何とか生きておりまする・・・ (^^ゞ
by mana1563
記事ランキング
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
最新のコメント
あんた、よくもまあこんな..
by ミスターX at 21:20
我欲五輪は「ろ・く・で・..
by 我欲都民 at 21:35
心にもないお悔やみふんと..
by mana1563 at 09:55
あべたんも、放射能が、「..
by ぽんすけ at 15:21
ユーチューブの映像のアッ..
by mana1563 at 09:49
ああ、コメントどうも・・..
by mana1563 at 15:29
ブログ拝見いたしました!..
by きょうこ at 19:00
とても魅力的な記事でした..
by 職務経歴書 at 09:33
桜の8分咲きの頃から、数..
by mana1563 at 11:48
夏目君は、体が弱いとこが..
by mana1563 at 14:28
検索
タグ
(1)
画像一覧


<   2009年 08月 ( 33 )   > この月の画像一覧

ただ静かに聴くんさ・・・

とっても静かな夏の終わりの日・・・。


 


私は、ビルを喰らいながら、ただ 静かに聴くんさ・・・。


 


 「 青葉城恋歌 」      歌:さとう宗幸


 http://www.youtube.com/watch?v=69cGLlcfH3U&fmt=18


 


 


 「 ケロッピイのダンス 」 作曲:J・ダウランド 演奏:ペオ・キングレン


 http://www.youtube.com/watch?v=V416osL2Y2c&fmt=18


 


 


 


 


    


[PR]
by mana1563 | 2009-08-30 16:57 | カテゴリなし | Comments(0)

孤独死について・・・

昨日、今日と、私がファンであるレモンちゃん(落合恵子女史)の

書いたコラムや意見が新聞に載っている。 


連載のコラム「積極的その日暮らし」では、孤独死について

書いている。


「今夜も咲きそうな大ぶりな夕顔の蕾を前に、このところ心に

 小骨のようにひっかかっている一つの言葉について考える。


 孤独死、である。


 映画やテレビで大活躍された女性が亡くなった。

 亡くなっているところを発見された時点から、メディアには

 孤独死 という言葉が乱舞した。


 宇宙に飛び立つことはできても、わたしたちは誰も自分の

 死を体験することはできない。 死はいつだって他者の死であり、

 行く手に聳え立つ未踏の不条理とも言える。


 それゆえに、なんとか言葉を見つけ、納得しようとする。

 孤独死もまたそういった無意識の意識から生まれた言葉かも

 しれない。


 が、ひとり居を選択した結果が、ひとりの最期であるなら、

 それはそのひとの生き方の答え、と言えないだろうか。 」



とても、美しい文章である・・。



レモンちゃん、今朝の新聞には、「自己責任」についての談話を・・・。


 「この数年、日本社会では、介護、医療、雇用、育児、教育

  年金制度等、社会全体で支えなければいけないものが

  崩壊していきました。


  おおもとに、「自己責任」の概念がある気がしてなりません。

  生老病死がすべて「自己責任」でくくられ、弱肉強食の

  時代に突入してしまった。


  歳を重ね、病んで、介護されることは自己責任なのですか?

  子どもを産み、育てることもすべて自己責任なのですか?


  中略


  自己責任を言い募るだけで他人の痛みを感受しない人が

  政治をつかさどるのは罪深い。


  「自己責任」とは本来、自分の生き方を自分で選び取る

  「自己決定権」と表裏一体のはずです。


  ところが。00年以降の社会では、人々は自己責任を

  背負わされる一方、自己決定権から遠ざけられざるを

  得ない日々の中にいた・・・。


  一人ひとりが自分の生き方を見極め、責任をもって選挙に

  参画したい。今回はお仕着せのそれではなく、真の自己責任

  をもって投じる一票を、と考えています。」


ほんとうに真面目な人である・・・。


時代の認識は私と一致している。 

オツムのラベルは同じ。?

人間性はずいぶん、違うようだ・・・。^^;


私は、現金を持ってくるる政党に投票する。

(来なければどこにも投票はしない。)



※ 落合恵子女史のコラム「積極的その日暮らし」はお勧めです。


              以上、  消極的そのヒグラシ より


 

今日の一曲(2曲  )


「 Don't Cry for Me Algentina 」   歌:パティ・ラフォーネ


http://www.youtube.com/watch?v=0d01NpclvlE&fmt=18



「 夏の名残りのバラ 」   演奏:アンドレ・リュウ・オーケストラ


http://www.youtube.com/watch?v=L0j2CeNW_Ig&fmt=18


 

  


 


エエ日曜を !  ♪ 






[PR]
by mana1563 | 2009-08-30 07:56 | カテゴリなし | Comments(1)

消費税の半分を教育費に !

最近の新聞記事や投書欄で、感じられるのが、生活苦の家庭の

子供たちのやりきれない思い。


修学旅行に行けないとか、教育用備品を買えずその授業には欠席

したとか、旧い制服や体操着のみしかなく、友人の新しい衣服等を

見るのが辛くて、目を伏せるとか・・・。


・・・・・・・・・・・・


今日の選挙に当たって、各政党が訴えるのは、高校の学費を

無料にするとかしないとか。


だが、金のかかるのは、授業料だけでは勿論ない。


学校給食費は勿論のこと、体操着や2着の制服は最低限、無料で

支給すべき。


また理科の実験等に、教師が業者から購入する備品や実験材料等の

購入に関しても、生徒の負担をなくすべきのは当然である。


※ 制服の導入の意味は、かっては私服であれば、家庭の貧富の

  差が如実に顕われ、生徒の心に優劣のコンプレックスや

  思い上がりを生みかねないという、配慮があった。


 だが、最近の制服はあまりに高過ぎる !

  (これでは、300円のTシャツでも登校可能な私服の方がバター

   である。)


かっての「路傍の石」の教師のように、貧困家庭の生徒に、おにぎり

を持参して分け与える、という教師は少なくなってしまった。


ならば、やたらに副教材を生徒に(自分の指導力不足を棚に上げて !)

売りつけることなどは、少なくとも教師のやるべきことではない。


・・・・・・・・・・・・・・・


教育目的税にするならば、消費税が今の倍上がったとしても、我が

国民の中に、それに異を唱える人は、おそらくおるまいと思うのだが・・・。


 


 


 


 


 


[PR]
by mana1563 | 2009-08-30 07:02 | カテゴリなし | Comments(0)

夏に仙台を想う・・・

今日、一日中、神宮外苑辺りをウロウロ・・・。


 


歩き疲れて、車で一休み。


唯一、携帯にダウンロードしてる「青葉城恋歌」を聴く。


 



 


仙台はエエ。夏の仙台は特にエエ・・・。


懐かしいなあ・・・。


 


「 青葉城恋歌 」     歌:さとう宗行


http://www.youtube.com/watch?v=69cGLlcfH3U


 


 



[PR]
by mana1563 | 2009-08-30 00:02 | カテゴリなし | Comments(0)

青山周辺・・・

今日は仕事で、一日神宮外苑 ― 原宿 ― 青山 辺り・・・。


 


イベントの機材運搬のあと、夜の回収時までの間、外苑の路駐で


待機していたのだが、朝から途絶えることのない人の列、列・・・。


 


何でも(ブログの?)「荒らし」とやらのコンサートが行われるとか。


昼はフリ-・マーケット、夜にはプロ野球もあり、夜遅くまで


延べにすれば数万人の人間があふれかえっておった。


 


原宿通りも、土曜とあって人と車で地面が見えないほど。


コンビニも店内に入れぬほどである。


 


さすが東京というべきか、あるいは何が良くてこんな人込みで群れ


たがるのであるか? 私には、さっぱりこういう所に集まる人の


神経がわからない・・・。(神様はこんなとこには降臨せんぞね・・。)


 


・・・・・・・・・・・・・・・・・


 


「荒らし」を見にきた人の98%は十代の女の子であった。


 


この子達が、二十年、三十年経つと、私なんぞが到底太刀打ち


できない(例えばスーパーのレジ係りの)カアチャンになるのだと


思うと、実に不思議に思えて、歩道を百人百様の身なりで歩く


女の子たちを、私はまじまじと見つめるのみであった・・・。


 


 


今夜の一曲


 


「 ローレライ 」        ドイツ民謡


http://www.youtube.com/watch?v=_c7ji5nHt6c


 


 


 


    皆の衆 GN  &    良い週末を !  


 


   


[PR]
by mana1563 | 2009-08-29 23:08 | カテゴリなし | Comments(2)

新劇の女優さん・・・

女優つーのは、昔も今も少女の夢であるらしい・・・。


 


今日、ユーチューブを逍遥していて、「木下恵介アワー」に


出ていた懐かしい女優さんを、久し振りに何人か見た。


 


栗原小巻さん、樫山文枝さん、佐藤オリエさん・・・・


 


私は、舞台つーものがよくわからないのであるが、それでも


新劇の舞台女優の映画やTVでの演技には、いつも脱帽。


 


何つーのかな。 「真面目さ」をいつも感じてしまい、知らず


知らずのうちに感情移入をしてしまう・・・。


 


↑の三人には特に・・・。


 


もう少し年輩の女優さんでは、香川京子さん、高林由紀子さん。


 


・・・・・・・・・・・・・


 


かくまで、真面目であることは、タイヘンじゃろうと想う・・・。


女優つーのもツライ職業じゃね・・・。


 


夢の中で聴いてね ♪


 


「The  Meeting  of  The  Waters 」 歌:モウリーン・ヘガティ


http://www.youtube.com/watch?v=IVlnPpLtBlk&fmt=18


 


 


 



 


[PR]
by mana1563 | 2009-08-28 21:57 | カテゴリなし | Comments(1)

「小市民」であること・・・

人生の終わり近くなって、「生き甲斐」とか、「幸せ」について


真夜中、考えることが多くなった・・・。


 


小さな家庭・・・。


 


甲斐性のない私のせいで、赤ん坊の乳母車を買うのに、


何時間も、デパートの売り場で逡巡していた、若き日のカミサン・・。


 


カミサンが買い物で留守中、赤ん坊のオムツの取替えにてんてこまい。


終わって、赤ん坊のスヤスヤの寝顔を見たときの幸せな心持・・。


・・・ああ、生きてきてエカッタ・・・。


 


だあれもいない公園で、ヨチヨチ歩きの子どもと二人で、


遊んだあと、ベンチで一休み・・・。


「幸せだなあ・・・」「し・あ・わ・せ? 」「うん! 」・・・


そんな遠い日もあった・・・。


 


・・・・・・・・・・・


 


人生とは畢竟、これなのだ。これが人生なのだ・・・。


 


「小市民」の幸せこそ、人生の本質なのだ・・・。


 


 


寝る前の一曲


 


「 二人の世界 」 木下恵介アワーから 歌:あおい輝彦


http://www.youtube.com/watch?v=CQ7YqiIKgoQ


 


「 三人家族 」 木下恵介アワーから   歌:あおい輝彦


http://www.youtube.com/watch?v=akJ6OoHANlU


 


 


 


  


[PR]
by mana1563 | 2009-08-28 21:11 | カテゴリなし | Comments(1)

原罪について

私はキリスト教徒ではないが、「原罪」ということを考えてみる。


 


 


太平洋戦争が終わってから、すでに65年経つが、いまなお、


中国や南北朝鮮からは、日本の侵略を怨む声が絶えない・・・。


 


我々、「戦争を知らない子供たち」は、「そう、責められてもなあ・・。」


と、ただ黙り込むよりほか、しょうがない。


 


結局、我々は「原罪」を背負い込んだと、自らを納得させる・・・。


 


   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 


この春、オバマが、プラハにおいて「原爆投下国の道義的責任」


という言葉を、ヒロシマ・ナガサキ以来、初めて使った。


アメリカ人がついに「原罪」を認めたのである。


ヒロシマ・ナガサキ以来、実に65年かかった・・・。


 


私は、この自分のブログにおいて、機会ある毎に「核兵器」という


ものの非人間性・反道義性を言っているが、あらためて言う。


 


原爆の投下に比べれば、ナチのユダヤ人虐殺もスターリンの粛清


も毛沢東の文革もポル・ポトの虐殺も日本軍部の南京大虐殺も


その他のあらゆる非人道的な行為も、可愛いいものである・・・。


 


核兵器つーものは、人間のみならず、何等、罪のないアメンボや


みみずやアサガオやドクダミやボウフラやアリンコやニャン公や


モグラやカブト虫やニワトリやスズメやウグイスや水や土までも


傷つけ殺してしまう。


 


そして― アメリカはこれを実行したのである。


人類史上、いまだかってない、未曾有な悪行を為したのである。


アメリカが滅ぼした、これらすべてのものに何の罪があろう。


 


レイチェル・カーソン女史に、一度被爆地を見せてあげたかった !


 


アメリカにも、核兵器投下という、原罪が疑いもなく、ある。


 


(そのことを自覚しておれば、他国にアメリカ流の自由や民主


 主義を軍事力によって押し付けたりはしないだろう。


 9.11は、神様による懲らしめであり「道義」からのリベンジである。)


 


アメリカが、原爆によって殺した、赤ん坊の霊に謝るまで、


 


ヒロシマとナガサキの慰霊碑に土下座して、謝るまで、


 


たとえ、映画や音楽や文学でどんなにその文化に馴染んだと


しても ――


 


私は、アメリカという国家を受け入れることは絶対にない。


 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 


※ 1950年代の朝鮮戦争では、アメリカ政府の中で、原爆の


   投下が真剣に議論されたと、ものの本にはある。


   


   まことに、ビン・ラディンの「アメリカは悪魔である。」という


   言葉もうなづける・・・。


 


今夜の一曲


 


 「 アメリカン・パイ 」    歌:ドン・マクリーン


 http://www.youtube.com/watch?v=uAsV5-Hv-7U


 


 


 



 


 


※ 選曲に、いつも意味はありません。


   ただ、聴きたかっただけ・・。


 


 


朝、ゴミだしに出て・・・


 


 





 






 


                   核兵器は、この一輪の花でさえ、焼き尽くす・・・。


[PR]
by mana1563 | 2009-08-24 19:27 | カテゴリなし | Comments(0)

党首の品定め ♪

○新党日本  田中康夫さん   


 


  作家だけあって、さすがにその弁論は淀みがなく、語彙も豊富。


     意外と硬派・・・。


  でも、やはり「何となくクリスタル」のヤワなイメージがなあ・・・。


 


○みんなの党  渡辺喜美さん


 


  自民党に存在感があれば、造反も(かっての新自由クラブの


  ように)意味があったが、野党転落間違いなしという現状では、


  肩スカシであろう。 お気の毒。


 


○社民党  福島瑞穂さん


 


  (本質的なことではないにせよ、)彼女のしゃべり方がなあ・・。


  中身は、共産党以上に教条的、非現実的な理想論ばかりで、


  憲法学者であった、土井たか子さんよりも硬い・・・。とても


  弁護士とは思えない・・・。(「・・ですぅ」は勘弁してくれや。)


 


○共産党 志位和夫さん


 


  不況のさなかの若者の支持が増えたとはいえ、小選挙区制


  のなかで自民・民主対決のうねりに呑みこまれてしまいかね


  ない、ほんとに党存亡の危機。で、ソフト路線で存在価値を


  訴えようと、涙ぐましい努力。でも、オバマのヨイショはやり過ぎ。


 


○国民新党 綿貫民輔さん


 


  およそ、衆議院議長であったというのが信じられないほど、


  情念向き出しの人。党のオーナーに徹して、党首の座を人柄も


  立派な亀井久興の殿様に譲ればエエのに・・・。


 


○公明党 大田昭弘さん


 


  今頃になって、「子ども手当て」はわが党の手柄だと言っても


  なあ・・・。インド洋での給油代の出費は彼のせいじゃもの・・・。


  「平和の党」のイメージを根底から覆したお人・・・。罪は重い。


 


○自民党 麻生太郎さん


 


  イチバンの功績は、新しい熟語の「責任力」とか、新しい言い回し


  「年寄りは長生きするより能力がない。」等の日本語を発明した事。


  もうひとつ、漢字が苦手な少年少女に夢を与えた事。


  


※ この人を含め、小泉さん以来の、4人の党首=首相には、哲学者


  カール・マルクスの有名な言葉がピッタリと当てはまる。まさに


  「上部構造(精神)は下部構造(生活)によって、規定される。」 


のである。  


 


○民主党 鳩山由紀夫さん


 


  すべての党首のうちで、「踏み出した」ことが、最も報われた人。


  そして、そのことで最も鍛えられ、あらゆる意味で成長した人。


  さきがけ当時と較べると、子どもと大人くらいの違いがある。


  人が好過ぎて、菅ちゃんほどの鋭さには、欠けるけれど・・・。 


 


   


寝る前の一曲


 


 「 四月になれば 彼女は・・ 」   歌:A・ガーファンクル


 http://www.youtube.com/watch?v=zXmogcBBylE


 


 「 All  I  Know   」             歌:A・ガーファンクル


 http://www.youtube.com/watch?v=33aoxUeAw0E 



 


               GN         


 


[PR]
by mana1563 | 2009-08-23 21:40 | カテゴリなし | Comments(1)

核武装で幸福は実現しないだよ

ビルを買いに立ち寄ったスーパーの前で、ある新興宗教が


母体の政党の候補者が、総選挙の街頭演説をしていた。


 


盛んに北朝鮮の脅威を強調し、それに対抗しての核武装を


主張している。


 


地球上のあらゆる生き物を抹殺してしまう、核兵器を備えよ、


なんつー宗教団体は、おそらく世界中でこの宗教政党だけ


だろう。ホント、そんな宗教、いまだかって私は聞いたことがない。


 


(たとえ報復だろうと何だろうと)核兵器を投下して、「幸福」が


「実現」することなぞ、あるわきゃ、なかろうに・・・。


 


いつになっても、アホウの出現の伝統は絶えることがない・・・。


人間って進歩せんね・・。私と同んなじじゃ・・・。


 


( 候補者はいずれも高学歴の人が多いようだが、「オウム


  真理教」が総選挙に出たときと、この点は良く似ている。


  


  私の推測だが、サリンを作った死刑囚の元都庁職員、


  彼より有能な競争相手があまりに多くて都庁内では、


  出世は望めなかったが、オウム教団にあっては、その


  学歴が高い評価を受けた。つまり、彼は居場所を見つ


  けた・・・。  )


 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 


ほっぺたを張られたら、もう一方のほっぺたを差し出せ、つーのが


幸せが実現する為の条件であるのは、古今東西の宗教の本質


じゃわい。


 


核武装? ったく・・。呆れちまうわい・・・。


 


もうちいとは、ラベルが高いと思ったがなあ・・・。ガッカシ・・・。


 


この春、亡くなられたムツばあさん万分の一の魅力も


感じないだわさ・・・。


 


 


今夜の一曲


 


 「 日の丸 」           歌:谷口隆譲(お坊さんです)


 http://www.youtube.com/watch?v=ZcO2VSXmTKE


 


  「 悩み多き者よ 」      歌:斉藤哲夫


 http://www.youtube.com/watch?v=VxzHIuCpqjE


 


 


 


   


 


 


 


[PR]
by mana1563 | 2009-08-23 19:01 | カテゴリなし | Comments(3)