何とか生きておりまする・・・ (^^ゞ
by mana1563
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
記事ランキング
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
最新のコメント
あんた、よくもまあこんな..
by ミスターX at 21:20
我欲五輪は「ろ・く・で・..
by 我欲都民 at 21:35
心にもないお悔やみふんと..
by mana1563 at 09:55
あべたんも、放射能が、「..
by ぽんすけ at 15:21
ユーチューブの映像のアッ..
by mana1563 at 09:49
ああ、コメントどうも・・..
by mana1563 at 15:29
ブログ拝見いたしました!..
by きょうこ at 19:00
とても魅力的な記事でした..
by 職務経歴書 at 09:33
桜の8分咲きの頃から、数..
by mana1563 at 11:48
夏目君は、体が弱いとこが..
by mana1563 at 14:28
検索
タグ
(1)
画像一覧


<   2014年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

「道徳」の科目がないから、日本は平和なのよん

安部ちゃん、学校のカリキュラムを見直して、今はホームルームの
時間に行われている「道徳」を、正式な科目とする意向であるとか。

やれやれ。
「平和」な日本のいったいどこが不満なん ?

戦後70年間、日本の軍人が人を殺していないのは、国際的な摩擦が
生じたとき、日本の外交当局者が何歩も相手に譲って妥協し「負け
るが勝ち」の精神を貫いたお陰だろう。

事の善悪や道理、すなわち「正義」にあまりにもこだわりすぎると、
その結果は得てして悲惨なことになる。

片腕や片目、あるいは肉親を失って「正義」を貫いたところで、

或いは「敵」をこてんぱんにやっつけて、その瞬間こそ「ザマアミロ」
と思ったところで、そんなものに真の意味での満足感なぞあろうは
ずはあるまい。

私は、明確な歴史的事実として強調したいのだが、「修身」や「道徳」
の教科がなかったからこそ、日本は70年間も平和でいられたのだ。

国防とか自衛とか、軍人の意向が政治に影響すればするほどロクな事は
ない。

軍人つーのは基本的にオツムが弱い。

(その例を一つ挙げよう。)
フクシマの事故の際、原子炉を冷却するのに、自衛隊はあろうことか
有人ヘリからバケツで水を撒いたのであった。じぇじぇじぇ 039.gif

そして気の毒な自衛隊員はもとより、その任務を命令した上層部の連中
は、あの神風特攻隊よろしく決死の覚悟を強いられたのであった。

ラジコン・ヘリが趣味の小学生に水撒きを依頼するか、農薬散布のヘリ
の会社にラジコン・ヘリを頼む、つーオツムが働かなかったのである。

安部ちゃんの脳みその構造もアホな軍人のそれにそっくり。

お祖父さんの名誉回復のような個人的な事柄に、一億人の国民を巻き込
むでないわい。ドアホウ !












[PR]
by mana1563 | 2014-01-30 13:52 | Comments(0)

オバマ大統領の一般教書演説について

今日の朝、BSで、アメリカ・オバマ大統領の一般教書演説の中継があり、
私はそれをしばらく見ていた。

日本の首相の国会での施政方針演説と異なるのは、過去1年間の大統領の
活動報告に半分以上の時間が割かれることである。(無論、大統領が実
績の強調をするのは言うまでもない。(^^) )

驚いたのは、国のトップである大統領が、市町村ラベルの実に細かい施策
まで、微にいり細に亘って説明しそして自慢したことである。

ここが、日本の場合と大きく異なる。日本では、首相は、大きな方向を
示せばそれで良く具体性なぞおよそない。それらのことは、部下の専門
集団である官僚に任せる、つースタンスであって、首相が細かいことに
口を挟むと、れこそたちまち「器が小さい」つー評判が立つのが普通。

よって、安部ちゃんの演説なんぞは、「日本を取り戻そう」とか「アベノ
ミクスによって日本が明るくなったじゃあありませんか。」なんぞの抽象
的な表現ばっかし。

国民は、いったい何がどう変わったのかなんて演説だけではさっぱしわか
らない。

・・・・・・・

で、もとい。

オバマ大統領は、いわゆるテロリズムへの備えや、安全保障などでも多く
の言葉を費やし、議員の喝采を浴びていたが、

唯一歯切れの悪かったところは、アメリカ軍の無人機による攻撃のところ
である。

それはそうであろう。
無人機のセンサーが、テロリストと一般民間人の区別などできようもない。
つまり、必然、無差別攻撃になるのは当たり前のことであって、それは、
原爆等の核爆弾の投下と何等変わりがないのであるから。

最近のアメリカ軍の攻撃は、ほとんどゲームのようになってまって、直接
兵士が自分の目で、攻撃目標(敵)を視認することがない。

無人機爆撃は言うまでもなく、有人爆撃であっても、目標の確認は偵察衛
星のレーダーからの情報によって爆弾の投下が行われている。

これでは、兵士の人間性(倫理観)が問われるような場面になりようが無い。
言い換えれば、兵士に人間としての想像力が要求されないつーことである。

あたりまえのことだが、想像力の欠如した人間は、およそ人間とは言えぬ。

オバマ大統領が、単純な愛国心からそのことに目をつぶっている限り、いずれ
神の鉄槌が彼の上に下されるだろう。

(こうした人物にノーベル賞が与えられたことには、ふんとうに愕然とする
 ばかりである。)

 
<iframe width="430" height="315" src="//www.youtube.com/embed/9vkduZs3ZPA" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>












[PR]
by mana1563 | 2014-01-29 16:38 | Comments(0)

「無断掲載を禁ず」について

数日前、朝日新聞の投書欄にとても興味を引かれる投書が掲載された。

投書の主は30代後半の男性で、偶然ペット・ショップの前を通りがか
ったので、何気なく見やるとショー・ケースにワン公やニャン公が大
きな値札とともに陳列されていて、そこには30%オフの文字が躍り、
投書主は、なんともいいようのない人間の身勝手さを感じて、とても
重い気持ちに襲われたというような内容であった。

そして、幾らペットであっても、やはり「いのち」を有する生命体を
デフレの世の中とはいえ、単なる数字の値段でもってやりとりする現
代の日本の社会にたいして大きな疑問を抱かざるを得ない云々・・と
続いていたように思う。(私の記憶はすでにおぼろげである・・・。)

この数日前、私はこのブログに、イルカの追い込み漁のことを書いた
ばかりであったこともあって、この投書にはとても胸を突かれた。

・・・・・・

で、私はこの投書をそっくりこの場に転載しようと思いついたのだった
が、ふと下の方に、「無断掲載を禁ず」との断り書きがあるのに気がつ
いた。

投書は、新聞社が採用した時点で、いわゆる「著作権」なるものが投書
主から新聞社に移動するものであるらしいが、

そもそも新聞への投書という行為は、投書主が新聞つーメディアを通し
て、なるだけ多くの人たちに自分の意見を知って欲しいつー動機にもと
づく行為であるのは言うまでもない。そこには金を儲けたいつー動機は
微塵もなかろう。

プロの物書きや音楽家たちが、作品の発表を通して(すなわち「著作権」
を行使して)報酬を得るのとは全く別物である。

しかるに、我々読者が、「この投書は素晴らしい、新聞の読者以外の人
達にも紹介したい。」と思っても、新聞社(著作権者)のシバリでそれ
が不可能にんなっていることは、実にくだらなく馬鹿げたことであると
言わざるを得ない。

・・・・・・・・・・

ユーザーが自ら作った「ユーチューブ」の映像の転載禁止の断りなんぞ
にも私は同様な思いを感じる。


「素晴らしい!」と感じたら、他人に知らせたいつーのはあたりまえの
人の情である。それが駄目だつー感覚が私にはまったくわからない。

そんなに自分の投稿が広まるのが嫌なら、初めっから投稿なんぞするな!
バカヤロウ !

・・・・・・・・

つーわけで、つーわけでもないけど・・、039.gif

昨日の「天声人語」、詩人の吉野弘さんの追悼文だったのだけど、とても
素晴らしい文章だと思ったので、ソックリそのまま無断転載します。085.gif

「 平明にして深みのある文は読んでいて心地よい。きのうが英の文豪
  モームの生誕140年の日だと知って、逸話をひとつ思い出した。75
  歳の誕生日に、今までで一番うれしかったことは何かと尋ねられて、
  こう答えたそうだ。▼「戦場にいる兵士から、あなたの作品を読ん
  だが、一度も字引の厄介にならなかった、という手紙をもらったと
  き」だと。先輩記者の本に教わった話だが、いかにも平明と善意で
  知られるモームらしい。▼そんな逸話から連想するのが、15日に87
  歳で亡くなった詩人吉野弘さんの作風だ。とかく難解な現代詩にあ
  って、わかりやすい言葉で人間を詠った。生きることの不可思議に
  ふれる幾つもの詩が胸をよぎる。▼〈 ひとが ひとでなくなるの
  は 自分を愛することをやめるときだ 〉の一節が胸にしみる。
  「奈々子に」も忘れ難い。▼19歳で入営する5日前に戦争が終わり、
  死を免れた。20代のとき結核で死に瀕した。そうした体験を機縁に
  つくり始めた詩は、やさしいながら深くて、一語のゆるみもなかっ
  た。当コラムも何度か詩句をお借りした。▼その名前よりも、その
  詩の方が知られていた人といえば失礼になろうか。いや、作品が愛
  誦されることこそ詩人冥利だろう。名前は頭に記憶されるが、詩は
  心に残る。言葉の力を信じて言葉をみがき続けた人が、そっと筆を
  置いて去っていった。 」



無断転載、どうぞご自由に ♪


エエ棚を !































[PR]
by mana1563 | 2014-01-27 14:18 | Comments(0)

イルカ、ニャン公、ワン公、ケネディ大使・・・

ケネディ駐日アメリカ大使が、ネット上で、和歌山県太子町の
イルカの追い込み漁を批判したことで、日本側から反論が数多く
寄せられ、ネット上は騒然となっているようである。

この種の件で、海外からの批判・非難に対しての日本人の側から
の反論は、たいてい決まって、

「外国(他民族)の食文化に口を出すな。」「動物愛護を言うな
ら、欧米人の肉食文化はどうなのか?」つーものがほとんど。

そして、必ずといってエエほど、「イルカやクジラを食べるのは、
日本の昔からの伝統である。」


が、(ここから私の意見です。)

伝統ならば、必ず後世に残さなくてはならぬつーことは全く無い。

現代人の感覚に合致せぬ「ワリイ伝統」は、絶やすべきであって、
まさに「イルカの追い込み漁」はそれに該当する。

北極圏のイヌイットやエスキモーのアザラシ漁を引き合いに出す
御仁もいるが、あっちの漁は自家用の食料にするだけ、しかも捕殺
の方法は銃によるもので、アザラシは即死である。

それに比して、イルカの追い込み漁は、撲殺であって、なぶり殺し
である。

しかも、現代日本において、イルカの肉を食べなければ飢えて死ぬ
なんつーことは絶対にない。その肉は市場に流され、金儲けの手段
となるばかり。

北方民族のアザラシ漁と同列に論じるなんぞ、もってのほかである。


・・・・・・・

私は、ニャン公に比べるとワン公には、さほど馴染みはないのだが、
ワン公の性質でとても感心することがある。

飼い主(主人)がどんなに貧乏で、残りメシに味噌汁のいわゆる
ぶっ掛けご飯のエサしか与えられなくとも、ワン公は、愚痴を言わ
ず生涯、「主人を乗り換える」ことが全く無いことである。

これは、我々人間よりもはるかに立派なことで、ワン公の主人に対
する忠誠の度合いは、経済力や見かけに左右されることが一切無い。

ニャン公の方は、俗に「家につく」と言われるように、その住まい
つーか、ナワバリに人よりも執着すると言われている。

(が、私の経験では、赤ん坊の頃から可愛がってやると、ワン公の
 ように、市街地でさえも一緒に散歩できるものである・・。)


いわゆるペットであるワン公やニャン公のようにイルカは、一般の
家庭で普通に飼うつーわけにはいかぬが、そのカシコサや人懐こさ
は決してワンニャンに劣らない。

美少年時代に「わんぱくフリッパー」のTV番組を観て育った私には、
やはり和歌山・太子町の追い込み漁は、あまりにも残酷に思える。

ペットとして、家庭でワンニャンを飼っている人は、可愛がっている
自分のペットが、野球のバットで殴り殺されている場面を想像して
みるべきである。

私は、ケネディ大使の意見を全面的に支持する。

日本で、絶大な人気のあるケネディ大使がイルカの追い込み漁を
批判してくれたことは、万物に命が宿ると考える日本人の一人とし
て、ふんとに有難いことである。

パキスタンやアフガンでの無人機爆撃を批判してくれたらもっと
エカッタのだけれど・・。マア、それは別の問題だ・・・。
http://www.youtube.com/watch?v=bqcoEEQgwGw&feature=share&list=RDbqcoEEQgwGw

余談:
伝統文化を残すべき、つーのなら「切腹」を残せばエカッタ。

ハトポッポや菅ちゃん、猪瀬さんなんぞは、その「伝統」に従って
欲しかったなあ・・・。037.gif












[PR]
by mana1563 | 2014-01-23 17:05 | Comments(0)

都知事選に、東八郎が出ていればなあ・・・

東京都知事選挙。ほぼ目ぼしい候補は出たようだ。

知名度のあるのは5人だが、実質的に細川元首相と枡添元厚生大臣の
二人の争いになる。

田母神候補は極右なので論外。(泡沫候補)

ドクター中松は、投票日までに化石燃料や原子力に代わる電力エネル
ギー源を発明すれば当選するかも037.gif

宇都宮候補は、共産党のお決まりの目標、「党勢拡大」のための駒に
過ぎず、はじめから当選するはずがないのがわかってるのに、何で立
候補するのかさっぱり。

細川候補は元首相つーことで知名度はあるし、その出自が正真正銘の
いわゆるセレブなのでオツムの軽い主婦層などには人気があるだろう。

が、この人が総理時代に残した仕事の実績は、皆無に等しい。
評価の低かった、海部さんや鈴木善行さんよりもさらに実績がない。

「反原発」つーことで、元首相の菅ちゃんは、最初は宇都宮候補を
押しながら、細川候補が出ると乗り換え。類は友を呼ぶつーのはこの
ことであろう。

まあ、今の候補者の中では、枡添候補が無難なとこだろう。
大都市東京の問題は、オリンピックの開催や原発のことに当然ながら
とどまらない。

(都心に残る僅かな緑地帯の神宮外苑の緑をつぶして、クソでかい競
 技場を造るのであれば、オリンピックなんぞ開かんほうが余程エエ。)

都民が冷静なら、シングル・イシュー(単一争点)であった、あの
小泉郵政選挙のようにはならんだろう。

前の知事の猪瀬のように、外国に向かって、「東京はオリンピックの
為に、銀行に4000億円キャッシュで預けてある。」なんて自慢して、
都民の為には何一つ政策を行うことが無かったアホウだけは、絶対に
御免蒙りたいものである・・・。

(一休み 063.gif )(ふんとはションベン 037.gif)  


れにしても・・・。

東八郎が生きておればなあ・・・。名知事になったものを・・・。
(青島幸雄にはガッカシこいたけど。意地悪ばあさんのカッコして、
 記者会見に出てくると、てっきし思ってたのに。)

あの醜い首都高速道路の撤去をやる知事は出ないものかのい。
結局、巨大地震か戦争の空襲でしか首都高の高架はなくならんのかのい。

やれやれ。

気分を変えっぺ
http://youtu.be/C21G2OkHEYo

エエ日曜日を ♪























[PR]
by mana1563 | 2014-01-19 08:37 | Comments(0)

卓球女子日本選手権を見る(礼儀知らずの高校生)

土曜の午後、ウトウトして起きると、TV画面に福原愛ちゃんが。

卓球日本選手権の準決勝の試合であった。

愛ちゃん、対戦相手の高校生に全くなすすべも無くストレート負け。

対戦相手の女の子、ポイントを挙げるたんびに、ゴリラの遠吠えの
ように大声をだして吼える。実に不愉快極まりない。

愛ちゃんも声は出すが、自分を鞭打つ感じのかわいい声なので、
厭味はない。

れに比べてこの高校生の怒鳴り声は、「どうだ!」つー感じで、
こんなの、大リーグでやらかしたら、スポーツマン・シップに
もとるとして、仲間から総スカンを食らうだろう。

女子テニスなんぞでも、プレイ中に大きな声を出す選手は、モニカ・
セレシュをはじめとして数多くいるが、あれは気合いの声なので、
不愉快な感じはしない。(うるさいけど。 )


で、このこともあって、決勝の石川香澄選手とこの高校生との
試合では、断然石川選手を応援。

序盤は相手の勢いに押されるも、タイム時間にコーチから気合を
入れられた香澄ちゃん、盛り返してそのまま一気にストレート勝ち。

ああ、エカッタばい。(あんな礼儀知らずの高校生が優勝しなくて。)

やはり、スポーツは喧嘩ではないのだから、対戦相手への礼儀が
なくてはならんと改めて思ったことであった。























[PR]
by mana1563 | 2014-01-19 07:57 | Comments(0)

今頃になって、「ISD条項」が問題 !! ほ

一昨日、NHKのニュースで、TPPに参加した場合、もっとも問
題になるのが、いわゆる「ISD条項」を適用されることで、実際
にアメリカ・カナダ間のISD条項の実施状況が過去の参考事例と
して挙げられていて、

TPP反対の理由に、最近になってこのISD条項が特に大きくクロ
ーズアップされてきた云々の報道が・・・。



な、なにを今更つー感じである。

二年前、歴史にその名を残すであろう、暗愚の宰相の菅ちゃんが、
「平成の開国」なんて、たわけたことをほざいてTPPへの参加の
意思を示したのであるが、

その当時から私は、日米安保条約のいわゆる「地位協定」にも匹
敵すべき、日本にとって不平等な「ISD条項」の片務性つーか、
治外法権性に警鐘を鳴らしてきた。

それがこの二年つーもの、いつの間にやら「ISD条項」の問題が
忘れ去られて、メディアもTPP反対派も一向に問題視することな
く、そろそろPTTへの参加交渉も大詰めの段階にさしかかってきた。

メディアが知らん振りをしたのかどうかわからないが、こんな重
要なポイントが国民の間でほとんど議論もされてこなかったこと
にただただ暗然とするばかりである。

ISD条項なるものは、たとえば水俣病のような企業活動が原因の
人権の侵害でも、もし当局が住民の生命の安全のために、企業に
たいして操業の差し止めをした場合、企業から違法だと訴えられ、
巨額の損害賠償を求められるしろもので、

これまで企業側が100%勝訴している。
こんな不平等条約に、いったい何で政府も政党も国民も賛成する
のであるか。エエ加減、目を覚ませ !

(中には、海外からの進出企業には、初めっからISD条項狙いで、
 巨額の賠償金が目当てのものだってあり得るのである ! )

ナショナリスト気取りの安部ちゃんや稲田朋美が、この売国的な
TPP参加に何のクレームをつけぬつーのは、アメリカと靖国参拝の
取引をしているつーことであろう。

ニセ右翼め ! 恥を知れ !!

れから、ISD条項をひた隠しにするマス・メディアの連中。
お前らは国賊だ ! ! !




























[PR]
by mana1563 | 2014-01-17 13:15 | Comments(0)

れれ? 今日は休日なん??


ここんとこ夜中の出勤。

今日も1時に家を出たのだが、途中でおとといの土曜に上司から、
「火曜は早出だぞい。」と言われたのを思い出す。

ん? 月曜ならともかく、何で火曜のことを?と疑問に思って、
スマホを取り出して、カレンダーを見ると、な、なんと、今日
(13日)は休日ではないか !!

あちゃーっ、間違えたわいとUターン。道すがらコンビニでビイ
ルとフライド・キッチン(←ダイドコで食べっと美味しい。)。

そそっかしいとは、若干思わぬでもなかったが、しかし会社に
着く前に気がついたのはさすが。私がカシコイ証しであろう。

神の恩寵というべきかも。初詣の100円の賽銭が早速効いたかの。037.gif

・・・

そうそう、昨日はBSで、以前から観たいと思っていた「たそがれ
清兵衛」を観たでがんす。期待にたがわずエエ作品であったでがんす。

山田監督作品であること、原作が藤沢修平であること、そして
場所が山形(庄内平野)であること等、条件はすべてグーでがんすし、

主人公・清兵衛の生き方・考え方は、私のそれと全くおんなじでがんす。

時代背景は幕末だが、実に地方に住む武士の生活にリアリティー
を感じる映画作品でがんした。

いくら帯刀しているつっても、よくある時代劇のように、武士が
四六時中、刀を振り回しているわけじゃああるまいと常々思って
いただけに、こういう作品を観るとホットとするのでがんした。

最近封切りの「武士のダイドコ?」つーのもエエかも知らんでがんす。

・・・

あと、深夜、昨年の6月に行われた「赤の広場コンサート」も。
まあ、場所が場所だけに、広過ぎてオーケストラの音が拡散しちゃ
って、ソロのピアニシモのとこなんて、TVでもよく聴き取れない。

コンサートつーよりは、ひとつの集いつー感じかのい。

びっくりこいたのは、出演者のプリマ、アンナ・ネトレプコ。
TVのアナが「実力と美貌を兼ね備えた云々・・」つー紹介を
したのだが、映像を見て愕然。「こ、これがあのアンナ・・」

100KG?はあろうかと思われるくらい太ってまって、フェイスも
かってのあの知的な面影は微塵もない。(元から無かった?046.gif
私はびっくらして屁をこいた。

ダイエット食品や器具の宣伝の使用前、使用後の逆を云った感じで、
ふんとオナゴつーのは、顔つきまですっかり変わる。あらまあ・・
(モンセラート・カベールなんぞも典型的なそれ)

つーわけで、今こうしてビイルをお供にブログを書いてるとこ。

パソコンはやっぱデスクトップがエエね。タブレットは二つの画面
を同時に出せんのでファイルの移動が目の前でできんので駄目。

ニュースやブログを観るだけなら、寝転がっても見られるのはエエ
けんど。

































[PR]
by mana1563 | 2014-01-13 02:31 | Comments(0)

マスメディアと靖国問題

https://www.youtube.com/watch?v=eSVRayws7i0&feature=youtube_gdata_player
[PR]
by mana1563 | 2014-01-12 09:12 | Comments(0)

靖国問題とマスメディアの本質

 
d0135815_7415220.jpg


安部ちゃんの靖国神社参拝に関しての報道・討論番組が盛ん。

中国と韓国が、批判する原因はひとえに「A級戦犯」への参拝。
で、これについての日本人の見解(西尾幹二に代表される意見)は、

日本においては(大陸的あるいは西洋の宗教的価値観と異なり、)
どんな人間であっても、死ねば仏となり神となって祀られる。

そして、(西尾は)日本の中世(平安時代)に、関東で新皇を称し、
京都の皇室に弓を引いた平将門も官軍に打たれて後、神社に祀られ
それは関東各地の将門神社として存在することを一例として挙げる。

が、将門は後の天神様の菅公・菅原道真同様、皇室がその怨霊の
祟りを畏れて、慰霊の為に神社に祀ったものであって、

「A級戦犯」のような日本国および日本人多大の損害を与えた人物
の場合などとは全く持って異なる。

(菅公はもとより)将門は、地域の住民(その多くは農民)からの
多大の尊敬を受けていたのであって、太平洋戦争で戦死した兵士の
遺族から恨まれ憎まれていた「A級戦犯」達とを同様に考えるのは
見当違いも甚だしい。

「朝まで生テレビ」で、中国人評論家・実業家の宋何とかつー人が
言い、今朝のフジの報道番組で、元外交官の宮家何とかつー人も言
ったように、

会社経営に失敗した経営陣は責任を取るのが常識であるのに、戦争
に敗北し、軍人のみならず多くの民間人に損害を与えた指導者達を
日本人自ら裁くことなく、れどころか神として祀った行為に、日本
の伝統との大きな矛盾・乖離がある、つー指摘は正鵠を得たものだ。

日本の伝統である「和の精神」も、わが子を殺した犯人を赦し、神
仏として祀れとまでは謳ってはいない。

出演者の森本元防衛大臣は、「A級戦犯が、国民と天皇の戦争責任を
全部引き受けたのだ。」とのたわごとをのたまう。

他者の責任を引き受ける?ハア? 
もともと戦犯とされた連中自身に、はじめっから全ての責任がある
のは自明のこと。ウソの情報ばかり天皇と国民に提供してだました
ことは論外である。

責任を感じたのであれば、なぜ玉音放送を聞いてすぐに、皇居前で
切腹しなかったのであるか。こいつ等は、軍人としてもクソである。

軍のトップとしての、戦に負けた責任はもとより、国民と天皇陛下
を欺き、連合国の無条件降伏を、「体制護持」の非現実的な屁理屈
を理由にだらだらと引き延ばし、多くの民間の国民を死に至らしめ
た罪は、幾ら罰しても罰し切れぬほどである。
(天皇制の、体制護持なんて、戦勝国から見ればギャグもエエとこ。)

そんな奴等を神として拝めだとぉ ! ふざけるな。
 

・・・・・・・・・・

「靖国参拝」のたんび、日本のマス・メディアは、先ず最初に中国と
韓国の反応を報じるのが常。

ここには、「他人の不幸は、自分の幸せ」つー、実に卑しいジャーナ
リストに特有の人間性が如実に顕れている。火事や犯罪、交通事故で
わが子を失った親に対して、「今、どんなお気持ちですか?」と取材
する感覚。

そしてこの種の取材の報道を視聴者や読者は、きっと喜ぶであろうと
考えるその人間性の低劣さ。

こうしたジャーナリスト連中で構成されたマス・メディアは、国家的
国際的規模の問題についても、同様なアプローチをとるのである。

「戦争責任」について、日本国民と指導者を分けた被侵略国の指導者
周恩来の見方を捻じ曲げて利用して、日本民衆の側からではなく、
中国の民衆側からの評価のみをことさらに取り上げるばかりであった。

国際問題、外交問題に発展させることこそが、日本の大手メディア界の
目論見であるからで、そこには、「大本営発表」のウソを新聞ラジオで
報道し、戦地に多くの従軍記者を派遣して、真実を把握していながら
国民をだまし続けたことへの反省は微塵も見られない。

挙句の果ては、その当時において、情報源としてラジオと新聞より他な
かった学校の教師を戦争に加担したとして、その責任を追求する有様。

西尾幹二等の、たとえ戦犯であっても死ねば神となって祀られる??、
日本人の宗教観・日本文化の独自性??について、他国にとやかく言わ
れる筋合いは無い。つー論も極端だが、

ジャーナリストの他人の不幸を喜び、他人の欠点や過ちをとことん追求
する浅ましくて卑しい人間性もまた、今日の「靖国問題」を作り出した
最も大きな原因なのである。

無論、安部ちゃんの「靖国に参拝して、不戦の誓いを新たにした。」
つーコメントにも呆れ返る。

「靖国」は、「国の為に殉じた兵士の霊に感謝する」ところであって、
決して「不戦の誓い」をするようなところではない。

・・・・・・・・

この間の津波でわが子を失った母親が、名状しがたいやるせなさ、悲
しみをこらえて、浜辺で手を合わせているように・・・、

先の戦争でも、わが子を戦場に送り出した母親は、その無事を祈って
お百度を踏み、畑に立たずんだ。

安部ちゃんや、自民党4バカ大将(稲田、西田、山本、高市)のように
胸を張って、ふんぞり返って参拝するような性格のものではない。

政治家にも、最近はふんとまともで教養のある人物が少なくなった・・。

安部ちゃんの周辺に、伊吹さんや古賀さんのような先輩の側近がおらず、
森さんのようなスポーツバカしか居ないことが返す返すも残念なことである・・・。


エエ、日曜日を !
d0135815_7435283.jpg


































[PR]
by mana1563 | 2014-01-12 09:08 | Comments(0)