何とか生きておりまする・・・ (^^ゞ
by mana1563
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
記事ランキング
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
最新のコメント
我欲五輪は「ろ・く・で・..
by 我欲都民 at 21:35
心にもないお悔やみふんと..
by mana1563 at 09:55
あべたんも、放射能が、「..
by ぽんすけ at 15:21
ユーチューブの映像のアッ..
by mana1563 at 09:49
ああ、コメントどうも・・..
by mana1563 at 15:29
ブログ拝見いたしました!..
by きょうこ at 19:00
とても魅力的な記事でした..
by 職務経歴書 at 09:33
桜の8分咲きの頃から、数..
by mana1563 at 11:48
夏目君は、体が弱いとこが..
by mana1563 at 14:28
ホントにその通りと思いま..
by naoki kune at 22:49
検索
タグ
(1)
画像一覧


<   2016年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

人間はゾウにはとうていかなわわない・・・

昨夜のTV「ダーウィンが来た」は、ボルネオゾウの特集。

五十数頭の群れでの移動の途中、流れが速くて危険な大河を渡った際、
集団に遅れた親子を気遣って、渡り終えた対岸から引き返して親子を
引率したリーダーのゾウ。人間社会でもそうはおるまい。


十年ほど昔、やはり動物番組でこれはアフリカでのゾウの生態を撮った
番組があった。

それは、乾季が永びいて大地がからからになって僅かな水場さえも干か
らび、さすがのゾウたちも消耗して、そのうちの仔ゾウの一頭が、ふら
ふらになって今にも倒れんとするのを母親は無論、周りの大人のゾウが
懸命に励まし支えながら行進する映像だった。

で、仔ゾウはついに力尽きて倒れ息を引き取るのだが、群れの大人のゾウ
達は、嘆き悲しんだ後も一向にその場を去らない。

ハイエナから仔ゾウの遺体を守ることもあったようだが、それ以上に
仲間を亡くしたことへの悲痛な慈しみの情念の発露に私には思えたのだった。

この一種の「お通夜」は数日続いた。

そして水不足による群れ全体の体力の消耗を懸念したリーダーの一声で
ついに群れは移動を再開したのである。

母親のみは、その場を離れることなくなお数日とどまった・・・。

私はゾウ達の行動にえらく感動し、涙が溢れるのをとどめることが
できなかった。

とてもじゃないが、人間なんてゾウの足元にも及ばない存在だわと。




ゴッド ナイト エエ夢を ♪



[PR]
by mana1563 | 2016-06-27 23:29 | Comments(0)

梅雨空・・


田舎の兄に電話して、生計上の不如意を知らせて援助を仰ぐ・・・。

私はただ梅雨空を見上げて、ため息をつくばかりであった・・・。




[PR]
by mana1563 | 2016-06-24 09:55 | Comments(0)

世の中の不条理について・・・

TVの二つのニュース。

一つは、辞任を明日に控えた舛添東京都知事の最後の登庁のニュース。
彼には、退職金とこの夏のボーナス合わせて、2500万円が支払われるとか。

続いてもう一つ。
家計の苦しさから無理心中をはかり、両親を殺めたものの、自分は生き残って、
その罪を問われた裁判のニュース。
 被告の女性は、父親が体を悪くして働くことが不可能になり、生活保護を
申請中であったよし。

桝添知事の5000万円を使った外遊をはじめ、都民の金を湯水のように浪費
した人物に、弁償を求めるどころか逆にボーナスを与えることの理不尽さ。

そして一方、たかだか月十数万円の生活費の捻出に困って一家心中を図った
事例。


何、これ・・・。

ここには正義のかけらも公正さのかけらも全くない・・・。

また原発事故か震災が、日本人への天罰としてくるような気が・・・。











[PR]
by mana1563 | 2016-06-20 13:52 | Comments(0)

スポーツマンがバカであることの証明

日本オリンピック委員会(JOC)の理事である元バレー・ボール選手の
荒木田裕子が、一連の不祥事で辞任に追い込まれた桝添東京都知事について、

曰く
「ほんとうに残念です。あの方の東京オリンピックへの意欲は並々では
 なく、語学堪能で、社交性もあり、知事をお辞めになられるのは本当に
 残念です。」

東京都民の99%までが、辞任は当然だと考えているのにこれである。

東京都民は、あんなのがオリンピックの顔であることは恥ずかしい、と
考えているのに、スポーツ界の為に力を注いで(つまり、予算を回して)
くれるからと、それこそ恩人か保護者に対するリスペクトの扱いである。


昨年だったか、北朝鮮の金正恩が、NBAのスターであったデニス・ロッドマン
を招待して北のチームと親善試合をしたことがあった。

北のバスケット選手にとっては晴れがましい舞台であったろう。
が、多くの人民は国家の指導者がそんなことにうつつを抜かして、肝心の
国民生活に何の配慮もないことに絶望していたのだった・・。


また金の父親の金正日は、映画キチガイで、そっちの方面には金をつぎ込む
ことを厭わなかったとされる。一方では北の多くの人民は相次ぐ飢饉や経済
失政で死線を彷徨っていたのだった。

無論、北の映画界では、金正日は大恩人とされていたことは言うまでもない。


1989年の「天安門事件」で、保守強硬派として数千人の学生を虐殺した
戒厳令の実質的な指導者の李鵬がその後首相になり、そしてさらに失脚
した際の、「岩波ホール」の総支配人高野女史の言葉も思い出される。

「あの方は、映画を通じた文化交流にとても理解のあった方なので、首相を
 辞められたことはとても残念です。」


スポーツ界とか映画界とか、文化産業に限らず、ある分野での指導者層にも
「木を観て森を観ない」視野のすこぶる狭量な人物は数多い。

この荒木田裕子JOC理事なんぞはその典型であろう。

2020年の東京へのオリンピック誘致活動の際、「子供たちに夢を!」と
叫んでいた彼等には、同時に誘致活動をしていたトルコの子どもたちに
「夢」を与えることなんて、それこそ思いもよらなかったのであろう。

スポーツマンなんてふんとにアホでバカである。
その人格・人間性は最低である。












[PR]
by mana1563 | 2016-06-17 15:39 | Comments(0)

クソガキ(悩みのかたまり)どもと毎日すれ違う・・・

現在、私の通勤手段はチャリンコ。 

余談:どうでもエエことだが・・。自転車のことを何でチャリとかチャリンコと言 うのか知らん? チェーンの雑音からきた言葉なんかのい。こんなの、意外と面白 い。柳田国男や折口信夫なら、なんてその イワレを説明するんかしら。037.gif

・・・・・・・・・・・・・

朝晩、見沼田んぼの通勤経路で、高校生のクソガキどもとすれ違う。

それぞれ、高校野球とサッカーで全国的に名を知られた私立高校と公立高校の
ガキどもである。

すれ違う際には、「あ、ヘンナおじんが来た。」「キモイじじいだ。」と
なるべく思われないように、なるべく眼を合わさないように心掛ける。023.gif

が、毎日チャリンコですれ違って、(つまりは、毎日、対向車として正面から
顔を合わせて)いる私には、このクソガキどもの心情がふんとうによく伝わる
ような気がするのである。

仲良し同士で2台ですれ違うチャリンコの会話は、愚痴もあればその相槌ちも
ある。「そうそう。」あるいは「そうかなあ。」「ふうん。」
(反論する時も、友達への心づかい。君たち仲エエんだねェ・・068.gif

部活の帰りと想われる大勢での会話では「あいつ、○○なんだってよう、
みんな言ってるぜ。」
 ↑ には、私は、心の中でこう反論する。
「それは違うぞい。言ってるのは君自身、君一人なのだよ。みんなではないぞな。」


一人でのチャリンコのガキは、悩みのかたまりそのものである。

たまに、幸せな表情をしたガキとすれ違うこともあるが、そん時は私も
知らんぷりをしながらも何となく嬉しくなってくる。056.gif


十年前には、私自身の息子や娘のことが、無邪気で悩みだらけ、ん?の
ガキどもとすれ違うたんびに想われて、いつもため息をついたものだが、

今では、孫といってもエエくらいのクソガキどもに、ふんとうにこの先、
彼等がしあわせになって、笑顔で毎日を送れるような人生が来たらんことを、と
願うのである。

・・・・・・・


毎日、すれ違いながらもココロを通わせるキモイじじいから・・・



エエ棚を ♪





 







[PR]
by mana1563 | 2016-06-16 14:17 | Comments(0)

三百代言の幼児性(ヤメ検の常識)について

先日、政治資金の数々の公私混同が問題になっている舛添東京都知事が、「厳しい
第三者の眼で検証してもらった」とやらの弁護士同席での弁明記者会見を行った。

それぞれの問題について、その「厳しい第三者の眼」とやらの検証の結果報告が、
「不適切な行為であるが違法性はない。」というもので、私は呆れてしまった。

今朝のTV「時事放談」で、浜矩子女史や片山元鳥取県知事が、ヤメ検達の文句、
「不適切ではあるが違法性はない。」つー言葉について、「不適切」と「違法性」
はどこが違うのか、理解不能。とコメントしていたが同感である。

さらに浜女史は、アメリカ大統領候補のトランプ氏、消費税アップ延期を決めた
安倍ちゃん、さらに言い訳の為の言い訳を重ねる舛添都知事の共通キーワードは、
「幼児性」だと看破したが、舛添知事を弁護したヤメ検達も同類のそしりを免れまい。


民主党政権時代、弁護士出身の仙石官房長官が、尖閣諸島での中国漁船追突事件に
際しての内閣の弱腰の対応を国会で「柳腰外交」と表現してみたり、フクシマ原発事故による住民の被爆について時の枝野官房長官(弁護士出身)が稀代の迷言「直ちに
人体に影響はない。」とのたもうたことがあったが、

この舛添知事を弁護した「厳しい第三者」をはじめとした彼等三百代言どもの言語
感覚、つーよりも「常識」には呆れて屁も出ない。

「 法匪 」(放屁? 037.gif)つー言葉が文字通り彼等にはピッタシである。

政治家に必要なのは、順法精神ではなくて、あたりまえの感覚、「常識」なのだ。









[PR]
by mana1563 | 2016-06-12 18:17 | Comments(0)

NHKにふつうの感覚が欲しい

先日の熊本地震の際、多くの外国人観光客や留学生のいた大分・別府市では、
地震の情報が正確に伝わらずほとんどの外国人がパニックに陥ったそうな。

我々が、ニュースの地震情報で必ず耳にする「この地震での津波はありません。」
つー(日本語の)アナウンサーの文句が、「ツナミ」しかわからない為に、彼らは
逆に「ツナミ」が襲来してくるものだと思ったそうである。

地震情報の画面に「英語の字幕」を加えることくらい簡単なことだ。アホ。

それにこの種のニュースでいつも思うことだが、ニュースの軽重の度合いをもっと
考えて電波にして流してもらいたいものだ。

「棚から物が落ちて、腕に二週間のケガをした。」とか「転んで腰を打撲した。」
なんてのを全国放送する感覚がわからない。
「この地震によるツナミはありません。」つーのだって、震源が内陸ならツナミが
あるわきゃない。余計な言葉をはさむから視聴者が誤解するのである。

一方において、フクシマの原発事故の際のように、カメラで原発の爆発を撮影しな
がら、それについての(取材や)放送を控えたり、放射能の拡散方向を示す装置の
結果を、政府の「パニックになるので公表は控える。」方針に唯々諾々と従う姿勢
なんつーのは実にメディアとして嘆かわしい限りである。

私は、CMが嫌いで、芸能人他のゴシップにも興味がないので、NHKしか視聴しな
いのだが、もちっとしっかりしてもらいたいものである。

妙なアクセントで原稿を読むアナウンサーも多くなった。
花あ束を君に」(トト姉ちゃんの歌)、なんつーのばっかり。

「それでは新郎新婦からご両親に、花あ束の贈呈です。」なんてやられてみろやい。

呆れて鼻がもげるか、ほっぺたが落ちるわい。
日本語は正確に、そして時と所をわきまえて適切に使わんといけんぞい。

ったく・・・ 077.gif011.gif







[PR]
by mana1563 | 2016-06-06 14:16 | Comments(0)

公園への道Ⅱ

d0135815_1484862.jpg
この道も昨日のブログの写真のと同じ道。(NHK・BSの火野まさ平さんのチャリンコ旅に出てきたところ。)右の並木は桜の樹。




[PR]
by mana1563 | 2016-06-01 14:08 | Comments(0)

公園への道Ⅰ

d0135815_1485050.jpg
(数日遅れのコメント (^^;))
携帯からブログへの送信が何か?の理由で滞っていたものが、なぜか昨日アップされたみたい。039.gif

毎朝のように通る桜並木のある用水路べりの道。この日は午後だったかな。忘れた。
桜の季節を過ぎると、並木が桜であることを忘れてしまう。それゆえにむしろ桜の時期になると桜のアーケードの見事さにいつも圧倒されてしまうのである。

携帯(一応スマホ)のカメラの性能が低くて緑の鮮やかさが絵に出ないのが残念。
ふんとはきれいなんよ。




[PR]
by mana1563 | 2016-06-01 14:08 | Comments(0)