何とか生きておりまする・・・ (^^ゞ
by mana1563
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
記事ランキング
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
最新のコメント
我欲五輪は「ろ・く・で・..
by 我欲都民 at 21:35
心にもないお悔やみふんと..
by mana1563 at 09:55
あべたんも、放射能が、「..
by ぽんすけ at 15:21
ユーチューブの映像のアッ..
by mana1563 at 09:49
ああ、コメントどうも・・..
by mana1563 at 15:29
ブログ拝見いたしました!..
by きょうこ at 19:00
とても魅力的な記事でした..
by 職務経歴書 at 09:33
桜の8分咲きの頃から、数..
by mana1563 at 11:48
夏目君は、体が弱いとこが..
by mana1563 at 14:28
ホントにその通りと思いま..
by naoki kune at 22:49
検索
タグ
(1)
画像一覧


<   2017年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

バナナを食べたらバナナの歌が !

金欠で空腹。

何か廉い食べ物はないかと、ビッグBに入って目についたのがバナナ。

ああ、これだ! と買って作業車に乗り込んだ。

と、ラジオからおいなり、もとい、いいなり、もといもとい、いきなり
「バナナの歌」が !♪


 この歌、1980年頃、私の美青年時代に流行った歌で、たしかスェーデンの
ババアつー名前のポップグループが歌っって大ヒットした。

他にデルモンテやドールつーのもあるやも知らんね。





[PR]
by mana1563 | 2017-01-31 15:35 | Comments(0)

ふんとうに「スィート・キャロライン」だったね ♪

離任する駐日アメリカ大使の日本国民への挨拶の動画をユーチューブで見る。

日本国民にとっては、とってもエエ大使だった。053.gif

文字通りの「スィート キャロライン」だったね。 ♪

 
  ↑
 この曲、 私の美少年時代に大ヒットした歌で、ラジオ放送曲にリクエストした
記憶がある。(実際に、この歌のモデルは少女時代のキャロライン・ケネディ。)




[PR]
by mana1563 | 2017-01-19 19:20 | Comments(0)

トランプはババ? れともエース?

大統領就任式を控えたトランプの支持率(好感度)が下がり気味。

れはそうであろう。公民権運動の英雄、民主党議員ジョン・ルイスとのケンカは
世界一の超大国の最高権力者としては、実にみっともざまが恥ずかしい。

かって、米国でとてもっとも人気のあった大統領としては、ロナルド・レーガン
が挙げられるが、銃撃を受けて負傷しても笑顔でジョークを言うそのマッチョマン
らしさに米国民は安心したのだった。

れに比べると、トランプは、自身への「口撃」に対していちいちむきになって
反論するなど、およそ核のボタンを押せる立場につく人間としてはあまりに
子どもじみていて、異様な感じを受けるほどである。

キング牧師の同士であったジョン・ルイス議員の批判は、かってのソ連の核兵器の
脅威とは違うのだ。

対外貿易に高率の関税を課す、なんつー政策なんぞもそうだが、ふんとにトランプ
大統領ってダイジョウブ?
 
(※ 身内(娘婿)を高官に起用するなんつーのは、基本的に政治家として失格
   だと思うけど。歴代の韓国大統領やPLOのアラファト議長等の最低の指導者
   達は皆それをやった。)

さあて、彼は世界が待ちに待ったエース?

れともババ ??





[PR]
by mana1563 | 2017-01-19 19:01 | Comments(0)

心に浮かぶ音楽・・・

朝、目覚めて天井を見上げていたら、なぜかこの音楽のメロディーが。

どうしてかな・・。



穏やかな陽気の昼間には、ふと気がつくとこの ↓ の音楽も口ずさんでる・・。


ちょっと疲れたのかも知らん・・・。



 



[PR]
by mana1563 | 2017-01-14 06:08 | Comments(0)

富士の見える通勤路

今朝は幾らか寒さが緩んだが、それでも夜勤帰りの早朝のチャリンコはさぶい。

いつもの用水沿いのわき道から、見沼田んぼを抜けていくバス通りに入ってふと
前方をわずかに見上げると、秩父や奥多摩の山並みの向こうに、雪をかぶった
富士山がくっきりと。

この場所は知る人ぞ知る富士山の撮影スポットなのだが、最近はあまりアマチュア
カメラマンの姿も見られない。

近くにある高校に通う高校生のチャリンコとすれ違う。部活の朝練に向かう彼女は
おそらく背後の富士山を知るまい。三年間の通学でもついにそれに気がつくことは
無いかも知れぬ。

この道の今の逆コースの際、やはりここら辺で、鮮やかな模様をしたキジがわきの
畑にいるのが目に入り、丁度帰宅中の対向車のチャリンコの高校生にホラ、あそこ
と、指で指示して教えてやったのだが、見たかどうか。

この辺りでやたら見かける野生化したアライグマのことを、「昨日、タヌキ見た
よ。」と級友と雑談しながら通り過ぎる彼等の会話を聞いたこともあるが、

普段から、学業や部活や友達のことでオツムがいっぱいの彼等、暇がありさえす
ればスマホに夢中の彼等には見沼田んぼの風景なんぞ目に入る余地はないのかも。

・・・・・・・・

でもこの先、社会に出てから十年、二十年・・・。
彼らはきっと想い出すことだろう。春の用水路沿いの桜並木や一本の電柱もない
通学路のカーブの街路樹を。ひょっとして、下校時にあの鮮やかな富士を見た
やつもいるやも知らん。

存外、身近なところに感動はあるのだよ。
でもそれに気がつくのに時間がかかる・・・。二十年、三十年・・・・・。







[PR]
by mana1563 | 2017-01-10 15:50 | Comments(0)

聖人の日

今日は思いがけず休みに。

で、久しぶりに読書。「生きがいについて」(プロテスタント・クソババアの神谷
美恵子著)私は女史の著作集の何冊かを所有しているのだが、なかなか読む機会が
なかった。
 が、先日正宗白鳥の著作を幾らか読んだせいかどうか自分でもわからんが、本棚
を見た時になぜかこのプロテスタント・クソババアの本が真っ先に目に入ったのだ。

私がこの女史の人柄に魅力を感じるのは、やはりマジメなところ。難民高等弁務官
として活躍した緒方貞子さんにもそういうものを私は感じた。(二人は同じ人種。)

・・・・・・・・・

午後からは、BSで連続して、脚本家・山田太一のドラマ集を観る。「夕暮れまで」
「今朝の秋」「ながらえば」その他・・・。(夕方からはバイトなので録画)

やっぱし休日はこうでなくっちゃいけない。

そうそう今日は聖人の日。でもいったい誰のことか知らん。チョコレートの
バレンタインかな。ま、エエ。

寒さも今日は幾らか緩んだしまずまずの一日・・・。

じゃあ、ゴッド・ナイト ♪





[PR]
by mana1563 | 2017-01-09 22:39 | Comments(0)

規律と人間性



旧日本陸軍での軍隊生活シーンでよく見られるのが、古参兵の新兵いじめ。

「ボタンが外れとる。たるんどる。鉄拳制裁だ。歯をくいしばれ!」
「声を出せ! 気合だ!気合いだあ!」

だが、実際の戦闘場面での勇敢さ(臆病さ)や思慮深さと、兵舎や訓練での
ボタンの外れや気合いの度合いは無論全く因果関係はあるはずもない。

今をときめく?イスラム国の新兵たちは、やはり規律のある訓練で鍛えられ、
一般市民の首や手足を無造作に切り取っている。

規律さえあればどんな残酷な行為も思うがままである。

かって剣道の日本選手権で優勝した選手の試合をTVで見たことがあるが、
その立ち居振る舞いはなるほどと思わせるものであった。
が、その日本一の剣士は、ある女性を殺して今は獄中にある。

(同じく武道である柔道のオリンピック金メダリストは後輩を強姦して
 逮捕されたことは皆さんも知る通り。)

・・・・・・

いわゆる「あいさつ運動」なるものが日本各地の学校で行われていて、
小中学校では教師が校門のわきに立ち、登校してくる生徒たちとあいさつを
交わす。

「おはようございます!」  大きな声で生徒たちがあいさつすれば、教師は
ご満悦。 たしかに教師、生徒の双方とも相手の笑顔やあいさつは気持ちエエ
ものであろう。

しかし、大声であいさつしたとて生徒の「悩み」は解消されぬし、むしろその
元気なあいさつの為に、教師にその生徒の悩みは隠され見えなくなるだろう。

・・・・・・


いわゆる「規律」なるものは、人間にとってその人格の形成とは何の関係もない。
集団生活や組織にとって、規律のあるほうが効率的。ただそれだけのことである。

我々は、ものを空想したり、過去を振り返る時、文字通りオツムの中は自由で
あって、規律なんつー概念とは無縁である。

すなわち「規律」で人間をしばることなど、本質的・基本的に無駄で到底
不可能なことなのである。

・・・・

「人間の生活は、朝のあいさつから始まる。」とはよく言われる。

アホ言え。 あいさつしようがしまいが、太陽は昇るし、酸素は平等に存在
するわい。 つまらんことにこだわるでねえ。

よっ、オッス、やあ、これでエエのだ。恥ずかしがり屋は俯いたまんまで結構。
別れの際にはおならをすればエエ。(別れの最後っ屁。)

つまらぬ規律なんてどうでもエエ。

規律つーものは、人間の良心を殺す麻薬のようなものである。
「人間が人間であるためには、規律にたいして面従腹背であらねばならぬ。」


じゃあ、さるまた ♪





[PR]
by mana1563 | 2017-01-07 08:54 | Comments(0)

目くそ。鼻くそを嗤う



やっぱし起こった。

アメリカで白人障害者に黒人が乱暴、のニュース。

トランプが大統領に当選した時から懸念されていたことだ。

トランプ支持層の貧しい白人労働者階級もそうだし、経済弱者の黒人層もまた
そうなのだが、

この階級の連中の鬱積・不満は、彼らの惨めな現状を現状たらしめている制度
(システム)や、それを維持継続していくことが自分たちの利益にかなう層、

すなわちエスタブリッシュメント達=旧い言葉を使えばブルジョア階級の連中に
向かうべきであるのに、オツムがアホなせいか見当違いの的に向けられてしまう。

彼らの生活が惨めであるのは、一にも二にも、権力を握るエスタブリッシュ達
の政治が私利私欲に走り、およそ「まつりごと」に縁のない愚かな政治政策の
せいであることに気がつかぬのである。

このたびの選挙では、一部分そのことに人々は気がついて、ヒラリー・クリン
トンを落選させたのだが、代わりのトランプもまた強欲資本主義者であって、
経済弱者の階級層の生活が良くなることはまずあるまい。

たぶん、次から次へと繰り出されるトランプのいわゆる「ガス抜き」の策術に
はまっていくばかりであろう。

その「ガス抜き」の矛先は外国であったり、移民であったり、自分らよりも
さらに経済弱者であるがゆえに福祉の恩恵を享けている層に向けられる。

狭隘なナショナリズムが刺激され、自分よりも弱い人々を攻撃することで、
日常のコンプレックスが解消されるのである。「目糞。鼻くそを嗤う。」で
ある。
(中国のかっての文化大革命や、日本での連合赤軍リンチ事件はまさに
 この心理が作用したものである・・・。)

わが国でのいわゆる「ヘイト・スピーチ」もまさにそれであって、
当局があまり取り締まらないのも、アベちゃんを頂点とする現状維持派の
体制側にとっては、「ヘイト・スピーチ」は実にエエ「ガス抜き」なのだ。

カストロが死に、オバマが退場して、代わりにオツムの弱い経済弱者階級を
思うままにあやつるトランプが登場してきたのは、時代の流れつーよりほか
形容しようがないが、「悪しきチェンジ」として憂うべきことである。

これもここ20数年来の新自由主義経済路線がもたらしたもので、ネオコンや
竹中・小泉の自己責任論路線はその流れの必然的な動きであった。

人間精神の荒廃・・・。資本主義も行きつくところまで行きついた・・・、
つーところであるか・・。














[PR]
by mana1563 | 2017-01-07 07:36 | Comments(0)

新年から勘違い。ま、エエか。



昨日の深夜からバイト出勤だと思い込んで、0:30に目覚ましをセット。

が二度寝して次に目が覚めた時は3時。アチャー、しまった。
でも今から行っても仕事のピークはとっくに過ぎてるし、みっともざまが
恥ずかしいしなあ・・。 エエイ、休んじまえい。

で、朝になって謝罪の電話をいれたところ、「今朝まで正月休みだ、アホ。」

れ? ・・・・・ 

そして、やれやれ、助かったぁ・・・。久しぶりに今日はのんびりできるべ。♪

・・・・


30数年前に買った「正宗白鳥集」をパラパラ。「リー兄さん」と
数編のエッセイを読む。
 (私の気質に合っている作家は、結局この人かも知らん、となんとなく納得。)

余談だが、私がこれまでに読んだ作品の裡でとても胸がキュンとなったのは、
有嶋武夫の「火吹き竹」と国木田独歩の「帰郷」、中勘助の「銀の匙」。
外国のものではシュテフターの「水晶」、フローベールの「三つの物語」、
クローニンの「スペインの庭師」。おセンチと言われそうだ。(^^;

そうそう、石川淳の「シオン物語」も外せん。
ドストエフスキーの「死の家の記録」も・・・。


この頃はTVの動物番組をよく観る。
(人の赤ちゃんは大人の10倍の値打ちがあるし、動物の赤ちゃんは人間の
 百倍の値打ちがあるように最近特に感じる。)

動物の世界にも、適者生存、弱肉強食の掟があって生き抜いていくことは
容易ではないのだが、「知恵」のあるはずの人間の社会でのこ30年余りの
「強欲資本主義」の跋扈、それを後押しする政治にはとてもついてゆけぬ。

・・・・・・・・・・・・・・

オリンピック等のイベントばかり。村おこし、街の復興にもイベントまた
イベント・・。

公園の草むしりをしたり、荒れ果てていく里山守る運動等のほうこそが、
ふるさと日本を守ることなのに・・・。

高さを競うビルやタワーなんて、文字通りの「バベルの塔」であろう。
あんなもの、目の前の赤ちゃんの笑顔に比べて何の価値があるか。

私は半世紀以上前、倉吉市の動物園に連れられて行ったことがあるが、
覚えているのは象のデッカイわらの糞のみ。れよりもずっと父親に肩車
されていた感触を今でもはっきり憶えている。

人間の社会でいったい何が大切か。みんなわかっている。
それを隠す必要など決してありはしない。








[PR]
by mana1563 | 2017-01-05 10:28 | Comments(0)

矛盾だらけの生き方を説教したカトリッククソババアの死



今朝、駅売りの新聞のコラムで、年末にあの「置かれたところに咲きなさい」の
カトリッククソババアの渡辺和子さんが亡くなったことを知った。

このコラムは渡辺さんの「希望を持ち続けることが大切。」の遺言で結ばれている。

このクソババア、最期の最後まで矛盾したことを言いやがる。

「置かれたところに咲きなさい」と、生まれながらに悲惨な境遇に置かれた人に
対して、
「向上心」は棄てて、今の身分・境遇に甘んじなさい。身の程をわきまえなさい。
それがあなたの生きる道です。(すなわち「希望」は捨てなさい。※私の註)と
封建時代のようなことをその著書で書いておいて、一方で希望を持てだと。

キリストのように「現世での幸せは諦めなさい。信じればあの世で天国に行ける。」
つーことなら理屈は通るが、現世で希望を失ってはならない、つーこの渡辺クソバ
バアの理屈はまるで、福音書の教えとは文字通り真逆である。

私は、渡辺さんの講話集のCD(12枚)を持っているが、2年ほど前に買った時に
2枚ほど聞いたきりで放ってある。新聞広告の「置かれたところに咲きなさい」の
タイトルが頭にきて聞くのを止めたのだ。ったく。

こじつけにしても、社会主義、共産主義はもとより無政府主義だって、福音書に
依拠するものさえあるつーのに、悲惨な境遇であえいでいる人々に向かって、
「置かれたところで咲きなさい。」とはおよそキリスト者とは程遠かろう。

今は忙しいので、その裡CDをじっくり聞いてからとことん化けの皮をはいでやる!

・・・・・・・・・・・

別の話。

これも今朝、なぜかレナード・コーエンの「ハレルヤ」が聴きたくなってスマホの
ユーチューブで誰か知らんがコーエンではない男性歌手の「ハレルヤ」をずっと
電車の中で聴いていた。(たぶんジョン・ケイルつー歌い手)

で、うちに帰ってから、「ハレルヤ」の歌詞をググッた際、レナード・コーエンが
渡辺さんと同じく昨年亡くなったことを知った。なーんかとっても不思議・・・。
 (コーエンの晩年の歌声は多分大酒のせい?だろう。とても聞きづらいので、
  皆さんには他の歌い手のカバーを勧めます。スーザン・ボイルも歌ってるね。)

じゃあ、さるまた。エエ棚を ♪ &  ゴッド・ナイト ♪







[PR]
by mana1563 | 2017-01-03 22:48 | Comments(0)