何とか生きておりまする・・・ (^^ゞ
by mana1563
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
記事ランキング
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
最新のコメント
我欲五輪は「ろ・く・で・..
by 我欲都民 at 21:35
心にもないお悔やみふんと..
by mana1563 at 09:55
あべたんも、放射能が、「..
by ぽんすけ at 15:21
ユーチューブの映像のアッ..
by mana1563 at 09:49
ああ、コメントどうも・・..
by mana1563 at 15:29
ブログ拝見いたしました!..
by きょうこ at 19:00
とても魅力的な記事でした..
by 職務経歴書 at 09:33
桜の8分咲きの頃から、数..
by mana1563 at 11:48
夏目君は、体が弱いとこが..
by mana1563 at 14:28
ホントにその通りと思いま..
by naoki kune at 22:49
検索
タグ
(1)
画像一覧


<   2015年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

「高瀬舟」を観る

BSで1988年放送のドラマ「高瀬舟」を観る。

原作は安楽死を扱った森鴎外のそれである。

僅か45分の映画であったが、中味のあるエエものであった。

人生つーものが、貧しくて辛いことばかりの時間ばかりでも
かなわんが、やはり人生の本質はシンドイ事を経験してこそ、
つーことを改めて考えさせる・・・。

・・・・・・

ネット時代の今日、パソコン相手ばかりの人間も増えた。
(最近の私もそう。)

戦争や天災に遭遇する不幸に時に巻き込まれることも、その
人生の本質を見極めんとするよすがになり得る(ならざるを
得ぬ?)ことやも知らん・・・。

それを幸せというべきか、れともそうでないというべきか
私にはいまだにわからん・・・。








[PR]
by mana1563 | 2015-01-31 20:42 | Comments(0)

ひとまずホッとした日本人

イスラム国の人質事件は膠着状態の模様。

小泉内閣の時のイラクの高遠さん事件の時のように日本政府の力はまったく
及ばず、

ひとえに後藤さん自身の「自分で自分を助ける人格の力」とイスラム国及び
ヨルダンの慈悲に頼るほかはなく為すすべは無い。

・・・・・・・

今一人の人質であった湯川某なる火事場泥棒がイスラム国によって殺された
ことに多くの日本国民はホッとしている。

太平洋戦争中の大陸での「慰安所経営」などはまさしくこの湯川某のような
人物によって行われたのであろう。

先に殺されたのが後藤さんであったなら、湯川某にこれほどの助命救援嘆願・
要求があったかどうか。

・・・・・・・・

ヨルダン人が自国のパイロットの釈放を優先させよ、つーのは当然のことだが、
彼らの「英雄」扱いには首をかしげてまう。

歩兵と違って現代のパイロットは、戦場にあっても殆ど安全な地点からゲーム
機を操作するのと変わらぬ仕事?をするだけで、かってのプロペラ機の時代とは
わけが違う。

このヨルダン人パイロットは、撃墜されたのではなく操縦のミスによって失速
墜落してイスラム国の捕虜になったとの米軍の公式な報告もあるようである。

爆撃目標は、イスラム国の軍事施設や石油基地であったろうとは思うが、もし
万が一、イスラム国の言うように空爆によって民間人が死んだのであれば、彼は
殺されても止むを得まい。

太平洋戦争中に愛知県に飛来したB29が多くの日本の民間人を爆撃によって無差
別に殺した際、撃墜だか故障だかで墜落したB29の乗員を、日本軍が裁判によっ
て斬首したことがあった。

戦後、その地域の司令官であった岡田中将は、捕虜虐殺の戦犯として絞首刑となり、
(大岡昇平の「ながい旅」で描かれ、藤田まこと主演でドラマ化された。)

あるいは逆に1945年3.1東京大空襲で、無差別爆撃を行って10万人の民間人を焼
き殺したアメリカのルメイ司令官は、こともあろうに戦後日本から叙勲されたり
と、戦争にはわけのわからんことが多いが、

イスラム国に宣戦布告したヨルダンの軍人が、捕虜だから釈放せよなんつーのは、
テロ犯の釈放要求と何ら変わりあるまい。

民間人と軍人を区別することは当然である。

後藤さんは場数を踏んだプロのジャーナリストではあるが、無論軍人ではない。
たとえ、イスラム国入国の際、自ら自己責任論をぶったとしてもヨルダン人
パイロット(=雲の上で、死の危険のない軍人)と同列に扱われるべきではない。

・・・・・・・・・・・

れにしても・・・、

アラブ民衆の間に、1972年の日本の若者によるイスラエル、テルアビブ・ロッド
空港乱射テロ事件の記憶がなければ、後藤さんはとっくに殺害されていたろう。

皮肉なものである。

何の罪もないイスラエルの26人もの民間人を無差別に殺害した、数十年前の日本
人によるテロ事件が、今もなおアラブ中東地域のいちばんの親日感情の原因であ
るのは疑いない。

今回の事件、我々はただただ見守るより他あるまい・・・。
後藤さんが、自分で自分を助けてくれることを祈ろう・・・。













[PR]
by mana1563 | 2015-01-31 16:38 | Comments(0)

日本人のエゴにはヘドが出るわい イスラム国人質事件のこと

イスラム国に二人の日本人が拉致誘拐された事件。

戦争の混乱に乗じて一攫千金をたくらんだわゆる火事場泥棒の一人は殺された模様で、今一人の日本人ジャーナリスト・後藤さんの安否や釈放をめぐって日本中が大騒ぎ。

この御仁は立派なヒューマニストであるようで、テロリズムの犠牲になるにはあまりにも惜しまれる。

が、ご自身がイスラム国への入国直前に「自分の身に何があってもその責任は全て私
自身にある。」と動画の中で覚悟を述べておられた。

普段から危険な地域で活動している御本人のあらたまっての覚悟の吐露である。
ヤジウマの日本国民はただ黙って推移を見守ればよいのではないか。

それをこともあろうに、テロリストの要求どおりに外国(ヨルダン)でのテロ事件の犯罪者との交換を期待するような人道を外れた多くの日本人のヤジウマ達の感覚にはヘドが出るわい。

テロで犠牲になったヨルダン人の命は、日本人の命と比べるとゴミ同然なのか。

いったい、日本人は何様のつもりか。

2020年オリンピック誘致で、「日本人のこどもたちだけに夢を与えたい。」と
金に任せて最有力であったトルコの子どもたちの夢を奪っただけではまだ足りないというのか。

中近東の人々をバカにするのもエエ加減にせんかい。

数年前に、イラクで誘拐された高遠さんの時には、「自己責任論」で政府も世論も一色だったが、今度はそうではないのか?? はあ?

どいつもこいつも身勝手な意見ばっかし言いやがって。

日本人のエゴイズムここに極まれりだわい。

低劣な人間性の日本人がぎゃあぎゃあ騒がずとも、高遠さんの時と同じく、後藤さん
も「自分の人間性で自分を助ける」だろう。

そもそも、中東アラブ世界で日本が中立的な立場で居られるのは、岡本幸三のロッド空港テロ事件が一番のお陰であることを忘れるな !

(テロには反対の態度を表向きは取って日本赤軍を非難しながら、実はアラブ世界と の友好に最も功績のあったのが彼等であることを知っている殆ど全ての日本人!)


もし、後藤さんが犠牲になったなら、それはトルコやヨルダンの人々を人間と思わぬ
内地のヤジウマ日本人全体への天からの見せしめつーことだ。

エゴイズムのかたまりのような日本人にその死を嘆く資格なんぞゼロだ。

昔、故佐藤栄作首相が「非核三原則」によって、ノーベル平和賞を授与された際のわれわれ日本国民の後ろめたさと 面映さ・・・えーっっ・・・。(-_-;)

あさましきかな日本人 !!

























[PR]
by mana1563 | 2015-01-27 10:19 | Comments(0)

原発輸出して責任取れるんかい 

ハトポッポ及びアホ菅の民主党政権のベトナムへのそれから始まって、
発展途上国への原発プロジェクト輸出が、アベちゃんの自民党政権に
なっても次から次へと・・。

トルコ、アラブ首長国連邦、ヨルダン・・・


チェルノブイリやフクシマのような事故が起きた際の処理はもとより、
仮に一切の事故が起きないとしても、日々生み出される使用済み核燃
料の処理問題や、数十年後に必ずやってくる廃炉の処理はどうするん
じゃい。

契約書には、それらは全て日本が責任を持って請け負う、つーことに
なってるんじゃろうけど・・。

日本にある原発の廃炉問題はおろか、数十年前からの原発稼動開始以来、
未だに使用済み核燃料の処理場さえ決められないのに外国の分まで引き
受けるつーわけだ。

アホウ !


毎朝、ゴミの収集車は来るし、バスも電車も時刻表どおりに動く。
道路の信号も無人で作動するし、救急車も警察も消防車もちゃんと来る。

日本に、総理大臣なんて別におらんでもエエわな。
たたみ、もとい、むしろ格差拡大をあおるようなアベちゃんなんておら
んほうがエエわい。 

レオナルド熊さんや、花紀京さんが総理大臣ならどんなにエカッタかのい。
坂田利夫さんか岡八郎さんもエエなあ・・・。


071.gif083.gif060.gif056.gif070.gif





[PR]
by mana1563 | 2015-01-18 14:02 | Comments(0)

原発誘致自治体が、使用済み核燃料を引き受けるのが当然である

少し旧いニュースになるが、福島第一原発のある双葉町が使用済み核燃料の
中間貯蔵施設の建設に同意したそうである。
あたりまえなことである。

最終処分場も双葉町に建設すべきであろう。


人間、人を殺したら無期懲役刑か死刑の判決を受け、それに従うのが道理。

原発を誘致したなら、その後始末は自分で行うべきである。
(美味いものをたらふく食ったなら、せめてウンチは自分の家でやれよ。)


双葉町の自然を汚したのは、金に目のくらんだ浅はかな町民自身である。






[PR]
by mana1563 | 2015-01-18 13:35 | Comments(0)

フランス人のバカさ加減

先日のテロ後のフランス社会は、「フランスの価値を守れ」一色。
被害を受けた新聞社は、イスラムへの誹謗中傷を止めない。

この感覚の鈍さには今更ながらに唖然。

さもありなん。

でなければ、16世紀から現在に至るまでのアジアアフリカへの苛烈な
植民地支配は継続できなかったであろう。

あんなのが表現の自由??? 哂わせらあ。

ふんとフランス人はアホ。
ヨーロッパの中で、イスラム国に参加する若者がいちばん多いわけだ。

子どもの頃に飼っていたニャンコが、道に落ちていたフランスパンを
においも嗅がずに跨いで通り過ぎたこともあったっけ。

日本人も、フファッション界は言うまでもなく、音楽やら舞踏やら伝統
芸能やら、エエ加減にパリでの公演にあこがれるのは止めにしな。

あいつらは、「トレビアン !」って言うしか能がないのじゃから。

フランス人のつーのは、仮に私が道端に点々と落ちてるワン公のウンチに
「禅的な宇宙を感じる」と言ったら、「トレビアン !」の反応しかないアホ。















[PR]
by mana1563 | 2015-01-14 12:45 | Comments(0)

暖かい冬を過ごすために・・・

この冬は暖冬なんだそうである。

が、寒がりの私は、石油ヒーターとエアコンをつけっ放しにし、靴下を履いて
ドテラを着てオツムからすっぽり毛布をかぶって寝ている始末。

昨年、このブログ上で提案した、カレンダーの1月と3月を45日にして、さぶい
2月を無くするアイデアも残念ながらどうも採用されそうにはない。

早いとこ菜の花や桜の季節が来んかなあと指折り数える日々である・・・。


冬の気温が5℃とはいわずともせめて2℃か3℃上がっただけでも我々の冬場の
暮らしはとても快適になるだろう。

それには、日本の自動車の保有台数を現在の2倍以上に増やし、エンジンからの
排気熱によって大気を暖めることも一つの方法であるし、昨今流行の省エネ車とか
排気熱の少ない軽自動車のような小さな車を禁止して、排気熱の大きな中大型車を
奨励することもよいであろう。

さらに一日当たり原爆100個分の熱量に匹敵するといわれる排気熱を発生する
原発をすべて再稼動させれば日本近海の海水温の上昇につながって日本列島の
温暖化に資する。

春先の大陸からの黄沙現象を待つまでもなく、目下悪者扱いのPM2.5の充満した
大気が日本に流れてくれば、日本上空のシベリア寒気団をさえぎってくれるであ
ろう。まあ、これは神頼みではあるが・・・。

あっ、それから、東京等の大都市が田舎に比べて気温が高いのは、エアコンが
人間のように酸素を吸って二酸化炭素を吐き出すからつーことではないのだぞ。
エアコンの廃棄熱つーのは夏でも冬でも暖かいのだぞえ。誤解するでないぞ。

まあ、何にしてもさぶいのは体には良くない。おお、さぶーっ。041.gif011.gif

そうだ、かっかと腹を立てて熱くなるのもええかも・・。
「マッサン」の中島みゆきの歌、なんじゃい、こりゃ! 軍歌だわい。ひでえ歌。
ドタマにきて私はいつもラーメン鍋をTVの画面に投げつける。

・・・・・・



「時事放談」の浜規子とかいう同志社大学の「むらさきの君」はエエね。
この御仁の意見には私はすべて同感。他にええのは片山元鳥取県知事。
増田元岩手県知事なんてつまらんことしかしゃべらんのは出すな。

(そういえば、藤井元財務大臣が番組の中で突然、ぼけて?言語障害に
 なって、びっくりこいた。あれだけ博識で弁の立つ人が、言葉が出ず、
 他の人がしゃべっている時は、茶菓子をむしゃむしゃか居眠り。次は
 もう無理じゃろう・・・。)

インフルエンザの後遺症でノドの具合がよろしくない。
TVのイタリア紀行番組でホセ・カレーライスの「オオ、ソレミタコトカ」
つー民謡が流れたので唱和しょうとしたのだが、高音が出ない。ううっ。
(低音は出せるので、名曲「浪曲子守唄」の方はOK。)

じゃあ、股・・・。
エエ棚を ! 073.gif







[PR]
by mana1563 | 2015-01-13 13:06 | Comments(0)

栗きんとんの美味なる事

独り身のわびしさ、この十年来つーもの私は正月に、いわゆるおせち料理なるものを
食べることがない。

餅は田舎から送ってくれるのだが、それも煮たり焼いたりするのが面倒で、いつも
かびさせてまう始末。

重箱入りのおせちは、スーパーで買ったり会社から支給されたこともあるが、冷たくて
味気ない。(まあ、おせちつーのは元来日持ちを良くする為に冷たいのが普通であるそうなのではあるが。)

れに、現代人たる私の味覚からは程遠く、あんまし美味しい料理でもないし。

が、唯一美味しいのはクリントン、もとい、栗きんとん。
今年は無性にそれが食べたくなって、名前の巨大な小さな安売りスーパー、
「ビッグA」に行っておせち料理の単品が並べてある棚から栗きんとんだけを
買ってきた。

家に帰るなり食べた。

! な、なんと美味しいことよ !! 049.gif 
あごが外れそうなほど、鼻がもげそうなくらい美味しいぞよ !!!

083.gif 056.gif 070.gif 060.gif









[PR]
by mana1563 | 2015-01-03 09:35 | Comments(0)

竹中平蔵が日本を滅ぼす  - 人間の不在 -

アダム・スミスの「諸国民の富」やカール・マルクスの「資本論」等の古典に
見られるように、経済学者が自分の学説を構築してそれを世間に開陳公表する際、

たいていの場合、経済用語の概念についての自己流の解釈の説明をする。
「経済とは何か、労働とは何か、利潤とは何かetc・・・。」

経済学つーものが人間の毎日の生活と密接に関連する(せざるを得ない)学問
ゆえである。

マルクスの「資本論」の人間認識には、哲学者フォイエルバッハの資本主義社会
での労働による人間疎外論が強く影響していることは誰しも知るとおりである。

身を以って工場労働を体験した哲学者シモーヌ・ヴィーユや日本のジャーナリ
スト鎌田慧などのそれなどは、まさに我々に身近な感覚といってよく、読んで
ただただため息をつくばかり・・・。

・・・・・・・

大概の人間は仕事をして収入を得られなければ生きてゆけぬ。よって、就職活
動をして、先ずは会社に入り収入を得る。

が、たといその職場が志望の働き口や職種ではなくとも、或いはその中のある
行為が自分にも会社にも一銭たりとも利益にならないとしても、人間にはその
種の利害を超えた「こだわり」のようなものがあって、つい余計な労力を費や
してしまうものである。

掃除夫の徹底したトイレ掃除や主婦のなべ底磨き、或いは会社や工場の敷地を、
それこそ禅寺の庭かと見まごうばかりに落ち葉一葉も洩らさず掃き清める会社
経営者の姿がそれである。

私は、以前首都高速道路の建設の警備のアルバイトをやったことがあるが、そ
こでも高架橋の下からは全く見えない部分のコンクリートを、完成した後も何
時間も無理な姿勢で布やすりで磨いている職人を見たことがある。「こだわり」
なのであろう。

人間とはそういうものである。

この種の「こだわり」は、人間の労働を単なる報酬欲しさの行為としか見ない
新自由主義経済学者連中には理解の外である・・・・。

・・・・・


年末に、来年度の税制改正の大綱が公表された。

新自由主義経済路線のアベノミクスの特徴が如実に顕れた改正案である。
以前決めた資産格差の解消を狙っての相続税の増税策は、今回の親から子への
贈与の際の非課税枠の拡大によって、実質的に効果がないものになってしまい、
格差の拡大そして固定化に資するものとなってまった。悉くしかりである。

感想を問われた竹中平蔵慶大教授。
 「経済全体を良くするのに、全員が良くなるとは限らない云々・・。」

絶句・・・。

・・・ こうゆうおよそ人間の生活者の存在を忘れ、経済学を単なるマネー・
ゲームとしか認識しない経済学者が、小泉政権以来十余年に亘って日本の政権
に影響を与え続けていることの不幸。

ハイエクやフリードマンのおよそ人間性のかけらもない経済理論を妄信して、
天地ほどの違いのある日本の社会にアメリカからそれを持ち込んだ竹中平蔵の
暗躍・・・。


このたびの8%から10%への消費税アッブの見送りは、新自由主義経済学とは
対極にあるノーベル経済学者クルーグマンの意見に、アベチャンが恐れをなし
て決断したものであるが、竹中教授はじめアベチャンの取り巻きは新自由主義
路線信奉者ばかりである。

今の日本、「格差」が拡大固定して、新しい「階級社会」「身分社会」が現れ
つつある。

これでは、「神」の前では誰しも等しく平等だと説く「イスラム国」のほうが
ずっとましではないか?
 ↑
これは飛躍した極論であるにしても、現在の政治家権力者連中が「まつりごと
=政治」のイロハである富の偏在を是正するどころか、現状を追認し、格差拡
大を見て見ぬふりをするやりくちがこのまま続けば、いわゆる「人心の荒廃」
によって国民、特に若者の心がふつうではなくなっていくであろう。

その時こそ、どんな時代おいても一体性を誇った日本民族が、二千年の歴史上
めて内側から瓦解していくことになるであろう。

まあ、そのことを計算しつくした上で、アベチャンや竹中平蔵たちはその不満
鬱積を外に向けさせるべくいろいろと手を打っているようではあるが・・・。

どうにもならん・・・。





[PR]
by mana1563 | 2015-01-02 12:09 | Comments(0)