何とか生きておりまする・・・ (^^ゞ
by mana1563
記事ランキング
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
最新のコメント
あんた、よくもまあこんな..
by ミスターX at 21:20
我欲五輪は「ろ・く・で・..
by 我欲都民 at 21:35
心にもないお悔やみふんと..
by mana1563 at 09:55
あべたんも、放射能が、「..
by ぽんすけ at 15:21
ユーチューブの映像のアッ..
by mana1563 at 09:49
ああ、コメントどうも・・..
by mana1563 at 15:29
ブログ拝見いたしました!..
by きょうこ at 19:00
とても魅力的な記事でした..
by 職務経歴書 at 09:33
桜の8分咲きの頃から、数..
by mana1563 at 11:48
夏目君は、体が弱いとこが..
by mana1563 at 14:28
検索
タグ
(1)
画像一覧


<   2011年 05月 ( 35 )   > この月の画像一覧

真の政治家

世界的に名の知られた政治家でも、亡くなってからその真の姿が
露にされたり、失脚した原因がさもありなん、つーことがあったり
してガッカリすることは実に多い。

PLOのアラファト、エジプトのムバラク、リビアのカダフィ等、
残念ながら数えきれない。

逆にその時の政治情勢で失脚しても尚、その優れた人間性のゆえに
今なお人々の心に残っている政治家もいる。

天安門事件のきっかけとなった胡燿邦などがそうだ。

・・・・・・・・・

今の日本には、人格の力で全国民を引き付ける政治家がいない。

未曾有の天災および人災に見舞われた日本人を束ねるに足る政治家
がおらんのである。

僅かに(強いて挙げれば)、亀井静香くらいのものだろう。
彼が、全国民に向かって「みんなで助け合って頑張ろう !」と
あの笑顔で訴えれば、国民は一丸となるだろう。

先日、アメリカのある都市で竜巻があり、多くの死者と被害が出た。

オバマ大統領は、駆けつけて叫んだ。
「くじけないで ! 我々がついている ! ! 」

政治家は、こうでなくっちゃいけない。

・・・・・・・・・・

政治家に限らず、我々人間の能力なんぞたかが知れたものだ。

現代のような時代にあっては、人間的魅力=チャーミングさこそ
最も政治家に必要とされる。

寝癖ヘアーの亀井静香が総理の大連立内閣こそ、今の日本の危機的
状況に最もふさわしいと言ってエエ。

それは例えば、被災地で泥だらけになって、スコップをふるって
くれたアメリカ軍の若い兵士たちに心から感謝する東北の農婦た
ちの心情をわかるのは亀井の静香くらいなものだ、つー意味だ。

もう単なる人気取りの野心家や強欲な人間はたくさんだ。

※ 最近は芸能タレント並みの人気を、政治家としての評価だと
勘違いする輩が多い。

松沢神奈川県前知事や菅ちゃんがそうだ。二人とも野心家だ。
[PR]
by mana1563 | 2011-05-31 18:47 | Comments(0)

イチローもさすがに歳かもなぁ

メジャーリーグの日本人選手、今年はドジャースの
黒田投手とカブスの福留選手を除いて、成績があまり
芳しくない。

とりわけ、活躍するのが当たり前である筈のイチロー
選手が不振にあえいでいる。アスレチックスの松井も
然り。

それぞれ年齢が37と36になる。野球選手なら引退しても
おかしくない歳である。あの王、長島もその年齢あたり
から成績が急降下したものだ。

イチロー選手は、マリナーズ入団時からずっとBSのTV
中継を見ているのだが、さすがのイチローも自然の摂理
には勝てないつーことになるのだろうか・・・。

やはり寂しいものである。

まだリーグは序盤戦である。私の予感を裏切ってイチロー
がオールスター・ゲームに選ばれるくらいの活躍を期待
したいものである。
[PR]
by mana1563 | 2011-05-30 17:02 | Comments(0)

ホラ吹きは、私だけじゃないようで・・

菅ちゃん、G8で2020年代に自然エネルギー発電の割合を、
20%にする、と発言。

りゃ、りゃ。鳩山前首相のCO2・20%削減の口約束と同じ。

実質的なホラである。ハトポッポのホラは、まだホラ吹き
と知らない地球環境会議の出席者から、盛大な拍手で迎え
られたが、G8では出席者は白けていたとか。

ホラつーものは、続けて二度は通用しないものなのでありんす。

日本の現在の自然エネルギーの割合は9%。その殆どの割合を、
水力が占めている。太陽光だの風力だのはまだ僅かのシェアで
ある。

水力発電所、すなわちダムの新規建設が容易でないことは、
八場ダムの問題を見れば明らかである。

自然破壊に目をつむるとしても、そもそも国土はアメリカや
中国ほど広くはなく、既に大半のダム建設適地は埋まっている。

残るのはその他のものだが、誰しもすぐにわかるように、そんな
ものが産業エネルギーの核になりうる筈もない。

CO 2の削減公約は震災のお陰?で、守らなくても済んだが、
菅ちゃんの公約はそうはいくまい。

ホラ吹きつーのは、無責任が赦される立場の者だけがする
ものだ。一国の首相がやるものではない。

私の特権を侵害するでない !
[PR]
by mana1563 | 2011-05-30 04:31 | Comments(0)

地位のある者、日本語は正確に使えい !

フクシマ原発の検証作業、情報が交錯してしっちゃかめっちゃかである。

海水注入について、菅ちゃんが専門家に「再臨界の危険はないのか?」と
アドバイスを求めたところ、

専門家(原子力保安院の斑目委員長)は、「その可能性はゼロではない。」と。
答えたと言う。

後にこの専門家は、「この表現は実質的にゼロだつーことだ。」と言って
いるが、そんな日本語があるものか。バドワイザーなら、もっと丁寧な説明を
すべきだ。

菅ちゃんでなくとも、これを「再臨界の可能性が有りうる」と解釈するのは
当然だろう。

ましてや菅ちゃんは国民の命を預かる立場の最高責任者である。リスクは
おかせないと判断してあたりまえだ。ただ、この時菅ちゃんは、中止の命令は
出していない。

で、官邸の(菅ちゃんの)空気を読んだ東電の幹部が、フクシマの現場に
既に始まっていた海水注入の中断を要請、約一時間にわたって冷却作業が
中断したことになっている。


ところが、実は現場の原発の所長が独自の判断で、東電本社の中止要請を
蹴って、海水の注入を続行。(所長、エライ !)



この事実を誰も(日本中が)知らず、国会では最大野党の党首が、(実は
なかった海水注入中止を巡って長時間にわたって菅ちゃんを追及。

マンガである。

・・・・・・・・・・・・

「可能性はゼロではない」  こんな非常時に紛らわしい言葉を使う方に
いちばん大きな責任がある。亀井静香が斑目委員長をクビにしろ、つーのは
当然だ。

私が将来、勲章をもらうのを「可能性はゼロではない」つーと、まあ100%
ゼロと同じかも知らんが、(ーー;) 

リスク管理にそんな曖昧な言葉を使うべきではない。ドアホ !


・・・・・・・・・・・・・・・・・・


枝野官房長官の「放射能の影響は、短期的には影響はない。」

これも同じである。

責任ある立場の人間は、責任の感じられる言葉を発しなくてはならない。

私の上品なギャグとは違うのである。 わかつたかい 糞(フンと読む)




今日も笑顔で !  ニッ、ひひひ  エエ棚を !










 
[PR]
by mana1563 | 2011-05-27 06:09 | Comments(0)

東洋的汎神論の歌

昨日、「ラジオ・ビタミン」を聴いてたら、ジョン・デンバーの「アニーの歌」が
流れてきた。

若くして飛行機事故で亡くなった、つーよりほかにジョン・デンバーについての
知識なんて何にもないが、こういう歌を歌うジョン・デンバーつー人間が如何なる
人となりであったかは(直感的に)わかる気がする。

志賀直哉の「暗夜行路」の大山山中での場面は、日本人であれば誰しも頷けるの
であるが、自然vs人間の二元論の世界観に立脚する西洋人には、「暗夜行路」の
主人公が自然と一体になる体験なんておよそ理解のほかであろうと思われる。

が、この「アニーの歌」(邦題・緑の風のアニー)は、種田山頭火や尾崎放哉等
の自然人の思想、また「千の風にのって」の歌詞などを彷彿させる。

ただ単に自然の中に溶け込んでいる最愛の妻?アニーを歌っているばかりではない。

大自然とアニーとは不可分一体の存在である、とジョンは歌っているのだ。
まごうことなき東洋的な汎神論の発露であろう。

能書きが過ぎた。

とりあえず、聴いてごらん。




オマケ






♪  ゴッド・ナイト  ♪
[PR]
by mana1563 | 2011-05-26 21:20 | Comments(0)

そら見たことか

生肉を食べることによって、深刻な病気になる。つー学者の記事が
新聞に。

とりわけ妊婦には危険で、O-111やO-157とはまた別の何とか菌の
作用で、お腹の赤ちゃんに命の危険が及ぶこともあるそうな。

そら見たことか。だから言わんこっちゃない。

獣の生肉なんて食べるべきではない。

牛の目玉とか鼻とか舌とか肛門とか、火を通したいわゆる
ホルモン料理さえ気持ちわりいのに、それを生のまんま
食べるなんて !

わわっ。
[PR]
by mana1563 | 2011-05-25 01:44 | Comments(0)

連続ドラマ「おひさま」を見る

「鉄板」の次の朝ドラの「おひさま」をはじめてまとめて見る。

ヒロインの陽子が、新任の教師として奮闘。

なかなかに面白い。

昔は貧しかったが、子供の世界には今ほどの陰湿なイジメもなく、
教師(先公)と生徒の関係もドラマのような感じであった。

私の子供の頃のオナゴ先生もこんな風なのがいたっけ。

先公は聖職であるとよく言われるが、まさにその通り。
ただ最近は、つまらぬ事務作業(労働?日報)のような事に
時間が割かれているようであるのが気の毒である。

教師の資質とか能力云々つーことが、世間ではかまびすしいが、
「先公になりたい」と思うだけで、十二分に資格はあるのだ。

いかなる時代にあっても、子どもたちに教師は必要である。
多くの若者が教師を目指す社会であればエエと思いながら、
「おひさま」を見たのであった。





エエ日曜日を  ♪
[PR]
by mana1563 | 2011-05-22 10:34 | Comments(0)

ビン・ラディンの真実

射殺されたビン・ラディンが、生前最後のビデオで、最近のア
ラブ社会での民衆の民主化要求運動のうねりを称賛していたこ
とが、意外性をもって受け止められている。

が、意外でも何でもない。彼はもともとそういう人物だったのだ。

アメリカの資本主義=文化侵略が、独裁政権と結託していることを
早くから見抜き、純粋な若者に期待していたことは間違いない。

人間つーものを、私は直感で判断する。
ビン・ラディンもマザー・テレサも同じ人間性を持つ。
[PR]
by mana1563 | 2011-05-22 09:04 | Comments(0)

弁護したばかりだつーのに

自民党の谷垣総裁、福島原発の海水注入の遅れに
ついて、菅ちゃんの判断の誤りだとして国会で追
及するとか。

責任追及はもうエエよ。

菅ちゃんでなくても、専門家のアドバイスに耳を
傾けるのは当たり前のことだろう。

今現在、放射能が洩れ続けているのに、そんな
ことをやってる場合か。アホウ。

せっかく、昨日のブログで弁護したばっかしだっち
ゅうのに、ったく。

どいつもこいつも政治家つーやつは・・・どもならん
[PR]
by mana1563 | 2011-05-22 02:51 | Comments(0)

枝野官房長官の日本語について

内閣の広報官として、枝野官房長官は評価が高いようである。

だが、弁護士であるせいか奇妙な表現を使うことがある。

「直ちに人体に影響するものではない、云々」の言い回しだ。

今は問題ないが、やがて体に影響してくるとしか受け取れない。

そしてそれを裏付ける ? ように、フクシマ県民を避難させている。

日本中が菅ちゃんの内閣の言うことに疑心暗疑であるのは、
枝野長官の言い回し(詭弁と言ってもエエ)にも責任がある。
[PR]
by mana1563 | 2011-05-22 02:19 | Comments(0)