何とか生きておりまする・・・ (^^ゞ
by mana1563
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
記事ランキング
以前の記事
2017年 06月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
最新のコメント
我欲五輪は「ろ・く・で・..
by 我欲都民 at 21:35
心にもないお悔やみふんと..
by mana1563 at 09:55
あべたんも、放射能が、「..
by ぽんすけ at 15:21
ユーチューブの映像のアッ..
by mana1563 at 09:49
ああ、コメントどうも・・..
by mana1563 at 15:29
ブログ拝見いたしました!..
by きょうこ at 19:00
とても魅力的な記事でした..
by 職務経歴書 at 09:33
桜の8分咲きの頃から、数..
by mana1563 at 11:48
夏目君は、体が弱いとこが..
by mana1563 at 14:28
ホントにその通りと思いま..
by naoki kune at 22:49
検索
タグ
(1)
画像一覧


<   2014年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Eテレ「知の巨人達」を観る

録画しておいたEテレのTV番組「日本人はどこへ行くのか~知の巨人達」を
三つ続けて観る。チカレタァー。

一本目は湯川秀樹。二本目は丸山真男。三本目は司馬遼太郎。

湯川秀樹博士の篇は、主にノーベル賞受賞後の原発開発に利用?される湯川
博士の苦悩と反核の姿勢を描いている。

原子力委員会メンバーとして、正力松太郎や中曽根康弘達に孤軍奮闘してい
る様子は、博士のことを、これまで単に核を積極的に利用すべしつー考えの
持ち主であると誤解していた私には耳からカサブタの驚きであった。

私は、湯川博士のアインシュタインなどとの共同平和アピールなんぞは、偽
善のパフォーマンスだとかねがね思っていたのであった。


二本目の丸山真男。

(私は右でも左でもないのだが)、保守思想家の福田恒存や西部進などが著
作や発言で、やたら丸山真男を揶揄嘲笑するのを随分見てきたせいか、彼の
著作物にほとんど触れてもいないのにこの人物は、よくいるアホのいわゆる
左翼的文化人の一人に過ぎぬとずっと思っていた。

でもない・・・。
姜ちゃんが尊敬する知識人であるのも頷ける・・・。


三本目は作家の司馬遼太郎。

私はこの人の著作物は五、六冊読んだことがあるが、つまらんつー印象しか
ない。
(NHK大河ドラマの「竜馬がゆく」もつまらないものだった。)
近年の竜馬ブームには私はウンザリしていた。

が、戦時中の若い頃に学徒動員で戦車部隊に入れられた際の入営体験や彼の
思索歴
のことを初めて知って少し軽はずみで表面的な評価だったのかとも反省・・。

彼の体験 - 本土防衛の為、栃木県の基地に配属された際、上官に質問し
た。
「東京に敵が上陸すれば国民は北関東に大挙して避難すると想定されますが、
その際我が戦車部隊の南下の障害となるのでは?」上官「国家の為、そんな
ものは踏み潰して進軍せよ。」
 この答え、国民を守る為の軍人が、国民、それも弱者の女子供を邪魔だか
ら殺せ、つーのに疑問を感じた若き司馬は、こうゆう軍人を生み出した日本
の近代そのものに疑問を抱く。

沖縄戦の際、日本の軍人のふるまいを間近で見た大田昌秀が、日本国家およ
び日本人について認識を改めたことと似ている。

ガダルカナルやノモンハン、沖縄の戦いでの日本軍の作戦を含めた愚劣さや
非人間性に司馬は絶望する。十年も取材したノモンハン事件のことを、その
あまりの無残さに小説を書けず、「我々の仕事は空しい」とさえ。

そして民俗学者宮本常一にならって日本中、世界中を歩き、その土地に生き
る住民の生き方に救われるのである。(といってよかろう・・。)

・・・・・・

私は、いわゆる知識人とか文化人の類を批判する際には、なるべくあらかじ
めその人物の著作物を読むように心掛けてはいるのだが、上記の三人は、
半知半解どころか、その片鱗さえも知らなかったと今回大いに反省した次第。

次回は一月の十日、「吉本隆明」が放送される。是非観なっくっちゃあ・・。


都会の一人暮らしでは、お盆休みは単なる夏の休み。正月休みは単なる冬の
休みにしかすぎないのだが、こうしたTV番組を観られると、「エエ正月休み
じゃったわい。」つーことになる。045.gif

クリスマスの頃から、岩波の「座談会・明治大正文学史」全六巻も読み始め
てこれも頗る面白い。知識欲なんてやっぱし年齢は関係せぬようだ。チンポ
コは立たなくなって久しいのに不思議なものよ。037.gif

じゃあ皆の衆、

エエお年寄りに !!















[PR]
by mana1563 | 2014-12-28 08:59 | Comments(0)

~させていただく・・・

夕方のTV番組。最近はびこる乱れた日本語を脚本家の内館牧子さんが批判。

「あんまり大目に見ていると、いつか行き着くところまで行くのじゃないかと・・。」

そのとおり。
女子高生が、ぶりっ子言葉を日々使い、いつかそれが身についてまって、自分の進路を
狭めてしまうことが現実の問題としてある。

まあ、自業自得ではあるが、次の事例にはびっくら仰天。

中国の戦闘機が、領空侵犯をしたかあるいは、自衛隊機に異常接近をした時であったか
忘れたが、この件についての「コメントを求められた岸田外務大臣、
「早速、中国大使を呼んで厳重に抗議をさせていただきました。」

あちゃぁ・・・025.gif

岸田氏は自民党のかっての政策集団(派閥)の流れを引く岸田派の領袖。将来の
首相候補と目されている御仁である。

私は、この人物のことは良く知らぬが、あのハトポッポの「トラスト・ミー」と
同じく、この「~させていただく」発言をもって、岸田総理の誕生には絶対に
反対である。日本語のイロハを知らぬ首相なんぞもってのほかであるわいな。





[PR]
by mana1563 | 2014-12-07 19:19 | Comments(0)

消費税のこと

現在八%の消費税が十七年四月には十%に上がる。
その際、連立与党の公明党は低所得者対策として軽減税率の導入をするとの
公約をしている。(食品関係は今の八%に据え置くつーことである。)

今朝の朝日新聞の社説に
軽減税率の対象品目の線引きが難しく、税収が四分の一減ることや、富裕層も
その恩恵を受けることになることなどを挙げて軽減税率導入には反対、とある。

・・・・・・・

そもそもの最初の消費税導入時から、ヨーロッパのように食品は無税つーことに
しておけば、税率をあげるたんびに、事務的な費用が嵩み、労働量が膨大になる
なんぞの問題(→軽減税率導入反対の言い訳)は起きないで済んだのであるが、
ま、後で。

・・・・・・・

ものごとには、「決まり」つーものがある。

わが国では選挙権は二十歳以上、普通運転免許は十八歳以上。どんなに政治参加意識
が高かろうと運転の技術が優れていようとその権利を得ることは不可能。

大学に入るには、高卒あるいはそれと同等と認められる学歴が必要である。

医者にかかって、その治療費の減免を受けようとする場合には健康保険証が必要
であり、何かしら新しく店を開いたり、会社を起こす際にはそれなりの資金等の
条件が必要になる。

国民が生活していく上で「決まり」は絶対的に必要なものである。いわば法律や
規制つーよりも半ば生活上の常識と化しており、国民に不満はない。

消費税における軽減税率もそういうものと捉えるべきもので、それ(決まり→
常識)の適用、は国家国民の財政的経済的側面であろうと同じだと考えるべきな
のである。


(公明党のように根拠のあやふやな八%を基本とする)軽減税率なんぞではなく、
主食の米だけを完全な無税とすればそれでエエ

金があるからといって、金持ちが貧乏人の五倍、十倍米を食べるわけではないので、
さしたる不平等感は残らぬし、いわゆる品目の線引きの問題は一切起きない。

「時事放談」での藤井元財務大臣なども、今朝の朝日新聞も低所得者対策として、
軽減税率よりも臨時給付金の支給がバターである、としているが、麻生政権時の
円高差益?給付金支給の際の膨大な事務量を考え合わせてみても、それがさほど
簡便な方法だとはいい難い。
(選挙時に臨時の勤務で七百億円かかるように、公務員への残業代の支払いは
 莫大なものになるだろう。)

ついでに・・・。

「時事放談」でのゲストにはインパクトのある識者を呼んでもらいたい。
片山元鳥取県知事や、むらさきの君経済学者はグーである。

増田博也元岩手県知事はありきたりの意見しかないのでつまらん。

昔の時事放談、藤原弘達と(ちょっとアホだけど)細川隆元の頃が懐かしい・・。








[PR]
by mana1563 | 2014-12-07 15:33 | Comments(0)

赤サンゴ密漁事件における日本メディアの責任

小笠原諸島周辺海域での中国漁船による赤サンゴ密漁にわが国はまったく
対応策を取らず傍若無人の中国漁船のなすがままであった。

政府の対応もさることながら、れ以上に合点がゆかぬのは、日本のメディアの
対応であった。「客観的」に事実を報じるのみで、中国漁船の行為を非難する
メディアはほとんどなかったのである。

何で、(特に新聞社は)海外向けにこの赤サンゴの密漁の批判のキャンペーン
記事を張らなかったのであろう。

日本政府とメディアが(それぞれ独自でもエエが)一体になって、日本の
サンゴ漁と中国漁船のそれとの漁のやり方の紹介を含めてキャンペーンを
張れば、軍事力の威嚇・行使を必要とすることなく中国漁船は直ちに密漁を
止めたであろうに・・・。





[PR]
by mana1563 | 2014-12-07 10:14 | Comments(0)

消えていく政党。やっぱしねぇ・・・。(^o^)/

今回の選挙前に「へんなの党」が消滅。

「アジェンダ」なんて、わけのわからん言葉を使ったのが原因である。

私は渡辺前代表が「アジェンダ」つーたんび、気持ち悪くて背中がもぞもぞ
したものであった。

試みに、街頭で誰かに聞いてみよ。「アジェンダって何のこと?」
答えられるものは一人もおるまい。

日本人なら日本語を使わんと駄目よ。


・・・・・・


「新党改革」とかいう泡沫政党の代表。今朝のNHK・TVの討論会で、
「アベノミクスは正しい。」とのたもうた。本家の自民党のびっくら
するほどのヨイショぶり。

選挙前の自民党入りが失敗したんかねえ。こんなのNHKに出すでねえだよ。
番組の時間のムダ。




[PR]
by mana1563 | 2014-12-07 09:49 | Comments(0)