何とか生きておりまする・・・ (^^ゞ
by mana1563
記事ランキング
以前の記事
2017年 06月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
最新のコメント
我欲五輪は「ろ・く・で・..
by 我欲都民 at 21:35
心にもないお悔やみふんと..
by mana1563 at 09:55
あべたんも、放射能が、「..
by ぽんすけ at 15:21
ユーチューブの映像のアッ..
by mana1563 at 09:49
ああ、コメントどうも・・..
by mana1563 at 15:29
ブログ拝見いたしました!..
by きょうこ at 19:00
とても魅力的な記事でした..
by 職務経歴書 at 09:33
桜の8分咲きの頃から、数..
by mana1563 at 11:48
夏目君は、体が弱いとこが..
by mana1563 at 14:28
ホントにその通りと思いま..
by naoki kune at 22:49
検索
タグ
(1)
画像一覧


<   2014年 09月 ( 27 )   > この月の画像一覧

土井たか子さん死去のニュース・・

憲法学者で元社会民主党党首の土井たか子さんが死去のニュース・・。

土井さんは、戦後の典型的な左翼知識人であった。

憲法学者らしく、原則に忠実で取引を嫌う、ウラのない人物。
友人であれば、これ以上の人はいまい。

が、政治家としてのその歴史認識、人間(人物)の認識能力には、? がつく。

愛弟子がスターリン主義の千石元官房長官であり、左であれば全て正しい、の
福島みずほ。

社会主義国の核兵器保有は防衛的??であるから正当であるや、社会主義国
である北朝鮮の拉致なぞあり得ない、の認識。

この人が日本の左翼陣営のリーダーであったことの損失は、反原発運動の
リーダーが大江健三郎であることと同様に、はかり知れない。

せめて、愛弟子が谷垣さんや枝野であったなら・・・。


あるTV番組で、土井さんのことを戦後の女性政治家のうちで最高の人物で
あったと持ち上げていたが、

れどころか、戦後の左翼運動衰退の元凶である。
(戦後最高の女性政治家は、市川房江さんであると私は断言する。
 また、谷岡郁子さんや阿部知子さんこそ左翼を名乗れる人物である。)

土井さんはあまりに、あまりにもその人間の認識が甘かった・・・。

でも、とりあえずは、一時代を真面目に生きた人として合掌。





[PR]
by mana1563 | 2014-09-28 18:41 | Comments(0)

「さとう胸やけ」さんのこと

私の好物はビイルと梅チューハイ ♪

梅チューハイは、胸やけになるが止められない。

私の好きな歌い手は、さとう胸やけ、



いささか「赤マンマ」だとは思うけれど、この人には私はそれを赦す。

https://www.youtube.com/watch?v=69cGLlcfH3U







[PR]
by mana1563 | 2014-09-28 17:40 | Comments(0)

消費税のこと。

4月に消費税が5%から8%に上がってから半年。

私の生活実感から・・。

実は私は、たかが3%くらい上がっても、たいしたこたあ無いと思っていた。

予想は外れた。

一日千円にとどめたいとしている私の食費の目標が、一品減らさないと
達成できぬようになってまったのである。

これほど日々の生活に影響があるとは・・・。

・・・・・・・

そもそもわが国で最初に、日本財政の健全化と福祉費用増大への対応つー
名目のもとに消費税が導入される際、モデルとされたのは、近代以降何かと
参考にするヨーロッパの一般消費税であった。

が、そのモデルのヨーロッパの消費税は、英、独、仏の20%程度、福祉国家
北欧の数10%の課税率ともに、食料品と生活必需品にはもともと
課税されない税、つまり無税と同義なのである。

日本政府は、このことに頬かむりして、あらゆる物品に消費税を掛けたのである。
「ヨーロッパ並みに」つー掛け声は、実は大ウソであったのだ。

実際のところ、車やテレビは、毎日はおろか毎月、毎年買うものではない。
だが、食料品は毎日買わなければ人は生きていけない。

こんな、人頭税まがいの日本の消費税を、アベちゃんは、「国民が負担を分か
ち合う平等な課税制度・消費税」! で、さらに10%に上げようつーのである。

・・・・・・・

子どもの頃に、「オイ、安部、おごれよ。」とたかられたアベちゃん(や、小泉
元首相)の、ビンボー人を憎む気持ちはわからぬでもない。

が、祖父の戦犯の汚名を濯がんとする「集団的自衛権」や「靖国参拝」と同じく、

自分個人の思いを達成する為に、一億国民を道連れにすることだけは止めてもらい
たい。

アベちゃんたちの階級の生活を支えるのは、アベちゃんが軽蔑するそのビンボー人
によって、そしてアベちゃんのその愛国心?と靖国神社参拝の行為を支えるのは、
一兵士として戦場に刈り出されて惨めな死を遂げるビンボーな若者であるのだ。

幼少時の体験のトラウマから、抜け出せ。アベちゃん ! 

・・・・・・・。






















[PR]
by mana1563 | 2014-09-28 17:21 | Comments(0)

まんじゅうと寿司王

早起きして、公園へ。

見沼代用水沿いの公園に続く路には盛りの終わったまんじゅうしゃげが・・。

昔から、葉っぱの無いまんじゅうしゃげは、不吉な花だとされてきたが、
たしかにあの火炎のような花が黒くしおれていくさまは、墓場に手向けられた
切花がしおれていくのが連想されて心地がエエものではない。


私は、まんじゅうしゃげから、なぜか森鴎外の「山椒太夫」の物語を
映画化した「まんじゅうと寿司王」がオツムに浮かんだ。

寿司王の姉のまんじゅう役には、私が最も好きな女優である香川京子さんが
扮して、さらわれた山椒太夫の砦から弟の寿司王を逃がした後、入水自殺を
するのであるが、まだ十代の香川さんの演技がは実に素晴らしいものであっ
た気憶が今なお鮮明である。

で、京の寺に匿われたのち成人して立派な武士になった寿司王が、山椒太夫を
討伐して、佐渡だかどこだか、遊女として売られて今や盲目となった母と再会
する感動的な場面で映画は終わるのであるが、

その盲いた老女がさびれた漁村の浜辺で臼を挽きながら唄うのが、

「 まんじゅう 美味しや ほうやれほ 
  寿司王 美味しや ほうやれほ 」つー唄である。

母の役は、たしかあの田中絹代さんであったと思うが定かではない。)

とてもやるせない映画ではあったが、日本映画の傑作の一つといえるだろう。
(「ショーシャンクの空に」で受けた感動と少し似ている。)

私は「竹田の子守唄」の節回しに、この詞をのせて公園の散歩中歌ったので
あった。












[PR]
by mana1563 | 2014-09-28 09:57 | Comments(0)

テング熱に感染? 二日目・・

昨夜、蒸し暑さに網戸も開けて、グデングデンに酔っ払って、すっぽんぽんで
寝ていて蚊に三箇所も喰われてまった。

今朝起きてみると、ノドの具合がおかしい。
どうやら、流行のデング熱に罹ったもよう。

最近のニュースで、蚊におびえる連中の映像を見て、フン愚か者の臆病者め、と
いささかテングになって蚊々大笑してバカにしたので、バチが当ったのやも知れぬ。

ま、幸い今日明日と連休じゃ。もいちどグデングデンに酔って寝れば直るじゃろ。







[PR]
by mana1563 | 2014-09-27 10:11 | Comments(0)

朝日新聞の慰安婦問題と原発吉田調書捏造問題のこと

朝刊に、朝日新聞自身が開いた紙面審議会で、慰安婦問題と原発吉田調書捏造報道に関する4名の審議会委員の意見を掲載している。

もとより、この種の審議会とか「第三者委員会」なるものの委員は、当事者のお気に入りが選ばれる、いわばお手盛りであるのが通例で、この4名の委員も「朝日好みの」人選であるのを、我々読者は忖度しなくてはならぬ。


中島岳志委員は、慰安婦問題での「吉田清治証言は誤りであったが、慰安婦問題が存在したことは事実であるつー、ことの戦時下での人権問題がなおざりにされることはあってはならない。」とのたもう。
朝日新聞の8月6日の最初の検証報道記事の内容と五十歩百歩。

続けて曰く「慰安婦問題の本質は、強制連行の有無ではなく、戦時下での性暴力・人権問題にある、という朝日のスタンスは間違っていない。それは日本に限らないことであろう。云々・・・。」

おったまげた。某橋下大阪府知事の「戦時下では、慰安婦の存在は必要悪である云々。」とのたもうたのと、いったいどこが違うのであろう。

中島委員「世界的な問題として検証していくべきであろう。」と最後に。

戦地や、ゴールド・ラッシュの鉱山の現場や、あるいは震災復興地(まさに今の仙台市がそうだ。)での酒と女の慰安所。この現象を「検証」って、いったい何をするのだ。ったく哂わせる。

「検証結果」が知りたいものじゃわい。


湯浅誠委員(年越し派遣村の元村長さん。)

予想したとおり、湯浅さん、朝日に同情的。
唯一批判的なところは、「朝日は、他人には厳しく、自分には甘かった。それが朝日へのダメージを大きくしている。云々」と。

この問題意識にもおったまげた。

一連の問題で、もっとも深刻なことは、朝日の捏造報道で、日本国および日本人が、世界の中で、取り返しのつかぬダメージを受けたことであって、れに比べれば一新聞社のダメージなんぞどうでもエエことであろうに。

湯浅さんは、朝日の捏造報道の深刻さ、本質がわかっておらぬようである。


斉藤美奈子委員。
女性委員らしく、中島委員と同じようなアプローチからの慰安婦問題への意見を開陳している。

曰く「吉田証言の虚偽性や「挺身隊」の誤用は、問題全体の中ででは枝葉末節に近い。そこを混同すると本質を見失う。今、何より必要なのは、戦時性暴力に対する国際的な視野の中で、慰安婦問題を検証することだ云々・・。」

私は、この種のいわゆる識者特有の言い回しを聞く度び、胸くそが悪くなるような思いになるのを止められない。

一つ、象徴的な歴史上の事実を挙げれば、旧ユーゴスラヴィアで、「民族浄化」の行為が行われたのはつい二十年前のことである。

この斉藤さんつー人は文芸評論家で、第一回の小林秀雄賞の受賞者であるそうな。私は、その人間認識の甘さに驚く。そもこの人が文学者であるとは思えぬのだ・・・。

ただ、一つ。とてもエエことを言っているので、紹介しておきます。

(原発吉田調書に関して)曰く「調書から読み取るべきことは、命令系統が混乱をきたすほどの重大事であったことだ。そもそも命令違反はそんなに糾弾されるべきことなのか。上司に従わず逃げようとするのが・けしからんと言う朝日新聞記者の視点は・組織の論理に従えと言っているように見える。」

ここは斉藤委員に大拍手。

二年ほど前、さいたま市だか埼玉県だかの教育行政の責任者が、東日本大震災時、南三陸町の女性職員が、住民に非難を呼びかける防災放送を津波に呑み込まれるまで続けていた為に殉職したことについて、「立派だ。子ども達への教材に取り上げたい。」と表明したことがあった。

私は、呆れた。子ども達に、「公共の為には死をもって尽くせ。」といういわば自爆テロ・カミカゼ特攻隊の行為を賛美するようなことを、自治体の教育行政のトップにいる人物が言ったからである。

震災時の行動の教育教材なら、「何より自分の命が大切。自分のオツムで考えて、
生き延びること。」つー、あの「津波デンデンコ」の方がはるかにふさわしかろう。

・・・・・・・・

この夏の終戦記念日の前後、TV番組ではフィクション、ノンフィクションを問わず、いろいろと真面目な番組が放送された。

映画で「私は貝になりたい」つーのがあった。

地味に誠実に暮らす床屋に赤紙が来て、赴任した戦地で、縛られた捕虜を、上官の命令で銃剣で突き刺し、その事が戦犯の罪に問われ結局絞首刑となる悲惨な映画であった。

(私が、歳をとって、将来のある若者ではすでに無いことも大きいのかも知らぬが)私は、そんな命令を受けたなら、振り向きザマその上官を撃ち殺してやるだろう。)

今なら。もし、私の娘や息子が、些細な交通違反に問われて、パトカーで追い回され、踏み切りや交差点の信号に突っ込んで死んだ際、「パトカーの追跡は適切であった。」なんてコメントを出す警察署長が、もし、いたなら、私はその署長自身かその子どもをの首を切り落として、切り刻んでから、豚に喰わせてやるだろう。

・・・・・・・・

4人目の委員、奥正之委員。

曰く「慰安婦問題と原発吉田調書の検証記事や社長の謝罪記者会見は、事の重大性からすれば、主従が逆ではないか。」

私も同感である。8月6日の「検証記事」以降、朝日側は、なぜか原発吉田調書捏造記事や、池上氏のコラム不掲載問題ばかりを取り上げて、これらの問題よりもはるかに重大な慰安婦捏造問題を意図的に矮小化しようとしている。

だが、読者は決して騙されることはない。

こうした読者をなめきった姿勢こそが、一連の捏造報道に繋がったのである。

結局、新聞社の「謝罪記事」なんて、自己弁護の弁解記事である。

Aであるが、Bでもある。どちらが間違っているとはいえぬ、つー、「社説」とおんなじである。

卑怯者め !




[PR]
by mana1563 | 2014-09-26 15:16 | Comments(0)

エエ新人歌手見つけたぞ

ユーチューブ彷徨していて、偶然とってもエエ歌手見つけた。

まんだ、若い奄美出身の民謡歌手だそうな。

ふんとにエエ声をしとるし上手。

日本全体が、この「花」や、ひばりの「津軽のふるさと」のような
言葉のはっきりしたエエ曲を提供してやらんとね。






[PR]
by mana1563 | 2014-09-25 15:30 | Comments(0)

ウナギ、マグロ、クジラ・・・・

ヒトラーはユダヤ人の絶滅を意図したが、かなわなかった。

日本人は、マグロやウナギやクジラを絶滅寸前に追い込んだ。

日本人はヒトラーよりも凄い !!







[PR]
by mana1563 | 2014-09-25 15:00 | Comments(0)

提案 「原発ゴミの処理方法」について

私に、原発ゴミ(高レベル放射性廃棄物)の処理方法についての提案がある。

簡単に言う。

片道キップのロケットに原発ゴミのカプセルを搭載して、太陽系のかなたに
永遠に飛ばせばエエ。

この先、日本がエネルギー源を原発に依存するのであれば、それしか方法は
ない。

今の、使用済み燃料の中間貯蔵はもとより、いわゆる30年間の暫定保管、そして
地下300メートルに10万年つー最終処分の青写真は、たぶん3.11後のわが国では
半永久的に青写真のまんまであろう。

原発ゴミ搭載のロケットは、スペース・シャトル等の有人飛行船と違って、
帰還する必要もないし、多くの人工衛星のようにいわゆる軌道に乗る必要
もない。

打ち上げてそのまんま、ただただ地球から遠ざかっていければそれでエエ。
現在の日本の技術からすれば、さして難しくはない。

リスクはある。ロケットの打ち上げに失敗は赦されないし、少なくとも大気
大気圏を突破するまで、圏内での故障や爆発は無論あってはならぬ。
そして、日本は世界中から非難を浴びることになることを覚悟せねばならぬ。)

まあ、私が想うに、この発想(提案)は、おそらく日本よりも最初に中国や
ロシア、アメリカが実現させるだろうが・・・。
(この三つの超大国は、他の国々の非難なんぞ屁とも思わぬゆえ。)

荒唐無稽なアイデアと云う勿れ。

日本が、脱原発路線に舵を切るのでない限り、この原発ゴミの宇宙への廃棄案
は、十年後には間違いなくこれに代わる名案なしつー風潮に必ずやなるだろう。

禅寺や、キレイなデパートやホテル。それらが清潔なのは、ゴミやウンコを
外に捨てているからだ。自分達で再利用して食べているわけでは決してない。

地球も同じ。核のゴミは地球の外に捨てるしかあんめえ。

地球外の宇宙はどうなる ?? 知ったことかい。いひひひ。












[PR]
by mana1563 | 2014-09-25 14:55 | Comments(0)

日本のフォーク・ソングとやらについて


私はTVのCMが嫌いなので、もっぱらNHK。
特に番組を選ばず、点けっ放しつーことはよくある。

先ほども点けっ放し。(私はビルにやられてウトウト・・。)
ふと目を開けてTVを見やると、(日本の)フォーク・ソングのライヴ特集が。

番組の進行はフォーク歌手の南剽窃とクジラ。

流れるのは4畳半ソングばかり。たまにPPMやボブ・ディランのコピー曲を
ジジババが歌うのだが、それは退役軍人の同窓会での軍歌の合唱そっくり。

日本には、いわゆるプロテスト・ソングつ~意味合いでのフォーク・ソング
は全く存在しないと言っても過言ではない。

ボブ・ディランやジョーン・バエズの歌も日本ではたちまち同好会ソング、
「仲間との連帯の確認」の浪花節となってまう。

あの胸糞のわりい、夜のNHKラジオ番組の際の、落語家やタレント達が
内輪の話をして、視聴者そっちのけで勝手に盛り上がっているのと同じ
であって、彼らは公衆の面前でマスターベーションしているのである。

クジラとかミナミ剽窃なんつーのが番組を仕切ってること自体、日本的
実に日本的な有り様である。ど、どこがフォーク・ソング特集なのだ。

日本のフォーク歌手達の有り様は、NHKを蝕んだいわゆる若手落語家
連中の内輪話で盛り上がる宴会とちっとも変わらぬ。

そこには、「こきりこ」や「越中おわら節」の民衆の苦しみから生まれた
哀切さも、「五木の子守唄」の民衆の絶望のひとかけらも存在しない。

あるのは、ただ良い子の優等生連中の同好会の連中のセンズリ、マスター
ベーションである。


日本には戦後、ただの一度さえも、ただの一つさえもフォーク・ソングは
存在しない。


※ 日本における、いわゆる「左翼」陣営の弱さは、それに関わる人々が、どいつも
  こいつもおぼっちゃん、おじょうちゃんであることにその原因がある。

  反核、反原発の大江健三郎、フォーク・ソング界のクジラや南剽窃、文学での
  村上春樹等々・・・。

  彼らの作品に感動を受けぬのは、その中にふるさととの繋がりを感じないからである。
  
  彼らの「反体制」はポーズに過ぎぬ。ただの日和見である。(村上のパレスチナ問題
  へのコメント、卵だかなんとか、の文章を見よ。哂っちまうわい。)






[PR]
by mana1563 | 2014-09-23 13:44 | Comments(0)