何とか生きておりまする・・・ (^^ゞ
by mana1563
記事ランキング
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
最新のコメント
我欲五輪は「ろ・く・で・..
by 我欲都民 at 21:35
心にもないお悔やみふんと..
by mana1563 at 09:55
あべたんも、放射能が、「..
by ぽんすけ at 15:21
ユーチューブの映像のアッ..
by mana1563 at 09:49
ああ、コメントどうも・・..
by mana1563 at 15:29
ブログ拝見いたしました!..
by きょうこ at 19:00
とても魅力的な記事でした..
by 職務経歴書 at 09:33
桜の8分咲きの頃から、数..
by mana1563 at 11:48
夏目君は、体が弱いとこが..
by mana1563 at 14:28
ホントにその通りと思いま..
by naoki kune at 22:49
検索
タグ
(1)
画像一覧


<   2013年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

世間知らずのカトリック・ババアたち



ベスト・セラー作家のカトリック・クソババアの曽野綾子さんや、
ふんとの尼っ子の渡辺和子さん・・・。

世間知らずにも困ったものだ。

彼女達は、現代日本でフツウにある、ブラック企業や追い出し部屋、
生活保護狙いの貧困ビジネスの実態をご存知でない。

若者を、だらしないと責めるばかり。

仏教の世界には、「知らぬがほっとけ」つー言葉があるが、彼等の
ヤソ教の世界にはないらしい。

「愛の無知」つー言葉の実践なのか知らん・・・。


[PR]
by mana1563 | 2013-01-29 12:14 | Comments(0)

スポーツを聖域化するな ! ガキの意向がなんだつーのだ !



 ( ↑ 昨日、朝のラジオで流れた曲。オイドンの曲で、一番好きな曲。)


さて、大阪市立桜宮高校の生徒の自殺問題。

ネットは勿論のこと、TVのワイドショーや新聞・週刊誌等、
連日これに関する報道でもちきりである。

で・・・

教育委員会や学校の対応、そしてその上位の管理・監督者で
ある市長の提言やら指示命令やらが連日紹介されるのだが・・・、

これらの報道の最後に、決まって 「受験生の心のケアが最も
重要で云々・・・。」の「評論家」の知ったかぶりで終わる。

受験生が何だというのだ !

将来のある若者が一人、命を絶っているのである。
その生徒の心中を慮って、思い悩み苦しむのであればまだしも、

受験生たちは、自分の将来の心配をするばかりで、エゴイズムも
実に甚だしい。

またその親も、自分の子が、(募集停止等で)将来に不安を感じ
ている様子を見るのがつらい、というばかりで、肝心の自殺した
生徒への思いやりの言葉は一言もみられない。

そこには、自殺したキャプテンを落伍者・負け犬とする冷酷な視点が
ある。

また、多くの評論家・識者連中は子どもたちの意見の前では、完全に
思考停止の状態に陥ってしまっている。

ふんと情けない。

半人前のガキの意見が何だつーのだ。

同世代の人間が苦しんで自殺したことには無関心で、ただ関心は
自分の入る学科の受験のことばかり。

こんなガキどもばかりだから、学校や大学でシゴキやイジメの
問題が起きるのだ。

受験の全面禁止か、廃校処分があったって、何等不思議はない事件
なのである。

・・・・・・・


昨年の3.11以後、スポーツの試合に参加する連中は、必ずと言って
いいほど、「被災地に勇気を与えたい」とのたまう。

けったくそわりい !

スポーツつーものは、元来、自分自身の為にやるものだ。

(だから、欧米では、陸上でも水泳でも大会で自己記録を更新した
 場合、それをアナウンスして讃え、観客も拍手 するのだ。この
 欧米のすばらしい慣習は、残念ながら日本には全くないが。)

・・・・・・

いわゆる「体罰」について

指導者は体罰の暴力を「指導の一環」だと強弁する。

が、いうまでも無く、生徒を殴ったからといって、生徒の短距離走
の記録が伸びたり、速く泳げたりするわけではない。

「体罰」を字義通りに取れば、「言ってわからなければ、暴力によ
ってわからせる」つーことであろう。

おもちゃが欲しくてダダをこねている子どもに、母親が、「ダメ、
辛抱なさい。」と言ってもなお効かない子どもの手をはたく。
これが文字通りの「体罰」。
(私もよく、はははは、もとい、母に手をぶたれたものだ。)

スポーツの部活動の「体罰」なるものは、ただの暴力であって、
たんなる怒りの発露に過ぎない。愛のムチが哂わせる。

繰り返すが、殴っても上手くもならんし、早くもならんのだ。


「スポーツ馬鹿」つ~言葉があるが、この桜宮高校は、そうゆーのを
作り出す高校であろう。

健全なる肉体に、健全なる精神など断じて宿りはしない。

れどころか逆に、不健全なる肉体にこそ、思いやりのあるバランスの
とれた精神が育まれる可能性の方がはるかにある。

誰でも、スポーツをすることは楽しいし、見るのも楽しい。
が、十代の半ばの高校生の時分から、スポーツ学科なんつーものを
つくって異様なスポーツ・マシーンを創り出すことは、異常である。

かって、アメリカのグリーン・ベレー(特殊部隊)を養成する訓練
の映像を観たことがあるが、

そこでは訓練と称する徹底した肉体イジメをやって、訓練生の普通の
感覚をマヒさせ、一種の殺人マシーン、サイボーグを造り上げていた。

まんだガキである高校生からのスポーツ特化教育つーのも、それに
似たところがあるように思われる。

一見、いじらしく感じられた、元キャプテンたちのアピールも、その
彼等の視野には、実は自らがスポーツ・マシーンであることの自覚が
なく、ふんとの意味においてのスポーツマン・シップつーものが存在
していないことを私は直感するのである。


数年前の、2016年のオリンピック開催都市の選考会において、リオ
に決まった際、落選した各国の立候補都市の誘致関係者は、落胆の
後、気を取り直してリオの当選を拍手で祝福していた。

が、日本(東京)の誘致関係者は、リオを祝福するような態度から
ほど遠い態度で、石原都知事は捨てぜりふを吐き、マラソンQちゃ
んなんか涙を流して悔しがっていた。
実にみっともない光景であった。

未来を背負う子どもたちが生きるのは、日本だけではない。リオにも
(そしてイスタンブールにも)、同じように存在するのだ。

・・・・・・・・・

スポーツの世界に生きること、それが生き甲斐になることは各人の自
由だ。だが、周りが見えない人間になってしまっては、それはいわゆる
「スポーツマン・シップ」とは遥かに遠ざかってしまうのである。

他人と競争するのは、あくまで参考程度。
昨日までの自分と競争することが、真のスポーツマン・シップという
ものだろう・・・。



[PR]
by mana1563 | 2013-01-28 06:21 | Comments(0)

ボーイング787の運行禁止、バッテリーが原因ってふんとかや?



ボーイング787航空機の事故。

先日新聞で、バッテリーが黒こげの写真を見たが、
過充電?が原因であるとの説明がある。

と、今朝の新聞には、アメリカ製の充電器に
不具合があったとの報道も・・・。

バッテリーの不具合なら、メーカーのユアサには、
会社の存続がかかった大問題。(株価も直ちに低下とか。)

・・・・・


数年前、電気屋で冷蔵庫を買ったことがあった。

右左のどちらからもドアを開けられるシャープ製のものだったが、
店員に、「ドアの開け閉め、バカにならんの?」と訊くと、

店員「出荷前には、1万回の開け閉めテストをやってますから、
   安心してください。」

フム・・。そーゆーものであるか。

日本の技術力は、そーゆーところで支えられているのか、フム・・・。


・・・・・・・


B787搭載のバッテリーに、不具合がなければエエね・・・。
[PR]
by mana1563 | 2013-01-25 11:18 | Comments(0)

ウンコするのにも消費税がかかるのかや !





政府は、消費税を8%にアップする際の、食料品・生活必需品への
軽減税率の適用を見送りを決定。(10%アップの時にも見送りの公算大)


ざけやがって !

何かと引き合いに出す、ヨーロッパ各国の消費税は、食品や生活必需品は
無税が多い。

もしこれらの品目に消費税が適用されたなら、ヨーロッパ中が暴動に
なるだろう。

(今でも下水料金に5%かかっているが)毎日のウンコのトイレット・
ペーパーに消費税がかかるようになれば、貧しい人達は、ウンコの
回数を毎日から、週3回以下に減らさざるを得ない。

便秘が増え、病院はその診察の対応で混乱をきたすことになるに違いない。


私の場合には、神を、もとい、カミを使わず、素手で済ますようになる。
(無神論者であるゆえ・・)
よって、今後は、コンビニのドアのノブは、必然的にウンがつくであろう。

しかしなあ、なんだらーかいや・・・。


ウンコに消費税をかけなけりゃならんほど、日本の国力は落ちてきたん
かのう・・・。


♪ 「おお。ウンコ 君の名を呼べば ボクは哀しいよ ~ 」 
    ↑
   たしか、長渕つよしの歌にこんなのがあったぞ。


私は、アベノミクスを、ウンコ消費税の導入として記憶する !
[PR]
by mana1563 | 2013-01-25 10:41 | Comments(0)

WBC、今回はドミニカがいただき ♪



メジャー・リーグのスター選手の3割は、小国ドミニカ出身の選手が
占めていると言っても過言ではない。

ラミレス、マルチネス、A・ロッド、ゲレイロ、ソリアーノ等々、
挙げればキリがないほどである。

だが、これまでドミニカは、前回オランダに2度も負けたほどWBCでは、
弱かった。

 ↑ に挙げた選手達が、ドーピング検査を怖れて参加しなかったから
である。

でも、今年はちゃうぞ。 041.gif


野球界のシドニー・ポアチエことレンジャーズのベルトレイや同僚の
クルーズが参加するのだ ♪

若手主体の日本なんて、まじゃないわい、もとい、めじゃないわい。
[PR]
by mana1563 | 2013-01-25 03:06 | Comments(0)

アルジェリアのテロ・・・

アルジェリアで、日本人10人がアルカイダを名乗るテロリストに
殺害される。

テロのリーダーは、対ソ連のアフガン義勇軍に参加した、筋金入りの
イスラム過激派。

ただ、主流派と仲違いして、分派を結成し、外国人を誘拐して身代金
を獲得したり、今回は、「名を揚げたくて」実行を計画したとか。

一昔であれば、アルジェリアやマリの鉱物資源の権益確保が目的の
欧米先進国に対しての、「反植民地闘争」として、左翼世界?から
一定の評価を受けたであろう。

が、ゲバラの時代と違って、(部族間の勢力争いや、宗教上の反目等)
現在のアフリカの様相は当事国の中だけでなく、外国の利害も複雑に
絡み、専門家であってもそれを理解することはなかなか困難である。

まして、今度のように個人の功名心なんぞが絡めば尚更である。

犯人(反植民地闘争の闘士なんて形容はしない。)の目的は、アルジ
ェリアの基幹産業であるガス田設備の爆破であったようである。

アルジェリア人や、フィリピン等からの出稼ぎ労働者は殺害をして
いないところを見ると、やみくもなテロリスト集団でもないようであるが、

マリでの権益確保がネライのフランス軍出兵への抗議の作戦つーには、
アルジェリアの国益を損ねる、ガス田設備の爆破や外国人技術者の
殺害は、あまりに牽強付会で、到底理解不能の行動である。

・・・・・・・・・・・・

ただ、間違いなく言えることは、

今回の事件で使われた銃火器は、すべて欧米先進国がアフリカに金儲け
の為に売ったものである。

欧米が幾ら、テロを非難しても、それは自業自得であるのだ。

日本人が、欧米先進国と同一視されるのは仕方がない。
(おそらくテロリストには、日本が武器輸出など国是でやっていないこ
 となんぞわかるまい・・。)

・・・・・・・・・・

かってのように、帝国主義vs反植民地闘争であればわかり易いが、
アルカイダの登場以後、「イスラム」至上主義が絡んでくる為に、
「テロの大義」なるものがいったい何であるのか把握不可能な時代に
なってまった。

日本人技術者たちが、日本のエネルギー確保の為に、使命感を持って
働いていたことは疑いがないし、そのことを先進国・持てる国の
身勝手さだと割り切れるはずもない。

フクシマの原発事故によって、天然ガス油田開発の重要性は、とみに
高まっているのが実態であって、その尖兵であった、殺された技術者
に感謝こそすれ、「帝国主義者」などとはおよそ口にできぬ・・・。

何ともわかりにくい世の中になったものだ・・・


改めて、―   殺された10人の日本人の為に 合掌・・・。
[PR]
by mana1563 | 2013-01-25 02:18 | Comments(0)

スポーツと人間性について

高校の部活動での、一生徒の自殺問題。

一言でいえば、体罰は、運動部特有の問題である。新聞部や茶道部等の
いわゆる文化系の部活動には、体罰(やしごき)の問題は発生しない。

端的にいえば、スポーツを全面禁止すれば体罰はなくなるのである。
(先の件では、桜宮高校のスポーツ科を直ちに廃止すべきであろう。)


「スポーツをやることが、健全な心身を育む」なんつーことは幻想である。

れどころか、体力的な優越感や、過剰な競争心を作り出し、それは大人
になってもその人の人間性に大きく作用する。

言い換えれば、たたみ、もとい、むしろスポーツは歪んだ人間性を育む
のである。

無論、日本人社会全体に昔から、スポーツが人間性の向上に有益である、
つー誤った根拠のない通念が蔓延していることが背景にある。

先の女子ワールド・カップ決勝での、アメリカのモーガン選手の突破を
一発退場の危険なタックルで防いだ?として、非難どころか逆に賞賛さ
れた岩清水選手のプレーとか、

BSでよく放送される、テニスの大会での日本人選手の試合で、相手が
ミスをした際の日本人観客からの拍手なんぞはそのいい例である。

どんな手段を使っても、相手を引きずり落として勝利することが、いわ
ゆる「負けん気」として賞賛される土壌がわが国にはあるのだ。

そんなものを、スポーツマン・シップなどとはおよそ言えまい。


スポーツマンになるつーことは、江戸時代の武士階級や、今のアメリカ
のように、刀や銃の所持が公に認められているのと同じような自覚がな
くてはならない。


人間の爽やかさは、スポーツが生み出すものでは断じてない。

もし、観衆があるスポーツマンに爽やかさを感じるなら、それはもとも
とその人が爽やかな人柄の持ち主である、つーだけのことである。

日本一、世界一になった剣道や柔道の選手の破廉恥な行動や、法廷での
見苦しい有様は、スポーツなるものが、人間性には何のプラスの作用も
しない事を我々に教えてくれている。

私は、プロ野球の中畑監督が好きだが、彼は野球をやろうがやるまいが
ああいう人柄なのである。

間違ってはいけない。スポーツマン=爽やか、なんつーことはありえない。

スポーツが人間性を育むなんつーことは絶対にないのだ。

豊かな人間性の持ち主が、たまたまスポーツをやっていること
がある、つーだけのことである。



 ↓ のような歌を、音程を間違えて歌ったからといって、その人に体罰を
しても歌が上手くなるわけではないのは自明。

スポーツをすれば、人間としての品性が落ちるおそれがある危険なものと
して、スポーツつーものを認識するべきなのである。


[PR]
by mana1563 | 2013-01-23 10:33 | Comments(0)

歌詞がわかればこその歌であろう



「ラジオ深夜便」で唱歌「鎌倉」が、流れた。

東京放送児童合唱団の歌唱であった。

実に見事なハーモニーであったが、気に入らんことがあった。

歌詞が、よく聞き取れないのである。( ↑ のはよく聞き取れる)

私がたまたま、この歌をよく知っていたからエエようなものの、
あまり接しない人々には、どんな意味の歌であるのかさっぱり
分からなかったのではあるまいか。

どんな歌でもそうだが、特にこの種の歌は歌詞そのものに大きな
値打ちがあるので、肝心のそれが聞き取れなくては歌の意味がない。

合唱つーものの限界を感じた次第であった。

・・・・・・・・

(話変わって・・・、どうでもエエことだが、)

昨日、私はトラックの中で、この「鎌倉」と「青葉の笛」を
大声で歌った。そんなにラジオから流れる歌でもないのに、すぐ
翌日ラジオで聴こうとは、実に私はビックリこいた。

一昨日も、ユーチューブで聴いたばかりのコレッリの「ラ・フォ
ーリャ」が「音楽の泉」で流れたのにビックラこいたばかし。

こーゆーことが、私の場合、年に5~6回ある。

なぜか、宝くじではまんだ無い。でもそのうち・・・

いひひひひひひ。



 ↑ これはエエね。 「早春賦」佐藤しのぶさんの独唱が素晴らしいのだが、
   なぜか削除になっとった。エエものはみんなに聴いてもらえばエエものを。

このお金がすべて、つ~感覚はわからん・・・。





   
[PR]
by mana1563 | 2013-01-22 10:35 | Comments(0)

殺人が行われるような学校は廃校にすべし !

バスケット・ボールのキャプテンが自殺した、大阪・桜宮高校。

入試を廃すべし、つー橋下市長の提案に対して、教育委員会が
受験生が可哀相つー折衷案を提示し、決定。

(個人的な意見だが)、大学ならいざ知らず、高校の段階で、
スポーツ専門科目のある学校であること自体、大きな誤り。

職人になる為の職業科目ならば、高校生の時からあった方がエエ。

だが、たかがスポーツの専門科目が、まだ十代の時分からある
ことには大いに疑問を感じる。


人間つ~のは、スポーツを通しては絶対に成長なぞしない。
毎年繰り返される下級生への暴行やイジメが、スポーツをやる
連中によって行われているのがエエ証拠である。

いわゆるスポーツ精神論なんぞに根拠なぞは全く無いにも
拘わらず、日本では相変わらずその考え方が充満している。


今回の場合、文字通り、スポーツをやるからこそ殺人(自殺)が
起きたのである。

学校を廃校、少なくともスポーツ科目を選択した受験生を全員、
受験禁止にしてこそ、初めて人間にとってのスポーツの存在を
再考させるエエ機会になったのである。

普通科へのとりあえずの受験許可つービホウ策は、一人の
人命が失われた事実への認識が皆無であると言ってエエ。


高校は、自殺の場所か !

[PR]
by mana1563 | 2013-01-22 10:18 | Comments(0)

大鵬と柏戸のこと



子どもの頃、田舎では娯楽といえば、相撲とプロ野球のTV観戦のみ。

ちょうど柏鵬時代真っ盛りのころだったが、7割が大鵬ファンで、
私のような柏戸ファンは少数派であった。

両横綱の実力差は、素人目にも明白であった。

でも、千秋楽の結びの一番は、柏戸が頑張って、いつも大相撲に
なって、茶の間の我々は、大鵬派と柏戸派の応援合戦で、TVの
アナの声が聞き取れないくらい興奮したものである。

・・・・・・・・・

場所中、調子の出ない柏戸が、千秋楽の大鵬戦には、結構勝った
ことに、作家の石原慎太郎なぞが、「八百長」だと、言い出して
メディアを巻き込んだ大騒ぎになったことがあった。

私は、八百長だったとは今でも思わない。柏戸が、大鵬戦には、
ふんとに死に物狂いの力を出したので、いつも接戦になったのだ。

(おそらく日本一の相撲ファンの故吉田秀和さんも同じ考えだった。)

・・・・・・・・・・

( ↓ のエピソードをブログにアップするのは、これで3度目に
  なる。でも、またアップします・・。)

ある時、全部の取り組みが終わって、力士が宿舎に帰ろうとした
際、タクシーの数が足りず、偶然大鵬と柏戸が相乗りになった。

横綱同士は、その立場もあって、普段は全く接触することはない。
無論、親しく口をきくつーようなことは一度もないという。

その時は、大鵬の方から、柏戸を気遣って「今度のことでは、
(メディアによるバッシングが)大変だったね。」と挨拶代わりの
声をかけた。

柏戸は、一瞬黙りこくったが、突然声をあげてオイオイとしゃくり
あげて嗚咽した。

大鵬はこの時、すれ違っても普段は冷たい他人のなりをしている柏戸が、
「ああ、実はこの人はふんとはエエ人なんだ。」としこりが溶けて
いったのだとか。

この日以来、二人の横綱は大の仲良しになった。

(私は、このエピソードを知ってから、柏戸だけでなく大鵬の方も
 好きになった。)

相撲史上、横綱同士がこれほど仲良くなった例は、いまだかってないとか。

・・・・・・・・・・


大鵬は、かのアメリカのベーブ・ルースのような存在であったと言っても
エエだろう。

私の郷里・鳥取出身の故琴桜(大関・琴欧州の師)が猛牛と形容された
猛烈な当たりを、大鵬が胸が真っ赤になるまで受け止める稽古の相手をして
くれたおかげで、彼は横綱になれた。それほど逃げない強い横綱だった。

戦後の昭和時代を代表する人物だった。総理の名を知らない人でも大鵬の
名前を知らないものはいなかった。

戦後最大の国民的ヒーローだったと言ってもエエ人物だった。   合掌
[PR]
by mana1563 | 2013-01-20 13:13 | Comments(0)