何とか生きておりまする・・・ (^^ゞ
by mana1563
記事ランキング
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
最新のコメント
あんた、よくもまあこんな..
by ミスターX at 21:20
我欲五輪は「ろ・く・で・..
by 我欲都民 at 21:35
心にもないお悔やみふんと..
by mana1563 at 09:55
あべたんも、放射能が、「..
by ぽんすけ at 15:21
ユーチューブの映像のアッ..
by mana1563 at 09:49
ああ、コメントどうも・・..
by mana1563 at 15:29
ブログ拝見いたしました!..
by きょうこ at 19:00
とても魅力的な記事でした..
by 職務経歴書 at 09:33
桜の8分咲きの頃から、数..
by mana1563 at 11:48
夏目君は、体が弱いとこが..
by mana1563 at 14:28
検索
タグ
(1)
画像一覧


<   2009年 11月 ( 44 )   > この月の画像一覧

アイルランドの柳の園 

TVつけっ放しにして、ブログを書いていたら聴き覚えある


メロディが・・・


 


天気予報の画面・・


 


♪ Down  by  the  Salley  Gardens  ~ ♪


 


NHKも憎いずらねぇ・・・。 映像はクチナシだったけど・・。 (^^)


 


「Down  by  the  Salley  Garden 」  歌:オーラ・ファロン


http://www.youtube.com/watch?v=yE1OQAoSWAU


(歌詞はイエーツの作詩なんだそーな・・。)


 



[PR]
by mana1563 | 2009-11-30 21:20 | カテゴリなし | Comments(0)

トルコ行進曲

先日亡くなられた、ターキーさんと、小学生の時のオナゴ先生の


こと考えてたら、自然に「トルコ行進曲」のメロディが浮かんできた。


 


みんな、あんまりご存知ないじゃろうけど、


 


「トルコ行進曲」演奏の極めつけは、これじゃよ。 ♪


 


グレン・グールドのやつ。  


 




[PR]
by mana1563 | 2009-11-30 20:57 | カテゴリなし | Comments(1)

民主党の教育政策について

民主党は、教員免許更新制度を廃止する方向であるとか。


 


たしかに、ただでさえ忙しい教師には、何日にもわたる(おそらく)


眠たい研修なんぞ迷惑千万であるに違いない。(^^)


 


我々の身近なところでも、運転免許の違反講習とか、各種資格の


更新のための研修などがあるが、「ああ、実に為になった。」つー


のは甚だすくない。


 


時間と金をドブに捨てたような気持ちだけが残るものが半分。


 


・・・・・・・・・・・・・・・


 


もう一つ、目立つものでは、教員の養成年限を今の4年間から、


6年間に延長するのであるとか。


 


これはいただけない。


 


教師すなわちセンセイとしての適性があるかどうか、さらにその


能力を養成するのに6年もの年月など、必要あるまい。


 


むしろ逆にせっかくの「若さ」の効用をあたら失ってしまうことになる。


お金持ちになれるわけでもないし、出世できるわけでもない教師の


職業を選択した時点で、すでに「適性」がある、と言ってエエ。


 


十代でセンセイになった、「赤毛のアン」や「大草原の家」のローラ


のことを想ってみるがエエ。


 


良いセンセイになるのに6年間も要るもんか !


 


・・・・・・・・・・・・・・・


 


今、自分のことを振り返ってみると・・・、


 


私が小中学生の時のセン公は、今の私の半分の年齢だった。


つまり、社会経験・人生経験はまだまだの若者であった。


 


が、私は、当時の若いセン公を尊敬の念とともに懐かしく想い出す。


 


ガリ版刷りの小テストを作るのに汗だくのセンセイ。


ひねくれた生徒の扱いに困って、オイオイ泣いてたセン公もおった。


 


授業のピアノ伴奏が苦手なセン公は、放課後いつもピアノの練習。


(音がやたら外れた。(^^) )  


 


みんなそれぞれ一生懸命であった。


 


養成課程を2年間も延ばすよりも、私はむしろ、屁理屈(教育理論や


児童心理学)を身につける前の十代の早い段階から、児童生徒に


接する方がよほど大事なことだと思うべ。


 


 


寝る前の一曲  セン公の卵たちに送ります。


 


 「 トルコ行進曲 」        pf演奏:グレン・グールド


 http://www.youtube.com/watch?v=mRg9xpsrfbE


 


 


 


            GN         


 


 


[PR]
by mana1563 | 2009-11-30 20:16 | カテゴリなし | Comments(3)

鳩山さん、やばそうだわ・・・。

ラジオで、国会・参議院での質議応答を聞く。


 


鳩山さん、例の政治資金の件を、突っ込まれて苦しい弁明。


 


まあ、ワイロ云々の話ではないから、国民はさほどは怒らぬが、


やはり、国の最高責任者のお金の不始末は何ともしまらない。


 


ダーティーなイメージのない人だけに、ちょっとガッガリ。


やっぱし、「おぼっちゃん」なんだなあ・・・。


 


総理の座、やばいかも知らんね・・・。


 


・・・・・・・・・・・・・・・


 


そすっと、今度は菅ちゃんか、岡田さんが総理だわな。


 


これじゃあ、一年置きに、くるるくるる変わった自民党の時と


同じだがな。


 


ったく。 またまた、政治空白かぁ・・・。


 


こ、国民生活のことを少しはメディアも検察も考えろや。


 


初めッから、そのまんま東か亀井静香を総理大臣にすりゃあ、


エカッタだがに!


 


ん? もとい、この二人はスキャンダルに引っ掛かりそうじゃ・・・。


 


フム。 ・・・そーだ!


 


NHKの三宅アナか、花紀京じゃ。あの二人なら間違いない。


 


何より、アタマ(の形)がエエ!


 


・・・・・・・・・・・・・・・・・


 


でも、真面目な話、フントに何じゃな。


 


ここまでくるると、国家予算の1%くらいのワイロをとっても、


構わんから国民生活を何とかしてくれる真に能力のある


政治家に総理になって欲しいわな。


 


国家の最高権力者でありながら、派遣村の村長のやったこと


にすら追いつかない総理なんぞ、もう誰でもエエだよ。


 


まともに論じる気がせんわい !


 


 


今夜の一曲


 


 「 黙ってオレについて来い ! 」    歌:植木等


 http://www.youtube.com/watch?v=yNbl52zMhB4


 


 


 


みんな、心配するでにゃあだよ。何とかなっぺ。


 


私、この50年間、何とかなったもん。 ♪


 


 


             エエ夢を 


 


 


 


[PR]
by mana1563 | 2009-11-30 18:21 | カテゴリなし | Comments(1)

今年も、「派遣村」の建設かな?

リーマン・ショックの時、日本経済はさしたる影響は受けない。と


専門家たちは(財務大臣も)言った。


 


   ところが、日本がいちばんエライことになった。


 


この度のドバイ・ショックについても、専門家達は欧米と違って、


日本の金融機関の投資額は少ないから、影響は少ない。 と・・。


 


   フントかなぁ・・・?


 


こと、経済に関しては、専門家つーのは競馬の予想屋とさして


変わらんもんなぁ・・・。


 


(結果が外れた経済評論家に、TV局が出演料支払うのは、


 フントへんだぞな。罰金ものだがや。ま、関係ないけど・・。)


 


じゃ、皆の衆、今日も良い棚を !  


 


今日の一曲


 


「 Heaven 」      歌:ハイリー・ウェステンラ


http://www.youtube.com/watch?v=36eR8QsNy0k


 


 


   


[PR]
by mana1563 | 2009-11-30 08:18 | カテゴリなし | Comments(0)

保育施設の基準緩和と増設について

かねてから、論議されていた認可保育施設の幼児一人当たりの


面積の基準の緩和問題について


 


ラジオ・ニュースで聞いた、ある専門家(大学教員?)の提言。


 


曰く 「面積の基準ばかりを話題にしているが、保育所そのものの、


    数を抜本的に増やす政策を採るべきである。」


 


フム。たしかにご尤もである。


 


石原慎太郎知事が、オリンピック誘致に投入した数分の一の努力


で、都内の保育所の不足は解消されるだろう。


 


「150億円くらい、屁でもない。」つーことなら、100や200の


保育施設の新設なぞ、さらに屁でもあるまい。


 


あくび程度の施策じゃろう・・・。


 


[PR]
by mana1563 | 2009-11-30 08:03 | カテゴリなし | Comments(0)

菅直人のサボタージュ

そもそも、何で厚生省と労働省が合併されたんかのい。


 


長妻大臣も大変じゃろう。


 


 


 


れにしても・・・、副総理である菅ちゃんは、どうして長妻大臣を


援けないのだろう。


 


デフレや雇用のミス・マッチの現状認識なんぞ、ネジマワシの


私でもできる。(そんなことは、菅ちゃんの仕事ではあるまい。)


 


れとも、鳩山大臣が政治資金問題でコケれば、次は私が総理


だと、様子見をしてるんじゃろうか・・・。


 


アンタの様子見をしてるファンだって、おるんじゃからな・・・。


 


 


 


[PR]
by mana1563 | 2009-11-29 08:43 | カテゴリなし | Comments(0)

御用評論家・田原総一郎さん

「ガス抜き番組」の「朝まで生テレビ」を見る。


 


平成の4悪人の一人、田原総一郎さんが司会の討論番組。


 


田原さんが、行事役つーよりも、自分の考える方向に議論を誘導


して行くのは、「サンデー・プロジェクト」の際と同じである。


 


田原総一郎さんの個人番組といっていいだろう。


 


この御仁は、一言で言へば、「御用評論家」である。


あの竹村健一さん等とは、一見正反対のリベラルな意見を時には


開陳したりもするが、スクープをものしたいが為に、結局は権力に


媚びへつらう。


 


私が、この人が特に悪質だと感じるのは、「若い人にも媚びる」


ことである。(ホリエモン等を礼賛するのがそれである。)


 


つまり、田原総一郎さんには、ジャーナリストに必要不可欠な


道徳観・倫理観が決定的に欠如している。(ここが、筑紫哲也さん


と、根本的に異なる。)


 


竹村健一さんのように、初めから自分の立ち位置をはっきりさせて


いるのであればそれはそれでエエ。


 


だが、彼はリベラルを装う。実にずるい。


 


私が、小泉・竹中・御手洗と列んで、「平成の4悪人」の一人に


指名した所以である。


 


やはり、人間、歳を取ってくるると、名誉や名声が若いときの


野心とは違った意味において、欲しくなるのであろう・・・。


 


もう引退してもらいたいと思う・・・。


(一労働者の私も、たぶん平成天皇だって、あなたを尊敬しない・・。)


 


 


 


[PR]
by mana1563 | 2009-11-29 05:44 | カテゴリなし | Comments(0)

古傷を探し出す(核密約問題)

岡田外務大臣は、いわゆる核持込の密約問題に


かかりきりのようである。


 


有識者による検証の為の会議も立ち上げるとか。


 


呆れかえる・・・。


 


 


この問題は、当時の一億の日本国民の「暗黙の了解」


によって、とっくに決着済みである。


 


それをいまさら蒸し返す作業が、政権交代しての最初の


仕事である、つーのは何とも情けないことである。


 


岡田外相は、佐藤元首相の遺族に「非核三原則に違反


していたので、ノーベル賞のメダルを返却すべきだ。」と


ねじこむのであるか。


 


普天間基地の移転先に嘉手納基地を提案したこの人の


政治オンチぶりにも驚いたが、この人の「原理主義」は


アルカイダ以上である。


 


他にやることいっぱいあるじゃろが、岡田さん。


しっかりしやれ! ったく!


 


※ 朝日新聞が今朝の社説で、核持込の密約問題は、


   「民主主義の根幹に拘わる問題であるから、徹底的に検証せよ。」   


   と書いている。


 


   ほ。 3倍、呆れかえる。誰よりも知ってたくせに。


   そして、持ち込みを見ぬふりをした国民の態度に追随


   したくせに・・・。


 


   「厚顔無恥」とは、こーゆーことを言う。


 


[PR]
by mana1563 | 2009-11-28 08:17 | カテゴリなし | Comments(1)

元厚生次官殺害事件考

元厚生次官夫妻を殺害した小泉被告は、公判の意見陳述で


「あなた方は殺人、殺人というが、同じ命ある動物たちを、


 無造作・無節操に幾万も殺していいのか。」とのたもうた。


 


被害者の殺害との脈絡が、不可解・不分明で、あまりにも


飛躍し過ぎているのは、誰しも思うことだろう。


 


精神分析の専門家でさえ、彼を理解することは不可能だろう。


 


だが、汎神論を奉ずる私は、小泉被告の言い分もわからぬ


わけでもない。


 


が、彼は動物の人間による虐待にことよせて、実は自分を


偽っている。


 


私は、この事件の底流には、昨今の不景気の中、庶民の


生活のシンドサとは、およそ懸け離れた高級官僚の意識や、


 


その天下りの連中に対する反感が、この小泉被告にも、


通奏低音のように流れていると確信している。


 


失業者の就職難や、派遣や母子家庭等のワーキング・プア


の人達の生活苦。


 


それを援けるためと称して、「しごと館」に象徴的に代表される、


雇用何とか基金とか、職業訓練何とかとか、高齢者雇用何とか、


の事業を次から次へ立ち上げる・・・。


 


だが、その実態は、天下りの連中の人件費が、事業費の半分を


占めるとかで、昔の封建時代の悪代官よりもはるかにたちが悪い。


 


彼らに対してのウラミ・ツラミや憎しみ・やっかみ・反感が、


庶民の世界には疑いもなく存在する。


 


そして、小泉被告はそのことを重々承知しているのである。


 


犯罪の傾向つーのは、その時代の世相を如実に顕すものである。


幼児への虐待やら、アキバ事件のような無差別殺人がそうである。


 


この元厚生次官殺害事件が起きた当初、メディアはこぞって、


政治テロ?の報道を流した。


(折りしも、「例の消えた年金」問題で 世間がかしましかった


 こともあった。)


 


すなわち、庶民の意向に敏感なマス・コミ自身も、実は天下りに


対して、反感(憎しみと言ってよい。)を抱いていたのは間違いない。


 


ゆえに、マス・コミも第一報から、「すわ、政治テロ?」との報道を


流したのである。


 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 


あのアキバ事件が、小泉・竹中路線(何でも自己責任路線)への


抗議の暴発であったように、


 


元厚生事務次官夫妻殺害事件も、一般庶民の不満・反感を


凝縮した(筋違いの)逆切れであったことは間違いない。


 


天下りの高級官僚への反感が、異常な形で顕われたと


考えるべきであろう。


 


 


 


 


[PR]
by mana1563 | 2009-11-28 04:31 | カテゴリなし | Comments(2)