入りにされる18歳程度のクソガキに選挙権を与えるなんて
文字通りの亡国政策である。

日本が第二次世界大戦で、ナチスのドイツと戦った、なんつー18歳はうじゃ
うじゃいる。

憲法そのものが軍隊を持たぬことを明文化しているにも拘わらず、日本には
国防費が世界で4番目の軍隊が50年も存在している。そもそもはなっから、
日本の憲法は矛盾空文化しているのだが、その鼻紙程度の憲法を守れと日々
喚いてままごとに興じているシールズとかの甘えん坊たちに選挙権なんて、
愚の骨頂である。

まあ、一歩譲って、アルバイトをして世間と多少なりとも接触のある18歳
には地方参政権くらいは認めてやっていいだろうが・・。

・・・・・・

この先国力をさらに蓄えた中国は、尖閣はおろか沖縄辺りまで進出して
来るだろう。(これまでは自国の人民をとにかく食わせなければならなんだ。)
アフリカにも中国人はすでに100万人送り込んでいる。次は地理的に近い東南ア
ジア。そして沖縄・九州・・。

エセ右翼のアホどもは、いまだに太平洋戦争は帝国主義国間の争いで仕方がな
かった。満州国建国も餓えた日本人を喰わせるためだった、つー論理なのだが、
なら中國が人民を食わせる為に東南アジア諸国や日本の領土や資源を奪っても
仕方がない、つー論理にも正当性を認めざるを得ないことになる。

憲法9条のせいで、日本が戦争をしなかったのではない。
アメリカが日本を抑さえ続けたのだ。
朝鮮と中国には日本にリベンジするだけの国力がなかっただけなのだ。

昨年の小笠原諸島近海でのサンゴ狩りのエゲツナサを見て、まだ目が覚めない
とは・・・。

ヒロシマやナガサキの原爆忌の式典に出てきて気持ちのわりい言葉を並べ立て
るようなシールズ予備軍のガキになんぞ決して選挙権を与えるべきではない。

太平洋戦争に日本が突き進んだのは、まさにシールズに参加しているような
ヒステリックな烏合の衆とノータリンの軍部の政策を支持して国民を煽った
メディアがその最も大きな要因であったことを看過してはならない。

オウム・・、ナチスの突撃隊・・、シールズ・・、I S・・、みな同んなじ。
集団の一員であることに酔うのである。そこには理性は働かない。







[PR]
# by mana1563 | 2016-01-10 08:28 | Comments(0)

かかとのひび割れ、三日で治る ♪

この冬も恒例?のかかとのひび割れが。

痛くてコソ泥みたいに抜き足差し足。007.gif

風呂上がりに消毒を兼ねてヨーチンを塗ったのが余計にわりかった。
乾燥してまって余計に割れ目が拡がってまった。

で、去年までのやり方に変えてみた。
すなわち、メンタム(メンソレータム)を割れ目や周辺にぬたくったのだ。

と、三日で治った。
やっぱし、皮膚には脂ら分がエエのだと得心。(ワセリンなんかもエエかも。)

赤チンやヨーチンは乾燥させてまうのでダメみたい。いわゆる消毒用アルコール
の類も✖。
そういえば子どもの頃、祖父が冬のあかぎれにタヌキ油を塗ってたのを思い出し
たわい。

メンタム、皆さんも試してみ。

おーい、近江兄弟社。私に宣伝料おくれえ ! 037.gif



エエ日曜日を ♪ 







[PR]
# by mana1563 | 2016-01-10 07:11 | Comments(0)

木枯らし紋次郎の暮らしと私

ここんとこ「木枯らし紋次郎」に病みつき。
毎晩録画しては、朝がた家に帰るなり観ている。

紋次郎の徹底した無宿渡世人としての生き方も凄いが、番組にとてもリアリティ
が感じられて、いちいち納得しながら観ることができる。

食事はお茶漬けとたくあん等の漬物だけ。道中そのほとんどの泊り?は、野宿か
勝手に入り込んだ農家の納屋かお堂。川浴びのみで、お風呂に入ることはない。

動物性たんぱく質の摂取の不足から、江戸時代の庶民の平均身長は男は155cm、
女は145cmくらいであったそうな。

ドラマの紋次郎は大男だが、実際にはあれほどの身の丈の男は珍しかったろう。
寿命もあんな暮らしをしていては40歳にもとどかぬうちに尽きたであろうと
推われる。


現代の我々なら、雨合羽を布団代わりに体にかけての野宿なぞ、三日と体が
持つまい。

(ひるがえって)安売りのスーパー専門とはいいながら、三食とも栄養に留意
した食事を摂っている私なんぞは、紋次郎に比べてなんと贅沢な暮らしだと、
毎日「木枯らし紋次郎」を観るたんびに後ろめたい心持にさせられるのである。

思えば私も美少年時代から美青年時代にかけては、キャベツのみじんぎりのみが
おかずであったこともあった・・・。それでも自分が惨めだと思ったことなど
なかった。若さつーものであったか・・・。

今は、三食きちんと食べられてはいても、なぜかふと惨めな思いに襲われる・・。

そうゆう時、わたしは白湯かお茶漬けでおかずなしで、ご飯をかっこむことに
決めている・・・。

やはり、人生ただ生きながら得るつーだけでは寂しいものがある・・・。






[PR]
# by mana1563 | 2016-01-07 12:37 | Comments(0)

年賀状作りでぐったり (~_~;)

年賀状の返礼状づくりに、ちと小ぎれいな方がエエかなと、パソコンを
使ったのが間違いのもと。

僅か数枚の年賀状づくりに3時間かかって、も、くたくた。

同じ面に二重に印刷したり、レイアウトがずれたり、インクが切れて
買い出しに行ったりでわやくそ。

ハガキも十数枚がパア。何の為の機械だかパソコンだか・・・。

わ、わ、私はき、き、近代科学文明をの、呪うぞええええ !! 076.gif039.gif011.gif


昨日はヒストリー・チャンネルで「ザ・バイブル」(ユダヤ民族の歴史
ドラマ)を7時間ぶっ続けで見た。

確かにユダヤ人は受難の民族で、さればこそメシアが必要とされる宗教が
生まれたんかと納得。

そして日本が島国でエカッタわいな、とつくづく・・・。

他にも、藤沢周平原作の時代物や山田太一脚本のドラマなんぞも。
録画もずいぶんと。これ見られるんかいなあ。
正月休みはいつも、TVとゴロ寝ばかり・・。

半世紀前の子どもの頃の正月休みが桃源郷の夢のように思える・・。
もう幾つ寝るとお正月~♪ か・・・。

決めた! 私は余生は、後ろ向きに生きよう !
それこそが私の人生の幸福なのじゃ。



あ、忘れとった。

一応、新年あけましておめでとう。011.gif039.gif085.gif

今年は、何事もくよくよせずに大きな気持ちで行きやしょう。

なすがママなら、きゅうりはパパよ ♪060.gif035.gif053.gif073.gif





[PR]
# by mana1563 | 2016-01-02 19:12 | Comments(0)

なあんにも残さなかった・・。



今年を振り返る・・。

春から夏にかけて虫歯の激痛との闘い。そして7本の抜歯。今は、好物の
大判焼きも抹茶キャラメルも楽しめる。いひひひ。

数回の急な腰痛。それとの闘い。そして圧倒的な勝利。ヒヒヒ。

白髪が増えた。人生をまじめに考うからであろう。イヒ。

TVばかり見ていて、ほとんど読書をせんかった。文庫本の活字の小さいのに
今更ながらビックラ。見えん。

3%のアルコール飲料(ソルティー・ドッグやカシス・オレンジ)にはまる。

行動範囲がせばまって、季節の変化を感じられなくなるし、世間とTVのみ
でしか接することがなくて、ただただ暦がめくられるつー時間の進み方・・。

社会や職場のいわゆるゴシップに一段と興味がなくなる。(あっしにゃ、
関わりのねえことでござんす。)
それでもまだ、ISなどの悪党にたいしては怒りがわくこともあるけど・・。

音楽はやっぱしベートーヴェンだね。







[PR]
# by mana1563 | 2015-12-29 08:27 | Comments(0)

腰痛は快感である。 腰痛の話 その2

たった今、TVで腰痛治療の番組をやってた。

そこでも強調されていたのが、「腰痛がこのまんま続けば、将来は絶望的だ。」
つー心理的な不安を取り除くこと。

「痛みが出ても、簡単に治せる。たいしたこたあねえや。」と思えるように
なると不思議なことにそれだけで完治する。

私も、一月ほど前に腰痛がきてから、2分間体操を続けてほとんど痛みが
和らいだ。そして、「なあんだ。この体操で簡単に治るんだ。」と思って以後、
毎日の腰を使う労働に何の支障もない。

今日なんて、トイレや風呂の掃除にかがんだり、腰を曲げた姿勢をずっと
とっていたのだが、まったく問題なかったぞな。

誰でも、アイクリームを連想すると「おいちい」感覚に襲われるし、若い
頃には女性の裸を想うと性欲が刺激されたりもした。

「腰痛」を連想して不安感を抱くから腰が痛くなるのである。
「腰痛になるとコーヒーが美味しい」とでも連想すれば痛くはならない。
あるいは、「腰痛になるとチンポコが立つ」と想えば痛くもないし・・。

私は今では腰痛は快感ですらあるのだ。諸君も意識の転換を図るべし。

いひひひ。023.gif011.gif041.gif






[PR]
# by mana1563 | 2015-12-27 11:47 | Comments(0)

主張以前に、その話し方を直せ

「朝まで生テレビ」を見る。

パネリストの顔ぶりも以前と随分と変わって、時の流れを感じさせられる。

その中に若手の学者が二人。最近の「朝ナマ」ではレギュラー出演のよう。
政治学者の三浦瑠麗と社会学者の古市憲寿の二人である。

で、この二人なのだが言葉のイントネーションつーかアクセントが、いわゆる
女子高生風に語尾が上がったり、「~する?↗」なんて自分の意見を言いなが
ら周囲に同意を求めたりする甘ったれた表現が共通している。

まことに聞きづらく、肝心の彼らの意見・主張そのものよりその話し方の方が
気になって、私には彼らの主張の中身が全く耳に入らない。

二人は若手の有望な学者であるそうだが、基本的・常識的な話し方が全く身に
ついておらず小学校からやり直した方がエエ位。

日本政府の各種の諮問委員等についている、つーこともあるそうだが、私なら
こんなしゃべり方をする人間と会話をするのは堪えられぬ。

二人のしゃべり方は、人前で屁をこいたり。ゲップをするのとちっとも変わら
ない。歯磨きを全然しないでヤニで黄色の歯をして、清潔を説く人間と同じ。

これがラジオ番組であれば、私は即座にスイッチを切っただろう。

まあ、二人には恨みがあるわけではないが・・・。

おじんの老婆心つーやつよ。

さっき、屁をこきながらふと考えたんさ。

日本語は上品でないとな・・。

じゃあ、エエ終末を ♪  076.gif041.gif037.gif026.gif010.gif004.gif006.gif081.gif075.gif084.gif085.gif082.gif083.gif









[PR]
# by mana1563 | 2015-12-26 12:35 | Comments(0)