何とか生きておりまする・・・ (^^ゞ
by mana1563
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
記事ランキング
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
最新のコメント
あんた、よくもまあこんな..
by ミスターX at 21:20
我欲五輪は「ろ・く・で・..
by 我欲都民 at 21:35
心にもないお悔やみふんと..
by mana1563 at 09:55
あべたんも、放射能が、「..
by ぽんすけ at 15:21
ユーチューブの映像のアッ..
by mana1563 at 09:49
ああ、コメントどうも・・..
by mana1563 at 15:29
ブログ拝見いたしました!..
by きょうこ at 19:00
とても魅力的な記事でした..
by 職務経歴書 at 09:33
桜の8分咲きの頃から、数..
by mana1563 at 11:48
夏目君は、体が弱いとこが..
by mana1563 at 14:28
検索
タグ
(1)
画像一覧


<   2014年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

四半世紀(25年)の月日・・・

昨日今日と連休。で、ビルと一緒にゴロ寝のTV三昧。

ワールド・カップにメジャー・リーグ。
LOW&ORDERに火野正平のチャリンコ旅・・・。

さすがに(目下苦しんでる腰痛とは別の、寝過ぎの腰痛がきて、)
これではいかんと今朝は5時過ぎに公園に散歩に。

雨模様にくじけて、いつもとは違う近くの公園を2周ばかし歩くも、
あまりに小さ過ぎて運動にならんのと、コンクリートレンガの舗道が
気に入らず、やっぱしあっちじゃ、といつもの公園に・・・。

おおっ、やっぱここでないとな。

雨のせいで、だあれもおらん。公園に居た1時間、僅かにワンコソバの
老人と一人すれ違ったのみ。

この公園は、電力線の鉄塔が2本ばかり立っていて、景観を損なうこと
おびただしい。まあ、田んぼを潰して造った公園、鉄塔の方が先にあった
のじゃから仕方ないけんど。

も一つ気にいらんのは、公園なのに、色合いのある花や花木つーものが
ほとんど無いことだ。

場所によっては、周りを見わたしても緑一色。アジサイの季節なのだが、
あんまし綺麗でないのがチョロチョロっとあるばかり。

スペースはアルト、もとい、タントあるのじゃからもっと花を植えんかい!

公園中央には池があって、そこの蓮だけは自慢できるけれど。

まあ、看板や立て札のない、緑だらけつーのも考えようによっては贅沢な
ことかも知らん・・・。

土の舗道の上には両側から樹々のこずえや枝がアーチ状に覆いかぶさって
雨に濡れないくらい。

・・・この公園が造られた頃から私は通っていて、その頃の植栽された
ばかりの若木を想うと月日の過ぎたのを実感する・・・。


おそらく、この公園を管理している人達を除けば、私の来園の回数が最も
多いだろう・・・。

池の住人の亀や鯉とこの先いつまで会えることやら・・・。

そのうち、茹で亀や鯉の刺身にしてやっからのい。のどが鳴るわい。
亀料理や鯉料理を想像するだけで、鼻が落ちそうじゃわい。

足元のトカゲや池のヤモリの生の丸かじり、カラスのヒナの踊り食いも
こたえられんなあ・・。

雨の精のせいか、私はそんなロマンチックな想像にふけったのであった。

・・・・・・・・


帰って、チャリンコ旅を観る。

正平さんの読む手紙・・。

40年前・・・遠足の前の日、母が急用で親戚の家に行った為、遠足の
弁当は祖母が作ってくれました。

楽しみのお弁当の時間、弁当箱を開けて見ると、玉子焼き以外、おかずは
煮物の茶色一色。友達のそれはカラフル。
私はなぜか恥ずかしくて弁当の蓋でおかずを隠しながら食べました。

家に帰って、祖母に「お弁当、茶色ばかりで恥ずかしかった。」
と言った時の祖母の悲しそうな顔が未だに忘れられません・・・。

その後、茶色いおかずは、いつのまにかふるさとの味になり、今では
我が家の味になっています・・・。

・・・・・・・エエ手紙・・。ツンときたわい。

山形はふんとにエエところじゃ・・・。


私の子どもの時分は弁当のおかずを隠す子はいっぱいおったものだ。
今の時代なら、梅干し弁当の方が人気があるじゃろうね・・・。










[PR]
by mana1563 | 2014-06-22 13:58 | Comments(0)

メンバーは、ファン投票で選ぶ方がエエ

ワールド・カップ一時予選も終盤戦。

日本チームの弱い有様にはガッカシ。コスタリカのような小さな国の
チーム等ががんばってるのに、さんざんお金をつぎ込んで強化した筈
の日本のぶざまな結果はなんじゃい。

ったく、無酒ない。

相手ゴールに向かって行く場面がほとんど見られず、ただ両サイドか
ら、偶然に期待するだけのクロスボールを放り込むだけ。アホ。

そもそもサッカーつー競技には、いわゆる戦術・戦法の為の監督なん
ぞ無用である。

代表メンバーには各ポジションの個人技に優れた選手をファン投票に
よって選び、先発させればそれでエエのだ。

代表監督を誰にするかで、日本のサッカー界はいつも揉めているが、
たかがサッカーなんて、オツムなんぞこれぽっちも必要としないもの。
マラドーナが一人いれば優勝できるスポーツなのだ。

お金をかけて、巨大な競技場を造らないとオリンピックが開催できぬ
つー感覚と、日本サッカー界の感覚はよく似ている。

歴代の監督でカシコイのはただの一人もおらん。

まあ、サッカー好きは、子どもの頃から大切なオツムをボールに幾度と
なくぶつけて育つのであるから、アホになるのも頷けるのではあるが・・。

(サッカー選手で、幾らかカシコイのは小野伸二と遠藤くらいなものだろう。)

次のサッカー日本代表監督は、横浜太洋の監督だった権藤さんか、今の
中畑監督が適任じゃろうね。

・・・・・・

まあ、ワールド・カップ、さんざんお金をかけたのじゃから、それなり
の結果は残して欲しいわな。

前畑がんばれ、前畑がんばれ、がんばれがんばれがんばれ前畑 ♪










[PR]
by mana1563 | 2014-06-21 17:20 | Comments(0)

じぇじぇ! はるな愛って、女だったのか

朝、「晴れ、ときどきファーム」つー、農家を訪ねてそこの新鮮な野菜や
果物を利用する料理番組を観る。

ゲストには、はるな愛つータレントが出演。

私が、仰天したのは、このはるな愛つー、最近流行りのオナベとずっと思って
いたタレントが、どうやら女であることがわかったことだ。

やはり最近TVでよく見かける美容師の何とかは、間違いなくオナベであって、
顔の骨格なぞは男であるのを隠しようもない。

れと較べると、はるな愛はそれなりに可愛い顔をしているので、私は最近の男
にはこうした植物的な顔立ちもありかも知らん。れで、オナベタレントとして
売り出したのかのい、と・・・。

気だてが男にしては好すぎるようには思ったが、ジャガイモ、声は男だ、と。

だが、今朝のTVで、はるな愛のおっぱいがどう見ても、女のそれに思われ、私
は自らの不明を恥じたのであった。

私がこのままはるな愛をオナベであると誤認識したまんま、あの世へいってま
ったら末代までの恥となって、日本史に汚点を残したことであろうことを考え
ると、

今更ながらに、誠実に神と向き合う私の信仰の深さに、神が私の認識の誤りを
気づかせる機会の思し召しを与えてくだすったとあらためて神に感謝するので
ある・・。

そうか。はるな愛はオナゴであったのか・・・。
私の人生で最大の発見である。

感動で胸がうちふるえる日曜の朝になったわい。

皆の衆もエエ日曜を !

レタスも安いよ。126円だったぞ・・・。


追記:

そうそう。この番組での調理の場面。
野菜を炒める際、油ではなくてマヨネーズを使っとったぞ。

私も朝飯に早速試したが、なるほど味付けの手間が省けるし焦げ付かない。
グーだわね。

・・・・・・・

梅雨に入って、食中毒が怖い時節。
爺いだけど老婆心から私も一言・・・。

生まものはなるべく酒なさい。
イカやマグロ等の刺し身は必ず火を通すこと。

冷たいものは温めて。
アイスクリームやトコロテンも´レンジで一度はチンしなさい。

皆の衆にはなかなか難しいことかも知れませんが、ない頭でようく
考えなさい。それが幸せへの第一歩です。

日々の努力の積み重ねと向上心と抹茶アイスこそが私たちを幸福に
いざなうのです。レタスも欠かしてはいけません。

れでは、これで。
皆さんのお多福、もとい、ご多幸をお祈りいたします。ラーメン。


                 見沼田んぼのバドワイザーより












[PR]
by mana1563 | 2014-06-15 09:22 | Comments(0)

顔の汚れて真っ黒いの、何とかせえ!

「花子とアン」、おもしろいけど、おっかあの顔が薄汚れて真っ黒いの、
エエ加減に何とかせんかい。

サーカスのピエロじゃあるまいし、あんな百姓の顔なんて世界中のどこに
おるかい。

NHKには常識つーものがない。

春秋の園遊会に、私を未だに招待せぬ宮内庁と同んなじだわい。

ど阿呆のだらずこけ !


・・・・・・・・

大好きなおじいやんが亡くなって、花子の言葉・・

 「人生は引き算かもしれねえだ・・。」

その通りかもしれない。
中也や賢治の詩も、西行法師の歌もみーんな引き算のそれだもの・・。


この番組のテーマ曲はエエね。

エエ棚を !








[PR]
by mana1563 | 2014-06-14 10:14 | Comments(0)

モンゴル映画 ! 「我が大草原の母」を観る

BSで、内蒙古(モンゴル自治区)の草原が舞台の映画「我が大草原の母」
を観る。

中国映画だが、モンゴル人の監督による演出が、あらゆる意味で実質的
なモンゴル映画といってエエ雰囲気を感じさせる映画である。

大相撲の白鵬や旭天鵬の人柄・人間性をつぶさに見る我々日本人の誰も
が感じることだが、モンゴル人の感覚は日本人ととっても近い。

大自然との関係・感覚もそうである。

まるで半世紀前の日本人を見てる感覚に襲われてまう・・・。

今日は、エエ映画を観た・・・。   ♪






[PR]
by mana1563 | 2014-06-13 15:09 | Comments(0)

根無し草の社会学者・小熊英二の偽善

昨日の新聞に、朝日新聞がスクープ ? したいわゆる吉田調書にある
「フクシマ第一原発の職員の9割が、所長命令を無視して第二原発に
逃げ出した。」との記事に関して、

反原発論者として知られる小熊英二慶大教授が意見を開陳している。

「逃げ出した職員について何人も責める資格はない。」と。

およそ反原発の立場のとるべき態度ではない。二重基準、偽善もエエ
ところである。

かって、地球温暖化の危機が世界的に喧伝されて、いわゆるエコ・ブ
ームが起こった際の解決策に原発への依存を想定しながら、それを
口にするのはためらい、電力会社の宣伝文句「クリーン・エネルギー」
の言葉を耳に栓をしていたのが大半のエコロジストたちである。

フクシマの事故が起きたとたん、このエコロジスト連中はいきなり
反原発陣営に雪崩をうって寝返った。

目下、日本は1起の原発も稼働しておらず、大半の電力エネルギーは
化石燃料でまかなわれている。

CO2の排出、温暖化ガスの排出問題はどうなったのだ ?

・・・・・・・・

メルトダウンによって、浪江町他の福島県民や第一原発に居残って
事故処理にあたった50人の職員は被爆したのだ。

事故後、ある原発再稼動に関するヤラセの公聴会で電力会社の社員が、
フクシマではただの一人も死者が出ていない、とのたもうた時は、
私は耳を疑ったものだが、

「反原発論者」の小熊英二が、原発事故の当事者が、事故に際しては
逃亡が当然だと訳知り顔にのたもうたのにもあきれ果てて絶句。

いわゆる左翼陣営の軽薄さ、底の浅さを感じて最早言葉もない・・。

オリンピックの誘致に際して、福島の復興を名目にしながら、一方で
「東京はフクシマから250キロも離れているので安全だ。」と言った
安部ちゃんの態度といったい、どこが違うのだ。






[PR]
by mana1563 | 2014-06-12 16:56 | Comments(0)

無茶苦茶な求刑

オウムの菊池直子容疑者に懲役7年の求刑とのテロップがTV画面に。

幾ら見せしめだとしても滅茶苦茶な非常識な求刑である。

菊池容疑者は、オウムの幹部どころかただの使い走りであったに過ぎぬ。
逃亡中は介護ヘルパーとして、社会に貢献もしておった。

フクシマの原発事故を起こし、しかも事故処理を放って撤退逃亡の
決断をしようとした東京電力の連中は、いまだに起訴さえされぬのと
較べるといかにも検察当局が不公平で偏っていると言わざるをえない。

これで法治国家と言えるのであるか !

ったく、呆れた求刑である。





[PR]
by mana1563 | 2014-06-09 13:12 | Comments(0)

いつ晴れるんや

John Cale - Hallelujah - lyrics:  



[PR]
by mana1563 | 2014-06-09 12:54 | Comments(0)

出会い系サイトの危険性

またもやネットの出会い系サイトがきっかけの殺人が熊本で。

幾ら趣味やら芸術やらの興味が一致するからといって、あくまで
ネットはネットの世界である。

まして、親子以上に年齢の離れた男性と実際に会おうとする女子
高生がいることがよく理解できない。

家庭の中での親子の会話を想起するまでもなく、一世代も違えば
人生経験はもとより、教養とは言わぬまでもその知識量の格差に
よって、なかなか話題が合わぬのが普通。

女子高生に会って話がしたい、なんつー中高年以上の男の感覚が
私なんぞにはついぞ理解できぬ。

今大ブレーキしているアカンベー48や荒らしなんぞにキャッキャ
ッと騒いでる女子高生を見ていると、無邪気で可愛いものだとは
思うが、説教ならともかく普通の話さえする気は先ず起きない。

出会い系サイトによって、その交流が時に人生にとってとても有
用であったり、癒やしになったりすることも私の体験でも確かに
あるものだが、基本的にネット世界は、虚構・匿名の夢想空間で
あるものと考えるべきだと私は思う。

未成年に限らず一般にオナゴつーものは、私なんぞのオヤジギャ
グ(ジジイギャグ ?)にも、お愛想もあるのだろうが、よく笑
ってくれるので、ネットでは現実の世界以上に私はオトコよりは
オナゴ衆との会話を好むのだが、

その楽しさは(ネットでは特に)、相手の笑顔(笑い顔)を想像
することに依るものである。


I T 時代の今日、いろんな出会い系サイトを利用するな、という
のも時代遅れなのだろう。


ネットを利用するなら、おおいに利用すべし。
ただ、思慮(ふつうの感覚)を持って、ネットは利用するべし。








[PR]
by mana1563 | 2014-06-08 20:39 | Comments(0)

音楽の本質

今、TVで歌謡曲の作曲家、遠藤実の特集が放映されている。

そのメロディーは、単純ではあるけれど、一度聴くと心に残って
とても覚えやすい。

音楽の本質であり真髄ともいえる叙情感(ロマンチシズム)に
溢れている。

クラシック音楽においても、このことは同じ事である。

西洋のクラシック音楽は、ロマン派のブルッフをもって、終焉
したのである。

その後の、ことに無調音階の楽曲以降の西洋音楽は、およそ音楽
というには程遠いしろものである。

音楽家の心の中にメロディーが浮かぶことが、もしないとすれば、
その人は音楽家ではない。

リズムのみでは、ただのイラつく雑音に過ぎない。
最近の吹奏楽や合唱コンクール等には、ただの騒音・雑音の大音
響の楽曲 ? ばかりで、音楽は皆無である。

ロマンチシズム、センチメンタリズムこそ音楽の本質である。

幼き日々の郷愁を誘い、懐かしい人や風景のことを想って涙したり、
まだ見ぬ異国の地や地球の果てのことを想像させるよすがとなりうる
ものを音楽というのである。

若い音楽家に言いたい。

ブルッフ以前に帰らんことを・・・・・・。








[PR]
by mana1563 | 2014-06-06 09:53 | Comments(0)