何とか生きておりまする・・・ (^^ゞ
by mana1563
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
記事ランキング
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
最新のコメント
我欲五輪は「ろ・く・で・..
by 我欲都民 at 21:35
心にもないお悔やみふんと..
by mana1563 at 09:55
あべたんも、放射能が、「..
by ぽんすけ at 15:21
ユーチューブの映像のアッ..
by mana1563 at 09:49
ああ、コメントどうも・・..
by mana1563 at 15:29
ブログ拝見いたしました!..
by きょうこ at 19:00
とても魅力的な記事でした..
by 職務経歴書 at 09:33
桜の8分咲きの頃から、数..
by mana1563 at 11:48
夏目君は、体が弱いとこが..
by mana1563 at 14:28
ホントにその通りと思いま..
by naoki kune at 22:49
検索
タグ
(1)
画像一覧


新年から勘違い。ま、エエか。



昨日の深夜からバイト出勤だと思い込んで、0:30に目覚ましをセット。

が二度寝して次に目が覚めた時は3時。アチャー、しまった。
でも今から行っても仕事のピークはとっくに過ぎてるし、みっともざまが
恥ずかしいしなあ・・。 エエイ、休んじまえい。

で、朝になって謝罪の電話をいれたところ、「今朝まで正月休みだ、アホ。」

れ? ・・・・・ 

そして、やれやれ、助かったぁ・・・。久しぶりに今日はのんびりできるべ。♪

・・・・


30数年前に買った「正宗白鳥集」をパラパラ。「リー兄さん」と
数編のエッセイを読む。
 (私の気質に合っている作家は、結局この人かも知らん、となんとなく納得。)

余談だが、私がこれまでに読んだ作品の裡でとても胸がキュンとなったのは、
有嶋武夫の「火吹き竹」と国木田独歩の「帰郷」、中勘助の「銀の匙」。
外国のものではシュテフターの「水晶」、フローベールの「三つの物語」、
クローニンの「スペインの庭師」。おセンチと言われそうだ。(^^;

そうそう、石川淳の「シオン物語」も外せん。
ドストエフスキーの「死の家の記録」も・・・。


この頃はTVの動物番組をよく観る。
(人の赤ちゃんは大人の10倍の値打ちがあるし、動物の赤ちゃんは人間の
 百倍の値打ちがあるように最近特に感じる。)

動物の世界にも、適者生存、弱肉強食の掟があって生き抜いていくことは
容易ではないのだが、「知恵」のあるはずの人間の社会でのこ30年余りの
「強欲資本主義」の跋扈、それを後押しする政治にはとてもついてゆけぬ。

・・・・・・・・・・・・・・

オリンピック等のイベントばかり。村おこし、街の復興にもイベントまた
イベント・・。

公園の草むしりをしたり、荒れ果てていく里山守る運動等のほうこそが、
ふるさと日本を守ることなのに・・・。

高さを競うビルやタワーなんて、文字通りの「バベルの塔」であろう。
あんなもの、目の前の赤ちゃんの笑顔に比べて何の価値があるか。

私は半世紀以上前、倉吉市の動物園に連れられて行ったことがあるが、
覚えているのは象のデッカイわらの糞のみ。れよりもずっと父親に肩車
されていた感触を今でもはっきり憶えている。

人間の社会でいったい何が大切か。みんなわかっている。
それを隠す必要など決してありはしない。








[PR]
by mana1563 | 2017-01-05 10:28 | Comments(0)
<< 目くそ。鼻くそを嗤う 矛盾だらけの生き方を説教したカ... >>