何とか生きておりまする・・・ (^^ゞ
by mana1563
記事ランキング
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
最新のコメント
我欲五輪は「ろ・く・で・..
by 我欲都民 at 21:35
心にもないお悔やみふんと..
by mana1563 at 09:55
あべたんも、放射能が、「..
by ぽんすけ at 15:21
ユーチューブの映像のアッ..
by mana1563 at 09:49
ああ、コメントどうも・・..
by mana1563 at 15:29
ブログ拝見いたしました!..
by きょうこ at 19:00
とても魅力的な記事でした..
by 職務経歴書 at 09:33
桜の8分咲きの頃から、数..
by mana1563 at 11:48
夏目君は、体が弱いとこが..
by mana1563 at 14:28
ホントにその通りと思いま..
by naoki kune at 22:49
検索
タグ
(1)
画像一覧


18歳に、選挙権と死刑は平等に与えるべきである。

川崎での多摩川河川敷殺人事件。13歳の上村君を殺害した少年被告に
懲役9年~13年の判決が下りた。

上村君の父上は、「人を殺しても、数年辛抱すればまた社会に出られる、
いかにも軽い刑罰だ。」と・・。

メディアの反応としては、「被告(の人間性)が、あまりにも幼い
云々・・。」つーものが主流であった。

すなわち、オツムが幼稚な少年に重い刑罰を科すのは残酷である、つー
昔からある概念。
(が、自己吟味すらできない人間なら、再び犯罪を繰り返す、つーことも
 また考えに入れるべきであろう。)

弁護側が求めた情状酌量の余地?の最も大きなものは少年被告の育った
幼いころの家庭環境である。

が、それがそのほかの要因を押しやって大きなものだとするなら逆に
この少年被告の更生は生涯不可能であるつーことになるだろう。

けだし、過ぎ去った過去は今さら変えることなど無理な話だからである。

私の考えとしては、この被告が更生しようとするまいと、目の前の
犯罪に対しては、その重さに見合ったペナルティーを課すのが妥当。
殺人なら、その人生を奪い取られた被害者の人生の時間を牢獄で暮らす
べきである。しかたあるまい。

・・・・・・・

殺された上村君のことを考う時、実に残念なのは生活の場が田舎の隠岐
から都会の川崎に変わってしまったことである。十代前半のこどもには
如何ともしがたい生活環境の激変である。
隠岐の自然から都会のゲームセンター。

そしてまた、報復を恐れてエスカレートする被告少年の心理。
その異常な行動を押し留めることのできない周りの友人・・・。

文明による犯罪つーよりほか形容のしようがない事件であった・・・。


つらつら思うに、18歳への選挙権付与は刑法の少年法対象から外す
こととセットにするべきなのである。

クソガキでも死刑の対象にすることが、御仏やマリア様の御心に
かのうているのじゃ。








[PR]
# by mana1563 | 2016-02-11 13:57 | Comments(0)

雑感。スポーツマンの脳みそと人間性はカラッポである、他

元高校球児が他校野球部の部室でグラブその他の用具を盗み、それをネットで
売っていたというニュース。

高校球児なればこそ、そんなことを一片の良心の呵責もなくやるのである。
書道部員やブラスバンド部員、合唱部員ならそもそも窃盗なんぞ思いつきも
するまい。

大学のアメフト部やラグビー部での下級生へのしごきによる死亡事件なども、
人間性および精神性の欠如したスポーツの世界ならではの出来事である。

図体だけがでかいだけでオツムが軽い、つーだけならまだましである。が、
加えてサディズムの傾向があって、自分の主体性つーものを持たず常に集団に
なびくような性向のあるような人間こそ最悪である。

そして大概のスポーツマンはこの範疇に入る。

まれに、弱者への思いやりもあって指導力にも優れたスポーツマンもいない
ことはないが(例えば、柔道の山下)、その立派な人柄は生まれつき、ある
いは家族によって育まれたものであって、断じてスポーツを通して得られた
ものではない。

もし、ここに一人の爽やかなスポーツマンがいるとせば、それは彼がもともと
爽やかな人間性の持ち主である、つーだけの話である。(山下は、柔道を一切
やらずとも立派な人格者になった。)

・・・・・・・・・・・・・・・

私が美少年であった頃、こういう経験がある。

体育の授業で、体育教師は授業の最後に、我々生徒に「飛び箱を跳べた者
から教室に帰ってよい。」

40人の同級生は皆次々と体育館を後にした。最後まで残ったのは私一人。
何度トライしてもうまくゆかず、それを冷笑気味に眺めていた体育教師も
いつのまにかいなくなった。(同じことは逆上がりの授業でもあった。)

体育教師が技術的なアドバイスをしてくれることはついぞなかった。

私は、「体育教師(スポーツマン)つーのは、冷酷なものだなあ、やりかたも
教えずにいったいどこが教師だ。」と子供心に思ったものであった。

のびのびと暖かな家庭に育って、いわゆる劣等感つーものにさいなまれる
ことの少なかった私は、ひどく落ち込むようなことはなかったが、体育教師
への不信と軽蔑感から体育の授業は半分は「見学」になった・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・

スポーツが生み出すものに、弱者への優越感・驕りがあるのは疑いがない。
ことに日本では。

水泳の国際大会等の映像で私が感心するのは、順位が上位ではなくとも自己
記録の更新をした選手は、必ずその名前をアナウンスされ場内から暖かな拍
手が起きることである。(国内大会ではまだ一般的でない。)

スポーツの真の本質が、昨日までの自分を超えることであることを考えれば、
まことに欧米の水泳大会のやり方は素晴らしい。

ひるがえって日本の場合、テニスの試合での対戦国選手のミスへの拍手等、
TV観戦していても不愉快な気持ちにさせられることもまだまだ多い。

スポーツが人間性を育む、つー100%誤った考えを我々は捨て去らなくては
ならぬ。
「勝たなければ意味がない。」と、とことん最後まで考えるような人間性を
スポーツが育むかぎり、スポーツつーものを人間の営みから全て排除する
ことも選択肢であろう。

そうなれば、ナチスのユダヤ人虐殺のような悲劇は避けることができる。
ヒロシマ・ナガサキの惨禍も無人機による無差別爆撃も然りである。
「勝者」になることを命題にする「スポーツ」は、人間社会から排除
しなくてはならない。

スポーツなるものは、人間社会にとって犯罪や戦争、飢餓疾病と同じく
マイナス(負)や不正義の分野に属する世界であることに気づかなくては
ならぬ。

人類が、「平和」を希求するのであれば・・・。









[PR]
# by mana1563 | 2016-02-06 20:17 | Comments(0)

風について

(1969年「風邪」)

風を惹いた。今年になって二度目。最初の風はちょうどそれを惹いた時分に、
ポカポカ陽気が三日も続いたことですぐに良くなった。

が、今回のはダメ。七転八倒、ブリキの苦しみが連日続く。ううううう。

ノドの奥はやけ火箸を突かれたように熱く、筋肉や関節が痛む。うっかり
布団の上で背伸びをしようものなら、一度に両腕、両の太腿、ふくらはぎ、
土踏まず、指の先等、10か所くらいが痙攣(こむらがえり)して、それは
もう・・・・・・・。ううううううううううう。はりつけ状態。

十字架のイエスもかくやと・・・。

物事にはサイクルつーか起承転結つーものがあるゆえ、前回のポカポカ陽気
のような例外的な事象にでも見舞われないと一気の好転は無理。

だによって、罹って五日目のこの風はあと二週間は続く、つーことになる。

症状が、今世界中で流行の地下タビ熱に似ているので、ひょっとしたら
それかも知らん。土曜日に数年ぶりで電車に乗ったし。うつされた??

まあ、エエ。

ここはネギと玉ねぎ、大辛ラーメンとうがい薬、ビタミンのドリンク剤、
そしてなにより、この私自身の人格の力によってこの風をしのぐより他
あるまい。

ぜんまい、ぜんまい、もとい、どんまい、どんまい。

(1963年「風邪に惹かれて」)





[PR]
# by mana1563 | 2016-02-03 13:59 | Comments(0)

このお人はふんとに凄い !

朝刊にアフガンで活動しているNGOのペシャワール会の中村哲さん
インタビューが載っている。

中村さんの言うこと、ふんとうにもっともだと納豆。

私は、今生きている一億二千万人の日本人のうちで、この中村哲さんを
最も尊敬している。(二番目は天皇陛下)

口先だけの核廃絶の演説をしながら、実は陰で無人機の無差別爆撃で民
間人を殺しているオバマなんぞより中村さんのほうこそ真のノーベル賞
(平和賞)の授賞者にふさわしいとつくづく思う。


日本国民は、国連の安全保障理事国のメンバーに日本を入れろなんつー、
アピールより、このお人に「平和賞」を与えろというアピールこそを
すべきなのである。

「命のピザ」で有名な杉原千畝リトアニア大使のことなどは世界中に
知られ日本人の評価が高まることになったのだが、中村さんの考え方や
行動が世界中に広まれば、それはその業績への評価だけにとどまらず、
ふんとうの意味での貧困や戦災からの復興援助の大きな助けになること
だろう。

自慢の日本人である。






[PR]
# by mana1563 | 2016-01-30 08:02 | Comments(0)

18才選挙権付与には反対じゃ

酒を呑んだら豚箱入りにされる18歳程度のクソガキに選挙権を与えるなんて
文字通りの亡国政策である。

日本が第二次世界大戦で、ナチスのドイツと戦った、なんつー18歳はうじゃ
うじゃいる。

憲法そのものが軍隊を持たぬことを明文化しているにも拘わらず、日本には
国防費が世界で4番目の軍隊が50年も存在している。そもそもはなっから、
日本の憲法は矛盾空文化しているのだが、その鼻紙程度の憲法を守れと日々
喚いてままごとに興じているシールズとかの甘えん坊たちに選挙権なんて、
愚の骨頂である。

まあ、一歩譲って、アルバイトをして世間と多少なりとも接触のある18歳
には地方参政権くらいは認めてやっていいだろうが・・。

・・・・・・

この先国力をさらに蓄えた中国は、尖閣はおろか沖縄辺りまで進出して
来るだろう。(これまでは自国の人民をとにかく食わせなければならなんだ。)
アフリカにも中国人はすでに100万人送り込んでいる。次は地理的に近い東南ア
ジア。そして沖縄・九州・・。

エセ右翼のアホどもは、いまだに太平洋戦争は帝国主義国間の争いで仕方がな
かった。満州国建国も餓えた日本人を喰わせるためだった、つー論理なのだが、
なら中國が人民を食わせる為に東南アジア諸国や日本の領土や資源を奪っても
仕方がない、つー論理にも正当性を認めざるを得ないことになる。

憲法9条のせいで、日本が戦争をしなかったのではない。
アメリカが日本を抑さえ続けたのだ。
朝鮮と中国には日本にリベンジするだけの国力がなかっただけなのだ。

昨年の小笠原諸島近海でのサンゴ狩りのエゲツナサを見て、まだ目が覚めない
とは・・・。

ヒロシマやナガサキの原爆忌の式典に出てきて気持ちのわりい言葉を並べ立て
るようなシールズ予備軍のガキになんぞ決して選挙権を与えるべきではない。

太平洋戦争に日本が突き進んだのは、まさにシールズに参加しているような
ヒステリックな烏合の衆とノータリンの軍部の政策を支持して国民を煽った
メディアがその最も大きな要因であったことを看過してはならない。

オウム・・、ナチスの突撃隊・・、シールズ・・、I S・・、みな同んなじ。
集団の一員であることに酔うのである。そこには理性は働かない。







[PR]
# by mana1563 | 2016-01-10 08:28 | Comments(0)

かかとのひび割れ、三日で治る ♪

この冬も恒例?のかかとのひび割れが。

痛くてコソ泥みたいに抜き足差し足。007.gif

風呂上がりに消毒を兼ねてヨーチンを塗ったのが余計にわりかった。
乾燥してまって余計に割れ目が拡がってまった。

で、去年までのやり方に変えてみた。
すなわち、メンタム(メンソレータム)を割れ目や周辺にぬたくったのだ。

と、三日で治った。
やっぱし、皮膚には脂ら分がエエのだと得心。(ワセリンなんかもエエかも。)

赤チンやヨーチンは乾燥させてまうのでダメみたい。いわゆる消毒用アルコール
の類も✖。
そういえば子どもの頃、祖父が冬のあかぎれにタヌキ油を塗ってたのを思い出し
たわい。

メンタム、皆さんも試してみ。

おーい、近江兄弟社。私に宣伝料おくれえ ! 037.gif



エエ日曜日を ♪ 







[PR]
# by mana1563 | 2016-01-10 07:11 | Comments(0)

木枯らし紋次郎の暮らしと私

ここんとこ「木枯らし紋次郎」に病みつき。
毎晩録画しては、朝がた家に帰るなり観ている。

紋次郎の徹底した無宿渡世人としての生き方も凄いが、番組にとてもリアリティ
が感じられて、いちいち納得しながら観ることができる。

食事はお茶漬けとたくあん等の漬物だけ。道中そのほとんどの泊り?は、野宿か
勝手に入り込んだ農家の納屋かお堂。川浴びのみで、お風呂に入ることはない。

動物性たんぱく質の摂取の不足から、江戸時代の庶民の平均身長は男は155cm、
女は145cmくらいであったそうな。

ドラマの紋次郎は大男だが、実際にはあれほどの身の丈の男は珍しかったろう。
寿命もあんな暮らしをしていては40歳にもとどかぬうちに尽きたであろうと
推われる。


現代の我々なら、雨合羽を布団代わりに体にかけての野宿なぞ、三日と体が
持つまい。

(ひるがえって)安売りのスーパー専門とはいいながら、三食とも栄養に留意
した食事を摂っている私なんぞは、紋次郎に比べてなんと贅沢な暮らしだと、
毎日「木枯らし紋次郎」を観るたんびに後ろめたい心持にさせられるのである。

思えば私も美少年時代から美青年時代にかけては、キャベツのみじんぎりのみが
おかずであったこともあった・・・。それでも自分が惨めだと思ったことなど
なかった。若さつーものであったか・・・。

今は、三食きちんと食べられてはいても、なぜかふと惨めな思いに襲われる・・。

そうゆう時、わたしは白湯かお茶漬けでおかずなしで、ご飯をかっこむことに
決めている・・・。

やはり、人生ただ生きながら得るつーだけでは寂しいものがある・・・。






[PR]
# by mana1563 | 2016-01-07 12:37 | Comments(0)

年賀状作りでぐったり (~_~;)

年賀状の返礼状づくりに、ちと小ぎれいな方がエエかなと、パソコンを
使ったのが間違いのもと。

僅か数枚の年賀状づくりに3時間かかって、も、くたくた。

同じ面に二重に印刷したり、レイアウトがずれたり、インクが切れて
買い出しに行ったりでわやくそ。

ハガキも十数枚がパア。何の為の機械だかパソコンだか・・・。

わ、わ、私はき、き、近代科学文明をの、呪うぞええええ !! 076.gif039.gif011.gif


昨日はヒストリー・チャンネルで「ザ・バイブル」(ユダヤ民族の歴史
ドラマ)を7時間ぶっ続けで見た。

確かにユダヤ人は受難の民族で、さればこそメシアが必要とされる宗教が
生まれたんかと納得。

そして日本が島国でエカッタわいな、とつくづく・・・。

他にも、藤沢周平原作の時代物や山田太一脚本のドラマなんぞも。
録画もずいぶんと。これ見られるんかいなあ。
正月休みはいつも、TVとゴロ寝ばかり・・。

半世紀前の子どもの頃の正月休みが桃源郷の夢のように思える・・。
もう幾つ寝るとお正月~♪ か・・・。

決めた! 私は余生は、後ろ向きに生きよう !
それこそが私の人生の幸福なのじゃ。



あ、忘れとった。

一応、新年あけましておめでとう。011.gif039.gif085.gif

今年は、何事もくよくよせずに大きな気持ちで行きやしょう。

なすがママなら、きゅうりはパパよ ♪060.gif035.gif053.gif073.gif





[PR]
# by mana1563 | 2016-01-02 19:12 | Comments(0)

なあんにも残さなかった・・。



今年を振り返る・・。

春から夏にかけて虫歯の激痛との闘い。そして7本の抜歯。今は、好物の
大判焼きも抹茶キャラメルも楽しめる。いひひひ。

数回の急な腰痛。それとの闘い。そして圧倒的な勝利。ヒヒヒ。

白髪が増えた。人生をまじめに考うからであろう。イヒ。

TVばかり見ていて、ほとんど読書をせんかった。文庫本の活字の小さいのに
今更ながらビックラ。見えん。

3%のアルコール飲料(ソルティー・ドッグやカシス・オレンジ)にはまる。

行動範囲がせばまって、季節の変化を感じられなくなるし、世間とTVのみ
でしか接することがなくて、ただただ暦がめくられるつー時間の進み方・・。

社会や職場のいわゆるゴシップに一段と興味がなくなる。(あっしにゃ、
関わりのねえことでござんす。)
それでもまだ、ISなどの悪党にたいしては怒りがわくこともあるけど・・。

音楽はやっぱしベートーヴェンだね。







[PR]
# by mana1563 | 2015-12-29 08:27 | Comments(0)

腰痛は快感である。 腰痛の話 その2

たった今、TVで腰痛治療の番組をやってた。

そこでも強調されていたのが、「腰痛がこのまんま続けば、将来は絶望的だ。」
つー心理的な不安を取り除くこと。

「痛みが出ても、簡単に治せる。たいしたこたあねえや。」と思えるように
なると不思議なことにそれだけで完治する。

私も、一月ほど前に腰痛がきてから、2分間体操を続けてほとんど痛みが
和らいだ。そして、「なあんだ。この体操で簡単に治るんだ。」と思って以後、
毎日の腰を使う労働に何の支障もない。

今日なんて、トイレや風呂の掃除にかがんだり、腰を曲げた姿勢をずっと
とっていたのだが、まったく問題なかったぞな。

誰でも、アイクリームを連想すると「おいちい」感覚に襲われるし、若い
頃には女性の裸を想うと性欲が刺激されたりもした。

「腰痛」を連想して不安感を抱くから腰が痛くなるのである。
「腰痛になるとコーヒーが美味しい」とでも連想すれば痛くはならない。
あるいは、「腰痛になるとチンポコが立つ」と想えば痛くもないし・・。

私は今では腰痛は快感ですらあるのだ。諸君も意識の転換を図るべし。

いひひひ。023.gif011.gif041.gif






[PR]
# by mana1563 | 2015-12-27 11:47 | Comments(0)

主張以前に、その話し方を直せ

「朝まで生テレビ」を見る。

パネリストの顔ぶりも以前と随分と変わって、時の流れを感じさせられる。

その中に若手の学者が二人。最近の「朝ナマ」ではレギュラー出演のよう。
政治学者の三浦瑠麗と社会学者の古市憲寿の二人である。

で、この二人なのだが言葉のイントネーションつーかアクセントが、いわゆる
女子高生風に語尾が上がったり、「~する?↗」なんて自分の意見を言いなが
ら周囲に同意を求めたりする甘ったれた表現が共通している。

まことに聞きづらく、肝心の彼らの意見・主張そのものよりその話し方の方が
気になって、私には彼らの主張の中身が全く耳に入らない。

二人は若手の有望な学者であるそうだが、基本的・常識的な話し方が全く身に
ついておらず小学校からやり直した方がエエ位。

日本政府の各種の諮問委員等についている、つーこともあるそうだが、私なら
こんなしゃべり方をする人間と会話をするのは堪えられぬ。

二人のしゃべり方は、人前で屁をこいたり。ゲップをするのとちっとも変わら
ない。歯磨きを全然しないでヤニで黄色の歯をして、清潔を説く人間と同じ。

これがラジオ番組であれば、私は即座にスイッチを切っただろう。

まあ、二人には恨みがあるわけではないが・・・。

おじんの老婆心つーやつよ。

さっき、屁をこきながらふと考えたんさ。

日本語は上品でないとな・・。

じゃあ、エエ終末を ♪  076.gif041.gif037.gif026.gif010.gif004.gif006.gif081.gif075.gif084.gif085.gif082.gif083.gif









[PR]
# by mana1563 | 2015-12-26 12:35 | Comments(0)

新聞への軽減税率適用が嗤わせる

8%から10%への消費税アップの際の軽減税率の採用が決定した模様。

その軽減税率適用品目に食品(生鮮品)の他に新聞も入れるのだとか。

新聞は社説で、ずっと軽減税率そのものの採用に反対してきた。

が、どうだ。それが採用された途端、新聞を軽減税率の対象に含めよ、と。


活字文化は社会に有用であるから、そして欧州ではほとんどの国で新聞も
その品目に入ってるつーのがその理由。

そこには、日本人の教養の一端を担っているつー自負がありありである。

しかし、昨日ソウルで判決の出た産経新聞支局長の記事なんて、およそ
くだらぬゴシップ記事に過ぎず、言論の自由なんつーシロモノではない。

他国の大統領が元秘書と大事件のさなか雲隠れしていたとか何とかで、
そんなものがいったい何で日本文化、活字文化と関係あるのか。


新聞社の軽減税率反対の持論を一貫して通したらどうなのだ。

すなわち、新聞社自身が新聞への軽減税率の対象から、自ら外れる、
つーことだ。

たまには、筋を通さんかい。











[PR]
# by mana1563 | 2015-12-20 07:37 | Comments(0)

財源なんていくらでもあるがな

消費税アップの際の軽減税率採用に伴う財源がないので、低所得層向けの
社会保障費を転用するとか何とかと、またぞろ政府はふざけたことを。

財源は所得税の累進課税の税率をアップすれば簡単に補える。

高額所得者の税率は90%以上にする。例えば年収1億については、9000
万円の所得税を課せばよい。1000万円の年収があれば充分に贅沢が可能。

高額所得者が海外に逃げ出す、つーのならほっといて、日本への再入国を
認めず、国籍をはく奪すればそれでよろしい。

そういう輩は日本にいようといまいと社会には何の影響もない。


本来、食料品や日用品の消費税はゼロであるべきなのだ。







[PR]
# by mana1563 | 2015-12-13 17:19 | Comments(0)

腰痛の話

昨日からずっとゴロゴロしていて、腰が痛い。

ギックリの方の腰痛ではなくて、寝過ぎの方。今夜からの仕事が心配。011.gif


マジな話、12月に入って、仕事で腰を痛めたのだが、運よく偶然に見た
NHKNの番組(「団塊スタイル」)でやってた2分間体操のお陰で、劇的に
快癒。

まだ若干の違和感があるも、力仕事に何の差支えもないほどになった。

以前、やはりNHKで見た腰痛の特集番組で、腰痛は、不安が痛みをもたらす、
つー神経系統(脳からの指令や脳への刺激等の)の問題であって実はホントに
組織が破壊されてるわけではない、つーことがわかったのだが、それでも
やはり幾ばくかの不安はあった。


最初は、かがんだ状態からなかなか立ち上がれなんだ。(おそらくは
椎間板ヘルニアの歪み?)

が、体操を始めてビックラ。一日で、痛みが引いたのだ。
二日目には腰をかばうことなく仕事が可能になった。

そして、これからまた痛みが出ても何つーことはない、つー妙な自信が
出てきて、これがいわゆる腰痛問題の脳の働きのことなのかと得心。

(2分間体操はネットで、「NHK 腰痛」で検索すれば、動画も見られる。)

病は気からとはよく言ったものだ。







[PR]
# by mana1563 | 2015-12-13 17:05 | Comments(0)

朝ドラのテーマ曲 これこそ音楽 ♪

私はいちんち中、TVを点けっぱなし。

主にうるさくないNHK。

朝も夜勤から帰るやいなやSWオン。で、朝メシを食べたり新聞を読んでると、
いつの間にかアカンベー48の歌う朝ドラのオープニング曲が・・・。

ドラマはさして面白くもないが、この曲が流れると「ああ、今日も朝が来た」と
感じるのである。

前回の「まれ」のそれがひど過ぎたので、余計にそう思うのだ。


音楽にはメロディがなくてはならぬ。ベートーヴェンやバッハの音楽が何百
年も演奏されているのはメロディがない曲がないせいである。モーツァルト
のそれも同じである。

水素が含まれない水がないように、メロディのない音楽なぞあり得ないのだ。






[PR]
# by mana1563 | 2015-12-03 13:01 | Comments(0)

イスラム国とオウムと全共闘と秋葉原事件

NHKのドキュメンタリー番組「イスラム国からの脱出」を見る。

イスラム国のゴロツキ兵士の襲撃を受けて性奴隷とされ、その後脱出に成功
したヤジディ教徒の女性達の証言ドキュメントの番組である。

この番組の取材メンバーが、イスラム国に潜入して隠し撮りをした映像では
兵士たちの日常会話のそれもある。「戦利品」のヤジディ教徒の女性に行った
行為を自慢しあう下等下劣なものである。


日本ではいまだに、イスラム国は、将来の見えない若者達の貧困が、その成立
の大きな要因の如くに喧伝するメディア(評論家・学者も含めて)が多くある。

そして、ほとんどの日本人にとって得体の知れないイスラム教という宗教に、
「信仰という聖域に対しては決して踏み込んではならぬ」つー日本人独特の
逃げ道を適用して、それの正邪を吟味することを巧妙に?避けるのである。

が、西欧特にアメリカ文化に対して、アラブ人としてのアイデンティティや
伝統文化を守らんとの使命感を抱いていたビン・ラディン(アルカイダ)に
比べると、

いかに、かってのヨーロッパ列強が策定した国境線を無意味だとするイスラ
ム国の主張が正しかろうと、彼等が占領地で行っている実際の振舞いを見れ
ば、イスラム国はただのゴロツキ集団と形容するほかはない。

世界中で、イスラム国の兵士になるよう勧誘しているが、それに誘われる若
者に、現指導者の教えやイスラムの聖典に心酔している者など特に非イスラ
ム圏ではまず皆無であろう。

イスラム国の兵士に志願する若者は、ただ先の見えない閉塞状況の自分をど
うにかしたくて、環境の違うイスラム国の兵士になるのである。

数年前、「年越し派遣村」が話題になった頃、先の見えない状況に絶望した
若者が、「ああ、戦争でも起きないかなあ・・。」と思わず嘆きつぶやく
事態が、わが国でも起きたのであったが、豊臣秀吉の刀狩り以来の民衆の武
器所持の禁止政策によって、秋葉原事件のような無差別テロが頻発すること
をまぬかれている・・。

( 徳川時代が300年も続いたのは、一にも二にも、秀吉のお陰である。徳川時代の太平の礎は、
  秀吉の刀狩りと検地の二つの政策によって築かれたのである。
  中東での混乱が百年も収まらないのは、欧米列強の勝手な国境の線引きや油の問題もあるが、欧米列強が
  その時々の当面の敵対者に安易に武器を与え売りつけることが最も大きな要因であって、まさにこのその場
  しのぎの(金儲け)の政策は、秀吉の「刀狩り」のそれとは正反対である。 以上、余談。)

それは、二十年前に日本で起きたオウムのテロ教団に多くの高学歴の若者が
いて、彼らがサリンを製造していた驚きの事実の背景に、やはり現実の社会
において彼らが先の見えない閉塞状況に(あると自己判断した)あった事と
とてもよく似通っている。

(一流と言われる大学を出て東京都庁に入っても、そこには同学歴の同僚や
 先輩が何万人もいるのだ。先が見通せるはずもない。が、オウムなら幹部
 として認められ重用される。オウムの教義なぞ信じたふりでよい。)

これらの日本の若者の閉塞状況を政府は実はとてもよく把握している。
よって、いわゆる「ヘイト・スピーチ」の氾濫は政府黙認(公認といっても
よかろう。)である。若者のガス抜きに打ってつけだからである。

「ネトウヨ」の存在も、ガス抜きには都合がエエと政府が認識しているのは
言うまでもない。


 ― 最初のイスラム国の隠し撮りのドキュメント映像に戻る — 

兵士になるまでは、ミジメだった自分が、占領地ではやりたい放題ができる。
この開放感、高揚感はどうだ。勝者の悦びとはこういうものか。

これに非イスラム圏の若者は惹かれるのである。

私は三十年ほど昔、TVで或る若手の落語家が、噺家になったわけを訊かれ
て、「私は高校時代、まったくもてなかった。噺家になれば女にもて、数
多く抱ける と思って入門した・・・。」と話すのを見たことがあるが、
これとイスラム国兵士志願やオウム入信も同じようなものである。

ついでに書けば、やはり三十年ほど以前、ある元全共闘の指導者が(一声で
千人の学生を動かす、と豪語していた。)、「地方での女の子(学生)なん
てチョロイもんよ。抱きたい放題だ。」と飲み会で話すのを聞いて嫌な気持
ちになったことがある。

思考、事象の対象は違っても、その動機は本質的に同じものである。

・・・・・

要するに、自己閉塞状況(時代閉塞ではない !)に陥った若者が、ヤケ糞
になってイスラム国やオウムに入るのである。それは、昨今流行り?の
若者(ばか者)の「自分の人生を終わりにしたかった」とアカの他人を殺す
神経と何ら変わることはない。

異教徒の九才の少女を数人でレイプして妊娠させるイスラム国のゴロツキど
もにイスラム教のコーランの教えが重なるはずもない。

スターリンが共産主義者で、
金正恩が社会主義者で、
イスラム国がイスラム原理主義で、
連合赤軍が革命集団で・・・・・
中東の民主化???
イラク侵略の原因が大量破壊兵器の存在??(油じゃなかったん?)

げに、この世はギャグに満ち満ちている・・・。

041.gif033.gif011.gif


人生や社会の評価基準 — 右ひだりなんぞどうでもエエ。

ただ、正邪があるのみである。
宗教も政治体制の不合理も「方便」に過ぎない。

以下、おまけ。
中東や南アジアで無人機による爆撃で一般人を殺す
オバマは、クソである。

畑を耕す農婦を無人機爆撃によって殺害するオバマは
パリでのテロリストと何ら変わることはない。

東京タワーや都庁を三色の照明で彩るような馬鹿げた
ことをする日本人。フランスへの連帯?ふざけるな!

えらそうに。一年前にイスラム国に後藤さんと一緒に
殺されたユアサとかいう戦争の犬も日本人だ。

私には、中東やアフガン、パキスタンで連日殺されて
いる畑の農婦の姿が、自分の母の姿と重なって、余程
そっちの方に連帯感を感じられるわい。




[PR]
# by mana1563 | 2015-11-29 02:54 | Comments(0)

フランスやアメリカのテロ事件は自業自得じゃい

昨日から急にさぶくなって、私の体調に気温がついてこんので、ちょっと
具合がよろしくない。

そんな朝、「また今朝もかなあ」と新聞をめくる。

この一週間、新聞やテレビはパリで起きた同時多発事件の報道一色である。

メディアだけではない。東京タワーや東京都庁の照明までが、フランス国旗
の三色で彩られるつー有様である。

エエ加減にせんかい !


今回のテロで使われた機関銃はAK47である。言わずと知れたテロリスト御用
達のロシア製の機関銃である。ロシアは、これでますますAK47の人気が出る
と大喜びであろう。フランスに連帯の意思を示すとしての IS の拠点への空爆
なぞギャグである。

アメリカとヨーロッパはこれからもテロの標的にされる。自分たちが作って
世界中に金儲けの為に売りさばいた銃火器や爆弾が自分たちに跳ね返ってく
るのである。
文字通りの「天罰」である。

もし、ドイツやスェーデンを含めた欧州の国々が武器の製造や輸出を止めたら
少なくともテロ事件の起きる確率は今の半分に減るだろう。

殺人兵器を「これは性能がエエですよ。」と売っておいて、一方では「テロ
はいけません。」なんてバカバカしくて話にもならん。


現在、アメリカがイラクでイラクの国軍の訓練をし、武器も供与しているが、
いざ戦闘になるとそのイラク軍は兵器を放り投げて逃げ出し、彼らの銃火器
類は簡単に敵( IS )の手に渡るのだそうな。これもまたギャグである。

中国、アメリカ、ロシア、フランス、イギリスこの国連の常任理事国五か国
とドイツ、スェーデン等の国はこれから、どんどんテロの襲撃を受けるべき
なのである。

自分たちが作って売った武器で、神からリベンジされているのだと気が付く
までは。











[PR]
# by mana1563 | 2015-11-22 07:57 | Comments(0)

今さらの消費税論議に呆れる

消費税率の来春の10%へのアップまじかの今頃になってから、軽減税率を
やるのやらぬのと呆れた議論がかまびすしい。

今さら何を寝ぼけたことを言っているのだ。軽減税率の適用は数年前に消費
税率のアップを与野党で決めた際の約束事項であったろうに。

そもそもが、消費税の元祖のヨーロッパでは、食料品と日用品は基本的に
無税である。そのことを国民に押し隠して、僅か2%程度の負担軽減にも
ならぬ低率の軽減さえやりたくねえとは、いったいどういう料簡だ。

アメリカの起こした戦争やくだらんデザインの競技場には、惜しげもなく金を
つぎ込むくせに、消費税と一体不可分の軽減税率を実現できんとは呆れて
屁をこくわい。

加工食品と生鮮食品の線引きがどうのこうのなんて愚にもつかぬことで
時間を無駄遣いしてないで、食料品すべてと日用品は0%の税率にして、
ぜいたく品のそれは30%程度にすればそれでつり合いが取れるのだ。

それでは景気が減速? アホ。
貧乏人ほど金を使うのが人間社会つーものだ。心配はいらんわい。




[PR]
# by mana1563 | 2015-11-08 10:53 | Comments(0)

ネオコンに叙勲 ?! じぇじぇ !

今年の秋の叙勲。外国人への勲一等授賞者の名に何とあのネオコンのアメ
リカの元国防長官ラムズフェルドが ! じぇじぇじぇ !!

イラク・フセインの大量殺りく兵器をでっち上げて、アメリカ企業の石油
権益を守ろうとイラクを侵略した張本人である。

ふんとうにビックラ。わが鼻をうたがう。

太平洋戦争の末期に10万人の民間人死者をもたらした無差別東京大空襲を
指揮したカーチス・ルメイ少将に、戦後になって勲章を授けたことを想起
させられてまう。(昭和天皇は親授式を欠席された。)

戦後レジュームの総決算どころか、安倍政治はアメリカへのポチ化、隷属化
そのものである。いやはや・・。

しかしまあ、ネオコンに勲章とはなあ。 呆れて屁も出んでがんす。

私は、今後勲一等の勲章授賞を打診されても絶対に断ることにしたわい。








[PR]
# by mana1563 | 2015-11-05 12:29 | Comments(0)

のんびりと文化人? ♪








今日は文化の日 のんびりと好きな音楽を聴きながら部屋の片づけ。
↑の3曲、エエ歌。 ♪

TVでは、ドキュメンタリー「武士の娘」に感動した。

アメリカ人には、著者のエツ子を生涯支え続けたフローレンスのような
人がとても多い・・。

タレントのサヘル・ローズの養母や、ヘレン・ケラーの師サリバン女史等。

一人の人間(他人)に、自分の生涯を捧げるつーのは凄いことである。
何かしら、神からのミッション(使命)を自覚するようなことがあったの
かしら、と部外者の私には想像するしかない・・。


※ ブログをアップして、先ほどはじめの「さようならの夏」を聴いて、
  びっくらこいてコーヒーをこぼしてまった。間違えて同じ写真の
  素人のカバー曲をアップしてまったのだ。その下手さ加減ったら!

  ダイヤとウンコの違いがある。音楽ならなんでもエエつーわけでは
  ないことを実感。そしてあらためて歌姫森山良子さんの歌唱に感銘。












[PR]
# by mana1563 | 2015-11-03 13:51 | Comments(0)

日本の音楽の運命



甘くない砂糖がないように、塩辛くない塩もない。

塩辛い砂糖なんて ない。

これと同様に、音楽にはメロディ・旋律つーものが必ず必要で、そうで
なければ音楽とはいえない。

朝ドラの前作「まれ」のオープニングの合唱(曲?)や中国の国歌などは、
そういった意味において音楽とは以て非なるものである。

アフリカや東南アジアの原始林のサルや猛獣の咆哮は無論音楽ではない。
現地人同士の太鼓も同じである。


近年盛んののメロディ不在、旋律不在の音楽と称するしろものは、驚く
ことに青少年の吹奏楽コンクール等において、自由選択曲はおろか課題
曲に課せられてさえいるありさま。

文字通りの雑音のうなり。指使いのテクニックを競うだけの音楽不在の
雑音の大音響のうなりである。

ああいうものを浴びせかけられる聴衆の誰一人として、その雑音から
懐かしい風景や甘美な想い出を想起させられるようなことはまず皆無。

昨今の吹奏楽曲は暴走族の爆音と同じで、ただただうるさいだけの雑音。
あれが音楽コンクール? ほ?


フィギュアスケートの演技が、4回転だの何だのと、サーカスまがいの
テクニックだけになってまって、肝心の優雅さが失われてから久しい。
とても残念なことだが、しかしあれは一応スポーツ競技の世界の話。

メロディや旋律の欠けたわけのわからん雑音や、音程の外れた節や、
言葉のアクセントの妙な歌詞やらは、こと音楽の世界には決して
あってはならぬことである。

十数年前に、ドリカムなるグループが、滅茶苦茶な日本語の歌詞を
つけた時にこりゃあひでえ、と思ったものだが、今年の「まれ」の
合唱曲が出現するに及んで、私は絶望的になった。

遠からず日本からは、クラシック界、ポップス界を問わず、音楽そのも
のが消え去ってゆくであろう。

※ クラッシック曲は、19世紀以前の作品のみをクラシックと呼ぶべき。
  自分の乏しい人生経験からしても、ベトちゃんの5分の佳品の方が、
  演奏に一時間かかる現代の作品よりもはるかに心を揺すぶられる・・。










[PR]
# by mana1563 | 2015-11-01 18:58 | Comments(0)

NHK交響楽団の政治利用。楽団員も恥を知れ !



最近ぎくしゃくしている日中間の和解の為のイベント、そして国際社会での
中国の文化政策?の地位向上の為に、日中両政府の要望で先日日本のN響が
北京で公演。

一言でいうならNHK交響楽団は習近平と安倍ちゃんに利用されたわけである。

数年前に、北朝鮮にニュー・ヨークフィルが赴いて、労働貴族ばかりの聴衆
の前で公演し、米朝友好を演出したとして楽団員は自己満足をして帰って
いったのだったが、その公演費用の為にどれだけの北朝鮮の子どもたちが
ひもじい思いを味わったことであろうと、7年経った今でも私は、北の体制
存続に手を貸したニュー・ヨークフィルの連中に怒りを禁じえない。

ニュー・ヨークフィルの連中は、訪朝を幾らでも断れたはずであった。
カザルスなどであったら絶対に行かなかった。

同様、幾ら宮仕えのNHK交響楽団員とはいえ、誰一人ウイグルやチベット
での人権弾圧に抗議して中国公演を断ったものがいなかったことが実に
情けないと思うのである。

N響は、経済的にも恵まれた日本を代表するオーケストラである。
しかしながらその根性は奴隷的である。

音楽家の名に値しない。







[PR]
# by mana1563 | 2015-11-01 08:41 | Comments(0)

朝ドラ「朝が来た」の採点

二度と耳にしたくないほど酷い合唱曲で始まった「まれ」が9月で終わり、
先月から新しい朝ドラ「朝が来た」が放映されている。

先ずはオープニングの曲だが、これはとってもエエ。これこそ音楽。

前回の「まれ」のおよそ音楽とはいえぬ汚くて音程の外れたメロディー?の
せいもあって、今度のはちゃんとしたメロディーがあって、実にエエ音楽。

で、ドラマの中身。

この種の成功物語には、正直言うとああ、またか、つー感じがする。
一人の女性が実業家として大成功を収めるまでの半生を描くわけなのだが、

大概、ヒロインが人一倍の頑固さや押しの強さで、関わった有力者から、
「面白いオナゴさんや。」と引き立てられる、つー決まりきったパターンで
いい加減飽きてくる。

このドラマでは、仲良しで気立てのエエの姉が嫁ぎ先で苦労する話も
同時並行的に描かれているのだが、こちらの方がずっとあの時代に限らず
よくあり得ることだと身近に感ぜられて面白い。

この姉の話の筋がなければまったく見る気もしなくなっただろう。

苦労して頑張って生きているのは、何もヒロインばかりではない。
我々の周りを見回すまでもなく、すべての女性が工場や田畑やスーパーで
懸命に生きるために働いているのだ。

ごくごく一握りの社会的成功者の物語を描くだけの朝ドラには私はもう
食傷気味。

「寅さん」の妹のさくらのような平凡な?主婦であっても、幾らでも魅力が
あるものだ。

で、今回の朝ドラでは、姉さんの行く末がどうなっていくのかが私の関心。

ヒロインさん、わりいね。 マンネリのNHKと脚本家に文句言いな。






[PR]
# by mana1563 | 2015-11-01 08:19 | Comments(0)

なんでこんな言葉を使う必要が? エビデンス?

雑誌「文芸春秋」で、ある教育経済学者の教育政策論を読んでいると、
むやみやたらと「エビデンス」つー言葉が出てくる。

エビデンス ?? 。

前後の文脈から推理しても、なかなか適当な言葉が浮かばず、結局ググ
った。 まあ、この一つの言葉がわからなくともこの論文全体の意味は
(私にも)理解できぬこともなかったのだが・・・。

※ 「証拠」 ・・ この言葉をこういった論文で使うのは不適切。
  何でもかんでも横文字を入れれば「知識人」扱いされる、つーこの
  学者の誤った先入観念によるもので、ふんものの知識人つーものは
  ちゃんとした誰にでもわかる日本語で自分の主張を開陳できるもの
  である。この文章になら他にいくらでも適切な日本語の言葉がある。
  それがオツムに浮かばぬつーのであればこの人物はアホである。

「文芸春秋」は、いわゆる大衆雑誌である。そんな月刊誌に、なんで
一般的とはいえぬ横文字を入れる必要があるのか。著者も世間知らずだが、
言い換えをさせなかった編集者もオカシイ。


かって、政界に「へんなの党」つー、渡辺喜美が設立した政党があったが、
「アジェンデ」なるわけのわからん言葉を多用した為に、その意味を理解
できぬ国民に受け入れられずに、わずか数年で消滅してまったことがある。

この渡辺の選挙区の地盤は栃木の農村。田んぼで働く農民に「アジェンデ」
なんて何のことやら。TVでのみ接する全国の視聴者でも、むやみな横文字
には本能的な拒否反応があるものだ。


この文芸春秋の教育政策論文を書いた某中室牧子つー学者も、教育経済学
者の肩書がありながら、およそ教育的啓蒙的でないエビデンスなるわけの
わからぬ横文字を使っている限り、永久に読者国民にその主張が受け入れ
られることはないであろう。



エエ棚を ♪







[PR]
# by mana1563 | 2015-10-22 13:55 | Comments(0)

憲法9条、ノーベル平和賞落選。ああ、エカッタ。

本年度のノーベル平和賞は、「チュニジアの春」の立役者たちの団体に。

日本のメディアでは、憲法9条そのものや「9条の会」等にノーベル賞が
授与されるのではとの期待させるような報道がやたらにあったが、

見事に落選。

ああ、ふんとに、エカッタ。やれやれ。

30年前の「非核三原則」にもとづく日本の核政策に対して、平和賞が
贈られたのだったが、実際のところは日本はアメリカの核の傘の下で、
平和を謳歌していただけのことで、

それをうすうす知っていた我々日本人は、授与について、実に面映い
思いを抱いたものであった。

今再び、現実離れした9条が平和賞を貰うようなことがあるなら、日本人は
またしても後ろ暗い思いに襲われることになったであろう。

ただの言葉を褒められ評価されたって、その実態は真逆なのだから、
恥ずかしいことこの上ないわい。

(9条の会の)沢地さんたちの「戦争はもうこりごり」つー感覚は、無論
私も共有するが、自衛隊つー戦力が厳然として存在するのに、「戦力は
一切保持しない」つー9条なんて、ギャグもエエところである。

我々日本人の二重基準、詐欺的行為に対して、平和賞なんて止めてくれい。





[PR]
# by mana1563 | 2015-10-10 23:12 | Comments(0)

人間ピラミッドは独裁国家のやること

運動会での生徒たちの「人間ピラミッド」で、けが人が続出して問題に。

今どき、あんな前近代的なマス・ゲームが行われていることにビックラ。

ああいうものは、北朝鮮のような独裁国家のやることで、ふつうのまともな
国の学校でそれぞれに体力や体格の個人差のある生徒が全員参加してやるよ
うなことではない。

私も昔、美少年であった頃にやはり運動会でやらされたことがあるが、ただ
ただ、いきんで我慢するだけの、面白くもなんともなかった記憶があるのみ。

あんなのは、奴隷根性の持ち主の体育教師の、来賓向けのおべっかに過ぎない。



[PR]
# by mana1563 | 2015-10-10 22:49 | Comments(0)

PTT交渉妥結。LSD条項はどうなった?

経済分野における、日米安保条約の地位協定に匹敵するTPPの奴隷的LSD
条項

水俣病やサリドマイドのような公害企業の操業を当局が規制すると、その
期間の損害賠償を(実質的に)義務付けられる、つー馬鹿げた付帯条項が
TPPに存在することを多くの国民はほとんど知らぬ。

徹底した資本主義国であるアメリカ企業がそのLSD条項を使って日本及び
日本国民に多大な損害を与えるであろうことはまず間違いはなかろう。

日本側の交渉役は、この条項のことはできるだけ国民に隠して、ひたすら
TPP交渉の成立に邁進してきたのであった。

これで果たして日本人の交渉代表と言えるのか。

日米地位協定によって、沖縄の人々が長年苦しんだように、TPPのこの
LSD条項によって日本もこの先、不条理な苦しみに見舞われることであろう。











[PR]
# by mana1563 | 2015-10-06 13:21 | Comments(0)

日本人に「東京裁判」を批判する資格は、一切無い !

先の安保法案に絡んで、賛成反対の両者共に、日本国憲法の正統性についても
折に触れてそれぞれの持論を語る。

賛成派(保守派)曰く、「本来ならば、押しつけられた憲法を改正したいのだ
が、それには時間がかかり、近年の国際情勢の変化には間に合わぬゆえ、やむ
を得ず憲法解釈の変更に相成った次第云々・・。」

反対派(護憲派・進歩派)曰く、「たとえアメリカからの押しつけ憲法でも、
エエものはエエ。それがあるが為に日本は70年の間、平和でいられた云々・・。

・・・・・・・

言うまでもなく、護憲派の「護憲」論法は、自衛隊の存在を是認したことに
よって既に破綻している。(第9条には「戦力を一切保持しない。」とある。)
それが、「憲法を守れ!」と、デモるのであるから、大嗤いである。

一方の憲法改正論者の基本的な立場である「現憲法は押しつけ憲法である。
また東京裁判は、勝者が敗者を裁いた不公平なもので、裁判の名に値しない。」
この主張はセキハラ慎太郎や稲田朋美自民党政調会長たちがずっとしてきた。

が、だ。

日本国憲法が押し付けられた憲法で、東京裁判が戦勝国側の裁きであるのは、
当たり前のことなのである。

戦争に勝った側が、占領国として思うがままに振舞うのは至極当然のことで
あって、論理のイロハである。

戦争を仕掛けてきて自国の兵士を数十万人も殺した日本の指導者なんぞ、アメ
リカは裁判なんぞ開かずに即、成敗(銃殺)してもエカッタのである。

それが、歴史の常識、人間の常識というものであろう。

稲田朋美などは、いまだに「東京裁判」に正当性はない、などと喚いているが、
そもそも戦争に負けた側に発言権なんぞないのである。


アメリカ占領軍の構築した「戦後レジューム」にいわゆる保守派は不満である
ようだが、それなら「靖国参拝」とか「東京裁判批判」なんぞのセコイことは
止めて、核武装してアメリカに攻め入ってワシントンを占領すればエエだけの
ことである。

北方領土についても同じである。ロシアに戦争を仕掛けてモスクワを占領して
北方領土を取り戻せばエエだけのことである。


ふんとに、日本人は右も左も甘えている。自分が絶対、警察に殺される心配の
ない日本の学生運動と同じである。

「安保法案」はアメリカのポチ化、金魚の糞法案だが、反対派のデモも駄々っ
子のぐずりである・・・。

※ 「憲法9条」がノーベル賞候補 ! じぇじぇ! 憲法違反を60年続けて
  いる日本人に? 勘弁してくれい。恥ずかしいわい。









[PR]
# by mana1563 | 2015-10-05 14:57 | Comments(0)

稲田朋美自民党政調会長の大ぼら

訪米した稲田朋美が、当地の記者会見で「日本は、今後傍観者でとどまる
ことは二度とない。」と大見得。

じぇじぇ。

じゃあ、早速、漂流しているシリア難民を、日本が数十万単位で受け入れ
るつーんかい。

勝手に無責任な大ぼらを吹くことよのう。一億の日本国民に対して責任が
取れるのかや。

戦前は、こういう輩が「大東亜共栄圏」だの「五族協和」だのホラを吹き
まくって日本を地獄に引きずりこんだものであった。

歴史を学ばぬ輩は、それを繰り返す・・・。








[PR]
# by mana1563 | 2015-10-02 16:09 | Comments(0)

「まれ」終了。 やれやれ



朝ドラの「まれ」が先週で終了。

ひどい朝ドラだった。あの「純と愛」に負けず劣らず。

ヒロインが美人であったのが救いでかろうじて見続けたが、オープニングの
テーマ曲からして、なんじゃいこりゃ、つーしろものであった。

そもそも話の筋がいったい何であるのか最後までわからんかった。

家庭内の問題に、隣近所つーより町内全部の住人が口を挟むのも(これは
朝ドラの悪しき伝統だが)普通にはあり得ぬことで不自然。

何でガッツ石松を出す必要があるのだ。視聴率狙い、受け狙いが情けない。

輪島塗りの職人は、日常あんなにバタバタしている人たちなのか。ガッカシ。

まれのヨコハマでの真っ赤な頭の痛くなるような住まいの映像にもマイッタ。
普通の住まいにしろやい。

母役の常盤貴子のきれいなのは目の保養になった(NHKの別番組「京都人
の密かな楽しみ」の京都の町屋の娘役の常盤貴子にはうっとり。)が、

まれのオヤジのキャラには、あまりのその存在の不自然さにこの番組の
失敗が予感されたものだ。

今秋から新しい朝ドラ。まれのような美人のあとでは、ヒロイン役はつらい
ものがあるだろうが、まあ期待すっぺ。

とりあえず、最初の音楽は合格。

(ふんとに、「まれ」の最初の合唱はヒドカッタ・・・。私は、このせいで
合唱そのものが完全に嫌いになりそう。ふんと、ありゃあ、音楽ではない。)


















[PR]
# by mana1563 | 2015-09-29 13:39 | Comments(0)