何とか生きておりまする・・・ (^^ゞ
by mana1563
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
記事ランキング
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
最新のコメント
あんた、よくもまあこんな..
by ミスターX at 21:20
我欲五輪は「ろ・く・で・..
by 我欲都民 at 21:35
心にもないお悔やみふんと..
by mana1563 at 09:55
あべたんも、放射能が、「..
by ぽんすけ at 15:21
ユーチューブの映像のアッ..
by mana1563 at 09:49
ああ、コメントどうも・・..
by mana1563 at 15:29
ブログ拝見いたしました!..
by きょうこ at 19:00
とても魅力的な記事でした..
by 職務経歴書 at 09:33
桜の8分咲きの頃から、数..
by mana1563 at 11:48
夏目君は、体が弱いとこが..
by mana1563 at 14:28
検索
タグ
(1)
画像一覧


ある政治家の死に考う

山形の政治家、「加藤の乱」の加藤紘一が亡くなったそうな。

「一度は宰相にしたかった人物」つー表現があるが、この加藤紘一くらい
それに相応しかった人はいない、と私は思う。

十年ほど前に、伊吹文明元衆議院議長と当時無所属加藤紘一議員の
対談番組をTVで見たことがあった。

話の内容がおよそ政治家らしからぬ文明論・文化論(無論国家論も)主体の
内容で実に面白く私は拝見した。

題名は忘れてまったが、梅原猛、吉本隆明、中沢僚の対談本、「戦後日本の
精神」を縦横無尽にこの三人が論じた本が伊吹と加藤の話題にも上がって、
私は「へえー、あんな本を読む政治家もいるんだぁ。」とちょっと
驚いて、少なからず見直したものである。
(残念ながら、小泉純一郎やアベちゃんには、その種の教養は皆無である。)

・・・・・・

今朝の朝日新聞には、加藤紘一と親しく接した記者による想い出話が載って
いるのだが、その文章の中に、いかにも山形の政治家・加藤紘一らしい
彼の言葉が紹介されている。

曰く「戦後日本の反戦抵抗勢力は、岩波でも朝日でもない。戦争に行って
帰ってきた農家の人達が『絶対戦争はさせない。』と。
『保守反戦』というのもあるんだよ。」

昨年の夏、TVで、ペリュリュー島での戦場のむごたらしさがアメリカ軍の
フィルム公開によって初めて放映され、戦争なるものが、およそ「勝って
来るぞと勇ましく~♪」とか「英霊」とかいうようなものとはかけ離れた
おぞましいものであることを改めて感じた国民は多いと思うのであるが、

山形の農民兵士たちの意を受け継いだ加藤もまた同様の感覚を戦争について
抱いていたものだろう。

そして戦争の実態を知った家庭の主婦たちもまた、いわゆる「反戦」の
大きな主体であることも私は付け加えておきたい。

(余談になるが、私が政治家の戦争についての言葉のうちで、もう一つ
 印象に残ったものがある。それはー

 数年前の国会中継でたまたま見たのであったが、民主党の議員・篠原孝
 が、「アベ総理は『侵略の定義は未だ定まっていない。』とのたまいしが、

 日本で最も多く満蒙開拓団に参加した長野県の議員である私が体験者から
 聞いた話によれば、現地に到着した開拓団が初めに割り当てられた土地は
 原野ではなくて、すでに「畝」がこしらえてある畑だったそうである。
 
 日本軍が銃の力で現地住民を追い払って奪った土地を開拓団に与えたのだ。
 これは、「開拓」とは言うまい。まごうことなき「侵略」である。

 このように述べた篠原孝議員。加藤紘一の後継者と言って差支えあるまい。)

・・・・・・

 何にしても惜しい政治家を失ったものだ・・・。合掌。









[PR]
by mana1563 | 2016-09-11 21:13 | Comments(0)
<< 国賊・森ヨシローを逮捕せよ ! 北朝鮮の核実験なんてほっといた... >>