何とか生きておりまする・・・ (^^ゞ
by mana1563
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
記事ランキング
以前の記事
2017年 06月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
最新のコメント
我欲五輪は「ろ・く・で・..
by 我欲都民 at 21:35
心にもないお悔やみふんと..
by mana1563 at 09:55
あべたんも、放射能が、「..
by ぽんすけ at 15:21
ユーチューブの映像のアッ..
by mana1563 at 09:49
ああ、コメントどうも・・..
by mana1563 at 15:29
ブログ拝見いたしました!..
by きょうこ at 19:00
とても魅力的な記事でした..
by 職務経歴書 at 09:33
桜の8分咲きの頃から、数..
by mana1563 at 11:48
夏目君は、体が弱いとこが..
by mana1563 at 14:28
ホントにその通りと思いま..
by naoki kune at 22:49
検索
タグ
(1)
画像一覧


<   2014年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

オバマが不人気のわけ

最近のオバマ大統領は、所属する民主党支持者からも不人気の模様。

ケネディ(民主党)や、レーガン、ブッシュ(共和党)のように
新たな戦争を起こさぬからである。

戦争を起こせば、いわゆる戦争特需が起きて、好況になり、軍需関連
産業で働く労働者(その多くは民主党支持。)の待遇が改善されるのは
明確であるのに、オバマはクリミアでもシリアでも戦争を起こさない。

言い換えれば、オバマは史上初めて「アメリカ的な資本主義」を理解しない
大統領なのである。


余談:
日本ではどちらかつーと、共和党よりリベラル?な印象のある民主党の方が
人気がある。だが、民主党の支持基盤はブルー・カラーの労働者である。
裕福でない労働者つーのは、必然的に対外的には金のかかっても見返りの無い
融和政策よりも、見返りのある戦争を好むものである。

ついでに。
一般に、労働者つーのは「左」「左翼」に色分けされる。
が、通常「右」に色分けされる裕福な家庭の人間は、ファッションとして左を好む。
リベラル・進歩的であると云われることが、快感であるからである。


わかりやすい例二つ挙げよう。

神奈川県人つーのは、非常に軽薄な人間性を持っていて、常に
目新しいもの好みや過度な欧米コンプレックスにその意識が支配されているが

その典型的な例が、今日、回復しようのないほど日本人の評判を貶めた
「河野談話」の主、河野が党首の新自由クラブを熱狂的に支持をしたこと。

あるいは、逗子市の池子の森に米軍住宅が建設されようとした際、自然保護を
叫んで当初は反対したが、結局はそれを容認した一例。
 ↑ この件では、しょせん金持ちの暇つぶしつーことが如実に顕れた。
米軍の住宅は、自分達と同じ階級の将校向けのものだったので容認したのである。
もし住宅が一般兵士向けのものであったなら、徹底的に反対したであろう。

横浜のある神奈川県人には、開明思想つーと聞こえはエエが、実は度し難い
奴隷根性が抜き難く今でも存在する。

小泉元首相が訪米した際に、映画で兵隊姿で歌ったプレスリーの歌を猿真似
して、さすがのブッシュ大統領も困惑したことがあったが、それくらい欧米
へのコンプレックスが刷り込まれている県民性である。

おまけ:松沢茂文元神奈川県知事が「嫌煙条例」なるものを議会に上程し、
制定されたことがあった。石原慎太郎元東京都知事の「ディーゼル排ガス
規制条例」を真似たのである。
が、「ディーゼル規制」は、立派な政治だが、「嫌煙条例」なんてギャグ
である。

松沢氏は今は国会議員であるが、先日TVで、皇居内にある江戸城の天守閣を
復元させて展望台とし、海外の観光客を呼べば経済活性化に資するのでは、
なんてバカな提案をしておった。ふんとアホ、典型的な神奈川県人。041.gif

れ、何だか話がそれてまった・・。m(__)m

ふんじゃあ、エエ日曜日を ♪










[PR]
by mana1563 | 2014-11-30 11:24 | Comments(0)

党首討論。 小沢一郎、認識は正しいのになあ・・。

TVの選挙前の党首討論。

冒頭、アベノミクスの評価を各党の党首が。

生活の党の小沢一郎曰くー
「経済政策云々以前の、基本的なあるべき政治家として考えるべき事は、
 資本主義社会における政府の立場は、放っておけば弱肉強食の野放図な
 社会にならぬよう、エエ意味での規制を怠ってはならない。
  小泉内閣以来の「新自由主義経済路線」は間違っている云々・・・。」

ったく、そのとおりである。100%正しい。
消火をしない消防であるなら、消防制度は不要であるし、犯罪を予防・摘発
しないのなら警察は不要であるのと同様、

貧乏人を利用して富んでいく資本家がいるなら、その活動を規制することは、
重要な政府の役割である。


こうした認識を持つ小沢一郎が、なぜ実質的に最高権力者であった民主党の
幹事長時代に、まともな政治をやらずに、

数々の子どもじみた振る舞い(来日した習政治局員への強引な天皇陛下への
謁見の強要や、200人の国会議員を引き連れての北京詣。あるいは放射能が
怖さに地元岩手に足を運ばなかった事等。)をやったのか、実に理解不能。
(これが、石原慎太郎にとことんバカにされた原因だろう。)

今回の総選挙で、おそらく生活の党は、消滅するか、よくても比例に一名、
かろうじて議席を確保できればエエ方であろう。

アジェンダとか何とかのあのわけのわからんスローガンの言葉を使った
渡辺善美の「へんなの党」と同じく、結局は「生活の党」も、小沢の私党に
過ぎなかったつーことである。

その優れた歴史・政治認識のエエ面を行使しなかった全責任は小沢一郎にある。
消滅も止むを得まい・・・。









[PR]
by mana1563 | 2014-11-30 10:40 | Comments(0)

人生の「評価」について

画家のヴァン・ゴッホは、「生きることは苦しみだ」と言って死んだ。

作家の森鴎外の死に際の言葉は、「つまらん」だったそうな。

ゴッホの生涯は、苦しみだらけの連続で、鷗外の人生はつまらないもので
あったのだ。私は彼らに、憐れと同情を禁じえない。

後世の人がどんなに持ち上げて、時には神様扱いし歴史にその業績を刻もうと、
死んでまった本人に何の関わりがあろう。

人がその人生で、何物をも創造せず、同時代の社会に対して何らの貢献を為さずとも
その終わりに際して「ああ、幸せな人生だった。」と納得して死ぬこと、すなわち
「自己満足」して死ぬことこそが重要なのであって、

決して、赤の他人の評価(後世なんぞのそれはもとより)が、自分の人生の評価に
必要なものではない。

自己の人生は、自分自身で評価すればそれでエエのである。

人生は「自己満足」に尽きる。

人それぞれが、「何」を思って死んでいくのか、そんなこと誰にもわかりようは
ない。

私は幸せな人生をこれまで送ってきた。たぶん、死ぬまでそうだ。

ゴッホや鷗外のような人生でなくて、つくづく幸せだと心から思う・・。

ああ、幸せだ。幸せだ。私はとことん幸せだ。

くそったれ ♪  
















[PR]
by mana1563 | 2014-11-24 12:53 | Comments(0)

ゆるせない笑顔について

オリンピックに参加するも、競技直前のドーピング違反や規定体重違反で
追放・失格となって、帰国した空港で見せる爽やかな笑顔・・・。
「えへへ、失格しちゃいましたぁ ♪」

エアロビクス選手権での競技中の選手の爽やかな笑顔・・・。
 ↑ 
一週間の便秘で、トイレでウンウン唸りながらも、「笑顔!」「笑顔!」と
ニッ、イヒヒヒと爽やかな笑顔になる私と、いったいどこがちゃうん??
(食事中にTVを観るのは、止したほうがエエと思う・・。)

スキー場や遊園地の落成式での北の金正恩の笑顔・・・。


ニッ、いひひひ。エエ棚を ♪

■■■□











[PR]
by mana1563 | 2014-11-17 13:13 | Comments(0)

政治とそうでないものについて

石原都知事がやろうとした、異なる運営会社の地下鉄路線が同じホームを使う
のに、真ん中を壁で隔てられていたのだが、その壁を撤去してホームからすぐ
相互に乗り換えられるようにしたのは、政治。(乗り換えに一旦改札口を出なくてはならなかったのは、呆れんばかりの非効率。)

猪瀬都知事がやろうとした路線バスや地下鉄の24時間稼動化なんぞは、およそ
政治ではない。
人間の生活の24時間化自体が、およそ非人間的な現象で、政治家たるもの
(ましてや文人政治家ならなおさら)最近の日本社会のこの非人間的風潮に
抗すべきである。


石原慎太郎都知事のやった、ディーゼル排ガス規制は立派な政治。

松沢茂文神奈川県知事がやった、嫌煙条例は、ギャグそのもの。


慎太郎の亜流は、ぜーんぶ駄目だね。









[PR]
by mana1563 | 2014-11-15 23:25 | Comments(0)

不思議なこと二つ(虫の知らせ?)

最近、ひょんな経験をした。

その一

民放のBS番組表で、偶然山田太一さん脚本の20年前のドラマを見つけて録画した。

東京下町の職人(指物師)一家の生活と、そこの息子の恋愛を描いたもので、
その相手つーのが大会社の重役令嬢で、結局結婚してまう。つーおよそ有り得ない
ような筋のドラマであったが、

その荒唐無稽ななりゆきとは別に、芸達者なベテラン俳優陣の演技が面白かった。

で、重役令嬢(主演?)に扮したのが、中川安奈とかいう女優さんで、私はこの
御仁のことを全く知らなんだ。

翌朝、新聞の訃報欄に写真付きで載っていたのには、実にびっくり。


その二

今日、郵便受けに、田舎からの宅配の不在票が入っていたので、久しぶりに
田舎に電話。

兄嫁「叔父さん、亡くなられたよ。今日、葬式なんよ。」
私、しばし絶句・・・。

つい昨日、書類ケースを整理していて、歳暮や中元を贈るたんび、いちいち
丁寧な礼と近況報告のハガキを寄こす、その叔父さんの筆まめさに感心しながら、
それらを読んだばかりのところであった。そのことを言うと、

兄嫁「虫が知らせたんよねぇ・・・。」


たしかに、ひょんなことってある・・・。












[PR]
by mana1563 | 2014-11-15 22:57 | Comments(0)

秋篠寺の技芸天像のこと

060.gif056.gif今ではおよそ考えられんことだろうけど。(ウフッ)

私が美少年の頃の話。

チャリンコで奈良大和を巡ってたことがある。

入江泰吉さんの写真集のそれに惹かれて、私は当然ながら秋篠寺に行った。

日に焼けた六畳間の畳の上で、しげしげと国宝の技芸天立像を観たものだ。

(当時はどこでもこんなものだった。斑鳩の中宮寺の如意輪観音像もたしか
 ぼんさんに200円払って六畳間で観た覚えがある。法隆寺の玉虫の厨子も。)


秋篠つー文字ですぐ思い浮かぶのは、皇室の秋篠宮のこと。
(エエ名前つけたものだ。秋篠つー響きはなんとも云えん。)

この秋篠宮の小せがれさん(何とか宮?読めん。)の幸せな表情をTVで見るたび、こっちまで幸せになってくる。エエ家庭だ。

皇太子のヒロ君も好きである。音楽と山歩きが好きなとこは、私とおんなじ。

やっぱし、おかあさんとおとうさんが、エエせいで、こんなエエ兄弟が
生まれ育ったのであろう。

そのうち、二人に将棋教えてやっからのい。♪ 056.gif075.gif056.gif068.gif









[PR]
by mana1563 | 2014-11-11 14:45 | Comments(0)

情報の過剰についてその他・・・。

普段、私はTVは、CMによる番組の中断がイライラするので、NHK専門。

ふつうのNHKとBSのNHK。

夜勤明けに、恒例の一杯をやると、お目覚めの頃なぜかいつも、火野正平さんの
「チャリンコ旅」。

この番組は、視聴者の人生のそれぞれの思い出の地を、チャリンコで火野正平さん
が訪ねて、そこであらためて視聴者の思い出の投稿をまさにその場所で読むのだけ
れど、

私は、いつもそこでぐっときて泣いてまう。

ふんとにエエ番組だ・・・・・・・。


・・・・・・・・

人を殺すことがいけないのは、あるいは人の死つーものが残念無念なのは、
その本人より以外(母親でさえも!)思い出すことができない「心の風景」
を永遠に消し去ってしまうからだ。


・・・・・・・・

毎朝、毎夕、私はチャリンコの高校生たちとすれ違う。

チャリンコを漕ぐ、その悩みのかたまりのような姿に、私はそのクソガキどもの
いじらしさに、「がんばるんだぞい。」とエールを送る。

「だあれも、みーんなそうなんだから。一人じゃないんだぞい。」と。

いじらしいのは、それぞれ家の事情を抱えている(推測だけど・・。)ことで、
公立校の生徒も私立校の生徒もそれぞれにその思いはシンドイだろう。

(ここで私は、「セン公」を尊敬する。あんた等はふんとにエライ !
 
 私がセンセイと呼ぶのは、「セン公」と医者だけだ・・・。)

・・・・・・・・・


酔っちまって何を書いてるんだか・・・・

もとい、もとい!

つまりだ。私はTVを見て、おそらくは16世紀の天才、レオナルド・ダ・ヴィン
チよりも1000倍の情報を日々得ているだろう。

でも、しかしだ。

この夏、88歳で死んだ親父のように、人の気持ちを、わが子の気持ちを忖度する、
ただ、わが子の気持ちを知りたい、つー人間は地球上にそうそうはいないのだ。

・・・・・・


私が、自分の触れ合った人間で唯一尊敬するのは、ふんとはセン公になりたかっ
たけれど、家が貧乏でそれがかなわなかった炭焼きの祖父だ。

いつもあのエメロン・シャンプーの三遊亭円右のようにニコニコと笑顔を絶やさ
なかったジイヤンが、朝日に手を合わせる姿をこの頃なぜかよく思い出す・・・。


ふんとに私は、とっても幸せな家に育ったのだとつくづく思う・・・。

(ちなみに、春のつくしのことを、我がふるさとの因幡の国では
 つくつく法師という。ま、西行法師のようなものじゃわい。)


アベノミクスつーのは、その根本から間違っているだよ。

何で、アベちゃんはビンボー人が憎いのか知らん・・・。

でも、人を憎んで何が楽しい ???
ウサを晴らして何が楽しい ???

今は秋で、透き通った腰が抜けるような青空が見られる・・・。

こんな幸せあっか ? ・・・・・・・・





























[PR]
by mana1563 | 2014-11-11 14:08 | Comments(0)

TVの消費税論議

朝、NHKの討論番組を見る。

消費税の、来春の10%引き上げの是非についての専門家達の議論。

「国際経済」の観点?から、と称して、アメリカ政府の御用学者と疑われ
ても仕方のない意見ばかりを言う女性エコノミスト。

そしてこの種の番組には必ずといってエエほど出てくる大田治子元
経済産業大臣。典型的な新自由主義者。

曰く「軽減税率の採用には絶対反対。それは富裕層にも適用されるんですよ。」
(富裕層が人の十倍の飯を食い、十倍のトイレ紙を使うかい!)

曰く「欧州において、軽減税率を採用していろいろな問題が生じてきています。
マクドナルド・ハンバーガーは、軽減税率の対象にするのかしないか、スーパーで
買ったハンバーグはどうなのか等、混乱するばかりでコストも時間もかかる云々。」
(「消費税の逆進性」つー性質による低所得層への配慮が、この太田には完全に欠如
 している。欧州各国ではどんなにコストがかかろうと、それを克服して、消費税を
 定着させている!)

曰く「政府に望みたいのは、財政の出の方ですね。社会保障費や(教育費)の
支出を構造的に改革しないと・・云々・・・。」
(そもそも消費税アップは、それらに充当するのが目的である。それを法人税減税
 の穴埋めや株等の資産者への減税の穴埋めに転用する(してきた)大田等の考え
 こそが異常なのである!)

この大田とか、NHKの特別番組「日本のこれから」に出てくる派遣会社の女社長
とか、NHKのコメンテーターやパネラーの人選が始めから偏っている。

ノーベル経済学賞のクルーグマンや、現代におけるマルクス主義?を説いて
一躍時の人となったフランスの学者(名前忘れた)のように、至極ふつう見方を
するエコノミストは幾らでもおるじゃろうに。

先日、亡くなられた我が郷里の大経済学者宇野弘文さんだって・・・。

「アベノミクス」は失敗どころの話ではない。はなっから、新自由主義路線で
あること自体が、方向それ自体が誤っているのである。

日本の人口の出産指数を今の1.4から、1.8に増やすなんぞと云っているが、
極々一部女性エリートやセレブを中枢に登用したところで、そんな目論見は
絶対に成功しない。

アベちゃんや、竹中平蔵や大田治子等が無視している、低所得・中間所得層の
女性の暮らしへの不安が解消しなければ、人口は減るばかりであろう。

金正恩やカダフィやブッシュやチェイニーや経団連の連中が幾ら富んでも、
国家は衰退するばかりなのである。

何で、こんな簡単なことがわからん。

「政りごと」とは、有るところから無いところへものを(有る場合には強制的に)
移動させて、みんなが幸福感を共有できるようにすることである。

その上においての競争・格差であればだあれも文句は言わん。

それは、たとえば秋の住民運動会の楽しさ、ああいうものが政治の究極の目的
でなくてはなるまい。




[PR]
by mana1563 | 2014-11-09 12:41 | Comments(0)

運動会について・・・

今しがた、TVで、ハードラーの為末さんが企画した東北の被災地、雄勝町の
被災民を元気付けるための運動会の顛末の番組を観た。

とてもエエ番組であった。(為末さんは、スポーツの効用を強調していたが、
私の見るところ、運動会成功のいちばん大きな原因は、為末さん自身の人間観
・人間認識の効用だろう。)

地域のコミュニティーを確認する行事や催し物は昔からいろいろあるけれど、
やっぱし運動会が一番かなあ。

村祭りも同様にエエものだが、時に伝統的な規律に縛られて窮屈な場合も
ある。(ま、そこが、エエつーところもあるのじゃがいも・・・。)

海外のことはよくは知らんが、日本各地で行われる秋の住民運動会のような
催しは(個別の競技会はあるだろうが)、たぶん世界に類例を見ないもの
だろう。

力自慢や運動自慢だけでなく、地域の老若男女がこぞって参加する「玉入れ」
競争なんて世界に誇るべきものである。

日本の秋の「運動会」は、日本の花火とともに、世界文化遺産に入って当然。

もし国際運動会のようなものが開催されれば、ナショナリズムのぶつかりあい
の擬似的戦争である、オリンピックよりも、一段と世界各国が競争する舞台に
相応しい。

歴史こそ「祭り」と比べると浅いかも知らんが、いわゆる「文化」つーのは、
こうゆう運動会のようなものを云うのである。



[PR]
by mana1563 | 2014-11-09 11:32 | Comments(0)