何とか生きておりまする・・・ (^^ゞ
by mana1563
記事ランキング
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
最新のコメント
我欲五輪は「ろ・く・で・..
by 我欲都民 at 21:35
心にもないお悔やみふんと..
by mana1563 at 09:55
あべたんも、放射能が、「..
by ぽんすけ at 15:21
ユーチューブの映像のアッ..
by mana1563 at 09:49
ああ、コメントどうも・・..
by mana1563 at 15:29
ブログ拝見いたしました!..
by きょうこ at 19:00
とても魅力的な記事でした..
by 職務経歴書 at 09:33
桜の8分咲きの頃から、数..
by mana1563 at 11:48
夏目君は、体が弱いとこが..
by mana1563 at 14:28
ホントにその通りと思いま..
by naoki kune at 22:49
検索
タグ
(1)
画像一覧


<   2015年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧

びっくらの新聞記事 生活保護減額 2015年4月30日 朝刊

「 高校に通うために支給を受けた奨学金が「収入」とみなされ、生活保護費から同額を差し引かれたのは不当だとして、福島市内の高校二年の女子生徒と母親が三十日、市を相手に収入認定の取り消しを求める訴えを福島地裁に起こすことが分かった。生活保護制度の運用基準は、子どもの修学旅行やクラブ活動に充てるお金なら収入認定されないとしているが、生徒側は市側がそのような対応をせず、保護費が削減されたと主張している。 (我那覇圭)

 生徒側代理人の倉持惠(めぐみ)弁護士によると、生徒と母親は母子家庭でふたり暮らし。母親はうつ病を患って仕事が続けられず、二〇一〇年ごろから生活保護を受給。生徒が高校に入学した昨年四月ごろは、月十数万円を受け取っていた。

 生徒は、修学旅行費や大学進学に向けた塾代など、授業料以外に高校生活三年間で最低約六十万円が必要と判断。生活保護費などでは賄えないとの理由で、市教育委員会と民間団体の奨学金制度に応募した。年間で計十七万円の給付が決まり、これまでに十四万円を受給した。

 しかし、事情を市に伝えたところ「奨学金は全額収入になる」と指摘された。生活保護は、収入と認定された金額が保護費から減額される仕組みで、生徒側は支給額から十四万円をカットされた。

 生徒は昨年六月に福島県に不服審査請求したが、県は「(奨学金を収入とは認定しない)資料がない」などと退けた。市は認定を見直して、修学旅行費分の十万円を収入から外し、十万円を追加支給した。生徒側は納得せず、厚生労働省に再審査請求中だが、訴訟にも踏み切ることにした。倉持弁護士は本紙の取材に「奨学金の使い道などを聞かれないまま全額収入と認定され、不利益を受けた」と主張。市の担当者は「収入認定をめぐっては関連法などに基づき適切に対応している」と話した。」


↑ たまげたニュース。

数年前のウンコ暑い夏に、上尾市で、生活保護を受けて生活している寝たきりの老女が中死したことがあった。エアコンの取り付けが生活保護を支給している市から認められなくて、40度近い部屋の中で死んだのだった。

私はあの上尾の事例を即座に思い出した。

公的なお金が市民に支払われる例としては、生活保護費の他に、生活再建資金や起業補助金等がある。

地震等の自然災害では、「天災」なれば、補償する義務は本来無くとも、人道主義観点から一定の補償が為される。自治体によっては、民間の保険会社なみに、失われた収入をそっくり補償するところまである。(中越地震の際の、ニシキ鯉の損害補てん等がそうである。地域の有力者であるとか、たぶんそんなことが作用する?)

また、暴力団員に、生活保護費を支給するのを止めるのは怖くてできないが、貧しい母子家庭が相手なら、我々のほうがずっと強い、つーわけであろう。(こういうのを「奴隷根性」つーのである。これは職場にもよくいるが。037.gif )

有力者や暴力団員等の強い?者の言うことはすべて聞くが、社会的弱者には、法律を盾にとって厳しくあたる役人。こんな、向学心のある子どもの芽を摘むような行政がまかり通るような社会が、何でまっとうな社会・国家といえよう。

アベチャンの口癖、「努力するものが報われる社会を実現する政治を目指す」なら、それなりの、すなわちあたりまえの対応をするべきだろう。

右傾化イコール格差拡大つーことなんかのい???






















[PR]
by mana1563 | 2015-04-30 15:15 | Comments(0)

私の好きな音色

楽器にはピアノのようにオーケストラの代わりになれるほどの
表現力のあるものもあれば、その際立った個性的な音色ゆえに
独奏に向いている楽器もある。そして無論、その両方の特徴を
備えているものも。

ピアノはいうまでもなく独奏でもオーケストラとの共演でも
オーケストラには存在しない音色のせいで、その個性が埋もれ
るようなことはまずない。そして、演奏家の技量と共に、この
楽器くらいその人間性が演奏に反映されるものは他にはない。



ヴァイオリン。これは、その演奏技術が即、音色に反映される
楽器で代表的なもの。下手な演奏は文字通り、ノコギリの雑音。
が、ハイフェッツ等の名人のものは、えも言われぬ感動を聴く
ものに呼び起こす。



オーボエは、昔から私の好きな音色の楽器である。交響曲等の
大きな曲でも主旋律の独奏によく使われて、それはあたかも
テノールやソプラノの独唱のような趣がある。ちょうどエエ具
合の音色で主旋律を奏でるにはもってこいの楽器である。




クラリネットは、日本の歌謡曲にエエのがある。舟木一夫の
「北国の街」のイントロである。
この楽器は、何となくちんどん屋のイメージがあって、私には
あまり芳しいものではなかったのであるが、モッチャンの ↓
の曲でそのイメージがガラリと変わった。

↓ の曲のクラリネットの音色くらいモッチャンの音楽の本質
を顕すものは、モッチャンの他の曲にもそうはあるまい。




他には、ギターやハープ、リコーダーの音色も好きである。
あっ、そうそう忘れとった。古楽器のリュート。あれもエエ。





ゴッド・ナイト ♪





[PR]
by mana1563 | 2015-04-26 21:02 | Comments(0)

いわゆる「戦争」のイメージについて



新聞の日曜版に、「あなたにとって戦争というのはどんなもの?」つー
読者アンケートの結果が載っていた。

読者はほぼ全員、戦争は未体験なので、戦争をイメージさせる文芸や
映画等の作品名が挙げられている。

第一位は「はだしのゲン」、二位以下の順位は忘れたが、「硫黄島への
手紙」や「火垂るの墓」、「私は貝になりたい」などがあったような・・。


で、私も自分の「戦争」のイメージがわく作品名を十ばかり考えてみた。

作品は、いずれも映画になった。(順不同)
1 「二十四の瞳」
2 「真空地帯」
3 「私は貝になりたい」
4 「兵隊やくざ」
5 「サンダカン八番娼館」
6 「火垂るの墓」
7 「戦場のピアニスト」
8 「遺書配達人」
9 「誓いの休暇」(ソ連映画)・・・・・

今、思いついたのはこんなところ。

「わが闘争」や「ニュールンベルグ裁判」「東京裁判」等の記録映画も
見たが、こんなアホウどもに指導されていたのか、と腹立たしさが先に
立って、先に挙げた映画との感動の落差にあらためて愕然とするばかり
である。


戦争が起きて得をする庶民など一人もおるまい。利用されつくした挙句に
みじめに、ふんとうに惨めに死んでいくのである。

国会に「戦争法案」が上程されて、議論が戦わされているが、この議論を
しているものは与野党、全て庶民を利用する側の輩ばかりで、真に戦争を
回避して日本を守ろうつー人間など極めて少数であるのが実情。

ドローンの不時着ごときでオロオロおたおたしている庶民を利用する側の
住まいと、真に戦争はいけないとのたまう平成天皇が住まいが隣りである
ことが、実に皮肉なものだと思うこの頃である・・・。




れにしても、穏やかで暖かくてエエ一日・・・。056.gif







 

[PR]
by mana1563 | 2015-04-26 14:34 | Comments(0)

エエ国じゃないか ♪

首相官邸の屋上に模型飛行機ドローンが、故障して墜落、そのまんま
放置されていたのが偶然見つかって大騒ぎ。037.gif

やれ警備上の失態だの、ドローンの法規制だのと日本中がてんやわんや。

日本って、ふんとエエ国じゃないか。

あのドローンが、ふんとにサリンや高性能爆弾を積みこんでいたなら、
問題だが、別にそんなこともなし、ありふれたいたずらに過ぎない。

そして、そのいたずらが止められなかったことも、どうということは
あるまい。危機管理がどうのこうのつーほどのことではない。

どちらも今の日本の平和さ、日本人の善良さが象徴的に表れた事件と
いってよく、むしろ喜ぶべきことである。

あべちゃんが、迎撃機のドローンを操縦してで、撃墜して欲しかった
のにと、それだけが残念。041.gif

・・・・・・・・

ドローンが登場した時点で、今回のような目論見は私でさえすぐに
予見できた。(皇居前は広いし、皇居の中にドローンを飛ばすやつが
いるかもなぁ。)

しかも、早くから警備会社や報道関係者の間でドローンが有効活用
されていることは周知の事実であった。

ま、警備業界なんて、「人を見たらドロボーと思え。」なんつー
人間性悪説に凝り固まった人間のクズの集まりだし、メディアも
他人のプライバシーを暴くことが「知る権利だ。」なんつーアホの
集まりだから、ドローンに目をつけたんじゃろうて。

・・・・・

ところで、最近の犯罪などのニュースで、事件が起きると、よく監視
カメラの映像を分析とかなんとか・・。で、それも繁華街ならともかく、
人気のないようなとこまで監視カメラの映像があったりする。

つーことは・・・。じぇじぇ !

私の立ちションベンの一部始終が、監視カメラに盗撮されていたかも!

わっ、あの時、尿意に辛抱できなくて、フェンスに〇〇〇を突っ込んで
した後、私のが大き過ぎてフェンスから抜けなくて大汗掻いたのも
監視カメラに撮影されとったかも知らん。

そすっと、私のあれが、普通のコップに入らんほど大きいことがバレて
もうたか。くくっ。ナイショであっただがに・・・。

誰にも言うなよ。


れにしても嘆かわしい。いよいよ日本もスパイ国家のようになって
まったかや。やれやれ。

↓ 気分転換 ♪



 

エエ日曜を ♪















[PR]
by mana1563 | 2015-04-26 09:21 | Comments(0)

今の時期が一年で最高じゃのい ♪

5月の連休前の今の時期。ちょうど山吹の咲く頃の、

桜の花が終わって全て若葉になってから、皐月やつつじが咲く前の
10日間ぐらいが一年のうちでいちばん気持ちがエエね。

連休に入っちまうと初夏の陽気で、ちと暑過ぎて・・。
皆の衆も、「ああ、しょうか」と納得すっぺ?

・・・・・

陽気はエエのだが、ここんとこ肘や肩など体中が痛い。
若いころのような長時間・重労働の仕事をしてるわけではないし、
食の方もしっかりとメンテナンスしているつもりなのじゃがいも。

やはり、歳つーことかのい。

「歳食兼備」つーのはこういうことか知らん?? ふむ・・。

でも、ふんと暖房も冷房もいらん、つーのはエエものだわね。

あっ、脚がつった。わわっ。

(よく考えてみると、チンポコがつった、つー経験はまだない。
 誰か、そういう経験のある御仁おるじゃろか。ふむ。またもや、
 人生についての新たな疑問が出てきてまった。

 ふんと、人生は疑問とその探求の繰り返しじゃね。)

じゃあ、さるまたね。 エエ棚を ♪















[PR]
by mana1563 | 2015-04-24 15:28 | Comments(0)

「戦争法案」の言葉狩りについて

国会で社民党の福島みずほ議員が、集団的自衛権関連の一連の安全保障法案
について「戦争法案」と発言したところ、

アベチャン、むき(すなわち一国のリーダーとしてはあるまじき、パニック
になって、福島議員の懲罰を求め、国会が紛糾している。

国会での次元の低い混乱ぶりにいまさらながら呆れる。

よくある野党の言葉尻を捉えてのくだらない追及の質問にもうんざりするが、
アベチャンつー人の人間としての余裕の無さにもまたガッカリするのである。

みずほ議員なんて、私は野党議員の中でも最もアホだと思っていて、実に
嫌いな議員なのだが、その立場からして、彼女が「戦争法案」なる言葉を
使っても何の不思議も違和感も私は感じない。

先日亡くなった愛川欽也のTV番組「パック・イン・ジャーナル」等、反政府
的なメディアに対しての一連の圧力といい、この政権の度量の狭さは、北の
金正恩政権とさして変わらずそれこそエエ勝負である。

「戦後レジュームからの脱却」を言うなら、アベチャンは、ただちに日本から
アメリカの基地を撤去させて、日本の憲法の方が安保条約よりも上位にある
ことを内外に示すべきだろう。

アメリカのポチになるべく、姑息な憲法解釈変更や反対者に対してのつまらん
言葉狩りをすべきではない。






[PR]
by mana1563 | 2015-04-21 15:16 | Comments(0)

高校教諭、子猫生き埋めのこと

昼のニュースで、先日学校で保護した子猫5匹を校舎裏に生き埋めにした
高校教師が書類送検とか。

「どうしてエエかわからなんだ。」、処置に困っての行為と、この教師。

アホである。教室に子猫を持ち帰って生徒たちに「誰か家で飼いたいものは
いないかあ。」と呼びかければエカッタだけの話。

エエ話であれ、ワリイ話であれ、学校くらい空気を入れるのに相応しい場所は
ない。

そのクラスに希望者がいなくとも、数百人か数千人の全校生徒に呼びかければ、
子猫の5匹やそこらすぐに見つかっただろうに。

人生のイロハを知らぬ学校教師なんて、「センセイ」の名に値いせんわい。
ったく・・・。050.gif


れに、猫の耳は、刺身にすると絶好のつまみになったものを。もったいない。
子猫の耳たぶほど美味しいものはないのに。

幼き頃、私のふるさとでは、夏のドヨウの丑の日には、ウナギの代わりに
ウサギを食べるのだが、その肉の中でもウサギの耳は絶品で、あまりの
美味しさに鼻がもげるほどである。

都会に出た私は、土用の丑の日には、野ウサギの代わりに野良猫で代用して
いるのだが、ウサギほどではないにせよ猫の耳もまずまず美味である。

ああっ、子猫の耳の刺し身かぁ。さぞや美味しかろうなあ。023.gif




[PR]
by mana1563 | 2015-04-20 12:45 | Comments(0)

俳句と短歌について

昨日、戦後70年つーことでNHKである番組が放映された。

日本社会の戦後の歩みを追ったものであったが、昭和天皇の
折々の映像もいろいろ放映された。

昭和天皇は、戦争を食い止められなかったことへの慙愧の念や、
沖縄への訪問が、病の為についにかなわなかった無念さを歌に詠み
それらの歌は実に天皇の本心が吐露されていて驚くばかり。
常日頃の植物学者昭和天皇の穏やかな姿からは想像できぬほどである。

げに、短歌なかりせば我々は、ミカドの心を知りうることはたぶん
なかったであろう。

短歌こそ、日本文芸の極みとでもいって差支えない文化である。


一方、短歌と比べて俳諧なるものは、人の心情をさらけ出すには
あまりにも短か過ぎて物足りない。わずかに叙景、あるいは心象
風景を顕すことができうるばかりである。

「奥の細道」で有名な松尾伴内や、三大俳人として同じく名高い
小林麦茶、与謝物損の句を見ればそのことは瞭然である。

近代俳句、現代俳句とておんなじ。

正岡死期の
「いも食えば おなら出るなり 法隆寺」なんつーのは、いもでも
梨でもなんでもエエので、そこに言葉を吟味した形跡は微塵もない。

尾崎放哉の
「せきをしても一人」つーのも
この私の句
「屁をこいても一人」に簡単に置き換えられ、いわば言葉のパズル
と化してしまう。

かって、京都大の桑原武夫が、「俳諧第二芸術論」をぶって、論壇
・文壇を賑わしたことがあったが、俳諧はそもそもがゲージツなんぞ
ではないのである。

もとより私は、ゲージツでないから価値がない、なんつーことを言う
のではない。円空・木喰のそこいらにある木の切れっぱしに彫った
仏像の方が、大きな由緒あるお寺の本尊よりも、はるかに我々の心を
うちふるわせるようなことは往々にしてある。

半ば川柳風の俳句が、我々に深い感動をもたらすこともしばしばである。


日本の万葉集の、最後の歌。 大伴の焼きもちの

「世の中は 空しきものと 知るときし
     いよいよますます 哀しかりけり 」

の絶唱こそ、げに日本文化の極致というべきものであろう。

※ ついでに、ユーチューブで万葉集を検索してみると、有名な歌が
  その場所の映像と共に載っていた。便利なものじゃ。

  が、↑の「世の中を・・」の歌を、大伴の焼きもちではなくて、
  大伴の地下たびとしているのがあった。なんともはや・・・。047.gif













[PR]
by mana1563 | 2015-04-20 07:39 | Comments(0)

また、ユーチューブ画像アップできたぞい ♪


最近、ユーチューブの動画(音楽演奏の映像)がアップできなかったけど、
設定のヘルプにちゃんとやりかたが載ってたぞい。











[PR]
by mana1563 | 2015-04-19 20:27 | Comments(0)

トリクルダウン理論がもたらすもの

首相のアベちゃん自身は国会で否定しているが、アベノミクスは
まごうことなきトリクルダウン理論の経済政策である。

トリクルダウンは、くだけて言えば大金持ちがますます富めば、
やがてそのおこぼれが、貧乏人にも行き渡るようになって、社会総体
(国民全体)として見た場合、国民が豊かになるつーことである。

が、

そのおこぼれつーのは、いったいどんなものだろう?

富者にお金が入ると魚から豚肉に換え、さらに儲かると牛肉に換える。
そして、かっては余った魚を貧乏人に施していたが、今では豚肉を
貧乏人に食べさせられる。

一方、貧乏人は、これまで口にすることができなかった魚を富者から恵ん
でもらっていて、その骨をペットにやっていたが、さらに富んだ金持ちか
ら豚肉をもらえるようになったので、ペットには魚の身をやれる。

ペットはこれまで残りご飯に味噌汁の残りであったから、彼らまで
満足。 すべてのものが幸せになる、つーことである?

・・・・・・

かって、中国で文化大革命つー階級間闘争(貧乏人の金持ちにたいする
弾圧)やカンボジアで時の権力による知識人や中間層にたいする大虐殺が
起きて信じられないほど多数の人が殺された。

今も、アラブの世界ではIS(イスラム国)による理解しがたい残虐な行為
が連日のように行われている。

なぜ、このような蛮行が行われたのか?

これらの蛮行は、要するに貧乏人のお金持ちにたいする妬み、嫉みあるいは
彼らに虐げられてきたことにたいする報復行動と言ってもよかろう。

社会の住人が皆すべて100%貧乏であるならば、誰でも辛抱するし、そもそ
も自分の暮らしが他人や社会の水準よりも低くて貧しいとは思わない。

みんなが貧しければ自分もみじめでない。」のである。

人間には誰しも平等意識つーものがあって、社会のなかで差別を受けたく
はないと思うもの。その一種の強迫観念が、時に度を超した平等感=平準化
意識となって社会を覆い尽くす。それがあの文化大革命やポルポト政権の
蛮行につながったのである。


「トリクルダウン政策」のような貧乏人をコケにした、(政治家として
あるまじき)政策を取り続けていると、いずれは日本の貧乏な若者たちが、
ナナメに進んで、少なくとも神の前では平等なISに入るか、文革やカンボ
ジアのような「リベンジ」を行いかねない社会がいつか到来するかも知れ
まい。

反社会的な集団である「オウム」教団が、尚いまだに多くの信者を抱えて
いる実情も、トリクルダウン政策の(正の)側面であろう。


げに、トリクルダウン政策は、まともな政治家が採用すべき理論ではない。
病を治すべき医者が、殺人の処方箋を実行しているような現状はまことに
おかしい。

新聞に「日本人は皆、格差社会を望んでいるのではないか?」つー読者
からの意見が載っていたが、それほどまでの意見が出るほど、日本人は
人の形をした妖怪・化け物に変化していることに誰も気がつかない。

エエ加減に日本人は、人間の心を取り戻して、竹中平蔵やアベチャンに
金魚のクソのようについて行くのは止めんといかん。



ゴッド ナイト 

明日から、またがんばっぺ。♪







[PR]
by mana1563 | 2015-04-19 18:52 | Comments(0)