何とか生きておりまする・・・ (^^ゞ
by mana1563
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
記事ランキング
以前の記事
2017年 06月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
最新のコメント
我欲五輪は「ろ・く・で・..
by 我欲都民 at 21:35
心にもないお悔やみふんと..
by mana1563 at 09:55
あべたんも、放射能が、「..
by ぽんすけ at 15:21
ユーチューブの映像のアッ..
by mana1563 at 09:49
ああ、コメントどうも・・..
by mana1563 at 15:29
ブログ拝見いたしました!..
by きょうこ at 19:00
とても魅力的な記事でした..
by 職務経歴書 at 09:33
桜の8分咲きの頃から、数..
by mana1563 at 11:48
夏目君は、体が弱いとこが..
by mana1563 at 14:28
ホントにその通りと思いま..
by naoki kune at 22:49
検索
タグ
(1)
画像一覧


<   2013年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

マンデラとアンパンマンとヒューマニズム

最早年末で、この一年を回顧するには遅過ぎるくらいなのだが・・・、

今年も、昨年逝かれた吉本隆明さん、新藤兼人さん、吉田秀和さんと
同じく、日本の社会文化に大きな影響を与えたお人が亡くなられた・・。

アンパンマンやなせたかしさんである。

アンパンマンが、その正義感と優しさを日本中の子供たちへ伝えた
影響は限りなく大きい。
( 私は、こういうお人こそ文化勲章や国民栄誉賞の受章にふさわ
  しいと思う。)

もう一人、世界に目を転ずればあのネルソン・マンデラも亡くなった。
マザー・テレサは言うまでもなく、マハトマ・ガンジーのように信仰
が人格を形成しているようには見えなかったが、それゆえになおさら
マンデラの博愛というべきヒューマニズムは素晴らしいものであった。

・・・・・・・・・・・

やなせさんとマンデラさんに共通していることは、どちらも徹底した
ヒューマニストであって、決してニヒリズムに陥ることが無かった事
である。

歴史に名を残す人は数多いが、真に偉大な人となると数えるほど。
その違いは、やはりヒューマニズムの一点に尽きる。

骨の髄からヒューマニストであった、マンデラさんとアンパンマンの
霊に、尊敬の念を込めて心から合掌・・・
























[PR]
by mana1563 | 2013-12-30 02:14 | Comments(0)

いわゆるA級戦犯と靖国神社参拝について

1978年に、いわゆる東京裁判においてA 級戦犯とされた戦争指導者
等が靖国神社に祀られてから昭和天皇、平成天皇ともに参拝されて
いない。

彼等が戦争当事国(敵国である連合国)にとっての「戦犯」である
からのみでなく、日本および日本人にとっても「国賊」だからであ
る。


太平洋戦争は言うまでもなく帝国主義国同士の縄張り争いであった。
そして日本は、あらゆる意味でアメリカの敵ではなかった。

それは子供でもわかることであるにも拘わらず、当時の日本の指導
者は文字通りヤケクソでアメリカに戦いを挑んだのであった。


戦争に勝つ、つーことは、相手国を占領すること、最低限首都を占
領することであるが、日本がアメリカ本土の大半を占領し首都ワシ
ントンに進軍するなんつーことはおよそ考えられなかった。

※ 日露戦争なんて、単なる局地戦に過ぎず、多くの戦場は朝鮮か
  中国であった。ロシアが停戦に応じたのは、ロシアが革命前夜
  の混乱期であったがゆえに過ぎない。


いわゆる「戦犯」の罪は、戦争のプロである軍人でありながら、
「負け戦」に突っ込んだこと。そして、停戦降服の機会を逸し、
竹槍で近代装備の軍隊に立ち向かえと、国民にとことん犠牲を強い
たことである。

指導者に当たり前の判断力があったなら、沖縄の悲劇や広島・長崎
の惨禍を招くことは無かったのである。

の意味で、「戦犯」と「英霊」を合祀するような神社に参拝するこ
とは、「英霊」にたいする侮辱に他ならぬのである。

ガダルカナル島戦の敗残兵を、故郷に帰すことなくさらに戦死の確
率の高い戦地に派遣したことなんぞは、およそまともな人間のやる
ことではない。


人間、死ねば悪人も罪人もなく、皆仏になるのだつー、一見あたり
まえのようなことを言うアホウが時折見受けられるが、我が子を殺
された親が、その加害者と同じ墓に入りたいつー例は未だかってな
い。

日本国民に未曽有の惨禍をもたらした戦犯を祀った神社に参拝し、
「国の為に殉じた英霊云々・・・」なんつーことは、人としての常
識を欠いているとしか言いようがない。

中国や韓国、あるいはアメリカがどうこう言ったから、つー以前の
問題である。いわゆる「戦犯」は、日本人にとって決して赦すこと
のできない犯罪者なのである。

自国の赤ん坊を殺した指導者なぞ、どうして赦すことができよう。












 

 

[PR]
by mana1563 | 2013-12-27 14:07 | Comments(0)

TVを見て涙が・・。 そ、音楽つーものはこうゆうものだ・・・

午後、NHKで2003年放送の「プロジェクトX・群響の生い立ち」を
観る。

山ん中の小学校へ行っての演奏会。初めて見る楽器やクラシックの
音楽に接した子どもたちの真剣な顔や、その反応として楽団員たち
が演奏した「赤トンボ」に自然に唱和した子どもたち。

ここの映像のところで不覚にも涙が止まらず・・・

そ。音楽つーものは、こういうものだ。

[PR]
by mana1563 | 2013-12-22 18:01 | Comments(0)

スポーツマン(=低脳)だけは、政治トップには勘弁

猪瀬東京都知事が在任1年で辞任して、来年2月には知事選挙が
行われるそうな。

早速メディアでは、立候補者の推測が・・。

1千万人の人口を抱え、予算規模も5兆、6兆つー日本の首都の
知事であるから、いわゆる知名度つーのは重要な要素だろう。

が、橋本聖子さんつーのは勘弁してけろ。


学校や企業等のアマチュア・スポーツ界。あるいはプロの世界
でのチーム・スポーツのチーム・リーダーや監督には、確かに
素晴らしい人材が多い。

(地位が人間を育てる、つー言葉の如く、平凡な人間が鍛えら
 れて、素晴らしい人間に育つ。)

が、それは、あくまでそのスポーツの世界、すなわちある一点
を目指す共通の目標をメンバーが共有しているから、つー前提
がある世界にのみ通用する話なのであることを看過すべきでは
ない。

経済的な格差、教育のラベル、政治的な思想の隔たり等、一般
社会では、同じチームに属するメンバーをまとめるくらいの程
度の能力では話にならぬ。

一人の人間として、どんなに男らしさや女らしさ、果断さや優
しさ等があって、魅力的であったとしても、あらゆる種類?の、
1千万の人間を治めていくには、アホウ(低脳)では絶対に無
理なのである。

※ 学級担任のほうが、野球部等のクラブ活動の顧問なんぞよ
  りもその意味ではるかに難しい。

「夢はかなえられる」とかの信念をもっているようなスポーツ
マンによくあるタイプのリーダーでは、町村ラベルではともか
く、大きな行政体ラベルのトップにはふさわしくない。

 (※ 町村ラベルでのスポーツマンの首長就任には賛成)

基本的にオツムがエエことと教養があること。これが絶対条件。

ニヒリストでありながらも、同時に理想主義者かつヒューマニ
ストである人物こそ政治のリーダーにふさわしい。

毎日、定時にバスや電車が動き、ガス・水道・電気も滞りなく
供給され、道路交通が信号によって制御され、ほぼ決まった時
刻にゴミが収集されている現代日本社会の政治リーダーの仕事
は実は案外にたやすい。

だが、それでもスポーツマンだけは(大きな)行政の長にだけ
は絶対にしてはならぬ。

就任させて、その結果がギャグで済めばエエが、とんでもない
羽目に・・・。041.gif085.gif


エエ日曜日を ♪

































[PR]
by mana1563 | 2013-12-22 07:20 | Comments(0)

詩人のきん魂と神の御心

3連休の初日。

三日間のぐうたら寝に備えて、朝、まだ暗いうちから灯油を買い
に走る。

と、朝からいきなりびっくら。道路が一面、霜?で真っ白なのだ。

わっ、霜かや。もしも転んでしもうたら、私も歳も歳だしヤバイ。

(れっ、つい韻を踏んでまった。詩人のきんたま(魂)の習慣が
 ・・。)
 

読みたい本、読まねばならぬ本はいっぱいあるし、撮りためたTV
番組たくさんあるし・・。

アルコールの邪魔が入らねばなんとかなるのだが・・。
まあ、行く手を阻む困難や障壁が存在するのが、人生つーものであ
ろう。

天や神のさだめにしたがって、時には妥協することも止むを得ない
・・・。  フム・・。
 ( 神よ、私はこの連休は妥協に甘んじます。011.gif

・・・・・・・

猪瀬東京都知事の辞任。

石原慎太郎の七光りで当選したに過ぎないのに、彼の傲慢な態度は
実にいただけなかった。

次は、池上彰さんか枡添要一さんあたりがエエな。

橋本聖子さんつーのはカンベン。041.gif

まあ、好きにせいや。

じゃあ、さるまた。エエ終末を、もとい、週末をね。

エエ棚を ♪



























[PR]
by mana1563 | 2013-12-21 07:10 | Comments(0)

続・久し振りのモリコーネ 

https://www.youtube.com/watch?v=f6lO-v_H-E8&feature=youtube_gdata_player
[PR]
by mana1563 | 2013-12-20 16:59 | Comments(0)

久し振りのモリコーネ ♪

https://www.youtube.com/watch?v=EnJsHSF6zgg&feature=youtube_gdata_player
[PR]
by mana1563 | 2013-12-20 16:52 | Comments(0)

戦争はだめよ・・・。

https://www.youtube.com/watch?v=F0Cf5Hpfg1Q&feature=youtube_gdata_player

この歌を自民党の4バカ大将(西田昌司、稲田朋美、
高市早苗、山本一太)と安部ちゃんに聴かせてやりたい。

人を憎んだり、苛めたって何もエエことなんてない。

戦争はだめよ・・・。






[PR]
by mana1563 | 2013-12-15 19:50 | Comments(0)

心が惹かれる国々・・・

https://www.youtube.com/watch?v=D50kuxagqfQ&feature=youtube_gdata_player
シュトルムやヘッセ、シュテフターやケラーの小説を読んで
私はドイツ(ドイツ圏?)に憧れた・・・。

パウル・ハイゼの「片意地娘」を読み、アッシジのフランチ
ェスコの事を知り、映画「鉄道員」を観て、イタリアに憧れ
た・・・。

クローニンの「スペインの庭師」を読み、そしてブルッフの
「スコットランド幻想曲」やメンドリの「スコットランド」を
聴いて、私はスコットランドに憧れた・・・。

「グリーン・スリーブス」や「庭の千草」を聴いて、アイル
ランドに憧れた・・・。

G・オーウエルの「カタロニア賛歌」や「アランフェス協奏曲」
によってスペインに憧れた・・・。

タンゴの「真珠採り」や、高峰美枝子さんの「南の花嫁さん」
を聴いて、私は南の島に憧れた・・・。

シートンの「動物記」やジョン・デンバーの歌でロッキー山脈
に憧れた・・・。

そして、幸運にもネジマワシとしてタダで(037.gif)あっちこっち
行けた日本国内では、星寛二さん、岸洋子さん、藤沢修平の地
・山形や、日本の自然の美が全てある信州を何度も何度も訪れた。

大和路や京都路は言うまでもない・・・。

   ・・・・・・・・



昨夜から今夜にかけて、双子座流星群だ・・・。

ひひひひ・・・。


エエ夢をね。 ゴッド・ナイト ! ♪ 
[PR]
by mana1563 | 2013-12-15 18:02 | Comments(0)

ジャーナリスト(と私)の思い込みと報道の自由


最近になって我ながら愕然としたことがある。

韓国に朴クネ政権が誕生してから、韓国政府は、自らの無能さを国民
からそらすために、次から次へと反日的な言動を続けている。

特に嫌韓つーわけでもなかった私でさえ、こんな国とは断交してまえ、
と思うくらい。

  ・・・・・・・・

が、新宿大久保町あたりでの、いわゆるヘイト・スピーチなんぞは論
外でさすがに逆に日本の恥だと思うのであるが、

最近になってやたらとネット上や週刊誌で暴露されている、ベトナム
戦争での韓国軍兵士のふるまいについては、正直ガックリきた。

私は40数年前に読んだ朝日新聞記者・本多勝一の「戦場の村」に書か
れている韓国兵の描写とりわけ、「ベトナム農村の実った稲田をアメ
リカ兵士のように焼き払うような蛮行は、たいていの韓国兵が農村出
身である為に決してやらぬ云々・・・」の記述をずっと信じてきた。

が、ネット等で暴露された数々の韓国兵の蛮行には言葉もない。
自分の不明を恥じるばかりである。

本多勝一は、大国アメリカの横暴さを見るにつけ、憤りからの先入観・
思い込みによって、逆に同じアジア人の韓国兵の実態を見誤ったもの
であろう。

現場にいて、直接自分の目や耳で取材しても、その情報の、正しい分
析ができるかどうかは別の問題つーことなのだろう。

先年、「平和国家」ノルウエーでの右翼によるテロ事件の犯人を、ヨ
ーロッパ在住のジャーナリスト達が、こぞってイスラム系の可能性が
大きいと報道したことも同じである。

  ・・・・・・・・・・

先日、特定秘密保護法つー悪法が成立して、当然のことながらジャー
ナリストたちは言論の自由が制限されると、こぞって反対している。

が、「戦場の村」の取材記事に見られるように、ジャーナリスト個人
が、はじめっから思い込みや先入観で、無意識の裡に偏った報道記事
を書くのであれば、それは言論の自由以前の問題であるのは云うを俟
たぬ。

  ・・・・・・・・・・

権力による報道の制限で、記憶に新しいのは、先年のフクシマでの
スピーディの予測結果の公表の遅れであるが、さらにエゲツナイ事例
は云うまでもなく太平洋戦争中のそれである。

私が、権力つーのはここまでやるか、と感じたのはガダルカナル島の
敗北後の日本政府の処置である。

数万人の日本兵が、艦砲射撃や爆撃、戦闘、さらには飢えや伝染病で
死んだ。無論日本政府はこの事実を国民から隠した。

かろうじて生き残った兵士たちは、アメリカ軍による捕虜以外は日本
軍の輸送船で日本に帰還寸前、沖合いの船内で敗北の事実が国民に知
られぬよう船内で待機させられ、眼前の故国に上陸できぬまま、結局
彼等は、次の南方の激戦地に(戦死を目的として)送られたのである。

(死人に口なしがネライである。国家権力つーものが、いかに一個人
 を軽視するかつーことの実にやりきれない実例である。)

ふんとに、この法律は稀代の悪法である。

今の安部ちゃんは、自民党の4バカ大将(高市早苗、山本一太、西
田昌司、稲田朋美)がお友達として支えているのであるから、こんな
時代錯誤の悪法を作ったのもむべなるかなつーところであろう。041.gif

 ↓ ひさしぶりに ♪


エエ終末を、もとい、週末を ! じゃあ、さるまた ♪




































[PR]
by mana1563 | 2013-12-14 07:39 | Comments(0)