何とか生きておりまする・・・ (^^ゞ
by mana1563
記事ランキング
以前の記事
2017年 06月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
最新のコメント
我欲五輪は「ろ・く・で・..
by 我欲都民 at 21:35
心にもないお悔やみふんと..
by mana1563 at 09:55
あべたんも、放射能が、「..
by ぽんすけ at 15:21
ユーチューブの映像のアッ..
by mana1563 at 09:49
ああ、コメントどうも・・..
by mana1563 at 15:29
ブログ拝見いたしました!..
by きょうこ at 19:00
とても魅力的な記事でした..
by 職務経歴書 at 09:33
桜の8分咲きの頃から、数..
by mana1563 at 11:48
夏目君は、体が弱いとこが..
by mana1563 at 14:28
ホントにその通りと思いま..
by naoki kune at 22:49
検索
タグ
(1)
画像一覧


<   2012年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧

ももひきの季節の到来 

エアコンだけではさぶいので、押入れからファン・ヒーターを取り出す。

灯油がまだ残っていて、早速点ける。

おおっ、あったかい。これで、室内でも下着でいられるわい。

縮んだ心が溶けるようじゃ・・・。


冬は好かん。なによりモコモコした厚着が好かん。(ウンチは素っ裸に限る。)

四季なんぞイラク、もとい、いらんから一年中春と秋ならエエのに。

だいたい、地球がひねくれておる。23.5度傾いておるのがいけん。
クビを傾けたってちっとも可愛くなんぞないわい。バカタレ。

夏服に冬服、春物、秋物って服代もかかるし・・・。

コマみたいに真っすぐの軸で、地球が回転してくれれば、一年中同じ陽気なのじゃ。


やれやれ。今日はさぶいから、午後からの仕事には、ニジンスキーのように
カッコ良く、ラクダのももひきを履いていくとすべえ。
[PR]
by mana1563 | 2012-10-31 08:52 | Comments(0)

田中真紀子大臣の「暴走老人」呼ばわりを非難する

石原慎太郎都知事の国政への転進について、文科大臣の田中真紀子さんが
石原さんを「暴走老人」と形容。

よう言うわ。アンタのパパはどうなんじゃい。
防衛大臣になっての国会答弁は、まるで幼稚園児のようだったではないか。

否応なく高齢化していく日本の文部科学大臣なら、なぜ老人パワーでがんばれ、
とエールを送れんのだ。ドアホウ。

アンタのパパさんを含めた若い?連中がだらしないから、80を超えても、
辞められんのだろうに。

本来なら、政治家としてイチバン油が乗っているはずの、民主党の50代、
60代のハトポッポや菅ちゃんやドジョウがあまりにもアホ過ぎて見ちゃおれ
んのだろうに。

言い忘れた。田中さん、アンタもアホのうちじゃわい。

日本中の自治体が受け入れなかった震災がれきを、放射能測定を
して無害であるのがはっきりしているにも拘わらず、受け入れに
反対する輩なぞ、怒鳴り散らせばエエ、と(慎太郎は)言って、

東京都が率先して受け入れた態度なぞは、人目ばかりを気にして
ばかりの民主党の国会議員には、およそ真似はできまい。

(あの行動は、ふんとに世界中からの軽蔑から、日本人を救った。)

確かに時に暴走もするが、正しい方向に爆進する老人でもある。
あんたのパパさんのような日和見老人よりは、ずっとエエわい。
[PR]
by mana1563 | 2012-10-29 10:41 | Comments(0)

あるブロガーの言葉への思いを考える・・・



私はあまり他人のブログは読むほうではない。数人のそれだけだ。

その一人のブログに「言葉にするのが難しいことを、心を
尽くして言葉にするのは大切なことだが、それを敢えてぐっと
こらえて沈黙することも大切なことだ云々」とあった。

私は、それは確かに真実やも知らぬと頷いた。

演技が上手いとは言えぬ高倉健が、国民的な人気を集めるのも
その不器用な男らしい寡黙さゆえだろう。

しかしながら・・・

孤独な存在であるそれぞれの人間は、その存在の証しを発信
しなければあまりに悲しい。

寡黙であることを知る人がいなければ、その寡黙は寡黙でさえ
ないのだ。

自己表現の技術をもつ芸術家なら別だろうが、(俳優である
高倉健は、その点で芸術家のカテゴリーに入る。)

自己発信のワザとしては、言葉しかない我々一般人にとって、
沈黙は自らの人生を閉ざすことに他ならぬ。

このブロガーは、別のところでは連帯(この言葉は使っては
いないが私にはそう読める。)、すなわち人と人との繋がり
の大切さを説いている。

常に自己省察を怠らないブロガーなのだが(それゆえに私は
この人のブログを読む。)、時にそれが過剰になって、自家
撞着に陥ることがあるように私には見受けられる。

「言葉」そのものを怖れてそれを使うことをためらうならば、
それは、食中毒を恐れて食べ物を一切口にしないつーのと同
じだろう。

何のかんの言っても、我々は結局先人の残した言葉の古典から
多くを学んでいる。

小人の我々も、せっかくの言葉を自在に操れるよう、なるだけ
発信の訓練を怠ることのないようにするべきであって、

沈黙するなら、少なくともその沈黙の意を(公表はせずとも)
言葉に残すべきである。その沈黙に価値があると思うなら尚
更。

ネットのもろもろの仕掛けによって、一般人の我々も自己発信
が可能になった。言葉の存在という誰にも平等な恩恵を捨て去る
べきではない。

(ある別の若いブロガーの言った)、「行間を読む」つーことも
言葉による発信があってこそであり、「沈黙」の価値も言葉の
コミュニケーションがあってこその行為?であろう。

言葉を怖れるべきではない。

見てこその目であり、聴いてこその耳であるように、
発信してこその言葉(神に与えられた恩恵)なのだ、と私は思う・・・。




エエ日曜日を ♪
[PR]
by mana1563 | 2012-10-28 00:24 | Comments(0)

エエ日だなあ・・・

今、TVでメジャー・リーグのワールドシリーズの試合をやっている。

サンフランシスコ・ジャイアンツVSデトロイト・タイガース。

ナ・リーグの試合はあまり放送されないのでジャイアンツにはさほど
馴染みが無いのだが、れでも西海岸のチームのドジャースやマリナーズ
と同じくらいなんとなく心情的に応援したい気がする。

日本の巨人と同じユニフォームであるのも。(巨人が真似した。)

アメリカでイチバン好きなとこは、なんつってもメジャー・リーグ。
そして、その楽しみの集大成がワールド・シリーズ。

久しぶりにTVを見られてのんびり。(午後から仕事だけど。)
天気もエエし・・・。




[PR]
by mana1563 | 2012-10-26 11:25 | Comments(0)

石原慎太郎さん、都知事辞任して国政へ再度進出



石原東京都知事が、任期まだ2年目で辞任し、新党を結成して
再度国政へ、のニュース。都内では号外も出たとか。

相変わらずエネルギッシュなのには、お歳を考えると感嘆の一言。

でも、これが大ニュースになるつーことは、いかに現在の国政が
停滞し、活性化から程遠いかつーことを顕している証左。

野田首相の消費税増税?以後の腑抜けのような状態。(それは、
法務大臣・拉致担当大臣の人事に象徴的に現れている。)

情けないのは、左翼・革新陣営に石原さんに対抗する人材が
一人として見当たらないことだ。

いわゆる全共闘世代・団塊の世代なるものがその実質的・本質的な
意味合いにおいて、ただのバブル世代であった
ことがはからずも
露呈したつーところだろう。

随分と期待をした(私もした。特に菅ちゃんに。)民主党への
政権交代がこれほど失望の結果をもたらすとは、たぶん政敵の
自民党等の保守派でも予想しなかっただろう。

ハトポッポに菅ちゃん、野田さんと余りに酷過ぎた・・・。

せめて村山さん程度にやってくれておれば、これほどまでに、橋下の
維新の会とか、今日の石原さんに注目が集まることはなかったろう。


石原さんは、文学者であるから語彙(ボギャブラリイ)は豊富ゆえ
一見、その主張は成る程と思わせる。

だが、それを吟味してみると非常に単純な言わば子供だましのような
主張が多い。

(私は、つい先日、石原さんの著書「平和の毒、日本よ」を読んだ。)

東京都知事としての業績は、実はほとんどない。ディーゼル排気ガス
の規制くらいなものだ。(それは素晴らしいことだが。)

その13年間つー長い在任期間を考えれば、あんまし仕事はしていない、
という評価が正しいだろう。

東京マラソンを始めたなんてことは、お祭り好きの側面が出ただけのこと。
「我欲」の東京都へのオリンピック誘致運動なんぞにそのエネルギーを
注ぎ込む余裕があるなら、もっとほかの事に力を注ぐべきだったろう。

1000億円の負債を抱えた新銀行東京や、「我欲」のオリンピック
招致活動等のマイナス面の方が遥かに多い。

保育所の増設なぞ、あんな小手先の策を弄さずとも真正面から
やればエカッタ。

私が特に残念だったと思うのは、あの醜悪な首都高速の皇居を
取り囲む都心環状線の撤去を、ソウル市長時代の韓国の李大統領
のようにやらなかったことである。

石原さんは外環道の未開通区間の工事着工には熱心だったが。
首都高速の撤去の発想そのものがなかった。この文学者の美学の
致命的な限界というべきか。

皇居のみならず、神宮外苑近辺の景観を損ねることおびただしい
都心環状線を撤去したなら、石原さんはあの尾崎行雄にならぶ
知事としてその名が歴史に残ったろうに・・。

こんな政治家・行政マンとしては落第(日本人の伝統的な感性からは
遊離した人柄の)石原さんに全く対抗できなかった革新陣営の人材の
乏しさには、実に情けない思いがする。

革新ではないが、石原さんに最も遠い(すなわち対抗できた)人物は、
小沢一郎だっただろう。その文明観、宗教観はアメリカ的な思考の
石原さんとは、対蹠的である。

(実はアメリカが怖れるのは、日本的な価値観を持つ(←日本人なら
 当然だが(^^)、政治家である小沢一郎なのである。東北の風土
 から育まれた人間性、宮沢賢治の思想、東日本震災の際の被災者の
 態度等は、およそアメリカ人には理解しがたいものである。
 そしてそれは得体の知れない恐怖に容易に転化する。ゆえに、
 アメリカは小沢を嫌う。

 石原さんはアメリカにはわかり易い。
 やたらアメリカ批判はするが、その思考の論理が西欧的である
 石原さんは、アメリカにとっては何ら脅威とはならない。)


だが、小沢一郎は、震災の放射能におびえたとかつー、情けなさで
完全にポシャッテしまった。

80歳の老人に、立ち向かえないとは、ふんとうに今の左翼・革新
陣営は情けないことだ・・・。

(私は、僅かに民主党の桜井充に期待している・・・。)


ただ一点、

80歳になっても、自分の夢を追い続ける石原さんの姿は素晴らしいと思う。

若者(バカモノ)は学ぶべきことだ・・・。


今日も、秋晴れ。エエ天気になった。 エエ一日を ♪
[PR]
by mana1563 | 2012-10-26 02:48 | Comments(0)

試験のこと・・・



とある日の午後。つけっ放しのラジオをなんとなく聴いていた。

ヨーロッパの旅?つー企画。

ピアニストの仲道郁代さんの妹さん(この人もピアニスト)が
ゲストで出演していて、ドイツ留学時代の話・・・。

この人(名前は忘れた。知らん。)が、ある音楽学校(大学?)
に入ろうと試験の前に学校を訪ねて構内を見学し帰ろうとすると、

そこの先生らしき人が、彼女に「あなた、時間ある?」と。

「こっちにいらっしゃい。」と案内されたのはピアノのある部屋。

で、「明日、受験なんでしょ? 今、ここで弾きなさい。見て
   あげるから。」という。

仲道さん、「でも急には手が・・」
先生   「じゃあ、隣の部屋でしばらく待ちましょう。」

仲道さん、手を慣らしてから試験曲を弾いたのだそうな。

で、合格。 これが入学試験だったのだとか。 (^^)


ドイツつーところは、四角四面の堅苦しいイメージがあったが、
意外と柔軟なところも方々に見受けられてそのイメージは一変
したそうな。


(この放送、再放送も偶然聴いたのだが、)フムフム。

この春だったか、わが国のある公立高校の入学試験で、持込禁止に
していた携帯電話が荷物置き場のリュックから鳴り出し、持ち主の
受験生が会場から退場処分になり、受験が認められなかったつーこ
とがあったのを思い出した。

受験生(中学生)は、その高校に入りたくて受験に臨んだのだろう。
公立高校を受験したのは、家庭の経済的な側面も考慮してのことで
あったろう。

仲道さんのドイツでの経験談との落差に、愕然とするばかりである。

日本では、「何ら本質的でないこと」を必要以上に重要視する、
本末転倒の見当違いがあらゆるところに横行している。

軍隊で、エリが曲がっているとか、猫背であるとの理由で、往復
ビンタが行われるようなことや、シートベルトのネズミ捕りをして、
「法治国家である。法律は守らなければならぬ」というようなことである。

実際の戦場において、日常の身だしなみなんぞがいったい何の関係が
あるものか。くだらない。実にくだらない。

オリンピックの開会式で、整然とした軍隊行進のような入場をした
からといって、金メダルを多く獲れるわけではない。バカバカシイ。

・・・・・

ラジオでの仲道さんの話を聞いて、ふと思ったことであった・・・。

エエ一日を ♪



























  
[PR]
by mana1563 | 2012-10-24 09:15 | Comments(0)

そら見たことか !  学校柔道で髄液漏れ

この春から必修化された学校での柔道の授業で、アタマを打つ等で、
「脳脊髄液減少症」になったケースが3件確認された、とのニュース。

そら見たことか !

軽い場合でも、頭痛。場合によっては脳障害の後遺症が残り、一生
障害者になりかねない。

こんな危険な格闘技を学校の授業に取り入れた連中(安部ちゃん)の
思慮の浅さに唖然とするばかりである。

ボクシングが、アメリカの授業で必修化されとるか?

武道で愛国心を養なおうなんつー考え方が、根底にあるのだろうが、
実に馬鹿馬鹿しい限りである。

柔道をやると強姦したり、剣道をやると女子高校生のケツを盗撮する
ようになる見本(金メダリストと剣道日本一)がちゃんとあるではないか。

体の大きな生徒が小さな生徒に悪ふざけで柔道の技をかける機会も
これまでよりもずっと増えるだろう。

(私も子供の頃は、プロレス・ファンで、自分よりも小さな子に
 よくヘッド・ロックをふざけてかけたものだ。かけられてみると
 実に痛い。イジメの一種であったなあ、といまさらながらに思う。)


実は、私も中年になってから交通事故にあったせいで、髄液漏れが
あるのでそのしんどさはよくわかる。加えてビンボーなせいもあって、
慢性的にアタマが痛い。二重の苦しみにあえぐ生活つーわけである。

フム

学校の授業の必修科目でお奨めなのは、ヨガとかバレエだわね。

ヨガなら、家に帰って一人になっても夜が更けるまで練習できるし、
バレエなら、美女になったり、白鳥になったりできる。(私は、
一度でエエから、白いタイツとスカートをはいてみたい。ウフッ037.gif

冬が近くなって、ラクダのももひきを穿くとき、私はオデット
になるのである。(メタボの白鳥 ♪ )


今日もエエ天気。
日光あたりに行って、もみじ饅頭食べたいのい。
でも金もヒマもないし。ああ、アタマが痛い・・・。




[PR]
by mana1563 | 2012-10-21 12:39 | Comments(0)

週刊「朝日」の謝罪

橋下大阪市長・維新の会党首の出自を未解放部落、いわゆる部落出身だと
暴いたノン・フィクション作家の連載記事について、週刊「朝日」が謝罪。

あたりまえである。
そもそも、こんな個人のプライバシーを侵害するような記事を堂々と
連載すること自体、非常識である。

これがアメリカなら、数十億円の損害賠償問題になるだろう。

週刊「朝日」では、以前にも、同じ作家の連載でソフトバンクの孫正義会長
の出自(廃品回収業の朝鮮人部落出身であること)を暴いた記事があったが、
あれも酷いものだった。

私は、橋下も孫も好きでも嫌いでもないが、(最近、橋下の人間の小ささに
呆れてケーベツしてるが)あんなひどい記事を全国で出版されている週刊誌に
掲載する必要がいったいどこにあるのか、と思う。

世の中には「節度」つーものがあるのだ。

※ 追記
今朝の新聞に、石原東京都知事のコメントが載っている。

曰く
「出自や親族の職業をあげつらい、それがDNAとして
受け継がれて危険だと言うのは、中傷誹謗の域を出ない
卑劣な作業だ。」

「文筆を借りて他人の家族まで貶めるような物書きは
赦せない。」

(私は、石原も橋下もどちらの人間性も嫌いだが)、この
石原さんのコメントには全面的に同感する。

秋晴れになった。エエ一日を ♪

※ 「あっぱれ」の語源は「秋晴れ」じゃあ、なかろうかのい?
  フム・・・。我ながらカシコイ・・・。

※ 「人間性」と「出自」は何ら関係はない。

  名門?の出でも、アホウや下品な政治家は多い。
  (ハトポッポとかアホウ元首相)

  その意味で、橋下を被差別部落出身だとか、孫正義を朝鮮人
  であるとかを殊更に強調するのは意味のないことであり、
  人権侵害に他ならぬ。

  ノン・フイクションとくくれば何を書いてもエエつーことには
  ならぬ。むしろ逆に、その作家の力量不足が露呈されるだけのことだ。

※ 昨今のメディア界の質の低下は目に余る。

先日、シリアで亡くなったジャーナリストの山本さんの美化作業を
日本のメディアは連日キャンペーンを続けている。

多少の仲間意識は許容範囲だとしても、あまりに度を越している。
そして肝心のシリア問題の報道は極めて少なくなった。
本末転倒とはこのことだろう。恥を知れ。






















 
[PR]
by mana1563 | 2012-10-19 12:50 | Comments(0)

幾らアメリカのポチでも、言ってエエ事とわりい事があるぞい

沖縄での米軍兵士による強姦事件。

今朝の朝日新聞「天声人語」によれば、森本防衛大臣は、
この犯罪を、二度までも「事故」と言ったそうな。

この人物が、元々からアメリカのポチ、金魚のクソである
のは知っていたが、ここまでくると「非国民」と言って
エエだろう。

日本の防衛大臣つーのは、アメリカ軍のクソ兵士を、日本の
市民から守る?のが仕事かや???

数時間後に日本からの出国をひかえた兵士の計画的な婦女
暴行が「事故」であるとは、私はついぞ知らなんだわい。

自分の無知を恥じ入るばかりじゃあ。

民主党政権つーのは、常識のイロハが欠けておる。

どもならん・・・・
[PR]
by mana1563 | 2012-10-19 12:24 | Comments(0)

野田首相の人事感覚

昨日、横田めぐみちゃんの御両親が明治大学で講演(呼び掛け)。

の中で、お母上曰く「拉致問題担当相は、今回の内閣改造で7人目。
イチバン一生懸命やってくれた松原さん(前大臣)から、見たことの
ない田中慶秋という人に代わった。何で代わるのか理由がわからな
い。」云々。

ったくである。

因みにこの田中慶秋という人物。
法務大臣との兼任だが、目下暴力団との付き合いがあったとして、
週刊紙やワイドショーで叩かれている。

辞任は時間の問題だろう。

法務行政のトップがヤクザとねんごろとは・・・



前の内閣の時の、田中防衛大臣といい、この田中慶秋法務・拉致
担当相といい、野田首相によれば「適材適所」なんだそうな。

この野田つー人間は、バカだね。

トップ・リーダーの資質は、先ずその人事に顕れるものだ。

ふんと、民主党つー政党には人材がおらんのい。同じ人間が政府と
党の役職をたらい回し。

300人の代議士がおるのに、拉致問題担当大臣があれではにゃあ。

国会は開かんし、解散はせんし、何十年も「一票の格差」がどう
たらほうたら・・・、

北朝鮮の金正恩の方がずっとマシなんちゃう ?


※ 追記:
 
 今朝のニュースで田中法務・拉致問題担当相、辞任表明。
 やれやれ。大臣就任の際の皇居での認証式で、天皇陛下は、
 「国家・国民の為に尽くして欲しい。」と言われた筈である。

 任命権者の野田首相には、カエルの面にションベン、馬の
 耳に念仏だったのであろう。これほどのデリカシーのない
 人物は初めてだ。私でさえ負けるわい。

 れにしても、一億国民の法務行政のトップにこんな奴を
 任命するなんで国民への侮辱でなくて何じゃろう ??

 どこの先進国に、ヤクザとつながりのある人間が法務大臣
 に任命される国があるだろうか。世も末じゃわい。ったく。

















 
[PR]
by mana1563 | 2012-10-19 04:14 | Comments(0)