何とか生きておりまする・・・ (^^ゞ
by mana1563
記事ランキング
以前の記事
2017年 06月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
最新のコメント
我欲五輪は「ろ・く・で・..
by 我欲都民 at 21:35
心にもないお悔やみふんと..
by mana1563 at 09:55
あべたんも、放射能が、「..
by ぽんすけ at 15:21
ユーチューブの映像のアッ..
by mana1563 at 09:49
ああ、コメントどうも・・..
by mana1563 at 15:29
ブログ拝見いたしました!..
by きょうこ at 19:00
とても魅力的な記事でした..
by 職務経歴書 at 09:33
桜の8分咲きの頃から、数..
by mana1563 at 11:48
夏目君は、体が弱いとこが..
by mana1563 at 14:28
ホントにその通りと思いま..
by naoki kune at 22:49
検索
タグ
(1)
画像一覧


<   2013年 02月 ( 24 )   > この月の画像一覧

おいおい、そらではないよ。「くう(空)」だがや。

昨日、先日亡くなられた歌舞伎俳優の市川団十郎さんの
葬儀が行われた。

これを報じたNHKのアナウンサー、団十郎さんの辞世の句、
「色は空 空は色との 時なき世へ」を紹介した際に、

「いろはそら・・・」とのたまう。

団十郎さんは、「般若心経」の「色即是空 空即是色・・・」
が念頭にあって、この辞世の句を作ったものであるのに、

「そら」とか「いろ」とか、いやはや・・・

言うまでもなく「空(くう)」は、この場合、哲学的な概念。
(「色(しき)」もそう。)

それを説明せよ、と言われても一介のネジ回しごときの
私なんぞには、とうてい不可能だが・・・。

下の句の 「時なき世へ」も、時、あるいは世の文字は、
昔風の読み方で、きちんと5-7-5の俳諧の形式に合致した
ものになるように、団十郎さんは詠んだはず。(??)

NHK 、しっかりせい !


※ 私見だが、「時」は「しるべ」あるいは「よるべ」か「しら
べ」と読むか、「世」の方を「とこ」あるいは「かた」と
読むべきと思います。

一例

「 色(しき)は空(くう) 空は色 時(しるべ)なき世(よ)に 」

by 団十郎

追記:??? やっぱし、「時」の字、「じ」でエエのかも。

お仕事柄、古典に通じた団十郎さんのことであるから、素直に読めば
エエのかな。 形式には拘るであろうから、破調の句ではないと思う。

この句には、団十郎さんの落ち着いた達観、諦観の境地が
読み取れる。

旧約聖書の「伝道の書」にある「空の空 空の空なり すべて
空なり」の救いようのないニヒリズムとはなんという違いだろう。

まさしく団十郎さんは、真正の日本人であった。 合掌
[PR]
by mana1563 | 2013-02-28 07:29 | Comments(0)

領土問題は時間との勝負である

TVを見ていたら、北方領土問題の話題。

ある評論家曰く「焦らないで、ここはゆっくり云々・・・。」

 ↑ ドアホ。

北方領土がソ連(ロシア)に占領されて、すでに70年になる。

二世代の年月である。クナシリやエトロフで生まれ、そこが
ふるさとである世代も、どんどん増えている。

現在の土地で生まれたロシア人たちに、「そこは日本人の土地で
我々のふるさとだ」と主張したところで通用するはずがあるまい。

ある土地が、どこの民族国家に所属するかどうかを決めるものは
時の国家権力の力関係と共に、そこの住民の「ふるさと意識」
そのものである。

パレスチナを想え。北方領土もあそこの感覚に近くなってきた。
北方領土問題を1972年に返還された沖縄と同じように考えるのは
そもそも間違い。

沖縄はアメリカに占領されて、日本は主権(統治権)を奪われた
状態ではあったが、沖縄の住民はクナシリ、エトロフ島の住民
のように本土に追放されたわけでもないし、大陸のロシア人達が
島に移住して住み着いたわけでもない。

アメリカの狙いは治政学的にとても重要な位置にある沖縄に
軍事基地を置くことであり、領土そのものには野心はなかった。

ゆえに、アメリカ(つーよりアメリカ軍)はその統治権(施政権)を
日本に譲ることにはさほどの未練もなかったのである。

が、北方領土の場合には、パレスチナにユダヤ人が入植するのと
同じようにロシア人が入植し、すでに半世紀以上が経過している。

施政権がどっちに帰属するのかといった、いわば形式上の問題で
あった沖縄との違いは実に大きい。

パレスチナ解放闘争のように、北方領土解放闘争として実力闘争
になったとしてもおかしくはない問題なのである。
ことほどさようにこの問題の解決は簡単にはいかない。

幸い、今のロシアの権力者は、プーチンである。

経済的な利害の側面からの日本へのアプローチであるとしても、
日本にとってチャンスであるのは事実である。

「引き分け」でエエ。れしかない。
プーチンが、失脚してしまえば、一島だって還ってはこない。

でなければ、日本が核武装して、ロシアを上回る核の軍備を持ってから
ロシアに全面返還を迫るしかあるまい。

4島全面一括返還を叫ぶ連中は、それがおよそ実現不可能であることを
承知の上で、無責任にわめいて自己陶酔のマスターベーションをして
いるに過ぎない。

そんなものはナショナリズムでもなんでもない。

残念ながら、半世紀以上経過した今、真正のナショナリズム、すなわち
「ふるさと」を主張できる資格のあるものは、北方領土で生まれた
ロシア人移住者の二世、三世になりつつある。

日本が、ふんとに北方領土の返還を望むなら急がねばならない。

まんだ、国内に北方領土をふるさととする、かっての島民は存命している。

返還交渉は一刻を争う・・・。

[PR]
by mana1563 | 2013-02-24 13:11 | Comments(0)

民主党の、政局への洞察力の欠如に呆れた

野党第一党とはいえど、衆議院議員500人中僅か50余人の勢力の民主党。

他の野党勢力との連携を模索中。

ただ、はっきり言って「右翼」である維新の党との連携なんて、野合も
エエところ。(相手の維新の側から、拒否反応があるのが哂わせる。)

民主党幹部曰く、「維新とはうまくいかん。困った。小沢さんの生活の党
に接近するよりあるまい・・・。」

 ↑ ふんと、アホ。世間の空気をちっとも読めぬ政局感の無さに呆れる。

目下は参議院のみの勢力だが、「みどりの風」があるだろうに。

元来、民主党は「みどりの風」のような党風であったはずである。
(そのイメージがあったればこそ、政権を獲れた。)

原点に戻ることだ。

アタマを下げて、「みどりの風」に集団入党をしてもよかろう。

ガタガタになった民主党のイメージのまんまでは、再起なんぞ夢のまた夢。
[PR]
by mana1563 | 2013-02-24 12:47 | Comments(0)

極寒との戦い

日中の最高気温が10度にもならぬ日々が続いた。

大自然の理不尽な寒波との戦いである。

私が勝つか、大自然が勝つか、勝負は五分五分。

気のせいか、ここんとこ太陽の光か日毎に強くなって、
神が私に味方してくれているようである。

私は不屈の精神をもって、なんとか敵の2月の残忍な
攻撃を打ち破った。半世紀の人格の修練のたまものであろう。

きたるべき3月の総攻撃で、私は完膚なきまでに、大自然を
打ち負かすのは確実。

日々刻々、戦況は私に有利になりつつある。

虫歯にしもやけ、痔、40肩(しじゅう痛い)、こむらかえり等、
私は慢心総意、もとい、もとい、満身創痍である。

が、がんばらねばならぬ。なんとしても。

4月1日の私の記念日を祝う為に !!!
[PR]
by mana1563 | 2013-02-23 13:56 | Comments(0)

すわっ、ノーベル賞もの ! 虫歯の痛み軽減法発見 !

虫歯を放っていたら、だんだんと痛みが・・・。

欠けた歯の埋まった根っこなので、ペンチでヤットコサと
引き抜くこともできない。

今朝のトラックでの仮眠中、あまりの痛みの疼きで、目が
醒めるくらい。

体の痛みで、眠りから醒めたのは、40の頃に罹った50肩
があったがそれ以来・・・。

(心の痛みで眠られぬ夜があるのは、デリケートな私の場合、
 数え切れない・・・。)


激痛に堪えながら、この痛み、何とかならんんものかと
キャビンを見廻す・・・。

と、アルコール入りのウェット・ティッシュが目に付いた。
で、その一枚を丸めて痛む奥歯に突っ込んで噛み締めた。

と、どうじゃ。
痛みが引いたではないか !

ヨーチンを沁み込ませた脱脂綿を虫歯に当てる、応急処置法は、
知っていたが、アルコールでもOKだったのだ。

※ このアルコールは、車のエンジンの水抜き剤と同じもの。
  注射を打つ前に消毒で使うのと同じ。(IPAつー種類)

  ゆめゆめ、お酒のアルコールと間違えぬように。
  愚かな君達のこと、おおいにあり得る。

れはさておき、とっさに機転の利く私は、我ながらふんとに
賢いなあと、感心することしきりであった。

会社には、歯医者係りはいるのだが、そんな時間は全くない。
自分で処理するより方法はないのだが、まさに私はそれを発見
したのである。何と、賢い !049.gif

ただ、食事のたんび、缶コーヒーを飲むたんびにウェット・
ティッシュを噛まなくてはならんのがメンドイが・・・。

そういえば、そろそろ総入れ歯も近いのかのい・・・。
笑って誤魔化す・・・。

歯歯歯歯歯 



春一番まで、もちょい。

風邪ひきなや。 エエ棚を !
[PR]
by mana1563 | 2013-02-21 10:36 | Comments(0)

花粉症は天罰である。


( ↑ この歌、クリスマス・ソングでも有名じゃね。
「スコットランドの吊鐘草」)

今の時節は、スギ花粉による花粉症の患者が増える。

先ずは、その方々にお見舞い申し上げます。

さりながら、今日は皆さんに耳の痛いことを言わねばならぬ。
やさしいこの世の観音である、私が、心を鬼にして心ならずも・・・。


あの世、もとい、この世には、花粉症に罹らぬ人とそうでない人がいる。

後者は、体調つーか、体のどこか、例えばアタマがわりいというような
ことが考えられる。

アタマを良くするつーのは、一朝一夕ではかなわぬことであるから、
残念ながら、彼等はその一生にわたって、花粉症に苦しむことになる。

次に、普段の生活の心掛けつーか、毎日を真摯に生きているかどうか
つーことが、花粉症の罹患、非罹患を分けることが考えられる。

私は、こうしてブログを綴っている今も、花粉症の患者たちの苦しむ
姿が思い浮かんで、気の毒で昼寝さえもできないのであるが、

言いにくいことではあるが、やはり普段からの生活態度が花粉症に
ならぬかなるかを決める重要な要素であることを否定できない。

れと、愛国心の有無とか、過去の自分の誤りを喰い改めるかどうか
つーことなどもある。

私は、美少年期から美青年期への移行期、パン食からご飯に喰い改めて
現在に至っている。

神の思し召しに適うのは言うまでもない。

花粉症患者のほとんどは、いまだ喰い改めていないのではあるまいか。
れで、神の怒りを買っているが為に、鼻みみずやクシャミで、紙資源
をムダにする羽目に陥っているのであろう。

わりいことは言わん。今からでも遅くはない。

喰い改めなさい。 パンからご飯に。

さすれば、神の怒りが収まって、花粉症の症状も治まると思うのだ。

私は、およそ他人の不幸を喜ぶような人間ではない。ふんとに心から
花粉症の方々に、お悔やみ申し上げます・・・。

あ、花粉症ではなくて、花糞症とすべきではないでしょうかね。
提案ですが・・・。

そう言えば、諺に「めくそ、はな(花?)くそを哂う」つーのもある。

れにしても、私に悪気はないのだけれど、どう考えても花粉症に罹る
人達つーのは、何かしらわりいことを考えたり、人知れずやっている
のだというしかない。でなければ、花糞症になんぞなるわきゃないだんべさ。

でも、ふんと花糞症の方々、ご愁傷様ぁ。
私も一緒に、苦しんであげますから元気出して !

037.gif




追伸: 

今朝のNHK「音楽の泉」は、イギリス民謡特集として、我々の耳に馴染んだ
スコットランドやアイルランドの民謡・古謡の合唱をたっぷり。

この番組でなくっちゃあ出来ない企画。さすがは皆川の達ちゃん。

聴いていて感じたことがひとつ。

この手の歌、ソプラノやアルトの独唱部分がとってもエカッタ。
日本人の歌もエエね。(歌の質?に日本人の声の質、発声が向いてるのかも)




エエ日曜日を !

[PR]
by mana1563 | 2013-02-17 14:40 | Comments(0)

春よ来い ♪

今日は、早目に仕事が終わって深夜の帰宅。

帰り道の北風のさぶいこと !

昼間は冷たい雨。夜は凍りつきそうな風。泣きたくなるわい。

冬は好かん。れでも、ようやっと嫌いな2月も半分過ぎた。
ざまみろい。人徳じゃい ♪

帰りしな、ラジオ深夜便の今夜の放送予定で、4:00からの
「明日への言葉」の時間に、カトリック・クソババア渡辺和子
シスターのトークとか。ビルに酔わされて寝ちゃう可能性が
あるので、録音せずばなるめい。

・・・・・・・・

帰って、「らじる・ラジオ」のホーム・ページを開いて、
この間、聴いたレモン・ババアと須磨佳津江アンカーの
トークを再度聴きながら、CD-RWに録音の練習。

新しいのがないので、なんかの音楽のCD-RWに上書き。
上手くいくとエエが・・・。

ん? 今夜、失敗してもエエのか。ホーム・ページで
何度でも聴けるわけか・・。

今、スティービー・ワンダーの「心の愛」が流れてる。

(こういう歌はエエが、何でマイケル・ジャクソンみたいな
 雑音が世界中で人気があるのかふんとサッパリわからん。)

 れも ↓ エエ歌。



フム・・・。

もうすぐ春がくるるのだ。

自然界の新しい命を全身に感じられる若葉の季節がイチバンだ。

誰の歌か忘れてまったけど、万葉集の中で最も私の好きなのはこれ。

 「 岩ばしる 垂水の上の さわらびの 
           萌えいずる春に なりにけるかも 」

※ ググッテみる。 天智天皇の第7皇子の信貴皇子作とか。
  
  やっぱし、昔も今も、或いは身分の違いがあっても、人の
  感受性は、変わらぬようじゃわい・・・。

しもじもの諸君たちも、来たる春を楽しみにのい !









  
[PR]
by mana1563 | 2013-02-16 02:34 | Comments(0)

レスリングのないオリンピック ?

IOCの会合で、オリンピック種目から、レスリングが外れることが決まったつーニュースが。

驚いた。

競技人口が少ないから ?


逆にあらたに、野球やソフトボールなどのどれか一つがオリンピック種目になるのだとか。

野球なんて、およそ世界中に普及しているとは言い難い。

IOCに金を出す企業の意向が、大きな影響力を持つのだろう。

不思議と日本で人気のスポーツ種目が多い。

女子レスリングはここ数大会、日本人の活躍ばかりが目立って、オリンピックつー観点、つーより欧米人からは嫉妬もあって、ツマラナイと思うのかも。

れにしてもなあ。

昔からオリンピックとか古代ギリシアというとレスリングのレリーフのあるメダルや貨幣がたちどころに想い浮かんだものだ。

レスリングは、いわばオリンピックの象徴。

れがなあ・・・

止めていい種目なら、馬術なんてありゃあスポーツつーよりも、サーカスによくある猛獣使いの調教と同じなんじゃからあっちにすればエエだがに。
なんだらーかいや。

IOCつーところは、ふんとわけのわからん組織じゃわい。

追記:

やっぱし、いろんな記事から思うに、IOC委員たちのヨーロッパびいきつーことだろう。

レスリング競技は、ロシアやアジア諸国がいつのオリンピックでも
強く、ヨーロッパ人のメダリストは微々たるもの。

れが、気に食わんのじゃろう。

ま、一種の人種差別、アーリア民族優越主義つーことじゃね。
ヒトラーもビックラだわい。

いかにも東洋的な顔立ちで、可愛くもなく強すぎる吉田沙織里
選手なんかは、IOC委員には不愉快なのかも・・・

何だね。ノーベル平和賞の選考と同じだね。
ヨーロッパ社会が気に入るかそうでないか、結局はそーゆー事。

あほくさ
[PR]
by mana1563 | 2013-02-13 08:15 | Comments(0)

体罰は必要だ



子どもがむやみに道路に飛び出したり、高い塀に上がって遊ぶ。
ガス・レンジのスイッチをいじくる。
あるいは、親の財布から小銭をくすねる。

こんな場合は、遠慮せずに引っぱたいて結構。

ライターで、火遊びをしている子どもには、他人の子であっても
構わずぶってよし。


報道されている学校での部活やスポーツ界での暴力は、権力の
行使、単に怒りの発現に過ぎず、およそ体罰なんぞとは程遠い。

混同してはいけない。

「体罰がダメだというなら、しつけ、教育そのものが不可能。」
つー伊吹衆議院議長の言葉は正しい。

ワン公・ニャン公のしつけに、一切体罰をしないか?

体罰は必要だ。

子どもたちを守る為に・・・。

[PR]
by mana1563 | 2013-02-12 07:01 | Comments(0)

NHK、言葉のご隠居のとちり ♪

昨日の夕方、トラックでラジオ。「お天気ヒット・パレード」。

お天気お姉さんの伊藤みゆきさんが天気にまつわる話題と、
天気にからむ題の歌の案内をする、NHKらしからぬ番組。

お相手は、「言葉のご隠居」の杉原アナ。

雪談義(雪の呼び名)のなかで、杉原のご隠居、「牡丹雪とか
フスマ雪とも呼ぶ地方がある」云々・・。

続けて曰く「昔は布団のことをフスマと呼んだものですが、
フスマのような大きなものが、雪の呼び方つーのは、何とも
奇妙ですね・・・。」と珍妙な講釈。037.gif

アハハ。

フスマつーのは建具の襖のことではなくて、麦ぬか(米文化
の日本の場合、米ぬかつーより籾殻の)ことで、表意文字である
漢字で顕してみれば、直ぐにわかるはず。

『麩』と書く。味噌汁に入れる麩(ふ)と同じ文字。
『ふ』から連想されるように、ふわふわした柔らかい意味が
あるのがわかる。

すなわち、フスマ雪つーのは、牡丹雪・綿雪とほぼ同じと考えて
エエ。

一時間の放送時間の間に、視聴者から、電話かFAXで指摘がある
かなと思ったが、結局なかったのはちょっと意外な気が・・・。


まあ、杉原アナ、「ご隠居」つっても、私とほぼ同年齢の初老
だろうから、知らぬこともあるだろう。ご愛嬌つーところ。

(物知りであるのに感心していたが、ヘンなところで安心。まあ、
 間違いとキチガイはどこにでもあるのだから、ドンマイドンマイ。)

※ 後日の補足 :

杉原アナの「昔は布団のことをフスマと言った云々・・・」の
事だが、確かについこの間の高度成長期前の貧しい農村では、
布団の中身は綿でなく籾殻を入れている家もあった。

私は、子どもの頃、あちこちでよくそのモミガラ布団を目撃
したものである。

一般に、日本においては「フスマ・麸」というのは籾殻をいう。
(今では鯉のえさにやる、パンくずのことかな。)

よって、杉原アナの間違い?もしかたないのかな。
(布団の中身、と言えばエカッタ。(^.^) )

・・・・・・・・・

れにしても、いまさらながらに痛感したのだが、夏目君なんて、
私と「ご隠居」よりも、10歳も若いのだからのい。

やはり、夏目君はただものではないわい。
(あっ、夏目君つーのはソーセージ、もとい、ソウセキのことです。)

NHKに投書して、誤りを指摘しようかとも思ったが、ご隠居に恥を
掻かせたいわけでもないし・・。それほどたいしたことでもないし。

そうだ。ホーム・ページか何かに、メールするんがエエのかな・・。


・・・・・・・・・

昨日から今朝にかけて、ふんとさぶかった。

気持ちが縮こまって、なんかとってもミジメな気がしたわい。

冬はふんと嫌い。2月をカレンダーからなくせばエエのに。
そしたら、1月の大寒のあとに直ぐに、桃の節句のひな祭りが来るだがや。
とってもエエ提案だと思うじゃがいも。

「2月をカレンダーから追放しよう !」

 ↓ ちょっとさみしい歌だけど・・


エエ棚を ♪
[PR]
by mana1563 | 2013-02-12 06:40 | Comments(0)